Mikanやってみたメモ

朝から進めてみて思ったこと。

unnamed

iTunes の App Store で配信中の iPhone、iPod touch、iPad 用 mikan

  • Rank1でもムズい。分からない単語の数で言うとRank5とあまり変わらかった。
  • 出てる単語がTOEIC頻出かはよく分からないけど、「Duoで見たことあるやつばっかり!」って感じではなかった。
  • 単語テストでは、回答までの時間で評価が決まるのがすごく良い
    • 2,3秒考えて思い出すのでは「使える」事にならないが、自分で単語帳やってるとここら辺が甘くなる。
    • 回答が四拓なので覚えてない単語でもなんとなくで正解できる、という指摘があるが、ちゃんと覚えている単語なら短時間で正解できる、という設計。
    • 単語テストの際に選択肢に頼らないよう、英単語を見て意味を思い浮かべてから回答するよう練習するとよいかも。
  • ただ、英単語に対して対応する日本語が一種類なので、よく知ってる単語だと回答を間違えてしまう。例えばplane→「飛行機」と思って4択の選択肢を探すも、回答にあったのは「平面」で時間切れ。
  • まぁ知らない単語だとこのアプリで学ぶ1つの意味しか覚えないからいいけど。
  • 単語の定着率。朝にやった単語(で不正解のもの)を夜やると7割8割くらいは忘れていた。
  • ただ、単語覚えるってめちゃくちゃ時間がかかるので、今日一日だけでは判断できない。
  • すきま時間は凄く有効に使える。会社からコンビニに行く途中で1セクションできるくらい。
  • 単語の質(TOEICで出るかどうか)は分からないけど、隙間時間にできる軽いアプリなので「単語はすぐに覚えられない」ということを念頭に進めるのはいいかもしれない。

そんな感じです。

まー今まで半年Duo3.0やってきて手ごたえ感じてるので、すぐに乗り換えるってのはないかも。残念な点として、出てくる単語がRank1でもムズく、折角気軽に出来るアプリなのにやる気が削がれちゃう。最初、単語が出てきて分かったか分からないかスワイプしていくんだけど、半分くらいは分からないから先に進めなくて、んで分からない単語は何回も出てくるからちょっとイライラする。あと、回答時間が決まってるから、自分のペースで進められない。次へ次へ、と回答するのが早期習得に役立つのかもしれないけど、合わない人には合わないと思います。

キングス/クエスト/スノーヴァのキッカー滞空時間まとめ

さらっと。単位は秒。

  • スノーヴァ溝の口
    • キッカー:1.30
  • スノーヴァ新横浜
    • 大キッカー:1.43
  • 埼玉クエスト
    • スモール:1.26
    • ミドル:1.69
    • ビッグ:1.72
  • 千葉キングス
    • スモール:1.03
    • スマッシュ:1.08
    • ミドル:1.59
    • ビッグ(フリードロップ後):1.92
  • 小布施クエスト
    • スモール:1.00
    • ミドル:1.74
    • ビッグ:1:95
  • 大阪キングス
    • スモール:1.00
    • ホークFLAT:1.28
    • ホークUP:1.51
    • ミドル:1.63
    • ビッグ:1.79

参考にしたのはこの辺の動画↓

思ったのは、飛ぶ人やコンディションによって全然違うな、ということ。例えば冬なら夏より滑るし、何より飛ぶ人のスキルによって違ってくるし。感覚的にこの滞空時間±0.3秒くらいは人によって違ってきます。まぁ参考です。ただ感覚的にはだいたい合ってるかな、と思います。

参考までに白馬47と奥只見ビッグの滞空時間も。

  • 白馬47:2.03
  • 奥只見:2.10

参考動画はこれ↓

▶ スノーボード 汁放送 第17話 奥只見&白馬47 キッカー – YouTube

無料で画像やPDFから文字を読み取ってくれるOCRの現状

タイトルはNAVERまとめからのインスパイアです。

【OCR】無料で画像やPDFから文字を読み取ってくれるサービス! – NAVER まとめ

なお、NAVERのまとめページの情報はかなり古くなっていて、公開停止しているソフトもあります。

OCRを使う目的

昨今、情報漏えい対策でUSBメモリの使用やインターネット・メールの使用が制限される職場が多いです。しかし紙媒体については実質ノーチェックの所が多く。ならば**紙媒体で情報を持ち出して、それをOCRでデジタルデータ化すればいいんじゃね?”という発想のもと実験してみました。

試してみる

試したソフトは以下の3つ。

MSのOneNoteもOCR機能があるらしいが今回はスキップ。

GT Textの場合

実質使用不可。

  • 変換前 【OCR】無料で画像やPDFから文字を読み取ってくれるサービス!
  • 変換後 “【0る翼】 謹君’で’画像やPDFカ丶 ら 文字 を読み取 つ て 〈 れるサ一 ビ`ス !

自分でセコセコ転記した方がマシです。範囲選択が出来て英語の変換は文句ないんだけど…。これだけ日本語の再現が出来ないと厳しい。

Google Drive

一番実用的。

  • 変換前 【OCR】無料で画像やPDFから文字を読み取ってくれるサービス!
  • 変換後 【0GR】 無料で画像やPDFから文字を読み取ってくれるサーヒス !

これだけ見るとほぼ問題ないように思えますが、もっと長文の段落では認識漏れもありました。あと、変換時に言語を一つしか選べないので、日本語を選んだときは簡単な英語も認識ミスります。

Evernote

ある意味使えない。上に張った誠 Biz.IDの記事にもありますが、EvernoteのOCRは検索性を高めるためのものであり、OCRの中身は似たような語句が繰り返し登場するようなものとなっています。よって不要語句を切っていけば正しい文章が完成するけど、それが面倒臭すぎる…。

結果

GoogleDriveが一番実用的ですが、完全に認識させるとなるとちょっと厳しい感じです。

OCRで読み取らせる時の工夫

一般的なフォントを選ぶ

MSゴシックとかMS明朝とか

文字を大きめに印刷する

大きい方が読み取りやすい。

ソースの紙文章に過剰に段落を入れてやる

極論、1文1段落で、改行も3つくらい入れる。文が固まっているとOCRの認識精度が悪くなるらしく、文の上下は空白部分を入れてやりたい。正規表現を組んで、句読点がある場合は問答無用で改行コード×3くらい入れるのがいいかも。

むしろ、1文字毎に空白スペースを入れてやればよいのでは?

OCRは単語の意味なんて読みとりゃしないので、一番認識しやすい形でソースを紙媒体化してやるのがいいかも。