2015 天神バンクドスラローム感想

天神バンクドスラローム2015が終わったので感想でも書こうと思います。なお私はアマチュアクラスに参加した普通のスノーボーダーでありライダーでも何でもありません。

他の方の感想はこちら。

去年の感想はこちら。

感想

コースについて

IMG_5205

今年も難しかったです、っていうか初日が鬼コースでした。インスペの時からコースガリガリでコケるコケる。スピード落としてるのにコースアウトして悪いイメージのまま終了。予選は一本勝負で守りにいったのだけど、守りすぎてかえって自分の滑りができず、2コケの上にフロント側のバンクを木の葉で降りてスイッチから返す始末。ダサすぎる滑りでしたが、参加者の4割くらいがDQ(コースアウト)したため棚ぼたで決勝進出。

予選結果.pdf

2日目は徐々に気温が上がっていくグッドコンディションで昨日よりも1本目、1本目よりも2本目と調子が上がってく。特に2本目は緊張もなくスムーズなランが出来てめっちゃバンク楽しい!で良かったです。結果的にも半分より上に入れたので良かった!

FINALリザルト.pdf

FINALリザルト見ると、やはり1本目より2本目の方がタイムいい人多いみたい。そしてDQ少ない!初日よりコンディションいいってのはあったけど、やはり決勝に残ってるだけあってすんでの所でコースアウトしない能力があるのか…?

雰囲気について

去年と比較してお客さんの数が多かったです。

IMG_5204

スタートエリアの2ターン目くらいまではコースにびっしりで、自転車レースの山岳エリアみたい。去年より参加者も多いし、アマチュア/チャレンジクラスの新設で選手層・観客層も広がったのかな、と思います。

ま、観客多かったのはオープンの時でアマチュアやる頃には観客も少なくなってたのですがw ああいうの見るとオープンクラスで勝負したいな、って思います。滑走順も優遇されてるし、いつかはオープンで出て決勝残ってみたいです。

オープンとアマチュアの差について

マリオカートで例えるなら、アマチュアがレインボーロードで穴に落ちずに滑れれば勝ちなのに対して、オープンはアクセル全開で羽使ってショートカットして当然な人達の集まりでした。

具体的な差を書くと、直線のスピードはあまり変わらないとして、ターンの精度が高いと思いました。自分の滑りたいラインに板を侵入させ、滑りたい位置を滑って、出たい角度で板を出すことが出来る能力。障害物あって進入角度ミスってもターン途中で微調整できるから突っ込める。アマチュアレベルの私はそんな調整できないので安全マージン取って滑るしかない。

上手い人は、雪面の粗さを吸収できる乗り方が出来てたり、ちょっと力入れるだけでライン変えられるような乗り方をしてるんだろうな~と思いました。

上手すぎて参考にならないTemple Cumminsのラン→Diggin’ Magazine:Tenjin Bankedslalom オープンクラス男子の優勝者、Temple Cumminsのラン。

グーフィーの方が有利説

IMG_5206

勝手に唱えたいんですがw 今回、選手がコースアウトしてたのがほとんどフロントサイド側の壁でバックサイド側の壁は安定していたように思えます。天神バンクドのコースってスタート位置から左側に滑りつつ左の壁を登りつつ使ってターンをするので、左側が得意ターンの方がいいのでは?

はい、フロントサイドターンが苦手なレギュラーの私の意見でした。

ありがとうございました。

決勝終わった後は選手でフラッグ片付けの…前に関係者のラストラン。からのお片づけ。みんなでやれば一瞬です。その後、1本上がってワイワイしながらバンクを滑り、下山コース攻めて帰ってきました。

毎年ながらエキサイティングなコースで楽しく、とても印象に残る2日間になりました。いろいろ準備が大変かと思いますが、来年も開催されるなら出場枠を埋めに行こうと思います。

余談:どんなコースか興味ある人へ

公式に保証されているわけではないですが、去年、今年は大会が終わった後~リフト終了までの1時間くらいは勝手にバンクを滑れました。出てみたいけど自信ないし…という人は、取りあえず最終日に天神に来くれば、大会終わった後にバンク滑れるかも?それより、大会を観戦することで「来年は出てみたい!」って気持ちになるはずw

自分の話

こっから自分の話です。

早くなるには?

フロントターン苦手だなーって感じました。普段は気付かず滑ってるけど、指定されたラインを滑るってのに自信が持てなかった。バックサイドなら侵入角度間違ってもターン弧ぶれても進出角度調整できる自信ある=攻めれるけど、フロントは間違ったらそのまんまになりそう。目線が良くないと思う。バックサイドは目線前向いて板がチラ見できるイメージだけど、フロントは目線が落ちてるし遠くを見れてなくて、視線から足に情報が伝達されてない気がする。

あと、普段フリーラン得意と思ってても、いざライン指定されると滑れなかったりするので、普段から「ラインを指定してそれ通り滑る」って練習をしようと思いました。友達と前後になって前の人を追ったり、木や石を目印にターンを切ったり。

メンタル的なやつ

守るのはまずダメで、自分の滑りも崩れてかえってコースアウトしやすくなる。予選の時でも守りながら滑るんじゃなく、普通に滑りつつ安全マージン多めで滑るのがいいと思います。

じゃあ攻めたほうがいいのか、と言われると当然そうだけど、一番いいのは何も考えずに自然に滑る事なのかな、と。というのは、一番タイムが良かった2本目、コース入った瞬間に気持ちよくて、気持ちよく滑るぞ~ってなって。考えなさすぎてスピード落とさなきゃいけないバンクに突っ込んでやられたんだけど、それでも一番早かった。やられポイントは気をつけるべきだったけど、怖さを感じず普通に滑るってのがスタートラインなのかな…。上手い人はもっとライン取りとか考えてそうだけど。

攻めなくてもいい、って書いたけど、自分の理想のラインを考えてその通りに滑れるようにチャレンジするってのは攻めるって事なのかなと思いました。何も考えずに滑る=安全なラインを取ってしまうのなら、攻めた方がいい?

タイム的な話

今回それなりのタイムを出せたのですが、ここからタイムを縮めるのは大変そう。例えば5回コケたなら、次はコケなきゃいい、ってだけなんだけど、それなりに攻めて1回しかコケてない、ってのならどうすりゃええねん、と。ほんとに細かく、1コーナー0.1秒とか縮めていくのかなー。マリオカートのタイムアタックでも、最後はめっちゃ細かい所でタイム縮めないといけないし、最終的にはそんな幹事になるのかな、と思ってます。

てことでオープンクラスとはタイム差以上の差を感じてます。

14-15シーズン雪山まとめ日記その2(2015/03/04(水))

定期報告。パウダーシーズン終わるの早ない?

2015/01/24(土) 池の平(晴れ) & 2015/01/25(土) 池の平(晴れ)

滑走記録(2015年1月24日(土),25日(日) 池の平):ぷりどうぐ

土日晴れの池の平。たくさんキッカー飛べて良かったです。男二人で安宿に泊まり、これからのボード人生どうなるのか…w

2015/02/01(日) 杉の原(晴れ) & 2015/02/02(月) 杉の原(晴れ)

三連休とったがやる気なく、土曜クエスト言ってからの日・月杉の原。筋金入りの杉ローカルと滑ってスペシャルお風呂とスペシャルご飯、かなりのハイクといい雪を頂いた妙高コアトリップでした。

滑走記録(2015年2月1日(日),2日(月) 杉の原):ぷりどうぐ

2015/02/11(水) 天神平(晴れ)

スペシャル過ぎる天神平。もちろん狙った。2/7(土)にピーカンパウダー滑れなかった恨みを晴らしに行ったけど、滑り終わった後は憑き物取れてたね。できれば今度はみんなで行って嬉しさ共有したいです。

滑走記録(2015/2/11(水)) 谷川岳天神平:ぷりどうぐ

2015/02/14(土) 鹿島槍→ヤナバ(晴れ)

広島からスペシャルゲストが来るてーんで鹿島槍。からの即ヤナバ。いや、風強くてリフト止まったので…。鹿島槍の感想書いておくと、池パスで1600円になりお得ながらも、ゲレンデは小さくてちょっと…って感じ。ただ、一番下のリフトが地形に富んでポテンシャルありそうだったので、コンディション良く、コルチナ滑るのはダルく、安く滑りたいならいいかも!パークはちょっと期待外れ。

からのヤナバ!こちら、ナイターを売りにしており、昔ほどの安さはない。パーク特化ゲレンデで、池の平のしょぼい版かな?キッカー安全設計、ジブもそれなり安全で個数回せてまぁまぁ良かったです。が、一番のポイントは上の落ち込みでパウダージャンプ出来たことで、まさかヤナバにこんな美味しいポイントがあるとは。新発見。

夜は怪しいツアー行って飯食った後ラーメン大盛りで太ったまま就寝。

2015/02/15(日) 白馬コルチナ(雪)

ドンピシャコルチナ。やはりここ、雪が降る時はみんな集まる。我々以外に群馬勢やフォロワーさんも大勢いるなか、ナイスなラインでパウダー食いまくれました。雪多すぎて水門が潜れないところでした…。サラサラパウダーではなかったけど、広島からのゲストも満足して帰ってくれたので良かったです!

2015/02/21(土) 苗場(晴れ)

天気とは裏腹に悩みながらの滑走。足首の調子、悪いよね…(余談:実は股関節も固く、この後解決した。詳しくは後述)。パウダーが期待されたがあまり降っておらず、地形を回してコブ修行してパーク回して大きな収穫無く終わり。あと苗場。1月とは裏腹に混んでた。スノボちゃん多いから2月から混み始めるのかな?

宿は2500円で朝食付き乾燥室付きの神宿に泊まりご満悦。飯はノグチ。

2015/02/22(日) 神立(晴れ)

晴れ!なんだけど、足首(以下略 三連キッカーが調子よく、いろんなスピン・グラブを試せたな!ビッグキッカーはあまりモチベーション上がらず。あ、この日はセージ・コッチェンバーグさんのおしゃれグラトリにチャレンジし、結構モノになってきたのが良かったです。

2015/02/23(月) 神立(雨)

雨だし!しかも止む予報が最後まで降ってました。なんだよ…。この日はTHE SLOPEの練習か、石川敦士パイセンと関功くんがパークを流しており、功くん、なぜか俺が三連キッカー飛んでるそばからトレインしてくる…。おかげでB3をピタ着するしかなかった。とかやってると、デコ着して足首痛めて終了。それからは天神バンクドの練習とばかりにコブ練をし、結構モノになったかな。

2015/02/28(土) 戸倉(晴れ)

晴れ!それなりに雪!ボウル目的で行ったけど雪で埋まっており、ゲレンデパウダーを楽しむ。戸倉、久しぶりに行ったけど、メインリフトのコースの左右の壁が取り払われて、いい感じの地形になってたね。左右の壁も面白いけど、雪がつかずに土がすぐに出るって欠点があったから…。

フォロワーさんにボウルの楽しみ方を教えてもらい、1人でボウル攻めてご満悦。少しパイプをやった後、キッカーに挑戦するも固くてやる気が出ずジブ中心でプレイ。キッカーのり面擦って地形飛んでからジブ、のルーティーンでやってました。でかいキッカー一発より、流れで滑るのが楽しかったな。

屋内

2015/01/31(土) 埼玉クエスト

たまにはマットもね。この日はご新規さんが多く小キッカーもそれなりに混み。楽しい雰囲気で練習できて良かったです。ジャンプの調子もそれなりでした。

2015/02/08(日) スノーヴァ溝の口

たまには室内もね。自分のジブスキルがクソ過ぎるので少し思い出し。カチコチバーンでコントロール出来ないなりにレール頑張りました。

ここまでの滑走日数。

25日。

  • 妙高 5
    • 池の平 3
    • 杉の原 2
  • 北信 3
    • 野沢温泉 2
    • 高井富士 1
  • 白馬 3
    • 白馬コルチナ 2
    • 鹿島槍 0.5
    • ヤナバ 0.5
  • 湯沢 6
    • 苗場 2
    • かぐら 1
    • 神立 3
  • 東北 6
    • 蔵王 2
    • すみかわ 1
    • 山形赤倉 1
    • ジュネス栗駒 1
    • 夏油高原 1
  • 群馬 2
    • 尾瀬戸倉 1
    • 天神平 1
  • その他 0

ゲレンデ以外は

  • 埼玉クエスト 1
  • スノーヴァ溝の口 1

その他の話

足首の調子が悪く整体に行った話

BURTON RAIL DAYSで選手の身体をマッサージ?している整体に行きました。スノーボードに明るくいろいろ教えてくれたのですが…。ここで受けた電気マッサージは今までの人生で一番の衝撃でした…。劇的に良くなったけど、進んで体験しようとは思わないな…。

足首に異常あり、と思っていたけど、実は(足首が悪い方の)股関節から硬くなっており、まずそれをほぐす必要がある、と。これにより下半身の稼働が出て、今のところは結構聴視がいいです。足首の痛みは完全に取れてないけどね。これがどうなるかはまた報告します。

参考:14-15シーズン

参考:13-14シーズン

参考:12-13シーズン

参考:11-12シーズン

2015年3月4日ver スノーボード意識してる事メモ

今までばらばらにメモってたものを年に1回纏めます。

姿勢

板に正しく乗る。左腰を開かない。右腰を閉じない。両肩ともスノーボードの上。顔は進行方向に90度曲げる。あごを肩の上に載せる。

「お尻が板の上」理論について。

以前は足首を曲げ、膝を曲げた結果、姿勢が低くなりかつお尻が板の上に位置する、というやり方だったけど、これだと足首をかなり曲げなければならず、重心がつま先側に寄りがちだった。2015年verは股関節から曲げていき、お尻を板の外に突き出す。その代わり足首曲げずに姿勢が低くなり、両肩(=頭)も板の上。重心が足首の少し上=足裏の中心になりやすい、という考え方になっている。

フリーラン

  1. 左足を踏み込む。踏み込む、というか自分の胸に引き付けるイメージ。雪面を捉える。左足裏の外側(小指側)に体重が乗るよう、ガニ股気味に踏み込む。キックを雪面にめり込ませるイメージ。左足で捉えたら両足で踏み込んじゃう。
  2. 踏み込んだ後は押し出す。バックサイドターンならヒール側、フロントサイドターンならつま先側に体重をかけてエッジを押し出すイメージ。この時、体(=頭)はターン弧の内側に入るよう意識する。板が谷側を走るようにしてやる。
  3. 前足→板の中心→後ろ足と重心を移動させていく。圧のかけ具合は雪面と相談。
  4. ターンの切り替え。トーションを利用している感覚を感じる。後ろ足を前回のターンの面を維持しつつ、前足を踏み込んで次のターンのエッジングをするイメージ。前足と後ろ足で接しているエッジが違うイメージ。

フリーラン(崩れた時)

  • 常時、足裏感覚の意識を忘れずに。
  • 矯正方法として左腕の裏側を見せて内股に入れる、という方法がある。
  • 忘れたらJターンから。
  • 後ろ足に乗るときに左腰が浮かないよう、常に後ろ足に乗りつつ左右の腰の高さは変えない滑りで緩斜面を滑る方法。
  • フロントターンの姿勢は特殊で体全体がターン弧側に倒れこむ感じになり視点はバックサイドよりも低くなる。その状態で背筋は張り、頭は地面から離すようなイメージ。体が弓なりになる感じ。

ジャンプ

  • リップを見ない、リップより高い所に視線をやる。
  • 体を斜面に合わせる。
  • 頭は立てる(腰を折らない。頭と腰は常に板の上)
  • 目線は真横(+視界広めに意識すればもっといい)
  • 前足がリップ抜けた所で「1.前足を踏んで 2.素早く反発 3.後ろ足につなげる」

    • グラウンドでやるような「体全体で前足加重して、そこから板を送り出すようにオーリー」では間に合わないので注意。
  • 着地では、最後まで頭を横に向ける=足元を見ない。

    • 足元を見てしまうと、どうしても腰折れ・頭が板からずれてメイク率が悪くなってしまう。
  • オーリーの時は左肩を上げない。オーリーとは下半身でするものであり、上半身は関係ない。

  • オーリーの時は前に飛ぶイメージを持ってやる。

「頭と腰は常に板の上」について

「お尻が板の上」理論の2015verと矛盾するので、試行錯誤してどちらを取るのか、両立するのか確認する。

スピン全般

  • 早ぬけしない
  • ラインゆったり(ボトムで板フラットにし、そこから先は回す側のラインを取る))
  • 名言:前の視線も後ろの視線も上手く使える人がキッカー伸びる

FS

F3着地:最後リップの方に視線を向けたまま雪面を見ずに着地する(正確には、慣れてくると視界が広く持てて、リップ見ながら雪面もチラ見できるけど、基本はリップ見る)

BS

  • 軸を立てる/もっとオーリー/もっと回転の3つの意識
  • 頭を中心とした軸を維持して回る。回転時は左右の肩=左右の手が対称になるように
  • 振った後に背中を左足に見せるように、右側の肩甲骨を引く。左軸足の回転。
  • オーリーは両足でOK(前足気持ち強いくらいの感覚でちょうどよいバランスになる)
    • 慣れてくれば左→右と素早く蹴る。

ハンドプラント

やるポイント:

70度~80度の壁。70度以下だと板の蹴り上げが必要になってきて難しい、80度以上になると板が返りすぎてコントロールが難しい。

アプローチ

左右均等荷重。よくハンプラ=板をまくらせるって意識で、めちゃくちゃ右足に乗って壁登る人がいるけど、それだとリップ際で板をコントロールできずにただ捲くられるだけになる。

スピード

壁から板1.5枚分飛び出るくらいのスピード。意外とスピード必要。リップ登り切る所でスピードが0になるくらいでアプローチする人もいるけど、それだとそこから板を返さないといけないので「ハンプラする瞬間に板を蹴り上げる」動作が必要になる。

イメージ

ハンプラする壁の先にも壁が伸びて土管みたいに返ってきているイメージ。その雪面を板で”滑る”イメージ。円柱状の雪面があるとして、そこ滑って135度滑った所で重力がかかって体が落ちて、ぱっと手を出したら雪面がある状態。手をつこうと思わない。流れの中で倒れないために手が必要になる。

ハンプラする瞬間の板を蹴り上げについて

ハンプラうまい人はどこでもハンプラできるんだけど、それは「ハンプラ時の板の蹴り上げ」が上手いわけで、それが出来ないハンプラ始めたての人間は、滑るスピードを借りて蹴り上げ少なくハンプラしたい。キッカーで言うと素抜けな感じ。

「ハンプラする瞬間に板を蹴りあげ」を意識したハンプラの練習は50度~60度くらいの斜度ない壁に緩いスピードで入っていって、スピードが0近くになったところで板を蹴りあげて無理やり体を上げてやる(手を着くことは、変わらず意識しない)。

その他

ハンプラすると逆さになった時に板が上になって潰されそうな気がする→最初からそんな完璧なハンプラはできないので心配いりません。

バンクド

2014 天神バンクドスラローム感想:ぷりどうぐ

に加えて…

  • バンクの外側を滑る
  • バンクの先に目を向けること。カーブを半分くらい滑ったら、その先の直線に目線を送る。

ストレッチ

  • 足首のストレッチ
  • 股関節のストレッチ(足の裏をくっつけて寝ころぶやつ)
  • 石川敦士流体幹トレーニング
  • 足の指の運動(足の指だけで前に進むやつ)

参考URL