UbuntuのWebアクセスが遅いので検証しようとしたら、WinXP仮想イメージのマウントではまった。

FirefoxとUbuntuのIPv6設定をオフにしても、Ubuntu + Firefox3はWindows + Sleipnir2(IE8beta)に比べてWebブラウズが遅すぎる。WineではSleipnir2は動かない。ならVMware…

FirefoxとUbuntuのIPv6設定をオフにしても、Ubuntu + Firefox3はWindows + Sleipnir2(IE8beta)に比べてWebブラウズが遅すぎる。

WineではSleipnir2は動かない。ならVMware上でSleipnir2を動かそう!「Ubuntu⇔ブラウザ間の相性が悪くWebブラウズが遅くなってる」のなら、仮想化したWindows上で全て処理をしてやればWebブラウズが早くなるはずだもんね~。

※Ubuntuのカスタマイズを進めるのが正当な解決方法だがスキルがない。


■検証環境

  • WinXPSP2
    • Sleipnir2 2.84 + IE8beta(爆速)
    • Firefox 3.05 (速い)
  • Ubuntu8.10
    • Firefox3.05 (遅い)

デュアルブートなのでハードウェア条件は全く同じ。CPU:Athron XP BE-2300のメモリ3GB。

■検証開始

VMware ConverterでWindowsのイメージを取り出し、Ubuntu上のVMware Server2でマウントしてみる。が、WindowsXPロゴが立ち上がった後、黒い画面のまま止まってしまう。VMのログを見ても原因がつかめなかったので、手慣れたWindowsでテストしてみました。

■いろいろ試した

VMware ConverterでVMware Server1用と2用の2つのイメージを作り…

  • VMware Player2.5 + Server2用イメージ = 失敗
  • VMware Player2.0 + Server2用イメージ = 失敗
  • VMware Server1 + Server1用イメージ = 失敗
  • Virtual Box + Server2用イメージ(vmdk) = 失敗
  • Virtual Box + Server2用イメージ(NHCで変換したvdi) = 失敗

全部失敗。

VMware Player、VMware Server、Virtual Boxは1つのPCに共存できないらしく、テストのたびにアンインストール→インストールが必要でめんどくさかったです。

ここまでミスるってことはソフトは関係なく俺のWinXPの問題なんだろうなぁ。ドライバ切ったり怪しいソフトアンインストールすれば正しいイメージ取れそうだけど、そこまでするなら新規で仮想マシンビルドした方が早いので今回の作業はここまでにしました。

仕事でも安定して使えてるから躓くとは思わなかったけど…。Server機と違っていろいろアプリインストールしてるからだめだったのかな…。なんか残念。


■おっと当初の目的

当初は(WindowsXP + Sleipnir2) on (Ubuntu + VMware)がネイティブのFirefoxより早くなるかを確認したかった。てことは、逆に(Ubuntu + Firefox) on Windows + VMwareがUbuntuネイティブのFirefoxと同じだけ遅くなることを確認できれば、前記の結果も推測できるのではないか?

逆にUbuntuネイティブより早ければ、各種処理がWindows上で行われていることになりUbuntu上でVM + WinXP + Slepnir2でも早くならないはず!ってことで試してみました。

…ここで検証データがあればいいんだけど、休日ってことで結果報告だけw Ubuntuネイティブと同じくFirefoxの動作は遅かったです。う~ん、やっぱOSの問題かなぁ?

■今後の検証予定

1.(WindowsXP + Sleipnir2) on (Ubuntu + VMware)で検証する

いくら(Ubuntu + Firefox) on (Windows + VMware)が期待通りの結果だったとしても、逆がそうなるとは限らない。既存イメージのマウントは失敗したので、OSクリーンインストールしてテストしたいと思います。(めんどくせー)

2.UbuntuとWinXPのブラウジングの違いを調べてみる

これが元々の本筋なわけですがw WinXP + Sleipnir2に負けるのはともかく、WinXP + Firefoxに比べても遅いのはWebブラウザが原因じゃないはず。ちょっと深いところを見てみたいと思います。

■余談:VMware Server2 on Ubuntu インストール時の注意

上記のページにあるとおり、インストール途中で管理者アカウントの名前を入力しないと、しょっぱなから起動できないという罠があり、それに引っかかって再インストールした人もここにいる、ということです。

Wineで動くテキストエディタ「notepad++」に新しい拡張子定義を追加しようとした

最近Ubuntuを使ってる中で不満なのがテキストエディタ。デフォルトのgeditはサクラエディタに比べるとどーもしょぼくて慣れません。ということで…

最近Ubuntuを使ってる中で不満なのがテキストエディタ。デフォルトのgeditはサクラエディタに比べるとどーもしょぼくて慣れません。ということで、WindowsのプログラムをLinuxで動かせるWineを使って、WindowsのエディタをLinuxで使ってみる事にしました。

■Wineで動作するWindowsエディタ

Electronic Genome – Linuxのwineで動作するWindows用テキストエディタ動作比較

このページの表の通り、notepad++が一番動作良好のようです。手元で確認したところ、サクラエディタはカーソルの移動ができず全然ダメ、Terapadは置換が動作せずいまいち。てことで、人生で初めてnotepad++を使ってみました。

海外では定評のあるエディタって通り、設定項目豊富でプログラミング向きのエディタ。対応言語も多く入力補完が出来るところなどはサクラエディタよりも上といえます。けど普通のテキストファイルに弱い。.txtファイルはNormal textとして扱われ、.txtに対して独自の色分け設定をすることはできません。

これをなんとかしようとnotepad++のインストールディレクトリを探したところ、stylers.xmlとlangs.xmlというそれっぽいファイルが!うん、これをいじってtxtという拡張子定義を追加すればいいよね!…動かない><設定項目には表示されるようになったのに…。しかも特定KEYWORDをハイライトする設定を追加すると「NppParameters::getLangIDFromstr」みたいなエラーが出る…。

このエラーワードでググッたところ、以下のようなページにぶち当たりました。

SourceForge.net Repository – [notepad-plus] View of /PowerEditor/src/Parameters.cpp

 1391 LangType NppParameters::getLangIDFromStr(const char *langName)
1392 {
1393 	if (!strcmp("c", langName))	return L_C;
1394 	if (!strcmp("cpp", langName)) return L_CPP;
1395 	if (!strcmp("java", langName)) return L_JAVA;
1396 	if (!strcmp("cs", langName)) return L_CS;
1397 	if (!strcmp("objc", langName)) return L_OBJC;
1398 	if (!strcmp("rc", langName)) return L_RC;
1399 	if (!strcmp("html", langName)) return L_HTML;
~中略~
1439 	if (!strcmp("inno", langName)) return L_INNO;
1440 	if (!strcmp("searchResult", langName)) return L_SEARCHRESULT;
1441 	if (!strcmp("cmake", langName)) return L_CMAKE;
1442 	return L_TXT;
1443 }

どうやら対応拡張子をソースコード中でハードコーディングしてるみたいです。つまり.txtを認識させるにはどうやっても無理。

■やっぱりサクラエディタは使いやすいよなぁ…ということを再確認。

サクラエディタなら任意の拡張子を定義して色分け設定できる。色分け定義に正規表現も使える。サクラエディタの「整形」コマンドを使えば並び替えや重複行のマージもできるし、「高度の操作」を使えば行単位、単語単位での切り取り・削除とvimライクな操作も出来る。

ということで、サクラエディタ最高!というお話でした。

■これからどうしよう?

  1. 我慢してnotepad++を使う
  2. 我慢してgeditを使う
  3. 郷に入れば郷に従え、でgvimなどを使う。

gedit極めても仕方ないのでnotepad++がgvimかなぁ。移動モードで必ず半角英数にしなければいけないgvimは日本語テキストを編集するのに不向きだと思ってるのですが使ってる人いますか?「ソースのコメントが日本語」くらいならいいですが、このブログの文章をgvimで書くとか苦行かな?まぁnotepad++はいつでも使えるので、しばらくはgvimでかんばろうと思います。

サクラエディタ
窓の杜 – 【REVIEW】プログラミングに適したテキストエディター「NotePad++ EUC-JP 対応版」

auデータ定額からイーモバイルへの機種変更を検討

イー・モバイルには人を騙すイー・モバイルを憎むブログ主さんには申し訳ないんだが、上記のページのおかげでイー・モバイルにプリペイド方…

イー・モバイルには人を騙す

イー・モバイルを憎むブログ主さんには申し訳ないんだが、上記のページのおかげでイー・モバイルにプリペイド方式があることを知り、AUのPC接続定額から乗換えを検討しています。

■使った分だけ払うっていいよね。

僕は今、AUのデータ定額プランに加入しています。以下の料金表の通り、全く使わない月は1890円/月、ちょっとでも使った月は1890円+3780円=5670円/月払うようなプランです(※)

PacketWINシングル (定額制) > 料金プラン

※ パケット通信料の上限値である72000パケットは
72000パケット×128=9216000バイト=9000KB≒約9MB
普通にネットしてたら9MBなんて直に達するので、1回使えば+3,780円されると考えて良いでしょう。

これには不満が2つありました。

1.少し使うだけで料金が跳ね上がる

毎日バリバリ使う人ならいいんですが、僕なんて使っても月に2,3日。てことは、1回1000円~2000円払ってモバイル通信していることになります。これは高い。

2.あまり早くない
公称2.4MBなのに実測は200KB。PHSよりは早いですが、他のサービスと比べるとちょっと見劣りします。

そもそも僕は普段はモバイル通信を使わないが、検証用や保険としていつでも使えるよう手元に置いておきたいってだけなので、AUの料金体系は明らかに向いていない。

■そこでEMチャージ

EMチャージなら630円で1日使い放題。WIRELESS GATEは公衆無線LANを月380円で使い放題だけど、家の近くに公衆無線LANはないし旅行先など田舎にもあるわけはない。その点イーモバイルなら場所を気にせずどこでも通信できるってのはいいね。(エリアに不安はあるけれど)

■注意点。

1.90日に1回はチャージをしなければならない
最終チャージ日から90日経つとチャージ済みの料金が0になる。チャージの最低金額は2000円なので、基本使用料は実質667円/月ってことになります。

2.1回の契約は24時で区切られる
ここが一番のネックかもしれない。つまり夜の11時から1日定額プランを使い始めると1時間後に2日目が始まり630円×2=1260円となる。これはセコいし盲点。

3.お得なキャンペーンがない
キャリア的にはプリペイド方式は安定収入が見込めないので、初期費用が安するようなキャンペーンがあんまりないです。

■とはいえ

上記の注意点はあるにしても、全く使わなくても月に1890円払ってる現状を考えると全然いいかな、と。63円/1MBのプランは検証にぴったりだし、安く手に入れられる機会を狙いたいと思います。

脱臼から完全回復したいなぁ。

13日(土)は脱臼後の初滑りに行ってきたのですが、滑ればすべるほど肩に違和感が出てきて結局計3時間くらいしか滑りませんでした。ま、オープニ…

13日(土)は脱臼後の初滑りに行ってきたのですが、滑ればすべるほど肩に違和感が出てきて結局計3時間くらいしか滑りませんでした。ま、オープニングイベントで餅ついたり甘酒飲んだり、ぽかぽか陽気の中昼寝したりで休日満喫したんですが(ボードじゃねぇな)。

とにかく、今後も肩に爆弾抱えたまま滑りたくないなぁ…と思い、夜勤中の時間を利用して情報を集めてみた。

■脱臼って本当に3週間三角巾で固定しないとダメだったのね。

お医者さんにそういわれても、1週間くらいで痛み消えるし普通に生活できるしで気にしなかったのですが中はボロボロで、肩の細胞が入れ替わるのは200日なんだって。けど、もう動かしてしまっていて後の祭りだよー><

飛ぶがよい。《肩脱臼パーフェクト治療マニュアル》

■そこで肩サポーター

これもお医者さんから言われたんだけど、脱臼を防止する用の肩サポーターがあるみたいです。装着すると肩の稼動域を狭めて脱臼しづらくしてくれるみたい。確かにボードでは、肩の稼動域は狭くていい。これは購入しようと思います。

サポーター ( 首 肩 胸 ) ネオスポーツ ショルダーガード フリ-

■完璧に治すのは手術

なのかなぁ…。1,2回の脱臼なら様子見でいいらしいですが、何回もするようだと背伸びをするだけで脱臼するという毎日が恐怖の連続…。そうでなくても、違和感抱えたまま生活しないといけない。

病院的には横浜南共済病院というのが郡を抜いて有名らしい。なんでも米国メジャーリーグ公認のスポーツ意思がいるとか。ただここは横須賀でちょっと遠すぎるなぁ。近所の病院でよさそうな所を探してみたいと思ってます。

■今後

とにかくシーズン始まっちゃったので、気をつけながらスノーボード。シーズン終わった後に手術するなりいろいろ考えたいと思います。

■余談

いろいろ世間を賑わすことが多いけど、お医者さんとか看護師さんとか医療関係者はマジ凄いと思います。僕が提供してるITサービスなんて、使えなくなっても「不便だなぁ」程度だけど、お医者さんは個人の「願い」を一身に背負うわけですから。

[memo]モチベーション管理について

自分のモチベーションにムラがありすぎるため、「セルフモチベーション」とか「モチベーションマネジメント」でググってたらいいページを見…

自分のモチベーションにムラがありすぎるため、「セルフモチベーション」とか「モチベーションマネジメント」でググってたらいいページを見つけたので紹介します。

※会員制ページなので引用します。

第8回 変えられるものVS変えられないもの ~アイカンパニーを繁栄させる~ | モチベーションエンジニアリングによる企業革新 | マネジメント | wisdom Business Leaders Square

世の中には、「変えられるもの」と「変えられないもの」が存在します。このことは、一見、当たり前のことのように、誰もが思うかもしれません。しかし、私たち人間は、実は「変えられない」と分かっているはずのことに、多大のエネルギーや時間を消費してしまっている場合が多いのです。

例えば、バス停で、路線バスを待っていたとします。アポイントの時間を考えると、バスを待てる余裕はあと五分。ところが、どうしたことか目の前の道路は大渋滞で、車は遅々として進まない。当然、バスも時刻表に書かれた定時には到着しそうにありません。こんな時、多くの人は、どうするでしょうか?恐らく、バスが来るはずの方向を身を乗り出して眺め、いっこうにバスが姿を見せないことに舌打ちし、何度も腕時計とにらめっこし、また道路をイライラしながら眺め……といった具合になってしまうのではないでしょうか。

 しかし、自分がどれだけイライラしようとも、どれだけ早く来いと念じようとも、「道路渋滞のためバスが来ない」という事実は変わりません。

 また、別の例を挙げましょう。健康診断の結果が「再検査」となり、再び病院に足を運んだとします。血液や尿を採取され、結果は一週間後と、医者に神妙な面持ちで言われました。「そう言えば、最近あまり体調がよくなかった…」「何か悪い病気かもしれない…」「おやじもあの病気で亡くなったから、ひょっとしたら自分も…」などと、結果が出るまでつい思い悩んでしまい、心配が募る。その結果、本当は何でもなかったのに、体調を崩してしまったり、ひどい場合には胃に穴を開けてしまった、という笑えない話があります。

 しかしこれも、よく考えてみれば、どんなに悩んだところで、採取された血液や尿の中身が変わる訳でも、診断結果が変わってくれる訳でもないのです。

バスが来ない例では、携帯電話でアポイントの相手に連絡を取り事情を話して、「遅れそうだ」という状況を伝えることがまずはベストの選択だと考えられます。あとは、バッグから読みかけの文庫本を取り出して、バスが来るのを「悠然と」待つ。バスがなかなか来ないという事態に対しては、「開き直る」しかないのです。エレベーターも同様です。健康診断も、「本当に深刻だったら、即入院になっていた」とポジティブに考え、診断結果が明らかになるまでの間は平静な気持ちで生活する方が、よほど健康的です。

 私たちは普段から、いかに「変えられないこと」に無駄なエネルギーを消費していることが多いか、ということをご理解頂けたでしょうか。

全文読みたい方は無料登録をどうぞ。


  • 変えられるもの:自分・思考・行動
  • 変えられないもの:他人・感情・生理反応

体力を夜のうちに回復させるワザ – ビジネス本マニアックス-働くひとのためのスキルアップ ビジネス書エトセトラ-

「努力するかしないかは結果に影響しますが、あーだこーだ心で悩むのは結果に影響しません。だから考えないのがいいんです。」

このエントリの通り、いろいろ考えたとしても外に出さないと意味がない。アウトプット、結果を残すことが重要。いろいろ考えるものいいけどとにかくやってみる。自戒を込めたエントリでした。

はてなスターをつけると、つけたブログの更新頻度が上がる

ような気がした。最近はてブのリニューアルではてなスターもクローズアップされ、それを機会にぽこぽこスターを付けまくってるんだが、マイ…

ような気がした。

最近はてブのリニューアルではてなスターもクローズアップされ、それを機会にぽこぽこスターを付けまくってるんだが、マイナーなブログにスターをつけるとその後更新頻度が上がってるようなきがする。多分普段はブクマとかコメントとか付かないのが「人に見られてる」ことを再認識してモチベーション上がるんじゃないだろうか?

「アクセス解析で分かるじゃん」という意見もあるが、正直俺みたいに4年以上ブログをやってるとアクセスの大半は過去記事へのもので最新の記事を読んでる人がどんだけいるのか分からないんだよね。なので「このブログ面白いからもっと更新して欲しいなぁ」とか思ったときは、積極的にスター(やコメント、ブクマ)つけると良いと思いました。


2008/12/24追記
fanfanfineさんありがとう!

2008/12/26追記
umakoyaさんありがとう!

2008/12/27 22:46追記
ちょwwwいきなりフィーバーしてるwww(ありがとうございます)
今から2時間後に1泊2日のボード旅行に出発するので、帰ってきたらいろいろ書きます。。

Ubuntuに移行する前にする一番大切な事

普段使いのソフトをLinux対応のものにしてWindows上で慣れる。例えば…ブラウザ:Firefoxメールソフト:Thunderbird or Webメール(Gmail)音楽再生:Amarok動画…

普段使いのソフトをLinux対応のものにしてWindows上で慣れる。

例えば…

  • ブラウザ:Firefox
  • メールソフト:Thunderbird or Webメール(Gmail)
  • 音楽再生:Amarok
  • 動画再生:VLC
  • 動画編集:Avidemux
  • エディタ:Vim or xyzzy

などなど。

今やOSなんてタダの箱。OSより上に乗ってるアプリを触る時間の方が長いのです。例えば

  • 秀丸やSleipnirやiTuneなどWindows専用アプリが自由に使えるUbuntu
  • 自分が普段使ってるソフトが一切使えないWindows

これなら前者の方が使いやすいんじゃないかな?

特に分からないことをググるためにFirefoxの操作に慣れておくのは必須。俺のメインブラウザはSleipnirだけど、Ubuntu使うために"手グセ"がつくまでFirefox修行しましたから。

■Ubuntuに移行すると苦労しそうな人

  1. 普段使いのソフトがUbuntuに対応してなく、類似ソフトもない
  2. 特殊なハードウェアを使用している
  3. Windowsのキーバインドに慣れすぎている

1.は例えばirvineでいろんなファイルをぶっこ抜きとか、テレビ動画をキャプチャして編集とかやってる人は、Ubuntuに移行しても幸せになれないかもしれません。
2.手持ちのUSBオーディオが設定なしで動作したように、Ubuntuでは「思ったより多くの」ハードウェアをサポートしているみたいだけど、手持ちのUSB-RGB(USB接続のデュアルディスプレイ)は動作しなかった。他にもBlueRayディスクは作れるみたいだけど情報が少なく苦労するかも。つまりUNIXな人々が興味を持たない分野は気をつけろ、と。
3.に該当するのはまさに俺で、Ctrl+Esc→R→cmdでコマンドプロンプト起動が、Ctrl+F2→gnome-terminalになっただけで思考が中断されてイライラする。現時点ではUbuntu使ってると疲れます。まぁこれは慣れしかないなぁ。

まぁ苦労するってだけで移行しない方がいいってわけじゃないけど、「Ubuntu使ってみたい!」って動機以外に積極的に移行する理由はないと思います。

■Ubuntuに移行するのにぴったりな人

必要ならネットワークなど各種設定ができるが、積極的にWindowsのカスタマイズなど行っておらず、マウス操作がメインの人。つまりWindows中級者かな。

■Ubuntuをプリインストールするのにぴったりな市販PC

ネットブック。本体が低価格なのでWindowsとの価格差が効いてくる。またスペックが低いのでマルチメディア系の重たいソフトを動かし辛く、ハードウェア拡張性が低いというネットブックのデメリットがWindowsとUbuntuの機能差を少なくしている。これがデスクトップなら、Windows機は15万/Ubuntu版は14万であまり価格変わらず、Windows機はテレビ録画できたりブルーレイに書き込めたりだけどUbuntu機はいろいろトラブる、となりそう。

■今んとこのUbuntu雑感

  • Windows以外のOS使うのは新鮮ではある。
  • 3Dデスクトップはかっこいいけど、動きがもっさりするので元に戻した。VISTAが導入したときはさんざん言われたけどUbuntuも同じようなもんだよ。
  • Firefox遅い。IPV6切ったけどまだ遅い。
  • bashは面白いし便利。cmd.exeとは比べ物にならん。
  • プログラムの追加と削除からカテゴリ+人気度でソフトを探せるのがWindowsに比べて大きなアドバンテージ。Windowsなら窓の杜やVectorで"人気そうなソフト"を自分で探さなければならずピンキリの差が激しい。Ubuntuは取りあえず人気のあるソフト選んどきゃ間違いない。
  • システムを操作するためのGUIフロントエンドが少ないと思った。いや、あるのはあるんだがGUIにない設定をいじりたいなぁって調べたら、じゃあターミナルから…っていきなりハードル上がるなぁおい。Windowsならその間にワンクッションある、つーかコマンドプロンプトから操作することがほとんどない。

現時点ではWindowsの方が使いやすい。新しく覚えることが多いしショートカットキーが違いすぎていちいち戸惑う。良く出来てるOSだと思うんだけど…。1ヶ月くらい使えば慣れるかなぁ。

「大作ゲーム」がやりたいなぁ。

あんだけ苦労したGODHANDもHARDをクリアで完クリ→モチベーション低下でゲームやる気なし。まぁその分勉強に時間割いてるんだけど、しばらくゲー…

あんだけ苦労したGODHANDもHARDをクリアで完クリ→モチベーション低下でゲームやる気なし。まぁその分勉強に時間割いてるんだけど、しばらくゲームしないと息抜きとかしたくなるのです。

■そこで大作ゲーム。

「大作ゲームって息抜きじゃ済まないよね?」というツッコミはおいといて。振り返ってみるとここ数年

  • DSのいろんなゲーム
  • Wiiのいろんなゲーム
  • バイオ4
  • GODHAND

とアクション性・爽快感を重視してゲームを選んできた分、画質はいまいち。GODHANDなんて余裕でポリゴン見えてますからね。そろそろ次世代画質を体験したい!となると開発費のかかってそうな大作ゲームでしょ。

■やりたいなぁ的なリスト

・テイルズオブヴェスペリア

XBOX360買ったら絶対にプレイしたい1本。テイルズシリーズはファンタジア以来ご無沙汰だけど、各所で今までで一番いいファンタジアを超えたと評されてて超気になってます。ベタな王道物語なんだろうけど、王道物語をきちんと作るのって難しいと思うし、それで評価が高いんだから期待しちゃいます。

・FF12

今更感がありますが、FF10も発売2,3年経ってからやったので問題なし。動機は

  1. FFのナンバリングタイトルだから
  2. そこまでクソゲーじゃないらしいから

…ポジティブな理由は、BGMをタクティクスオウガの崎元さんが担当してるということ。ちらっと聞いた感じ、壮大かつ深みを感じされる音楽でした。システムがだめでもあの音楽を聴きながらプレイできると思うとワクワクする。

・オブリビオン

超名作らしいので。洋ゲーらしく、物凄く選択肢が広くて自由きままに動き回れるんだって。最初はやることなくて迷うかもしれないけど、理解して好きなことし始めたら楽しそう。

なんかFPS

海外ではやってるらしいので、ちょっとやってみたいなぁ程度。まぁバイオ5が出たらそっち優先するだろうけど。


とにかくXBOX360バリューパックが売ってるうちに手に入れたいなぁ。ソフト2本+本体で29800円だから、ソフトをヤフオクでさばいて実質本体24800円くらい。こりゃお得。