平昌オリンピック感想

ふと自分のブログを”オリンピック”で検索したところ、律儀に4年毎に冬季オリンピックの感想を書いているらしいので、今回も書いてみます。

注目競技

なんといってもスノーボード。スロープに加えて今回から種目にビッグエアも追加され、日本人選手も男子2人・女子4人の計6人が出場。顔見知りの選手やゲレンデ・キングス(クエスト)で見かけた選手が多数で、思い入れが高まります。男子はおそらく厳しいが、女子はメダルもあり得るんじゃないか、との思い。パイプはみんなご存じ歩夢きゅんを中心としたこれまた世界上位の実力者が多数。直近の実績を考慮すると金メダルも狙える位置だな~と思っていました。
後述するカーリングはこの時点では普段通りの興味。その他、スケートとかジャンプとか、他の競技はほぼ興味がなかったな…。スノーボード、特にスロープ全振りというか。

スノーボード(スロープ)

4年前のソチに比べて全体的にメイク率が低かった気がしました。いろんなプロが書いてたけど、1つ目のキッカーのツイスターシスターの難易度がヤバすぎで、ライン取りによって高さと発射角度が違ってくるゲレンデにあったら確実にクレームモノのキッカーです。それに加えて2つ目のキッカーの斜めから入るやつ。US OPENとかにちょくちょく登場してるけど、あそこで横回転かますのも凄いよな~ツイスターシスター着ってからのライン取りも難しい。つまり、我々がゲレンデで飛んでるキッカーなんて一番簡単な形なんだよ!ということでしょうか。涙。
ジブに関しては、コースレイアウトが発表された時点で、X-GAME、US OPENに勝る複雑さでどんなトリックが飛び出すか楽しみでした。一番攻めてたマーカスくん(マルクス・クレベラン)はやっぱりかっこよい。他の大会みたいにセクション毎の点数が発表される形ではなかったけど、ジブの配点が半分くらいあったのかな?もしそうなら、他のライダーももっとジブで攻めてくれたか?一般人向け、という視点でいうと、ソチのマトリョーシカのような写真映えするアイテムがなかったのは残念。次回は北京ってことで万里の長城ぽいアイテムの登場を期待します。
女子については報道されているとおり残念なコンディションでした。ただ、平昌に限らず、女子でスピードが出ずキッカー飛べないってのはままあります。昔の話で言うと、雅ちゃんが体重軽すぎて池の平のFC専用撮影キッカー飛べず、今年のX-GAMEでもれいらちゃんがスロープのキッカーをスルーせざるをえなかったり、小柄な子が多い日本人にとっては不利なイメージ。
そもそも、男子と同じジブやキッカーで女子がやるのかってのも結構疑問です。ジブなんて、言っちゃ悪いがあの高難易度ジブでバリエーション出せる女子ってそこまでいないですし…。戦前の予想通り、ジブは無難にクリアして三連キッカー勝負でしたが、風に負けました。

スノーボード(ビッグエア)

まずは女子。スロープでの不完全燃焼を吹き飛ばすような攻めっぷりで、これが女子の実力や!ってのを世界に存分に見せつけられた気がします。というか俺が見せつけられた。まさか7で予選落ちとは…。時代進み過ぎ!
やはり…誰かにメダルを取ってほしかった、ってのが本音ですが、攻めた結果なので仕方ないです。メダル取ってたらカーリングみたいに一躍時の人になってたんだろうなぁ…。メモしておくと、ゆっちがB9ダブルグラブ、雅ちゃん、れいらちゃんがCAB9を1本目に決め、あと2回のチャンスでダブル系を誰かが1回決めればメダル。3人で計6回あるから誰か決めれるやろ~ → 決めれず、の流れでした。優勝したガッサーさんは圧倒的で、ジェイミーさんもいつまでがんばるんだよ、とばかりの気合っぷり。3位は新星ゾイさんで、彼女の決めたSB9が女子の中では一番かっこいいトリックに見えました。
ともあれ、あさみちゃんも含めて日本女子のレベルの高さは知らしめられたと思うので、これを見て今のちびっ子も高い目標もってがんばってほしいです(そして練習施設での大人の立場がどんどん狭くなっていく)
そして男子。勇利くんがBQ1440を完璧に決めるも決勝進出ならず。これでBQ1440は大会では使えないゴミトリックということになってしまいました…。どんなレベルの高さやねん。決勝は天気が曇り & 小さめのキッカーでできるだけ点を伸ばすために飛距離を稼ごうとするライダーの思惑により、メイク率の低い泥仕合気味の大会に。ビッグエアの小さめのキッカーは女子にはちょうど良かったですが、男子には不釣合いでしたね。難しい。
思ったのですが3本中2本メイクが必要、ってなると普通の大会よりメイク基準が厳しいのでは?X-GAMEでは4,5本飛べてベスト2本だった気がするし。大技一発決めて盛り上がる場面を作るなら、もう少し試行回数多くして、もっとみんなが攻めれるようにしてほしいです。いや、別に優勝したセブ様が置きにいったとは思ってないし、セブ様の優勝はめっちゃうれしいけど。
パロットさんが、最後の2本にどちらもCAB1800を狙っていったのが好印象でした。やはりスノーボード業界、3位までに入るという発想より、人よりヤバい技を決める、というのが重要であり(日本女子も含めてね)それを体現してくれたので良かったです。パロットさん、相変わらずスタイルは好きになれないが、少し好感度が上がったぞ!

スノーボード(ハーフパイプ)

男子のショーン VS 歩夢は平昌のベストバウトと言ってもいいゲームでした。正直、ようやく復活してギリギリオリンピック代表になったショーンなんて敵じゃないと思ってたのですが…。”持ってる”男ということでしょう。多くのスノーボーダーにとって彼のスタイルは好みじゃないし僕もそうだけど、不屈の精神・勝負強さ・メンタルタフネスは1スポーツ選手として尊敬します。いや…滑りの綺麗さだけなら歩夢きゅんの圧勝なんやけど。
ジャッジについては、いつも通り編集長がいちゃもんつけたのに、いやいやそうじゃないでしょ、とスノーボーダーからカウンターが。ショーンはブーツグラブだ、3ヒット目に540入れて難易度を落としている派と、いやいや短いだけでちゃんとつかんでる瞬間あった、ダブルマックはショーンにしかできない…うんぬん。経緯を知りたい方は”平昌 男子ハーフパイプ”などでググれば分かりますが、今のところ”銀に留まった”日本側の世論は、スノーボードの採点をフィギュアのように明確化せよ!という意見より、”そういう基準なんでしょ”と受け入れる空気が強そうです。
これは、負けた側の歩夢くんの「ショーンは過去一の滑りだった」という発言や、中井くんの「スタイル出てますね」解説によって、スノーボードの価値観が世間にちょっとだけ理解された、と好意的に受け止めたい。仮に採点基準を明確にして白黒つけたとして「ストレートエアー!高いですが難易度が低いので9点!」とかいちいち点数つくのは嫌でしょう。というのは4年前にも書きました→スノーボードのフィギュアスケート化は嫌だなぁという話
女子はクロエ・キムが圧倒的で今後10年勝てないケリー・クラーク的な存在になりそうな予感です。

視聴環境

今回、テレビで見た時間は0分で、全部テキスト実況かネットの同時配信で視聴しました。4年前に比べてNHK、民放ともネット配信に力を入れており、ほぼ全ての有名競技がネットで見れたので良かったです。こういう時にスマホ2つもっていると映像見ながらtwitter実況できるので非常にはかどりますww

カーリング

盛り上がりました。銅メダルをかけたイギリス戦の視聴率は42%だったそうで、国民的に手に汗握る瞬間でした。もちろん私も翌日がスノーボード大会だというのに視聴してしまい、大会は散々でした。カーリングはトリノの時に初めて知ったのですが、プレイしている人の魅力もそうですが、ゲームとして面白いと思います。僕の好みとして、タイムを競うような陸上競技、冬季ならスピードスケートやスキースノーボードの滑降系競技より、タイム以外で競う競技の方が興味が出る。カーリングは特に冬季の中では一番戦略が必要な種目であり、それを選手のマイクを通じて一緒に考えることができるのが楽しいな~と思います。
ブログを見返すに、4年に1回くらいはカーリングの事を思い出して寄付などしているので、今年もしようと思います。

北京五輪

近所だから見に行きたいな、とメモしておきます…。

今までの冬季オリンピック関係の記事

筋トレのすすめ

最近筋トレをしている。具体的には、週に2,3回ジムに通ってマシントレーニングやフリーウェイトを1時間弱行うのを1年ほど続けている(途中サボった期間もあったが)

筋トレを始めたきっかけ

あちらこちらで勧められる筋トレだが、僕の場合はスノーボードの滑りの質を向上させるために始めた。スノーボードに筋量は必要ないのだが、雪上以外で何かトレーニングしたいと思い、滑りに直結するとは思ってないが、まずは運動の習慣をつけようと思った。その後、ダイエットや体幹を鍛えるにも効果があると知って続けている状態だ。
※ 手始めの運動といえばジョギングでこれは行っていたが、昨年足首を痛めてから走るのが辛く、またトレーニングで足首を悪化させて雪上でのパフォーマンスが落ちるとアホなので中止した。
あと、近い友人にアマチュアの格闘家がいるので、その友達からいろいろと話を聞いて筋トレの効果を教えてもらった。

筋トレの効果

体幹が鍛えられる

体幹を鍛えるといえば自重による体幹トレーニングだが、筋トレでもフリーウェイトトレーニングをやれば鍛えられる。フリーウェイトとはダンベルやバーベルを使ったトレーニングだが、正しい動きをするために腰を安定させてフォームを作る必要がある。これは、いわゆる体幹トレーニングよりも負荷が高く、効果がある。最初は自重による体幹トレーニングで基礎を作ってもいいが、そのうち負荷が低くて物足りなくなる。その時に”体幹トレーニングじゃないと体幹鍛えられない…”と思うのではなく、フリーウェイトで意識して体幹を鍛えてやればいいと思う。

ダイエット効果

筋トレをすると筋肉量が増えるので基礎代謝が増えるのでダイエット効果になる。これは事実だが少しズレていて、筋肉が増えた事による基礎代謝の増加は、体重の増減を左右するほど大きな量ではないらしい。筋トレによる本当のダイエット効果は、筋トレによって自分の体を脂肪の燃焼しやすい体質に変化させること。
具体的には、筋トレにはパワーが必要なので、筋トレをやり続けると「使うカロリーはともかく、とにかく力を出そう」という体に変わってくる。こうなると、普通に歩くだけでも無駄にカロリーを消化するような体になる。イメージとしては、ガソリンバカ食いのアメ車のような体。
逆にジョギングをすると、カロリーを効率よく使って力が出せる体になるので、歩くだけではほとんどカロリーを消費しない。
つまりジョギングで痩せようとするとずっとジョギングし続けないといけないが、一度燃費の悪い体に体質を変化させれば、その後はバカ食いしても体が勝手にカロリーを使ってくれるようになる。

単純に体がかっこよく見える、と思う

そんな目的は全然なかったが、苦労の末に上半身に筋肉がついてくると「なかなか俺って強そうだな」と思える。銭湯の鏡で自分の体をチェックしている男の気持ちが少し分かるようになった。

まとめ

以上、僕なりに筋トレの効果をまとめた。
筋トレを始める時の注意点としては詳しい人、またはインストラクターにやり方を教えてもらうことが重要である。マシンにしてもフリーにしても、最初は動きがぎこちなく、動きが合っているかどうか分からないので、達成感がない。それを”今のでOK”とか、”最初はこれくらいでいい”とか言ってくれる人が横にいるだけですごくやりやすい。
あと”ムキムキになって今の服着れなくなったらどうしよう”とか悩み聞くけど、そんなに簡単に筋肉つかないから安心してください。

ソチ五輪感想:ハーフパイプ

スロープよりは簡単な感想。なぜなら詳しくないから。

日本代表お疲れ様でした&メダルおめでとうございます!

深夜生放送で見てて、メダル取ったって実感が湧いてこなかった。単純に滑りが良かったし、3位以内は普通だろって思っちゃったからかな。翌日のニュースの盛り上がりを見て、やっぱメダル取るってすごいと思った。予選落ちの2人もお疲れ様でした。できればフルメイクして出しきって欲しかった。5位入賞の岡田良菜さんも嬉しい。女の子って手軽なライダー業で食ってる人が多い中、ストイックにコンテスト一本でがんばってたもんな。競技はこれで引退って話だけど、今度は日本に戻ってふわふわしてるアイドルライダー達をぶっ飛ばしてください(仲良くしてやってください)。

ショーンさん失墜

スロープ回避してパイプに専念するとか言ってたらこれだよ!!!

まぁ一番ショックでした。ショーンのスタイルは好きじゃないけど、スノーボードは間違いなく上手くてすごいと思うし、今回も優勝かな~って思ってました。実際予選じゃ一番だったんだけど…。スロープ回避したのも、パイプに絶対的な自信がなかったからかな。サンプラスやシューマッハ等、絶対的王者の陥落はちょっとさみしくなります。

ユーリ・ポドラドチコフのラン

5hitでズルい!って意見があるけど、5hitの後にランやめずに、6hit目でアーリーとかB5とか安パイ技でお茶濁すことも出来たと思うんだよね(まだパイプの距離あったし)。つまりそうやった時、5hitでやめた時と比べて点数が上がるのか下がるのかって話ですよ。いや、俺パイプの採点詳しくないからわからないけどね。

けど少なくともマイナスにはならないだろうから、5hitでやめても6hit目で安パイ技やっても点数変わらないってことは、5hitでやめてズルい!って事にはならないのかな???

スノーボードはお家芸?

銀・銅に日本人が入ったけど、パイプを取り巻く環境は厳しくお家芸とは言いがたい。お家芸っていうと、ジュニアの競技人口が多く、その中でも芽が出た選手が企業スポーツで育てられて…って感じだけど、スノーボードは両親の方針が非常に大きいと感じます。両親が自腹切って育てて、お金が尽きる前にスポンサーに認められて…ですからね。そこに日本資本のサポートってあんまりない気がします。

ここで思うのは、なんでスキージャンプとかクロスカントリーって日本人選手たくさんいるのかな?ってことなんです。だって失礼だけど、どっちも一般人が始める要素全くないじゃないですか。それは、伝統があって歴史があるから、企業チームは地域のスポーツクラブがしっかりしていて、競技を続けやすい環境が揃ってるからなのかなぁと思いました。

ただ、スノーボードが今後どうなるかは全然わからないですね。カルチャー的に企業チームやスポーツクラブって感じじゃないし、キララキャンプみたいに少人数制のレッスンスクールで練習していく感じなのかな。こういうのってフリースタイルは多いのかな。白河塾もそうだし。

外国の事例も知りたいですねー。ノルウェーとかカナダみたいなリアル雪国は国民的スポーツだと思うけど、イギリスとか雪がない国の選手も多かったし、そういう意味では日本ってまだゲレンデへのアクセス良い方??

競技で強い≒国民的スポーツと思うので、サッカーみたいに全国に文化を広げていくことがスノーボードのためになると思います。雪国だけでもいいから、ちゃんとスノーボードを練習するスノーボード部が出来て、オリンピックを目指さないとしても、スポーツの一環で取り組んだ経験のある子どもが増えれば、時代と共に理解が広がっていくと思います。

ソチ五輪感想:スロープスタイル。

ハーフパイプも終わって今更ですが、感想です。

角野くんマジすごい

あのメンツで8位入賞は正直信じられない。世界の大御所が揃い踏みする中、あまり名の知られてない角野くんが8位入賞は本当にすごい。リザルトだけ見ればセバスチャン・トゥータントより上だもんね。角野くんがSebTootsより上wwwww 違和感ありすぎる…。

準決勝の勝ち抜けも劇的でしたね。残り2人でセッペスミスとチャズグルデモンドが残って絶対にダメだと思ったけど…。トリプルコーク評価しないジャッジに救われた感じかな。

準決勝はスノーボード仲間とケーズデンキの4kテレビで観戦してたんだけど(すいません、画質めっちゃ良かった)、一人ひとりドキドキしながら、んで、ちょっとでもミスったら「こりゃダメだな」とか「高さが足りない」とか「ジブ流しすぎ」とか、突っ込みつつ見てました。そんなツッコミもマクモリス大先生のパーフェクトランは褒めるしかなく、セッペスミスのクリーンランには全員負けたと思いましたが、ギリセーフ。俺がセッペスミス側だったら「ミスジャッジだ!」って騒いでました。まー難しいところだけど…。リプレイ見返したら角野くんの1stエアがかなり大きく、印象勝ちかな。

とにかく、マスコミが煽り過ぎて不安でしたが、煽り相当の結果が出て本当に良かったです。嬉しい。視聴率も良かったみたいだし。

ソチ五輪男子スロープスタイル決勝は平均19.8% | TBSホット情報

けど、ホーグモ大先生が怪我してなかったら決勝行けなかったと考えると、本当にギリギリだったな。

ジャッジについて

トリプルコークが評価されなさすぎて、どビリました。マクセンスパロットさん可哀想(やはりショーンをdisった呪いか)。じゃあ何が評価されたのかって言うと…なんだろうね。どの技をやったか、ってより、どれだけクリーンか、どれだけグラブ長いか、っていう細かいポイントかなー。あとジブは簡単な技で流すと5ptくらい低くなるっぽく、メダル争いでは重要だと思いました。

コッツェンバーグのオリジナリティあるエアは好きだけど、あのランで95ptは出過ぎだと思いました。ちょっと乱れていた感があったし。コッツェンバーグじゃない他のライダーが「トリプルじゃ得点出てないから、ジャッジ受け良さそうな他の技に変えた」って言ったたらしいんだけど、僕はね、ジャッジの傾向を変えて技を変えるってのが、本当にすごいと思うんです。僕なんてフロントスピン打ちまくって「久しぶりにバックサイドやってみるかー」で吹っ飛びますからね。

今回、ジャッジが批判されてるけど、スノーボーダー主催の大会でもジャッジミスたくさんあるし(去年のトヨタの角野 VS アントワンヌとか)、ダブルコーク・トリプルコーク全盛になってきた頃、スノーボード専門誌が「最近のライダーは回転ばっかりでつまらん、もっとスタイル出してこう」って意見出した事あるんですよね。つまりただ回ってばかりのトリプルを評価せず、コッツェンバーグのような独創性のあるトリックを評価するってのは、スノーボード界が望んでるジャッジに近づくものと言えます。

つーか、X-GAMEとかAir&Styleで先にこういうジャッジやっとけば、オリンピックでトリプル評価された時に「さすがスキーヤーは回ればいいと思ってる。俺たちスノーボーダーはスタイル重視だ」とか言えたのにね。

てことで、スノーボード業界のジャッジ批判も当てにならんよなーとは思いました。まぁ俺はステールのランが一番好みだったけどね!!!!!

女子スロープ

デコ落ち痛そうでした。女子は女子で、回転数少ないエアが浮遊感を感じされられました。ジブは男子の方がいいかな。改めて、雅ちゃんが出場してるところを見たかった。

マスコミ批判

日刊ゲンダイの記事に批判が集まってて、角野くん8位入賞後「見たかゲンダイ!」みたいになってるけど、あれ書いた記者は次の日には書いたことすら忘れてると思います。とにかく、空気のようにああいう記事を書くのがゲンダイってメディアだと思います。今回ゲンダイがすげぇな、って思ったのは、ネット慣れしてる俺でさえも、あの記事見た瞬間は頭に血が登った事ですね。その後、冷静になりましたが、ゲンダイの煽りスキルは本当に高いと思いました。

そんなゲンダイさんなので謝罪とか求めても無駄で、対策としてはゲンダイの記事に反応しない、と。特に自分に都合のいい意見だとソース:ゲンダイでも拡散しちゃったりするので、今回のでゲンダイに腹たった人は、政治芸能その他ニュースでもゲンダイソースのものは無視するようにするのがいいです。

まとめ

非スノーボーダーに聞くと、今回のオリンピックで初めてスロープを知った人も多く、知名度があがって嬉しいです。パイプと違ってどのゲレンデでもパークはあるので、怪我しない程度に気軽に入ってほしいなーと思います。そしてゲレンデ側は安全なキッカーの作成をはよ…。

ソチオリンピックについて思うこと:主にスノーボードスロープ

スロープ予選開始までに書こうと思ったらこの時間。

スロープについて

念願のスロープスタイルのオリンピック採用ってことで、楽しみです。ハーフパイプがオリンピック種目だったけどパイプがあるゲレンデの方が少ないし、あっても滑ったことがない、って人も多いんじゃないかな。そういう意味では、スロープで採用されるジブ・キッカーは入ったことがある人が多く、パイプよりは親近感があるのかな、と思います。俺も18mキッカーなら飛ぶだけ飛んだことあるしね!!!!

ただ、採点基準が分からんのが問題。俺も人に説明できない。X-GAMEの動画見たり六本木のBURTON RAIL DAYS見たりで、スロープ・ジブ大会はそれなりに見てるんだけど、未だに採点基準が分からん。例えばBSトリプルコーク1440対決!ならどっちがいいか言えるけど、BSダブル1080とFS1260でどっちが点数高い?と言われると、うーん、みたいな。

ジブなんてそれが顕著で、どのアイテムでどの技やれば点数高いかってマジ不明。RAIL DAYSみたいに同じ場所何回も滑って毎回得点が出るなら「ここでこういう技やると点数が高くなるんだな」って分かりますが、スロープってキッカーも含めた総合点なので分からんよね。個人的にはBSハードウェイ450INとかされても一般人は分からんので、軽くマトリョーシカの頭タップしてキッカーに力注いでほしいと思ってます。

採点基準を厳格に、ってするならジブアイテムは各セクション1つにして、技ごとに難易度指定すればわかりやすいけど、それだとフィギュアみたいにつまらなくなっちゃうし、不確定な部分がある競技でいいな、とは思ってます。

ホーグモ大先生骨折

残念。テレビで「トシュテン・ホルグモ」とか報道されてるのも残念。

映像見ると「これで骨折?」って思っちゃうけど、当たりどころ悪かったのかな。ホーグモ棄権で角野友基の順位が上がった、って意見もあるけど、正直、一番見たかったしライダーだし昔から道切り開いてきた人だから本当に残念。

ついでのショーン・ホワイトも棄権してたけど、それを見たカナダ代表勢がショーンdisりまくってて面白かったです。

メダリストだけが表彰されるという風潮

仕方ないけど。例えば角野友基が4位とか5位でもめちゃくちゃすごいと思うんですよ。今回の出場メンツ見るとね。ただ3位と4位じゃ世間的にぜんぜん違う。個人的にそれはおかしい!と思うけど、じゃぁ入賞の8位までをメダリストにするとどうなるかっていうと価値が分散する気もする。

どこかで見た記事だと「TOP3」に絞るのが人間の脳的に理解しやすいらしく、例え8位までを表彰することにしても、結局はTOP3や優勝者がクローズアップされるんじゃないかな。というか、8位までを表彰することにすると、スノーボード以外の8位までの人も表彰対象→8位以上の人のバーゲンセールとなり、やはり価値が下がるんじゃないか。

という意味では、3位以内をめちゃくちゃ表彰するっていう今のシステムは3位以内に入るメリットが大きく、それなりに意味があると思います。

角野友基くん

有名人になっちゃった。GoogleIMEでも「かどの」だけで変換候補に出てくるし。それはともかく、トータルワークアウトで筋トレして、小学校の頃のいじめをバネにしてスノーボードに取り組んで…っていうマスコミ対策が機能してるなーって思いました。

順位予想

最初に書いたとおりスロープの点数付けについては疎い僕ですが、トリプル決めた人が勝つんじゃない?(適当) 海外勢見てると友基くんが3位以内に入るのは正直難しいと思うけど、誰もが納得する順位付けになればいいと思ってます。金メダリストがTOYOTA BIG AIRに来てくれれば日本的には良いかな。

冬季五輪全般

スノーボードの次に注目しているのはカーリングです。あれは純粋に試合が面白いしゆっくり見れる。国民的な感心事だとフィギュアとかなので、それはそれなりに見ます。あ、見ないかも。あとスピードスケート・ショートトラックでのゲスい駆け引きや進路妨害を期待してます。

アポロ・アントン・オーノ – Wikipedia

※ 他競技をこういう目で見るなら、スノーボードも色目で見られて仕方ない

あとまー日本雪国で冬季五輪向いてるってことは日本人は認識したほうがいいんじゃないかな。ちょっとゲレンデ遠いだけで、外人がわざわざ滑りに来るくらいだし、冬季五輪も2回開催してるし。

国がお金出したらスポーツが強くなるのか?という話

女子サッカー世界一おめでとうございます(リアルタイムで見てた)
### スノーボードの話
女子サッカーの話で
「給料が少ないから、仕事しつつプライベートの時間を削って練習。これでは厳しい。もっと環境を充実させるべきだ」
って話がありました。
で、思ったのはスノーボードのプロ選手の話で、彼らの大半は給料少ないからお金ケチって練習してる。宿代もったいないから車泊(真冬でも)。練習するためには雪山まで行かないといけないから兼業って厳しい。
この状況で選手を金銭面でサポートする環境が整えばどうなるか?例えば去年のバンクーバーで国母選手がメダル取って「もっとスノーボード選手の育成を!」って主張して、スノーボード強化費用が多くなったとして強い選手が生まれるか?っていうとちょっと疑問だったりする。
というのは僕の知る限り、**「お金がないから」って理由で練習減らしたり古い道具使ってたりする人、知らないんですよね。**飯減らしても車で泊まっても滑れる限りは滑ってる。海外遠征にも行く。だから選手個人に補助金が出たとして、そのお金を上達するために使う、ってなると…どう使うんだろう。トレーナー雇ったり栄養の高いもの食べるくらいか。
むしろ**環境が整備されるってことは、何らかの理由でスポーツを辞めざるを得ない人を引き止める効果が大きいと思う。**練習ばっかりでお金がかかるし、このまま続けてもトップ選手になれるか分からないし、親も高齢だから普通に就職しよう、みたいな人の引きとめ。今、女子サッカーを続けられている人もプライベートの環境にさほど問題ない人(家がサッカー続けられないほど極貧じゃない、とか)なんじゃないかな、と思う。だから補助金を出すってことは今のトップ選手の実力を跳ね上げることではなく、トップ選手になれる可能性のある選手を増やすって意味があると思う。
と考えると、**補助金って「日本の成績強化」って意味では費用対効果的に結構微妙じゃない?**「環境厳しいし辞めようと思ってたけど、国から補助金出るから続けるか」って人が有望選手になる確率って結構低い気がする。逆に「何が何でもこのスポーツでトップ取る!」と思ってる人にはお金あげてもあげなくても結果一緒というか。
むしろお金よりも他の事考えたほうが、モチベーションが上がるかもしれない。これって優秀なエンジニアも同じことなんだけど、給料上げるより面白い仕事を与えるほうがエンジニアの満足度は高くなる(と言われてる。)
あと単純に、普段は国の事信用できないとか言ってるのに、こういう時だけお金せびるのってかっこ悪いなーと思ってる自分がいる。
まとめると
* 補助金はスポーツ人口を広める効果がある
* しかし補助金出ても出なくてもトップ選手はベストな環境を作る
* よって補助金出したからってそのスポーツが強くなるかというと疑問
* けど補助金出るとスポーツ施設とか充実するから一般人にとってはありがたい
まぁ僕としてはスノーボードに国から補助金出るなら喜んで受け取りたい。なぜなら国からスノーボード施設に補助金出ればもっと室内ゲレンデが増えるかもしれないし、カムイ竜ヶ崎が潰れなかったかもしれないからだ!
という一般人からの意見でした。
※ つーかスロープの五輪採用がもうちょっと早ければカムイ竜ヶ崎存続してたかも知れん!ショック!!

バンクーバーオリンピックと国母選手の件

本日(2/13)からバンクーバーオリンピック開催なわけですが、世間ではあまり盛り上がってないようです。僕はテレビ見ないので実際どうかは分かりませんが、同僚や友達との話題に出ることがなく、少なくとも「2010年の一大イベント」という様子ではない感じ。これなら**世界的にはローカル大会な**2009年のWBCの方が盛り上がってた気がします。
ま、前回のトリノで散々だったから、今回は自粛して…という流れなのかもしれないし、実際、日本人が金メダルを取れるかどうかが怪しいのは事実。フィギュアはキムヨナがいるし、モーグルの上村愛子も昨期ほどは調子出てないみたいだし。
けどオリンピックじゃメダル取れないとダメ!メダル取れなさそうなら見ない!ってのはどうなんだろ?出れるだけでも凄いしそれで入賞とかしちゃったらもっと凄いんだから、8位だから残念とかそういう流れになるのは嫌だ。
例えばカーリングなんて毎年のアジア選手権で国から強化費もらいまくってる韓国・中国と競り合ってアジア代表になって、その後はスウェーデンとかカナダとかガチ強豪国と世界選手権やって、ってのを3年繰り返して、やっとの事で出場権得てるんだ。トリノオリンピックは出場10カ国中7位だったけど、それでも十分世界のトップクラス。
### 極論言うと。
3位以上にしかメダルあげないオリンピック委員会が悪い。1位~3位はメダル、4位~8位は入賞、ってしてるから4位~8位が大したことなさそうに見える。これを1位~8位までメダルあげれば各国がみんなハッピーになる。
1位~8位までメダルあげたことで、1位の価値が落ちるわけじゃない。1位は1位。8位は8位。それは選手が一番分かってる。けど民衆は「メダルが貰えた!」ことに喜ぶ。今まで8位でメダルもらえなくて残念、なのが8位でメダルおめでとう!となるわけだ。
※ もちろんこの価値観の変化はすぐにとはいかないだろう。けど10年、20年と続けていく事で、いつしか8位の価値が認められることになる。
民衆が喜べばもっとスポーツにカネを注ぎ込む事が出来る。予算カツカツな冬季スポーツも潤い、設備が整う。8位でメダルを取った憧れの選手になりたい、と競技を始める子供が増える。ますますスポーツ人口が増え、層が厚くなる。完璧じゃない。
### というのは冗談だけど。
そうでもしないと8位の価値を認められないの?と僕は問いたい。メダルもらえない8位なら価値ないの?**例えば1位のみメダルが貰えるシステムなら2位には価値がないの?**と。
確かに大きな大会でメダル貰えるってのは誇らしいけど、やっぱメダルは二の次にして冬季オリンピックを楽しみたいよ。


と書いてたらこんな事件が。
[服装の乱れで国母に注意=JOC、本人に自覚促す – Yahoo!スポーツ](http://vancouver.yahoo.co.jp/news/ndetail/20100211-00000016-jij_van-spo)
前回のトリノの件があるとはいえ、こう**「待ってました!」**的にスノーボードが批判されるのがなぁ。さすがにイラっと来るわ。これこそオリンピックを純粋にスポーツとして楽しむ気がない証拠じゃんね。普段は既存マスコミを毛嫌いしてるネットユーザーもこういう分かりやすいニュースには飛びつくんだから、さぞかしコントロールしやすいと思うよ。
と、世間様を批判したところで。
僕個人が国母選手を支持するか、というと**支持できない。**スノーボードってああいう反社会的(笑)でHIPHOP(笑)な態度(※)を取るのがかっこいいという残念な風潮があって。というか僕の周りにも多くてもう慣れたんだけど。公の場でそういう態度を取ると、ま、批判されるんです。国母選手それを分かってて、つまり**世間から批判されても自分を貫く俺かっこいい**という精神なんだろうけど、1人がそういう事するとスノーボーダー全体がそういうレッテル貼られちゃうんだよね。(つーかトリノで張られてまだ全然剥がされてないけども。)
あるスポーツの有名人ってのはそのスポーツ全体のイメージキャラクターなんだよ。例えば子供にスポーツ始めされる時も、ゴルフの石川遼くんみたいに人間的に出来た子がやってるスポーツなら親もやらせてみようと思うけど、スノーボードやって国母選手みたいになるなら…ちょっと嫌だよね。実際、雪山業界ってのは今回のバンクーバー五輪にかなり賭けてる部分がある。バンクーバーでメダルを取って**「憧れのスター選手」**が生まれれば、ゲレンデに人も戻るだろうしジュニアもスキー・ボードを始めてくれる。閑古鳥が鳴いていたゲレンデのスクールにも人が溢れ、僕が通っているカムイ竜ヶ崎や御坂、スノーヴァ溝口も潤うかもしれない。
実はSAJ(スキー連盟)に抗議電話してるのって、一般人よりも雪山関係者の方が多いのかもね。「こっちはがんばって地道に努力してるのに、国母のせいで全部だいなしだ!どうしてくれるんだ!」ってね。
まぁこうなったからには認められるような成績取って見返して欲しいですね。実力は超一流なので。
※(20100213 19:19 追記)反社会的、というのは比喩的な表現でした。実際はダボダボスタイルのラッパー系という指摘を頂きましたので訂正します。
最後に友達がmixi日記でいい事書いてたので引用↓↓↓


スノーボードやってる人なら分かると思うけど、スノーボードの世界には「オレ悪そう=かっこいい、イケてる」的なちょっと昔のヤン○ー的要素があってww
個人的には大嫌いなんだけど、まぁそういう世界なんです。
最近はSK8のカルチャーとかに刺激受けてる人はおしゃれでユーモアのセンスがいいライダー多いけど、日本人は…大抵こんな感じ。
でもそれってスノーボードの世界だから通じるものであって、今回の國母もそうだけどスノーボードやらない人からすると「こいつ21歳にもなってバカだろ」で終わっちゃうんだよね。
つーか、この一件で世間一般的に「スノーボーダー=ガキ臭い、バカ」ってイメージが定着して、今でもお茶の水のスキー・スノーボード街のショップが次々と潰れたりスキー場が潰れてるのに更にウィンタースポーツ人口が減ってくと思う。
最後にフォローって訳じゃないけど、國母はスノーボード自体は超絶うまい!!!
先日もX-GAMESで銅メダル穫ってるし。
X-GAMESの動画upした人、アナログ過ぎだろww

ウィンブルドン2009決勝戦が去年に続いて死闘だった件。

終わったの午前2時30分とか。まぁ去年よりは短かったけどな!(去年は雨天中断もあって終わったの午前5時)
10年前くらいからウィンブルドン決勝だけは全部生で見てるけど、ここ最近は名勝負続きでうれしい…いや、**見てるほうも大変。**2004年、2005年の一方的な戦いの方が気楽に見れるっちゃ見れるね。
### 今年の決勝戦
去年と同じくフルセットにもつれ込む熱戦…でしたが、**正直しょっぱい勝負でした。**ロディックはサービスゲームの安定に比べるとリターンゲームの不安定さ目立ってしまう。完璧でないフェデラーに対して、有効にポイントを取れなかった気がします。
フェデラーも一時期のように神ショット連発とはいかず。4セット目くらいでリターンに合って来て「もうすぐブレイクか?」と思いきや、リターンした後はロディックのストロークに押し込まれ(まぁロディックのストロークは神がかっていたけれど)
5セット目の最終ゲームまで**どちらもブレイクできる気がしない**試合展開でした。そんな中、0-30のチャンスを1発でものにできたのはフェデラーの経験かな。あと会場の後押しか。
### ロディックすごいよ
それにしてもロディックは凄かった。ぶっちゃけフェデラーVSロディックなんて試合結果見えすぎじゃね?と思って見るかどうかも迷ったが、まさかここまでフェデラーを追い詰めるとは思わなかった。サーブがいいのは当然として、4セット目ではフェデラー顔負けのパッシングショット連発。ボレーも丁寧で深いところに落とすし、以前とは別人になってました。これには感動した。フェデラーファンの俺だけど、終盤はロディックもか足せてやりたかった。
### 結末
去年は終盤ナダルが押しまくりでフェデラーが落ちるのも時間の問題だったけど、今年はまるで二人が示し合わせて最多ゲーム記録を伸ばしてるような気さえもした。タイトルで死闘と書いたけど29ゲーム目までは本当に淡白に進んで、30ゲーム目の2,3分でフェデラーが優勝してた。
記憶よりも記録が残った。生で見ていたのに印象的な場面が少ない、夢見心地のような不思議な決勝戦でした。

WBCの視聴率の件について

日本優勝おめでとうございます。
僕は運良くw骨折して自宅療養中なので全試合生で見れましたw
が、10回表のイチローのヒットは見逃しました。9回裏に同点になってからテレビを消したからです。負ける試合見ても仕方ないし、結果分かってから再放送で見れば良いと思ったからです。
まぁこれは極端な例とはいえ、勝ち試合なら再放送でも見たいって人は多いんじゃないでしょうか?
というのは、**WBCの再放送視聴率がめちゃくちゃ高いからです。**
### WBCの視聴率とか
これは準決勝の視聴率です。
* 生放送
* 16.9% 08:30-09:05 TBS ’09ワールドベースボールクラシック・準決勝「日本×アメリカ」
* 28.7% 09:05-12:26 TBS ’09ワールドベースボールクラシック・準決勝「日本×アメリカ」
* 22.8% 12:26-13:00 TBS ’09ワールドベースボールクラシック・準決勝「日本×アメリカ」
* 再放送
* 18.3% 21:00-22:54 TBS WBC緊急特別番組ワールドベースボールクラシック・準決勝「日本×アメリカ」
結果も内容も分かっているのに、再放送が18.3%。F1やフィギュアみたいに詳しいニュースになってないなら分かりますが、WBCは選手のインタビューも内容の解説も夕方のニュースで報道してますからね。つまり内容は知ってるがもう一度みて良い気分になりたい・溜飲を下げたいということです。それだけで18.3%も取れるってのは凄いなぁと思います。
日本シリーズと違って野球を良く知らない人でも見れるのが大きいですね。一昨年の中日VS日ハムなんて普通の人知らない選手だらけでしょう。
### TBS、WBCにおんぶにだっこ過ぎ。
冬ドラマが大不振だったTBSですが、本当にWBCに救われました。
* 土【20】RESCUE.    12.2__12.8__*8.9__10.7__10.9__*8.3__*6.4__*8.8__*8.9(終)..________________*9.77
* 金【22】ラブシャッフル 10.0__10.7__*8.2__*9.6__*8.9__*8.3__*7.6__*7.5__*7.0__10.1(終)…________*8.79
* 日【21】本日も晴れ。….12.4__10.0__*8.3__*7.1__*7.3__*6.3__*7.0__*6.8__*8.4(終)..________________*8.18
…まぁ朝から晩までひたすらWBCだらけだけど。まず9時、10時~14時くらいまでWBCの生放送。その後のお昼のワイドショー→夕方のニュースでは**無駄にベネズエラの分析とかして**WBCの時間を長くする。WBCと無関係の番組って19時~21時のゴールデンタイムのやつだけじゃないですか?
### その他WBCの構成要素
* 野村監督のぼやき
* アメリカの本気じゃない度
* 変なトーナメント
* 韓国の国をあげたがんばり
* 2chのサーバーも落ちました
4年後どうなるんだろうな。
### その他WBC決勝雑感
あれだけ残塁してよく勝てたな。普通なら流れ変わって負けパターンまっしぐらだぜ。それでも勝てたのは地力が違ったのかなw 9回裏終わって嫌な雰囲気だったけど、韓国ってあの時点でベンチ入りのメンバー使い果たしてクリーンアップに代走要員2人も入った状態だから得点力なかったんですよね。
ダルビッシュ。立ち上がり不安だから杉内の方がいいんじゃね…と思ってたけど、結果的にドラマを演出してくれました。…藤川球児?うん、出なかったね。つーか**活躍したピッチャーパリーグばっかりじゃんかよ。**セリーグの行く末が心配です。去年も各球団エースがいなくて苦労したもんな。**特に阪神。**今年もいないけど。
城島4番はないよな~。栗原も代打くらいが良かったんじゃないだろうか?買ったから良かったけど、負けたら采配についていろいろ言われてそう。

アミノバイタルプロがマジで凄すぎる件

今年も年初からボードに行ってるのですが、翌日以降に疲れが全然取れません。身体的な疲れじゃなく頭の内部が疲れて回らない。具体的にはろ…

今年も年初からボードに行ってるのですが、翌日以降に疲れが全然取れません。身体的な疲れじゃなく頭の内部が疲れて回らない。具体的には

  • ろれつが回らない・滑舌が悪くなる
  • タイプミス連発
  • 考えようとしても考えられない
  • 情報の構築・アウトプットができない(…のでネットサーフィンの時間が増える)

筋肉痛は次の日で治るけど、頭の調子は2、3日後も上がらない。日曜日ボードに行ったなら木曜日にやっと調子が上向く感じ。これじゃ仕事にならん。

※ちなみに土曜日にボードに行き日曜ずっと寝てても治らなかったので睡眠不足とは関係なさそうです。

■そこでアミノバイタルを飲んでみた

寝て治らないのならどうしよう…で思い出したのが、友達に勧められて買ったアミノバイタルプロ。その時は飲んでも体調変わらなかったので冷蔵庫に眠ったままでしたが、前回のボードでは行く前に一袋、帰りの運転前に一袋、帰ってから一袋飲むと…。家帰っても普通でした。

今までは家に着くと意識朦朧で死んだように眠ってたのが、アミノバイタルプロを飲むと洗濯してネットサーフィンをする余裕すらある!(早く寝ろ) 高校の頃リポDを飲みすぎて効かない体になって以来サプリ系は飲まなかったけど、これなら喜んで飲むわ。

■費用対効果

アミノバイタルプロは1袋100円。300円使ってボード後の体力回復できるなら全然安い。つーか1回1000円のゲレ食食うならアミノバイタルプロ10袋飲むわという感じです。飯なんて腹膨れるだけでその他メリットないもんなぁ(言いすぎw) コンビニの100円おにぎりや100円チョコレートと比べても、あの驚異的な回復力を持つアミノバイタルプロが100円つーのは安い!

※ただ注意としては本気で疲れたときに飲むこと。じゃないとただの粉末錠剤になっちゃうので。

真面目な話、もうちょっと年齢を重ねると無理が効かなくなるしれない。それがサプリ1つで思いっきり動けるなら良くない。本当なら疲れて寝てる所が普通に動ける。サプリ1つで昼寝しないで済むと仮定すると、100円で2~3時間を買うことが出来る。

■買うとき

一応Amazonのアフィを張っておきますが。

アミノバイタル プロ 50袋入
アミノバイタル
売り上げランキング: 10285

正直Amazonより楽天の方が安い。特に以下のリンクのバラ売り。

【楽天市場】味の素 アミノバイタルプロ 50袋《バラ売り》:KOBEYA SPORTS WEB SHOP

単価105円と爆安です。そして俺は楽天のアフィはやってないっと。

※2010/10/22時点でリンク切れでした。まぁ楽天TOPから安いの探せばいいんじゃないかな!


それにしてもなぜ日帰りボードでここまで疲れるようになったのか?思い当たるのは行き帰りの運転。僕、車持ってる割に運転嫌いなので一日500kmの運転は辛い。証拠に友達の運転でボード行ったときはあまり疲れないし。

もう一つは節約生活の弊害かも。「今日の昼ごはんはマーボー豆腐丼で食費100円だぜ~」と喜んでいるそばで確実に栄養価は偏ってたのかな、と。自炊するのでも野菜系も作らないとなぁ。