出先でノートPCなどを充電できるポータブル電源を買った話

今年の夏くらいに車泊で使えるポータブル電源を購入したのでそれ系の話です。

ポータブル電源とは?

スマホ用のモバイルバッテリーってあると思いますが、それのでっかくてノートPCなども充電できるものです。重さ1kg~4kgで通勤カバンなどにはとても入らず。フェスや非常用電電、そして車泊用途に使用されるのが主と思われます。

買ったわけ

割と車で移動して車泊してるから。車のエンジンがかかっている時ならDCインバーター経由で充電できるのだが、車を止めてしまうと電気がない状態。例えば、ノートPC作業をして車に戻った後、ノートPCを充電しながら寝れない。また、車を置いて行動しているときなども、車の中で使わない電気製品を充電したい時があり、ポータブル電源があれば何かと便利だと思いました。あと車泊の時に電気毛布を一晩つけっぱなしにしたリ。

ポイント1. “コンセントへの給電”に対応しているか

USBで給電出来るのならモバイルバッテリーと同じわけで、コンセント形状から給電出来るのは必須条件。

ポイント2. 最大出力(W)数

買う前は「ワンチャンこの電源でスノーボード用のアイロン使えれば…」と思っていたので、最大出力数は重視してました。しかしながら、アイロンを使うにはポータブル電源の出力ではとても足りず。結果として、どの製品でも変わらんやん、ってことになりました。ただ、出力が100W程度だと、ノートPCと他の製品を同時に充電できなかったりするので、出来れば150Wくらいが望ましいです。

最初に買ったもの。suaokiの120,000W電源

大は小を兼ねるでしょ、基本車に置くし、ってことで、大容量バッテリーを選択。AnkerのPowerHouseとも迷ったが、スペック的にはsuaokiの方が優れていたのでこっちを選択。

感想は…全く問題なく給電できる。めっちゃ心強いです。

2つ目に買ったもの。suaokiの40,000W電源

んじゃなぜ買い替えたのか?120,000Wの4.5kgは重すぎた…。大は小を兼ねすぎました。ポータブル電源、便利すぎてもっといろいろやりたくなってきて。例えば、電源のないカフェに持ち込んでノートPC充電しながら仕事したいとか、ドローンのバッテリーを充電できるよう、山に背負って登ったりとか。こういう用途にはsuaokiの120,000Wは全く向かない。4.5kg背負っていくとか拷問かよ…。あと、使ってるときにバッテリー残容量が80%を下回る事がなかったってのも大きい。結局、昼間車を運転しているときはポータブル電源使わず自動車からの給電で対処してたので、大容量を生かし切る機会がなかったです。
なもんで、これに買い換えました。

こちら、バッテリー容量は40,000Wと1/3になるものの、重さは1.3kgで大きさも全然小さい。以下、比較写真です。

sdr

大きい方のポータブル電源は小型のアンプレベルに大きい。小さい方はかばんにも入って持ち運びしやすい。
そんなところで

  • ポータブル電源は便利である
  • ただし、大きすぎると取り回ししづらい。
  • どれだけの電源容量が必要か、考えて買いましょう

てことで。

いろんな人のinstagramの投稿を1つのtwitterに投稿する


こういうことがやりたいです。

1. instagramの投稿情報を外部に出す

instagramのデータを外部利用したいです。が、twitterなどと違ってデータを外部から取り出しづらい設計になっています。自分でがんばりゃプログラム作れそうですが、無駄な労力はかけたくないのでサービスの利用を検討します。

IFTTT、zapierなどの対応状況

サービス同士の連携をするならIFTTT!ということでレシピを探したのですが、自分のinstagram投稿をtwitterなどに投稿するものはあったものの、他人の投稿を読み取る機能はありませんでした。

その他のサービス

RSSフィードに出せれば料理できるやろ、と思って”instagram rss”で検索したところ、以下の2つが見つかりました。

FetchRSSはまさにinstagramのアカウントを指定すると、その人の情報をrssフィードにコンバートしてくれるサービス。facebookなどにも対応しているそうです。有料ですが、こういったスクレイピングぽいもので無料のものは勝手にサービス終了する可能性があるため、有料だとむしろ安心。プロプランでも月額1000円ちょいです。
Account – FetchRSS
一方WEBSTAってのはinstagramの分析サービスの様子。で、
https://websta.me/rss/n/[USERNAME]
って名前でUSERNAMEの投稿のRSSフィードを吐いているみたい。多分、twilogみたいにデータを自社で貯めこんで、ついでにRSSも吐いているのかな?利用は無料ぽいので、ひとまずこっちを利用する事にします。

2. RSSフィードをtwitterに投稿する

ここまで来れば後は簡単。RSSをtwitterに投稿するサービスはたくさんあります。
RSSをTwitterに自動投稿できるサービスまとめ | kazsoga blog

これは料金勝負でええやろ、と確認するとdlvr.itだけがStandard Planの1000円/月かかりそうだったので、ひとまずIFTTTで実装しました。ただ、以下のように気になる記事があるので今後注意していきたいです。
RSSフィードをTwitterへ投稿するまでの試行錯誤

3. 将来構想

この仕組み、スノーボードライダーのinstagram投稿をtwitterに流したいねって所から始まりました。スノーボードライダーって今のメインはinstagramでの情報発信だからinstagramをフォローするしかないんだけど、そうすると自分の友達のフィードに紛れて分かりづらい。んじゃそれを別出ししてtwitterでチェックしたい、って事です。
ただ、スノーボードライダーにもいろいろあって、日本勢・海外勢・ゲレンデ滑る人・BCの人…などあるので、これらを1まとめのtwitterアカウントにしてしまっていいのかどうか。なので、将来的にはいろいろチャネルを分けて好きなアカウントをフォローできるようにしたいです。

このためには、instagramから吐かれたRSSをさらに別の仕組みでマージしてtwitterアカウントに投稿すればよいと思っています。
で、googleで”merge multiple rss feeds”で調べたところ、海外のサービスが複数見つかったので、これも試そうと思ってます。

googleスプレッドシートやJSONなどからデータを読み取りWebで表示可能なグラフにしてくれるサービス(そしてデータは自動更新)

メモです。
まさに表題の要件でいろいろ探した結果を共有します。

やりたいこと

オンライン上でデータを定期的に投げ込み、それに準じてグラフを動的に変化させたい。グラフ作成ライブラリなどを使う発想もあったが、その勉強をする工数が必要なのと、今のご時世、それくらいサービスであるんじゃね?という期待を込めて探しました。

結果

番号 サイト URL 要件の可否
1 Eegraph – 美しいグラフが簡単に作成できる!グラフ作成サービス https://eegraph.com/ ×
2 Statpedia: Create a Graph https://statpedia.com/ ×
3 Piktochart https://piktochart.com/ なんか違う
4 JavaScript Charts & Maps – amCharts https://www.amcharts.com/ ×っぽい
5 Online Chart Builder – ChartBlocks https://www.chartblocks.com/en/ おしい。
6 Online Charts Builder http://charts.hohli.com/ ×
7 Automated Visual Reporting and Analytics for NetSuite https://icharts.net/ 商用の匂い
8 Infoactive https://infoactive.co/ なんか違う
9 Google スプレッドシート https://www.google.com/intl/ja_jp/sheets/about/
10 Create infographics & online charts – Infogram https://infogram.com/app/#/library

結論から言うとほとんどのサイトがだめでした。
当然、どのサイトもcsvやExcelなどいろんな形式に対応しているのですが、例えばGoogleドライブ内のスプレッドシートと接続して、定期的にポーリングする…というのはどのサービスもほぼ対応しておらず。
対応していたのは10版のinfographicsってサイト。ここは要件○で満たせており、機能OKデザインOK。ただし、データの自動アップデートがあるプランは25ドル/月と安くはない出費です…。
で、実はgoogleスプレッドシート自体がWeb公開機能あるやん、って調べたところ、確かにグラフは公開できたがデザインが微妙で機能的にも扱いづらいので△としました。
5番のChartBlocksってのは”今後DBやWebソースからの読み込みに対応するよ!”って言ってくれてるので、ここが一番期待できるか。
そのほかは箸にも棒にもかからず。といっても要件次第では使えるものもあって、例えば3番のサイトはデザインだけはめっちゃよい、とかです。
終わり。

小さいふから、bellroy Note Sleeve ウォレットに乗り換えた

2014年12月に小さいふを購入してから3年。乗り換えました。

乗り換え理由:お札を入れるときに取り出し部分が1cmくらい曲がってしまう。
これが全てかも。3年間使ってたけど、これだけはどうしても慣れることが出来ませんでした。
小さいふ、よかったです。頑丈、小さい、胸ポケットに入る(これ、めっちゃ便利)、リング付きで紐で命綱つけられる。なのでアウトドア用の財布として今後は使用します。いや、ほんと好きなのよ。お札の端が曲がる以外は。

乗り換えを考えたきかっけ

スマホがおサイフケータイじゃなくなり、Suicaをカードとして持ち歩かないといけなくなったこと。小さいふはカード4枚までが推奨で、6枚以上だと結構キツい。お札の端が曲がる件もあり、別の財布探すかな…と思ったときにロフトの店頭でNote Sleeve ウォレットを発見。20分ほどいじるww
家に帰っていろいろ調べたところ、以下のようなレビュー記事もあり、購入に踏み切りました。
abrAsus以外の薄い財布が欲しい!1年間Noteleeveを使った感想とその他お勧めを紹介|ライフハック研究所『ケース研』

小さいふ と Note Sleeve ウォレットの比較

項目 小さいふ Note Sleeve ウォレット
大きさ ○小さい △普通の2つ折りよりちょい小さい
厚さ △お札が多くなると厚みを感じる ○厚みを感じない
収納力(カード) △4,5枚が限度 ○6.7枚でも全然大丈夫
収納力(お札) ×9枚くらいだと厚みを感じるし端が曲がる ○9枚くらいでも全然大丈夫
収納力(小銭) △飲み会とかで小銭改修すると辛い ×ゴミ

大きさについて、小さいふが胸ポケに収まるのはひじょーにポイント高かったです。ただ、胸ポケに収めたいときは、小さいふがパンパンでポケットに入れたくないときであり、そういう意味ではNote Sleeve ウォレットはポケットに入れても問題ない。
お札はNote Sleeveの勝ちとして、小銭は各所で言われているとおりゴミの収納力です。いや、収納が悪いというか、取り出す・保管するが非常にやりづらい。僕は小銭使うとき、財布から小銭全出し→選別して使用→全入れでやってますが、全入れの時に小銭が複数枚あるとまぁ…入れづらい。なので小銭を1日3回以上使用する人には絶対お勧めしません。(使ってるうちに慣れるかもしれないけど)
僕は電子マネー派なので普段小銭を使用するのは1日1回あるかないかなんだけど、スノーボードシーズンが始まりゲレンデに行くとあ、現金しか使えんじゃんとなり、Note Sleeveが…ゴミ財布となりました…。なのでアウトドアでは小さいふにしています。電子マネー・クレジットカードで1日過ごせるのは都市圏だけなので、旅行とか行くときは考えないとですね。
※ 2つ使い分けるの面倒じゃない?という話ですが、元々アウトドア用の財布は分けていたので問題なし。
てことで、しばらくはNote Sleeve ウォレットを愛用しようと思います。
このエントリは2017年も安定して使い続けているもの10選 – QuzeeBlog@Hatenaに触発されて書きました。こちらでオーソドキシーの小さい財布について書かれているので自分も書かなきゃな…と。オーソドキシーの小さい財布…気になるな。