その場で買えるスキー場リフト早割券比較

この記事を書くまでの経緯

  • ゲレンデ行く回数が増え、早割を買うようになり(7,8年前)
  • 回数が増えたため池パスを買い、池の平の周り中心で滑っていたが(5,6年前)
  • 他のゲレンデも行きたいと思い池パス以外の早割も買い始めた(3,4年前)
  • 購入した早割を全て使い切ることは難しく、また早割に縛られてゲレンデを決めるのが嫌で、かぐらや野沢・八方といった確実に行くゲレンデの早割のみ購入し、あとは池パス&定価購入でこなしていました。(ここ1,2年)

環境の変化

近年のスマホ普及でスマホ用のリフト券クーポンや早割が充実してきました。特筆は滑る当日に買える早割の登場。よって早割を余らせるリスクがない(これを早割と言っていいのかどうか…)

今回比較するサイト

「駅探バリューDays」は月額324円の有料サイト。いろんなレジャー施設が割引きになり、その中にゲレンデも入っている。WINTERPLUSは通常の早割サイト。事前購入必要なので余るリスクはある。
この3つとゲレンデのリフ券定価を比較する。比較日付は2016年1月17日時点なので、それ以降は価格が違ったりそもそも売ってなかったりする可能性あり。なお比較するゲレンデは僕がよく行くゲレンデだけです。その他のゲレンデの価格はキミの目で確かめてくれ!(昭和風)
※ 追記
ついでに以前調べた池パス割引も表にしました。
池の平のシーズンパス価格が分かり辛くてキレそうだったので表にした

価格表

ゲレンデ 定価 WINTERPLUS 駅探バリュー スマリフ 池パス 備考
ニセコ・グランヒラフ 5200 3500
グランデコ 4700 3100
グランデコ(食事900円) 5600 4400
裏磐梯猫魔 4000 2200 3000
奥只見 4000 3000
神立 4500 3000 3200 2600 2000 ※1
GALA 4600 2700 3600 ※2
かぐら 4700 3250 4200
石打 4300 3200 3600 2500
妙高杉ノ原 4500 3100 3500
妙高杉ノ原(食事1000円) 5500 4600
池の平 4000 2500 2500 0
赤倉観光 4200 2500 3900 3200
斑尾 4500 3000 3500
斑尾(食事1000円) 5500 4600
川場 4500 3200 3800 3000
ほたか牧場 4200 2800 3000
宝台樹 4200 2800 3000
天神 3500 3000
高井富士 3900 3000 2500
竜王 4500 3000 2000
竜王(食事1000円) 5500 4600
鹿島槍 4000 2500 2000
さのさか 4000 2000 3500 2000
五竜&47 5000 3900 3900
八方 5000 3900
八方(食事1000円) 6000 5300
岩岳 4200 2900
岩岳(食事1000円) 5200 4900
栂池 4900 3500 4000
栂池(食事1000円) 5900 4200
コルチナ 3600 2300 2000

まとめ

これを見て、もう早割買わなくていいと思うかどうかは人次第である。個人的には池パスと親和性の高いゲレンデによく行くのでやはり池パス便利…と思いつつ、池の平に行かないのに池パス買うのもアホらしいので駅探バリューでなんとかしてもいいかなぁと思いました。
ここに書いた以外にゲレンデ独自の割引などあるので一概にこの価格でFixにはならないが、それは各自で調べてください(奥只見の現地行かないと買えない割引きとか

雪道でスリップして車ぶつけた件(その1)

ということでこちらに纏めようかなと思います。

経緯

ゲレンデからの帰り道。ブラックアイスバーンでスリップ。「止まらね~」と思いながらブレーキ踏み続けながらカーブを曲がったら前方に車発見。相手10km/hくらい、こちら30km/hの勢いでぶつかったのでした。ぶつかった後で聞いた話だと、相手も一度滑って、10km/hで慎重に運転していたらしく。

怪我とか影響

怪我人はいませんでした。勢いよくぶつかった、というより、「あーぶつかるー」とお互い意識しながらぶつかったので身構える事も出来たし、つまり勢い自体はそれくらいだった、ということで。これは運が良かったです。車的には、相手はほぼ無傷(引き続き連休を満喫する様子だった)、自分の車は横滑りして横からぶつかった影響もあり、二列目のドアががっつり凹んだ状況。

原因

振り返ってみると、もうちょい慎重に運転すべきだった、ということになります。普段行かないゲレンデっては少し原因にあるかも。普段行くところなら、良く滑るところとか把握しているので。

その後の話(当日)

とりあえず警察に事故処理してもらって、相手の車はそのまま連休。こちらは窓ガラスも割れてるので、急遽ホームセンターでブルーシート&ガムテープを購入して補修、時速90km/hで東京に帰ったのでした。ブルーシート補修で大丈夫か、と思ったが案外調子よくw …まぁこのテクを今後の人生で生かさないように気を付けたいと思いますが。

  • やったこと
    • 警察に連絡
    • 保険会社に連絡
    • 相手と連絡先交換
    • これらの情報を(今後のために)1つにまとめる

今はスマホ全盛時代。保険証券の番号などはクラウドストレージに置いていたので、すぐに出てきて良かったです。相手の連絡先なども写真で撮影してクラウドストレージにUP。これで事故のどさくさで連絡先なくしちゃった…とかそういう事は起きない。

その後の話(翌日)

東京に帰って来てとりあえずディーラーに車を持っていく。ドア交換だけだと10数万で済むけど他の部位もだとかなりかかるらしい。修理費見積もりはその日中に来て45万円とのこと。残念ながらドア交換だけでは済まないパターンで、ドアの付け根の車体の柱と、ドアが閉まるときに車体にロックされる部分の車体についても直さないといけない(じゃないとドアが新品でも閉まらない)
元々、今年の夏で買い換えようか、くらいに思っていた車だったので45万かけて直すはなく。他の車を検討することになりました。

余談

終わった事は仕方ないので、今年の夏の買い替えタイミングが前倒しになったと思って、今は新しい車を物色してますw 怪我人出たらそうも言ってられなかったけど、多少高額とはいえお金で完結する話なので、落ち込んでたりはしないです。

iPhone6s用のケースとかストラップなどについて

忘れそうなのでメモします。
2016-01-08 09.21.06

ケース

宮島亜希iPhone6ケース 01 | 宮島亜希 | DMOARTS
思いっきりデザイン寄りにしたかったのでこちら。ケースにお金かけすぎるのは性分じゃないですが、おそらく2年使う事、安いケースだと「安物買いの銭失い」で結局いいケースが欲しくなるのでこちらにしました。今の所、デザインがしっくりフィットする感覚で長く使えそうです。

ストラップホール

iPhoneにはストラップホールがついていません。今まではストラップホール付きのiPhoneケースを購入していましたが、上記のケースにはなし。ということで、こちらを買いました。

イヤホン穴潰しますが、iPhoneで音楽聞かない or 聞くときはbluetoothなので問題なし。
あと、こちらは買いましたが全く使えず捨てました…↓
iPhoneのライトニング端子のネジを外して金具を付ける、というものですが、金具が分厚過ぎてネジがしまりませんでした。
iPhone5 ストラップ&ケース iPhoneグッズ&アクセサリ|Poddities – iPhone5 ストラップ NETSUKE(根付)for iPhone5

ストラップ

これ、買いました。

落下防止用ストラップが欲しいんだけど、リング状のものだと”いかにも”って感じで興ざめしちゃう。このゴム製ならストラップの延長線上で目立たないけど、しっかりと落下防止になる。おまけにシリコンだから音もしない。Xperiaで愛用しているものなので、iPhoneでもこれにしまいした。ラスタバナナ社製品、よいです。

保護フィルム

3000円くらいのものを適当に。

合計1万円

するのだなぁ…と思いました。

BONX使用レポート:2016/1/3 神立高原

年始にBONXが2セット届いたので試してきました。
BONX-ウェアラブルトランシーバー- オフィシャルサイト
2016-01-03 21.51.13

天気

ピーカン+ぽかぽか陽気でBONX試すには最高のシチュエーション(ゲレンデの雪は少なくてヤバい)(写真取り忘れました。)

使用端末

端末名 回線名 OS名
Xperia Z3 BICSIM(docomo MVMO) Android 5.0.2
Xperia Z1f docomo Android 4.4.2
iPhone 6s Softbank iOS 9.2

初期設定

BONX | Wearable walkie-talkie | SUPPORT | MANUAL
BONXヘッドセットの認識~会話の開始までスムーズでした。

使用感

動作安定すれば、かなり良さそうな感じがしました。遠くの相手の声が耳元で聞こえるというのは思った以上に安心感があり、普通に会話しているような感覚が続けば世界が変わりそうな。問題は、動作がいまいち安定しない…。

音声遅延

状況にもよりますが、2秒~3秒ありました。これが影響大きくて例えばパークでメイクった時に「いぇ~い!」って言うと、相手に聞こえるのは次のアイテムのアプローチになる。
逆に、相手が見えない時は音声遅延が気にならず。というのは、相手が見えない時 = “今のは○○~”という会話内容じゃなく”次どこ滑る”とか”そろそろ休憩する”とかリアルタイム性の低い会話なので、気にならないのだと思いました。あと、1人トイレ休憩から戻った後に仲間が今どのあたりを滑ってるか、簡単に確認するのはよいと思いました。BONXなければLINE入れて気づいてくれるの待ちだけど、滑ってる途中にLINE入って気づかず、リフト乗って携帯チェックして初めて気づくってのが良くあるので…。これをBONXでリアルタイムに連絡取れるのは革命的だと思います。

動作安定度

Xperia Z3 ⇔ Xperia Z1fでの通話がメインでしたが、Z1f側のBONXが何回か落ちる?部屋から弾かれて、また部屋を立て直すというのを2,3回やりました。まだベータ版ということなので、正式版ではさらなる安定を期待しています。昼休みにiPhone版でやったら動作快適で安定していた感がありました。次はiPhone⇔iPhoneでやってみたいな。

音声品質

うーん、良くないです。最高にいい状態で少し音声品質の悪いIP電話、という感じで、通常~品質悪けりゃぽにょぽにょした機械音の中に相手の声が混ざる…という感じで、聞き取りに集中しないと聞き取れない、みたいな。んで、滑りに集中できない、みたいな。

明らかに改善してほしいところ

ノーマルモードとハンズフリーモードを切り替える時の音が同じ。メインボタン2秒押しでトグルで切り替わるのですが、今どっちのモードか分からない。んで、ノーマルモードでミュートのまましゃべり続けて聞こえません、とかあったので。ノーマルモードになった時は音2回、ハンズフリーモードは音1回など、分かるようにしてもらえると助かります。

バッテリー

持ちました。昼間に測って残量60%だから、1日ゲレンデで使う分には問題なさそうか?今回がぽかぽか陽気だったので、極寒の地で試してみようと思います。

まとめ

音声遅延・音声品質。この2つが改善されれば理想が現実になる製品だと思います。
で、一番の衝撃はBONXのヘッドセットを買わなくてもBONXアプリが使えることです。BONX自体はあくまでbluetoothヘッドセットであり、BONXアプリがskypeのグループ会話のように動作する。じゃあBONXヘッドセットは何かというと、スノーボードや自転車などの高速移動中での会話のうち、音声を拾って風切り音をそぎ落とす事に特化したヘッドセットであり、BONXアプリはBONXヘッドセットの音声をインプットとした前提でチューニングされた会話アプリ、と理解しています。
じゃ、BONXアプリがあればBONXヘッドセットはいらないのか?と考えたのですが、防水・バッテリー性能・風切り音カット機能などいろいろ考慮すると、市販製品で移動速度50km/hで会話できるハンズフリー製品ないよね、となると思います。
逆にBONXヘッドセットをbluetoothヘッドセットとして、他のIP電話アプリ(LINEやskype)を使うとどうか?こっちの方が音声品質良かったら買った身としては悲しいです…。
と思ったら、BONXアプリはBONX以外のイヤフォンやヘッドセットと繋ぐことはできないみたいです…。

余談1

最初、BONXを試そうとフリーランしながらがんばって話そうとして結局フリーランに集中できないとかあったので、会話する場面は考えた方がいいかも…。

余談2

仕事でLync(現Skype for Business)の導入をした時に、”Lync同士の会話が正常に行える”というテスト項目があったのですが、ユーザーから「これって何をもってOKって言えるの?ノイズ乗ってても会話は出来るよね?」とか言われて、いろいろ屁理屈で根拠を出したことがありました。音声・動画って主観的な部分が多く、当時もテストをクリアするためにビルの一番調子いい場所でLync通話し、品質指標をクリアするログを出力させたことがあります。なのでチューニング大変だと思いますが、頑張ってください。
※ ちなみにLyncの通話の仕組みは面白くて、1対1の会話の時はP2Pで通信するのでサーバー介さないのですが、3人以上になるとクラサバ型通信に切り替わり、全く別の通信ロジックになるというものでした。なので2台のテストと3台のテストを1回づつやらなければいけませんでした…。

2015年の振り返りと2016年の目標

あけましておめでとうございます。ここ数年、表題のような話題でブログを書いてなかったのですが、1年の区切りくらいは振り返りをやってみるか、ってことでやってみます。

2015年についてと2016年の継続

2015年のテーマは”冒険”でした。といっても南米のアマゾンで何かする、とかじゃなく、普段と違う行動をしてみよう、ということです。
というのは、ここ数年、スノーボード中心の行動軸でやってきましたが、悪い意味でマンネリ化しつぎ込む時間の割に得るものが少なくなってきてる?と感じてました。スノーボードに飽きたとかではなく、例えば、土日ずっとスノーボード縛りじゃなく、月1、2日スノーボードせずに新しい事をやると、行動の幅が広がってよいのではないかな、と。休みの日は必ずスノーボード!ゲレンデ行ったら朝から晩まで滑る!という”キャラ作り”もここ数年ありましたが、調子乗らない時に行っても上手くならないしいまいち楽しくもないわけで。
スノーボードの事を書いてしまいましたが、例えば近所のお店を開拓するってのも”冒険”だと思うし、普段と違う行動をとれば何でもよい。年を取ると同じルーティーンで毎日過ごしてだんだん刺激が苦手になってくるので、それに対して抵抗しようを目標にした2015年でした。
結果的には筋トレとスノーボードオフトレが主な土日の使い方になって、十分に”冒険”したとはいえないです。大きい”冒険”として海外旅行をするって目標がありましたが、結局オフトレを優先してしまい(というか惰性でオフトレしてしまい)達成できず。ということで2016年も継続して冒険でいきたいと思います。普通に過ごしてると平日忙しく「あ、土日だ。」で52週終わっちゃうので、積極的に大きな予定を入れていきたいです。

2016年の新規

「人付き合い」です。人付き合いが苦手なわけじゃないし改善とは少し違うのですが、他人に対してもっと意識を割いていこうと思いました。この人、今何考えてるのかな~など。これも理由があって、年を取ると”自分の考え”が固まって人の考えを受け入れられなくなるから、自分に閉じずに心の範囲を広めていこう、というのが1点。
もう1点は「(その時になると)自分1人が成長するだけじゃだめだよ(意訳)」と言われたことです。確かに目標というと自分自身が成長する・変わる事に設定してきましたが、そろそろ他人との話を考えないといけないのかな、と。
自分ひとり成長して他人との関係変わらず、じゃなく、つながり高めて相手の事を理解した方が、よりレバレッジの効いたアウトプットが出るのかなと。ここでのアウトプットとは”仕事の成果”的な意味合いだけじゃなく、より楽しいとか、より印象深いとか、より思い出に残る、とかそういうやつです。
結局「人付き合い」で他人とどうこうやろうと思っても、変わらなければいけないのは自分であり自分自身の目標に帰結します。…というのは「嫌われる勇気」が説いている”アドラーの教え”に書かれてました(去年読んだ本の中では、一番印象に残ってます)
つらつら書きましたが人付き合いってのはちょっと重く感じますね。「他人に意識を割く割合を高める」くらいのイメージでやりたいと思います。
※ 2015年の最初にどんな記事書いてたかなーって確認したら14-15 東北トリップ6daysでした…。年のはじめなのに…。