いわゆる"悪の組織"とは:第二回お題について

第2回のお題は[「あなたは悪の秘密結社のナンバー2です。最近いまいち覇気のない組織の活性化の為に、何か企画書を出そうと思います。どんなことを書きますか?」](http://blog.livedoor.jp/noborder12/archives/cat_177266.html)でした。
今回は本当に楽しいお題でした!お題もそうですが、みんなの書いたエントリがまた面白かった。詳しくは上記リンクから読んで頂ければと思いますが、こういった創作寄りのお題を出す発想は僕にはなかったですね。


さて、**”悪の組織”って現実に存在するのか**という話です。といってもヤクザやマフィアのようなお金目的メインで活動しているところではなく、何らかの理由があって表立てずに活動している、お金以外の目的がある組織。そういった悪の組織って興味ありますね。
### そもそも人間の価値観ってなんだろう。
現実の悪の組織になぜ夢がないかというと、ヤクザもマフィアも裏でパチンコ屋を支配する集団も**結局はお金メインだからです。**彼らが目的を達成したとして組織に残るのはお金のみ。結局世の中の枠組みは変わらない。**悪の組織が既存の価値観に踊ってどうする。**
そもそも悪事とは理性からくるものではなく、**自分の内なる心に正直になった結果、生まれた行動が悪だった**というのが正しい。お金を得るために悪さをする集団なぞ”悪”としては三流以下である。
お金では達成できない事がある。一般的には”悪い”とされている。**けどやりたい!だって面白いから!お金なんてもらえなくていい!**そんな理念を共有する人たちが集まった集団こそ真の組織と言えるでしょう。
ナンバー2さんが所属している組織にいまいち覇気がないのも、当初の理念を忘れて目先の利益を追いかけてるからじゃないでしょうか。つまりメンバーの心が組織から離れている。そう、一番嫌いだった「世の中の枠組み」に悪の組織が飲み込まれつつある。立派な理念でベンチャー企業を立ち上げたとしても、目先の利益につられて受諾開発ばっかりやってちゃぁメンバーの士気も下がるというものです。
カネがなくて、貧乏でも、自分の心に正直になる。
それで覇気は生まれるんです。
自分が悪の組織に入った理由、それをもう一度思い出して…。

ということで有名人のネットサービスのアカウントを停止させてタイムラインに話題を提供する悪の組織を作りませんか?きっと面白いと思いますよ。


ところでスト2の四天王の中ではやはりバルログが一番「悪の組織の人」っぽいと思うのだがいかがでしょう?
バイソンはチンピラ上がりだし、サガットは格闘家。ベガは確かに威厳あったけど、豪鬼にボコボコにされてすっかりネタキャラに。その点バルログはですよ!あの仮面!あのつけ爪!戦隊モノの悪の幹部そのものじゃないですか!スト2のバルログステージで鉄格子に仕切られた観客に自分の対戦、相手をいたぶる所を鑑賞させる…。やはり悪の組織はこうじゃなくちゃね。

損保ジャパン提供のiPhoneアプリ「トラブルCh」が割と使える件について

ちょいとお誘いがあったのでタイトルの「トラブルCh」というiPhoneアプリを使ってみました。
### iPhoneアプリ「トラブルCh」とは?
車のトラブルから鍵の紛失まで、困ったときのトラブル対処法について教えてくれるアプリです。損保ジャパン提供なんですけど、別に契約者じゃなくても使えるっつーか普通の便利アプリです。
### このアプリに興味を持ったわけ
デザインが可愛かったから。

というのは理由の4割で。
トラブルって
* できるだけ早く対処しないといけない
* トラブル時は大体出先
という特徴があって、いざネットで調べるにも回線弱く視認性低いiPhoneじゃちとキツい。それなら、**網羅性高い情報をローカルに持ってるアプリ**があってもいいかなぁと思ったからです。
### 使い方
僕自身、車関係で割りとトラブってるので、試しに検索してみます。



まさに今年、ルームランプをつけっぱなしにしてバッテリーを上げた俺です。そう、ここに書いてある通りバッテリーケーブルを使って別の車から電源供給してもらって復旧します。
ページの一番下に関連するQ&Aという項目があったのでクリック。



めっちゃ詳しいじゃーん!実際、雪道からの脱出はこれがセオリー。思った以上に詳しく書かれてるし、安易に自力で脱出しないように書かれているのもよいですね。タイヤ空転させ続けると大変なことになるよ!(去年も5回くらい友達の車助けた)
確認するため対処法知ってる車の項目見ましたが、どちらも専門家が書いてるだけあってばっちり。これなら他の項目も大丈夫そうですね。
### 免許書情報とかも保存できるみたい
このアプリ、**免許書情報とかその他情報を写真で保存できる機能がついてるんですよ。**しかも助かるのがパスワード設定できるってこと。完全には信用できないですけど、iPhoneのメモ帳とかに平文で個人情報書くのに比べたら大分安全かなと思います。
僕、iPhoneと携帯の2台持ちなんですけど、緊急時の連絡先って携帯の方にしか登録してないんですよね。携帯の連絡先をiPhoneに移植するのは面倒だし平文で保存するのも気が引けたからなんですけど、これなら写真撮影して保存するだけなんで大分らくちん。
### ということで
トラブルChは割と使えるというお話でした。今回車に限定して紹介したけど、生活全般の事についても詳しく書かれてますよ。例えば「ひどい日焼けの対処法」とか。
こういうアプリってインストールしたはいいけどトラブル時に存在を忘れてるってのが一番のネックだと思うんですけど、項目多くて読んでるだけでも知識がつくので、ふと時間があるときにちょいちょい読むんで普段使いすればいいと思いました。

[PR by ブログタイムズ]

1年間で車にかかったガス代+高速代を計算してみた-2010 & 2011-

2年前にやったきりだったので集計してみました。
参考:1年間で車にかかった費用を計算してみた。:ぷりどうぐ
今回はメンテ代や駐車場、車検・保険代は集計していませんが、だいたい上記エントリと同じくらいと思ってもらって大丈夫です。
### 2009年7月~2010年6月
* ガソリン代:178028円
* 高速代:107220円
* ガソリン代+高速代回収:-173550円
* 人の車に乗った時の交通費:1400円
* 駐車場(お出かけ時):14400円
* 計:127498円
### 2010年7月~2011年6月
* ガソリン代:149829円
* 高速代:106050円
* ガソリン代+高速代回収:-139100円
* 人の車に乗った時の交通費:26800円
* 駐車場(お出かけ時):4750円
* 計:148329円
### 感想
おぉぉぉぉぉ…。**結構増えたな!**
まぁ前回集計した年は腰の骨折って2月でシーズン終わってしまったので、去年・今年が本来の車費用と言えるかもしれません。
去年より今年の方が高いのは、割り勘のために人を誘うのが面倒になって少人数で行くようになったことと、引っ越して人の車に乗せてもらうことが多くなり、その時に自分の車で行くよりも割高になったことが理由です。自分で運転するより全然楽だしいいけどな!
これ以上節約する気もないので、今年もこんな調子で車使えればと思います。

怒りは真実:第一回お題について

先週から始まった[No border](http://blog.livedoor.jp/noborder12/)というブログに参加しています。
1つのお題に対してみんなでブログを書こうという企画。第一回は「[怒ってください](http://blog.livedoor.jp/noborder12/archives/cat_174789.html)」というお題でした。
僕のエントリはこちら。
[No Border : いい加減怒るよ](http://blog.livedoor.jp/noborder12/archives/5447254.html)
ストレートに怒ってみました。
「怒ってください」と言われて迷ったのが
* 素直に怒るのか
* 捻ってエントリを書くか
結果前者を選んだのは、メンバー的に普段怒らなさそうな人が多かったこと、素直に怒るほうが逆に難しいだろうということ。結果的にさわやかな怒りではなく怨念のこもったエントリになりましたが、普段のブログで書けないような内容なので面白かったです。
### 怒るにはエネルギーが必要
普段、僕はあまり怒りません。他の参加者の方も書いていましたが「怒る」というのは割に合わないというか、あまり合理的ではない。僕の周りにはポジティブ思考の人が多いので、嫌な事も冗談に変化させたり、別の話題に切り替えたりと和ませてくれます。だからこそ、疑っちゃうんです。**それって本心なの?**と。
### 怒りに嘘はない
だから**普段怒らない人が怒ってるのを見ると正直安心してしまう。**本当の姿が見れたって。本心を吐露してくれたというか、すごく印象に残る。まぁ職場でもネットでも温和な人に囲まれるからこう思えるのであって、いつも怒っている人に囲まれるのはさすがに嫌ですけど。


第二回のお題は「[あなたは悪の秘密結社のナンバー2です。最近いまいち覇気のない組織の活性化の為に、何か企画書を出そうと思います。どんなことを書きますか?](http://blog.livedoor.jp/noborder12/archives/cat_177266.html)」です。
第一回とは違って明るくネタに富んだエントリが多いです。一回ごとにお題ががらりと変わるのが面白いところですね。ということで、この夏の暇つぶしに是非購読をお願いします。
[No border](http://blog.livedoor.jp/noborder12/)