[11-12][動画制作]動画制作日記その1

※ この日記は自分のメモ的日記なので、スノーボード動画編集に興味のない方は読んでもつまらないと思います。
ということで、今年も動画制作をやっているので、来年見直した時に参考になるように、制作過程で思ったことなどをメモしていこうと思います。
#### 近況
ようやっとティーザーが形になって、メンバーに二回目の確認(一回目は完成度50%で見せたので、フルverは今回が初)。割と好評で一安心。
#### ティーザーについて
ただ俺的には、このティーザーで大丈夫かな…って不安でもあるので、ちょっと複雑。何が不安か、というと具体的には言えないんだけど、もっと錬ったらもっといいティーザーになるような気がしてる。あんまり試行錯誤できてないから不安ってことかな…。
ティーザーってことで、11-12やったことと、11-12で絡んだ人を全部入れようって思って作ったんだけど、そうすると「必要なカット」だけで時間が埋まって、創意工夫の枠がほぼない感じなのよね。つまり、工夫ポイントとしては必要なカット(例えば北海道)の中でいろいろ工夫をしろってことだけど、それにしても尺が足りなくて大変。
あと、ティーザーなので最悪8月上旬には出したくて、試行錯誤したいけど締切も近づいてるって状態(もっと早くやっとけよ、と)
書いてるうちに気づいたけど、必要なカットが決まっているからこそ、そのカットさえ収めちゃえばティーザーとしての役割は果たすわけで。だから、試行錯誤で頭悩ませる気がいまいち起きないのかもしれない…。とにかく、今回のティーザーは試行錯誤してるうちに降りてきた感じがしない。うーん、けどティーザーなんてそんなものかなぁ…と思いつつ。
#### ティーザーの方向性
俺、こういう感じのティーザー+オープニングって感じの映像を作りたかったのかもしれない、とか思ってきた。
* [GENTEN-ゲンテン- TEASER [公式予告編] – YouTube](http://www.youtube.com/watch?v=Cn_5Z19vyYM&list=UUX4Vd_V0LuU2SlW5z1NjyiA&index=1&feature=plcp)
* [NXfilm 10th movie teaser 2011-2012 – YouTube](http://www.youtube.com/watch?v=XFCPE-1_Xpk&feature=plcp)
こういう、ちょっと深くて、かっこいい系?憧れるよねー。去年の俺らのティーザーもそっち方面目指したのでした。
で、今思い出したんだけど、今年はこういうティーザーじゃなくて、みんなで楽しんでるような、浅いけどすげーfunな感じで作ろうって思ってたのでした。と思い出しました(大事な事なので二度言いました)。だからこその、この音楽チョイスよ。
そういう意味では、この2つと方向性は違うけど、うん、今回のティーザーって気取ってないけど、見てて楽しそうなんだよな。それは言える。ていうかもう、何百回も見てるから良くわからんw 一部降りてきた部分もあって、そこは見るたびに俺すげー!ってなってたけど今じゃ普通だしwww
#### それでも来年ほしいもの
ちょっとほしいな、って思ったのは、サブメンバーのオフショット。いつも滑ってるメンバーは映像も豊富でオフショットそれなりにあるんだけど、サブメンバーは少ない。加えて俺ら、一緒のゲレンデでも別々に滑るのでサブメンバーの映像がさらに少ない。加えて今年は天気が悪い日が多くて、晴れてる日のサブメンバーの映像が少ない。
ま、それって言い訳で晴れてる日じゃなくて、たまに来てくれたら密着して映像撮って、別にゲレンデじゃなくてもいいから映像撮りためるべきだったね。今回のティーザーでもゲレンデ外の映像結構採用したし、来年はもっと、ホームムービーっぽい感じでカメラを回すとオフショット増えるのかな、と思いました。
あ、あとオフショットは撮ったけどリフト乗ることろとかビンディング履く所とかありきたりすぎて使えねーってのが多かった。滑り出すと滑りを撮っちゃうし、編集面倒だから、滑りの切れ間でカメラ切るしオフショット溜まらない。
という所が反省点。来年はもっとオフショット取れるようレンズ新調して、ワイドもテレもいけるようにしたいな、とか思ってます。や、割と持ってるカメラによって撮る映像違ってくるってのがあるよ。
※ このブログ書いてから5回くらい見直して、うん、結構いいかも?とか思えてきたw

そろそろ株式会社人狼について考えてみる

TLが盛り上がってるな、と思ったら以下のURLが流れてました。
大人がハマる嘘つきゲーム!株式会社人狼によるオリジナル「人狼」制作プロジェクト- CAMPFIRE
株式会社人狼というのは**人狼が好きすぎる人たちが集まって設立した人狼普及のための会社**とのことで、人狼プレイヤーにとっては時間を割いて人狼の楽しさを一般に伝えてくれるありがたい存在…のように思えますが、**僕の周りの古参プレイヤーの評判は良くないです。**古参と言っても、人狼BBS・人狼審問の流れを組むRPを大切にするプレイヤーから、わかめて系2ch鯖のガチプレイヤー、2,3年前からオフラインで始めたプレイヤーなど、いろいろいるのですが、どの層にも不評に思えます。**正直僕もいけ好かないと思ってます。**
ただ、株式会社人狼の取り組みが成功して人狼がメジャーなゲームになれば嬉しいのは僕らなのに、なぜいけすかないと思ってしまうのか?ここらへんが不思議なので考えてみました。
#### 株式会社人狼のイベントで人狼が”誤解”されてしまう恐れ
というのがTL上で流れてたので考えてみます。具体的には彼らが主催している「[はじめてのじんろう](http://jinraw.com/386)」という”初心者を集めて人狼を楽しんでみる会”についてですが、初心者ばっかり集めた割りにはプレイ時間は短いし(そのくせ金だけは取る)、こんなので人狼が楽しいと思えるの?という意見。
これについては僕も同意したいところなのです…が。んじゃ、**このイベントで人狼が面白いと思えなかった人は、すごろくやの初心者人狼会に行けば良かったのか?**と言われると微妙。誰が主催するかによって多少の違いはあるものの、人狼に向いてる人はどのイベント行っても面白いと思うし、向いてない人はどのイベント行ってもつまらないと感じるような気がします。
人狼BBSだって初参加で面白みが分からずやめちゃった人も多いし、そもそもあんな殺伐とした場に初参加するなら、株式会社人狼(や、すごろくや)が主催する初心者人狼会の方がよっぽど敷居が低い。僕の好きなスノーボードでもそうなんですけど、ちょっと経験させればハマる奴は勝手にハマってどんどん情報集めだすから、とりあえず人狼に触れる機会を増やすって意味では株式会社人狼はアリだと思います。
#### 株式会社人狼の人狼文化が広がるのが嫌
潜在的にはこっちの方が怖いと思うんですけど。株式会社人狼の人狼しか知らない人狼プレイヤーが増えて、それは**”うふふ~あはは~”**みたいな感じの人狼で、自分たちの人狼会に来たとして”何この人狼、嫌だ”みたいに言われちゃうリスク。
ただこれは「プレイスタイルの違い」の中に含まれるとおもいます。僕もわかめて鯖のガチ過ぎる人と一緒にプレイするの微妙だし、そういったプレイスタイルの違う相手が増えるだけという話。それが嫌ならスタイルの合う人と遊べばいいし、スタイルの違う人でも自分たちのスタイルに合わせて楽しんでくれる可能性があるわけですよね。なので人狼文化が広まる事自体はチャンスなのかな、と思います。
あとね、この心配はあんまり必要ない。というのは、人狼にハマって長年プレイするような人は、最終的に古参に近い楽しみ方を求めてくると思うから。**”うふふ~あはは~”**な人はちょっとプレイする時期があっても継続しないと思う。
#### 株式会社人狼の運営が雑
まぁこれは僕が思うんですけど**「運営とか大丈夫かな」**って思います。勢いだけで設立したけど2,3年後には解散してるベンチャー企業っぽい臭いがします。会社を作る以上、多方面にいい顔するってのは必須だと思ってて、株式会社人狼の場合、やってることがバカバカしい分、社名とかWebサイトは真面目っぽいガワで行くほうがメリットが高いと思うんですけど、そこらへん考慮してないってことは、好きだから作ってるだけー、って感じでちょっと不安です。
なんで僕がこれ気にしてるかというと「株式会社人狼って昔あったけど潰れちゃったってことは人狼って流行らなかったのかねー」とか思われるのが嫌だからです。
あ、あと一つ注文なんですけど、Ustの政治家人狼見たんですけど、あれ、一番名勝負の動画だけクローズアップして公開するのがいいと思うし、よっぽど興味ある人じゃないと動画全部見ないので、実況付きとかナレーション付けて興味ない人でも見やすくしてくれると助かります。多分”政治家人狼”って要素抜きでニコ動に上げたら普通に埋もれます。情報って全部公開すればいいってもんじゃなくて、公開したことによってマイナスになる面もあるので。Ust全公開でオープンっぽさを出したかったのかもしれないけど、それよりは、したたかな感じでやっていただけるといいと思います。
#### 古参へのリスペクトがない
おっさんのセリフか!という所ですが、前段落で書いた「多方面に(嘘でもいいから)いい顔をする」って意味では最悪の対応だと思います。一番最初にリンクを張った株式会社人狼によるオリジナル「人狼」制作プロジェクトの中で
「それなのに、既存の人狼カードは、海外版をそのまま翻訳しただけのような読みにくい説明書が多く、初心者でも簡単に司会ができるような仕組みもありません。」
みたいな、古参を否定するようなことをさらっと書いちゃうのは、裏表なさすぎて心配です。
別に本当にリスペクトしろって言ってるんじゃなく、嘘でもいいんでリスペクトするフリすれば良かったのにと思います。
例えば、スタッフ一覧ページに人狼にハマったきっかけとか書いて**「わかめて鯖の名勝負を見て、ああいうプレイヤーになりたいと思って始めました!」**とか**「僕が人狼を知った時には人狼BBSはG国だったのですが、本国時代の名勝負ログを見ると、あの人狼創成期が一番アツい時代だったと思います」**とか書いとけば、古参なんてチョロいのでコロっと騙されて募金とかしちゃいます(多分)
それとは真逆のド直球対応なのでどうかと思います。「別に古参なんて相手にしてないからリスペクトしようとしまいと自分たちの活動には影響しない」と思いそうですが、ライブドアとかはちま・刃とか**他の人と同じ事しかやってないのにヘイト値溜めちゃったために必要以上に叩かれたりするのが世の中だ**と僕も分かってきたので、そこらへんは注意したほうがいいと思います。
#### まとめ
根回し重要。

11-12シーズン滑走まとめ

シーズン終わってだいぶ経ちますがいつものアレ。

11-12シーズン(10年目)室内滑走記録

  • 2011/05/21(土) カムイ御坂
  • 2011/06/04(土) カムイ御坂
  • 2011/06/10(金) カムイ御坂
  • 2011/06/11(土) カムイ御坂
  • 2011/06/18(土) カムイ御坂
  • 2011/06/26(日) カムイ御坂
  • 2011/06/29(水) カムイ御坂
  • 2011/08/06(土) カムイ御坂
  • 2011/09/06(火) 溝
  • 2011/10/25(火) カムイ御坂
  • 2011/11/08(火) 溝
  • 2011/11/11(金) カムイ御坂
  • 2011/11/15(火) カムイ御坂
  • 2011/12/04(日) 埼玉スーパーアリーナ
  • 2011/12/10(土) カムイ御坂ダブル
  • 2012/01/07(土) 小布施KINGS
  • 2012/01/08(日) くまどーナイター
  • 2012/01/14(土) ストリート
  • 2012/02/05(日) ストリート
  • 2012/02/25(土) 小布施KINGS
  • 2012/03/03(土) 小布施KINGS
  • 2012/03/10(土) こそ練パーク

11-12シーズン(10年目)屋外滑走記録

  • 2011/10/25(火) イエティ
  • 2011/10/29(土) イエティ
  • 2011/11/20(日) イエティ
  • 2011/11/26(土) イエティ
  • 2011/11/29(火) かぐら
  • 2011/12/03(土) イエティ
  • 2011/12/11(日) かぐら
  • 2011/12/18(日) 白馬47
  • 2011/12/22(木) かぐら
  • 2011/12/23(金) かぐら
  • 2011/12/24(土) かぐら
  • 2011/12/25(日) 宝台樹
  • 2011/12/30(金) 池の平
  • 2011/12/31(土) 池の平
  • 2012/01/01(日) 杉の原
  • 2012/01/04(水) 丸沼
  • 2012/01/07(土) 池の平
  • 2012/01/08(日) 杉の原
  • 2012/01/09(月) 池の平
  • 2011/01/14(土) 杉の原
  • 2011/01/15(日) 池の平
  • 2011/01/21(土) 南郷
  • 2011/01/22(日) 南郷
  • 2011/01/25(水) 苗場
  • 2011/01/28(土) 石打丸山
  • 2011/01/29(日) 石打丸山
  • 2011/02/04(土) 杉の原
  • 2011/02/05(日) 池の平
  • 2011/02/11(土) 南郷
  • 2011/02/12(日) 南郷
  • 2011/02/14(火) 丸沼
  • 2011/02/17(金) ニセコ
  • 2011/02/18(土) ニセコ
  • 2011/02/19(日) ニセコ
  • 2011/02/25(土) 池の平
  • 2011/02/26(日) 杉の原
  • 2012/03/03(土) 池の平
  • 2012/03/04(土) 杉の原
  • 2012/03/10(土) 杉の原
  • 2012/03/11(日) 池の平
  • 2012/03/15(木) 南郷
  • 2012/03/17(土) 池の平
  • 2012/03/18(日) 池の平
  • 2012/03/19(月) 杉の原
  • 2012/03/20(火) 池の平
  • 2012/03/24(土) 池の平
  • 2012/03/30(金) 池の平
  • 2012/03/31(土) 池の平
  • 2012/04/01(日) 池の平
  • 2012/04/04(木) 池の平
  • 2012/04/14(土) 奥只見
  • 2012/04/15(日) 奥只見
  • 2012/04/17(火) 天神
  • 2012/04/21(土) 天神
  • 2012/04/22(日) 天神
  • 2012/04/25(水) ガーラ
  • 2012/04/28(土) 天神
  • 2012/04/29(日) かぐら
  • 2012/04/30(月) 天神
  • 2012/05/01(火) 白馬47
  • 2012/05/02(水) 白馬47
  • 2012/05/03(木) シャルマン
  • 2012/05/04(金) シャルマン
  • 2012/05/05(土) シャルマン
  • 2012/05/06(日) ガーラ
  • 2012/05/20(日) かぐら

室内22日・屋外66日でした。結局GW後は1日しか滑らなかったなー。まー気持ちの切れ目がシーズンの終わりってことで。

11-12シーズン感想

今シーズンはスノーボードの真の楽しさを知ることができたシーズンでした。つまりはスノーボードとは山を滑るものであり、山を滑るのは楽しい、ということです。去年まではとにかく上手くなろうってので、パークでキッカー飛んだりジブ擦ったりしていたのですが、今年はフリーランを楽しむ!ってことで積極的に裏山に行ったりパウダー滑ったりしてました。
そうすると、面白いんですね。初心者の時に「フリーラン」って言ってもただコケずに滑るだけなんだけど、このレベルになると、ただゲレンデを滑るだけでも出来ることがめちゃくちゃある。ってことで、すっかりフリーラン・地形遊びにハマってしまいました。その真骨頂がGWのシャルマンで、元々パークメインで行ったのに、地形ばっかり滑ってました。「春のシャルマンでフリーランなんてありえない」って言われたけど、俺達にはそれが楽しかったし実際それで正解だったと思います。
あと、裏山入って”地形眼”が鍛えられた。とにかく、どこか面白い地形ないかな、って探しながら滑って、発見したらチャレンジしてみる。子供って通学路の途中の面白ポイントで勝手に遊びだしたりするじゃないですか。それと似たような、いい意味で子供みたいな遊び方ができるようになった。そうすると、ゲレンデ滑った時もいろんな発見があって楽しかったり。友達が面白ポイント見つけたら「よく見つけたね!すげー!」って褒め合ったり。
地形で遊んでるとパークに入る時間は少なくなるんだけど、パークの練習しないから上手くならない、ってのは違う。むしろ地形で遊んだ部分をパークに取り入れて滑ったり。国母カズがオリンピックの時に「ハーフパイプしかやってない奴の滑りと、そうじゃない(山全体でスノーボードを楽しんでる)俺たちの違いはきっと分かる」と言っていたのですが、確かにそうだなと(まだそこまでの違いは出せてないけど)
ま、そんな感じです。
あとはストリートを3回出来たのは良かったです。準備は面倒だけどドキドキ感と雰囲気が良かったし、思い出になりました。来年も怪我しない程度にやりたいです。ストリートも含めてナイターもたくさん行ったし、今年もたくさん滑ったなーって感じです。
スキル的には、スノーボードに”乗れてる感”が飛躍的に高まったと思います。証拠に、訳わからん転び方はしなくなった。転ぶにしても比較的”きれいに”転べてるのでダメージ少ない。これって結構憧れだったので嬉しいです。キッカーとジブも上手くなったので、秋にリリースするDVDで確認してください、ってことで。来年の目標は白馬のビッグか奥只見のビッグで回して綺麗に着地することです。

そんな感じで

11-12シーズンも怪我なく滑れてよかったです。また、お付き合いいただきありがとうございました。オフシーズン&来シーズンもよろしくね。

職場からの早帰りを達成するために

前エントリの通り、1ヶ月間スノーヴァ溝の口に通ってたのですが、その間に苦労した職場からの早帰りについて書いてみます。
### 職場からの早帰り
月間パスポートの元を取るためには10回~12回ほど通わなければならず、土日全部行ったとしても平日に何回か行かないと元が取れない。
* 会社→自宅→溝までは2時間ほどかかる
* 溝の営業時間は23時まで
ということは**職場を19時前に出なければ2時間フルで滑れない計算**です。うちの職場は最近忙しく帰宅時間は20時~22時。この中で**いかに職場から早帰りするか**というのを考えた1ヶ月でした。
### 早帰りを実現した方法
昼飯食わずtwitterせずに真面目に仕事したら1時間30分圧縮できました。簡単に言うとコレ。ウチの職場は変な同調圧力などなく、自分の仕事をちゃんとやってれば早帰りも無問題なので、んじゃ飯抜き遊び抜きでマジで仕事して早く帰りましょう、と。
けどこれって**結構大変でした。**何が大変かというと遊び抜きなので疲れる。あと**今日は19時に帰る!って決めて絶対19時までに仕事終わらすのが大変**でした。というのは「今日は残って仕事した方が明日以降が楽」って日があるんですけど、そういう日に19時に帰ろうとすると余計な調整ごとが増えてかえって仕事量増えたり、仕事中途半端で残して帰って気持ち悪かったり。
ぶっちゃけ**「いつまでも残って仕事していい」って方が楽。**以前、カンブリア宮殿でトリンプって会社が残業ガチで禁止な社風で「残業禁止の働き方が合わずに退社する社員もいる」って言ってましたが、その気持ちは分かります。朝調子が出なかったらネットサーフィンして、調子が出てきた夕方くらいから一気にがんばる日があってもいいじゃんねぇ。
ただ思ったのは**お尻を決めずに働くやりかたが残業を促進しているって面も確かにあるな**ということ。少なくとも22時に帰ってるのを21時にする、20時に帰ってるのを19時にするってのはできそうだな、と思いました。


最近ネット上では残業についての話題が上がってるんですが。
[要約TED] 小室 淑恵「長時間労働をやめる」 | ihayato.news

なぜ、あの部門は「残業なし」で「好成績」なのか? 6時に帰る チーム術
小室 淑恵
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 3817

※ 要約TEDは残業=悪のマインドについて。本は残業をなくすってより業務の効率化が主眼になってるので、要約TEDの方が心動かされるかも(本は本で面白かったです)
よくある意見として「うちの職場、残業ばっかりで辛いワー。残業ない職場って羨ましいワー。」ってやつなんですけど、それなら試しにネットサーフィン一切せず休憩は最低限にして、1時間でも帰る時間早めることにチャレンジしてみてはどうでしょう。実際、残業ある方が楽かもよ?俺は楽でした。短時間労働で長時間労働と同じだけの成果を出すのは大変だ、ってことが分かれば、単純に「勤務時間が短いからいい職場」とは思わなくなるはず。
あっちの会社は残業0なのに、俺達の会社は毎日残業!おかしい!というのは、**職場の問題じゃなくそこで働いている人の努力の問題かもよ、と思うわけです。**なので、試しにめっちゃ集中して早帰りしてみればいいと思います。それで1時間早く仕事終わらせても捻出しても1時間早く帰れない職場は、職場側に問題があると考えます。
あと「ゆるく仕事してても定時に上がれるくらいの仕事量が適切だ!」って主張なら、それはちょっと別の問題になってきます。俺自身、努力して19時に帰ってもその時点でヘトヘトなので早帰りの意味ねぇwwwって状況なので、できれば余裕持って仕事して、18時・19時に帰れる環境がベストだと思ってますが。
とはいえ、そういう環境を求めるなら、ナイスアイディアを継続的にアウトプットして単純労働以上の価値を出し続けないと、会社や自分の立場が危うい気がします。


まとめると。
ネット民基準で言うと、昼間にtwitter見れて昼間に起こった炎上騒ぎにも参加できて20時退社、って環境と、昼間に一切ネットやtwitter見れないけど18時帰宅って環境はどっちがいいか、ってことです。つーことで、ここ最近ははてブとかで「うちの職場は残業多くてクソ」とか書いてる人見つけても、残業嫌なら少しでも早く帰れるようにネット控えろよ、こいつは真の意味で早帰りしたいと思ってないんだろうな、と受け取ってます。

スノーヴァ溝の口に月パス買って通った感想

ということで、室内ゲレンデのスノーヴァ溝の口の月間パスポート(以下、月パス)を買って1ヶ月通ってました。月パスとは1ヶ月間、スノーヴァ溝の口で毎日2時間滑走できるパスポートで料金は23000円。ちなみに単体でチケットを買うと2時間2500円(休日3500円)。よって10回~12回くらい滑れば元が取れる計算。
滑走履歴は以下。
* 2012/06/10(日)
* 2012/06/13(水)
* 2012/06/16(土)
* 2012/06/17(日)
* 2012/06/23(土)
* 2012/06/29(金)
* 2012/06/30(土)
* 2012/07/01(日)
* 2012/07/04(水)
* 2012/07/06(金)
* 2012/07/08(日)
* 2012/07/10(火)
計12日。週に3回って感じかな。一応元は取ったけど、もっと行きたかったな。
### 溝パス買ってみた感想
月パスを買った理由は**1回券じゃお金払うのがもったいなくて通わない。月パスを買ったら元取るために嫌でも通うしかない**というものでした。実際この狙いは当たり、体調悪くても仕事忙しくても、嫌々でも通って元取るためにがんばりました。
そうするうちに**通うことが苦じゃなくなった。**自宅から溝まで40分ほどなのですが、最初は「通う時間込みで3時間以上もかけて意味あるのか…?平日の3時間って結構貴重なのに…。」とかいろいろ考えてたのですが、**後半は考えなくなっていた。**とにかく行く事が前提で、余った時間で何ができるか考えるってスタイルになってました。
通い始めは3時間が長く感じたこともあったけど、後半は適当に運転してれば着くし、適当に滑ってれば2時間があっという間!って感じで普通に楽しめてました。7月10日で月パスは切れちゃったけど、時間をみつけてちょいちょい遊びに行きたいな、って思えるくらいには考え方が変わった。
ということで**通いグセがついた**ことは良かったです。
これってスポーツクラブや他のことにも言えるけど、**いかに習慣化するかっていう課題の解決として、1ヶ月分の会費を払うってのは有力な選択肢だなと思いました。**他に思いつくのは「常に友だちと約束する」とかそんな所かな。
### 1ヶ月間で上達したスキル
ジブ!まーこれはそれなりに新しい技もできて、元々持ってた技も安定度増したのでよかったです。**問題はキッカー**で元々キッカー上手くなるために行ったんだけど、コンディションが悪すぎてあまり練習できませんでした。とにかくアプローチが氷でちょっとエッジ立てるとすぐバランス崩す。逆にここで上手くスピンできる人は相当な上級者ですが、そのレベルまで上り詰めなくてもゲレンデで十分楽しめるし…。てことで低回転技を練習して終了。
### 夏に室内に通うことについて
最近は千葉キングスが流行りで友達もたくさん通っているのですが、夏のがんばりを冬に開花させるためには、ちょっと頭を使わないといけない。何が言いたいかというと、夏の練習施設はその施設独特のクセがあるので、それを分かった上で練習しないといけない。キッカーなんて特にそうだし、ジブでも「新横では自信持って乗れるのに外ゲレンデだと全然」みたいな子、友だちに結構います。
上達しないことはないけど、オフシーズンに室内に40日通いました!って割りには山に生きないのが室内だと思っているので、そうならないように山をイメージして練習するのがいいんじゃないかなぁ。
例えばの話、いろんな練習施設に言ってみるって方法があり。僕もこの前カムイ御坂に行ったら溝でできてたB1ノーズが全然できなくてびっくりしたのですが**ホームの室内以外でも同じ技が出来て初めて本物**と思ったほうがいいです。あと、違う場所に行くと気分転換になって気づきもあるしね。ジブを練習する場合、冬のホームゲレンデのアイテムに見立てて練習するとか。12月からレールでガンガン技出すんだ!って感じでイメージするといいかも。

東京→関西の実家まで車で5時間弱だった件

今週末は関西の実家に帰ってきているのですが、いつもは新幹線を使うところを車で移動してみました。理由は…
新東名高速道路を使いたいから。
だって、こんな大規模な高速道路プロジェクト、自分が生きてる間にあるか分かりませんよ!オープンから3か月たった今ならブームも去って走りやすいだろうしね!あと新幹線で帰るよりも往復10000円くらい安いのです。
位置図・区間 | 新東名高速道路のご案内【NEXCO 中日本】

### 結果
5時間弱で帰省できました。3年前、高速1000円の時に8時間とか10時間とかかけて帰省していたのとはエラい違いです。
[のってこ!を使って車で関東→関西まで帰ってみた。:ぷりどうぐ](http://prius.cc/d/20090503_drive.html “のってこ!を使って車で関東→関西まで帰ってみた。:ぷりどうぐ”)
### 5時間弱で帰省できたわけ
#### 1.新東名が超ウルトラ走りやすかった
何あれやばい。とにかく道が広くて路面がきれいで、ぼけーっとしながら運転できちゃう。というか知らない間にスピードでちゃうからむしろ危険!運転しやす過ぎて途中のサービスエリアに寄るのを忘れてました…。これが2012年の高速道路か…。
#### 2.自分の高速道路運転耐性が上がった
5時間弱で帰れたのは、途中一度も休憩しなかったからです。疲れたら休憩しようと思ってましたが、疲れないなら休憩する意味もなく。おかげさまで「走行距離/時速」のナビ理論値通りに帰省することができました。
3年前の帰省で8時間とか10時間かかった理由の一つに、運転が辛すぎて途中で何回も休憩したってのがあるんですね。確かにこの3年間で雪山に通い詰めて、年々車の運転が楽になっているのは感じていたのですが、まさかここまで平気とは…って感じです。
### まとめ
前にブログで書いた通り、僕は車をただの道具としか思ってないし、ドライブも好きなわけではないです。けど今回「500kmくらいの距離なら休憩なしであっさり移動」ってのは自分にとっての結構なブレイクスルーだった。
例えばの話、ちょっと仙台に遊びに行こう、とか思った場合でも、4時間後にはそこに行けちゃうんですよね。今までは、長距離運転だと疲れて休憩→爆睡パターンもありえて時間が読めなかったのですが、これからは1,2回は休憩取るにしてもある程度は時間が読める。別に電車でもいいんだけど、車なら帰りの時間に縛られないし何より旅行先では車があったほうが都合がいいので、車の運転に慣れていて電車+1時間くらいの時間で移動できる目安があるなら車のほうがいいかも。
※ これは都内では電車より自転車の方が便利ってのと同じ理論。都心出てからウロウロするには自転車があったほうがいい。
ちなみにこれは帰省や旅行の話をしているのであって、行く場所決まってたり現地に数時間しかいなかったりするビジネス的な出張ならもちろん新幹線の方がいいです。あとは、普段から新幹線移動に慣れていて、新幹線の中で上手く時間を使えるなら新幹線の方がいいですね。自分のTodo進めたりできるし。
僕は別に新幹線慣れしてないので、そういう点で新幹線を使うメリットはないです(なんか無駄に景色見ちゃう)

「入社1年目の教科書」読了

本読んだので感想。ちなみにタイトルは「入社1年目」ってあるけど、誰が読んでもOKです。
### 感想
一言で評価するのは難しい。というのは、賛同できる箇所とそうじゃない!と思う箇所がそれぞれたくさんあるから。実際、ネットの評判でも賛否両論分かれている。まぁ一つ言えるのは、**この本を評価していない層より評価している層の方が仕事ができそう**、という所かな
※ [入社1年目の教科書](http://diamond.jp/category/s-nyuusya1nen)のはてブで批判的なコメントしている人のブクマページに飛んで確認したら、他のブクマも揚げ足取りばっかりだった
この本は「仕事の心得」本なんだけど、内容がやたら古い。やれ、絶対に遅刻するな、とか一発芸は真剣に取り組めだの、僕ら世代じゃ結構抵抗ある事が多いです。新世代の保険ビジネスを手がける著者がこれ、ってのは結構意外。「金融日記」の藤沢さんが「社畜の教科書」みたいなニュアンスでこの本を評価してたけど、そんな感じ。
俺としては「はい!毎朝ちゃんと出社して仕事がんばります!」みたいなのは苦手で、ちょっと寝坊したら「電車遅れちゃいましたー」とか「財布忘れて家に取りに戻ってましたー」みたいな適当な言い訳して出社するのが月に1回くらいあってもいいと思うし、冬で天気が良くてスノーボード行きたい日は急に体調悪くなったりするよね、みたいなね。あ、言っちゃった。いや、今のウソですよ。まぁとくかく、毎日真剣っつーのは難しく、たまにはダメな日もある。この本を見てると、そのダメな日さえも許されない気がして心苦しいかなーっと。
この本はそういうマインド的な所に目をつぶって、”テクニック”だけを参考にするのがいいかな。訳わからん横文字のワードを使うおしゃれな自己啓発本が多い中で、この本には地味だけど大切な事がまとまってます。例えば「頼まれたことは必ずやりきる」とか「バタバタしてまして」という言い訳を使わない、とかね。ほんと、こっちが問い合わせ投げてるのに返事返さないとかやめてほしいよ…。なんでこっちが状況管理しないといけないんだよ…。ということを自分がしないように気をつけましょう、と。
分かっちゃいるけど難しい事ほどちゃんとやれ。実際、この本に書いている”テクニック”を守ることで、仕事の能力はさておき信頼される人になると思います。
### まとめ
そんな感じで、読んでてカンに触る箇所もあるけど、自分を見返す機会を与えてくれた本でした。
で、僕が思うのは**この著者の言いたいことは、この本だけじゃ正しく伝わってないと思います。**というのはこの人、決して頭が固い人ではない。むしろ、ダボス会議とか呼ばれちゃうくらいのレベルで、頭の回転超早い。その人が敢えてのこの昭和的内容。そりゃ真意を疑うってもんでしょう。
推測ですが、一方通行の書籍だから分かりやすさ重視でこの内容だけど、実際はもっと柔軟な考えを持っていると思います。例えば、ちょいちょい仕事やりつつ趣味を頑張る生き方も認めたり。「こういうやり方で仕事をすると出世できるよ」という本だけど、そのあとに「それを選ぶのはあなた自身」という注釈が付きそうな。
腹割って話せば「会社ズル休みしたい時もあるよねー」と軽口に乗ってくれそうな気がします。

入社1年目の教科書
入社1年目の教科書

posted with amazlet at 12.07.05
岩瀬 大輔
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 715

### ところで
この本の特集ページがネット上にあって900ブクマくらいされてるんだけど。
[はてなブックマーク – 入社1、2年は「良き社畜」として騙され続けよ。 で、最後に1回だけ裏切ればいい 人気ブロガー 藤沢数希 聞き手:ライフネット生命保険副社長 岩瀬大輔|対談:入社1年目の教科書|ダイヤ](http://b.hatena.ne.jp/entry/diamond.jp/articles/-/16595)
この対談って、著者が本で伝えきれなかった所を対談って形でわかりやすく提供してていいと思うんですよね。それをなんとかして否定のブクマつけようとしちゃうのは、まぁすごいというか本人はがんばってるつもりかもしれないけど、個人的には**すげーみみっちぃ**と思いました。
多分「この内容が支持される=会社に文句言わずに働くのが支持されるからまずい!」って思いからなんだろうけど、それだけ本気で思ってるならエントリの1つや2つ、書いてほしいもんだけどね。