夏を乗り切るときに気を付ける事メモ

ここ1,2年は夏の暑さにやられて体調を崩しているので、今年の対策メモを記載します。なお実績としては7月下旬~8月上旬くらいに徐々に体調が悪くなり、モニタを見ていると吐き気がしたりします。仕事がつらく、結構困ってます…。今年は梅雨が長かったので、発症するとしたら8月中旬くらいかな、と思います。

テーマ:自律神経の維持

夏バテの原因 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト

よく言われている「自律神経の異常」が体調不良の原因と仮説を立て、対策を考えます。

冷房の使い方

体に直で冷房を当てるのはNG。とはいえ寝室が狭いので、寝室の冷房は使わず隣の部屋の冷房をつけ、寝室は扇風機を回すことで対応しようと思います。

冷感シートの利用

ひんやり感があるシートやまくらを使って、少しでも冷房を使わずに対応できればと思います。

よく寝る

夏はやりたいことがあっても我慢して、体調優先で睡眠しようと思います。

そこそこ運動する

運動はした方がいい気がするので、体調悪くならない程度に運動します。

ビタミンB12取る

以前、めまいの症状を医者に訴えたらビタミンB12を勧められ、そこそこ聞いた気がするので今年も使います。

在宅勤務の活用

通勤すらもダルそうなので、在宅で仕事しようかなと思います。しかしオフィスの冷房の方が高性能なので、これは迷いどころ。

温泉で交互浴

自律神経を整えるといわれる交互浴を積極的に取り入れようと思います。

山に登る

去年の猛暑も、標高2,000m級の山だと気温25度くらいで涼しかったので、今年も行こうと思います。

山で仕事する

むしろ、山にPCもって仕事をするのがベストなのでは?と思うので、出来るかどうか含めて検討します。

仕事しすぎない

というか、夏は夏休みなので、無理して仕事しすぎず自然と遊ぶのが良い気がしてきました。

まとめ

いろいろと対策を考えておりますが、無事に夏を乗り切れることを祈ってます。

そろそろQRコード決済について一言言っとく

7payがコケたことで、QRコード決済否定派が勢いづいてますので。

QRコードよりFelica決済(クレジットカード決済)の方が便利でしょ

自明すぎるのでこれでドヤるのはやめていただきたい。議論の軸が違くて、QRコード決済の最大の利点は導入のしやすさです。

比較軸 Felica決済 QRコード決済
店側の導入のしやすさ ×
支払い側の利便性 ×

Felica決済にとっての「ユーザー」は、鉄道会社、または大型店舗でした。QRコード決済の「ユーザー」はFelica決済を導入できない小型店舗です。特にPayPay、PayPayでの決済金額が翌日入金されるので、資金繰りに苦しみがちな小型店舗には非常にユーザーフレンドリーなサービスだと思います。

スマホ決済を導入検討されている店舗様へ PayPayなら0円で導入いただけます – PayPay

ちなみに既にFelica決済を導入済みの大型店舗が、新たにQRコード決済を導入する必要はないのでは?という意見については、インバウンド対応を考えると仕方ないのかな、と思います。また「支払い側の利便性はFelicaの方が上」と書きましたが、端末事情を考えると必ずしもそうとは言えないのでは?

QRコード決済はスマホだけ支払え、機種変更も簡単。Felica決済はおサイフケータイ機種を買うか、物理カードを用意しなければいけない。最近になってGoogle PixelやiPhoneで対応されてきたものの、Android格安スマホはおサイフケータイ対象外。毎回の支払いは面倒だとしても、持続可能な支払い手段と考えると、QRコード決済の方が強い気がします。

なお私もスマホがおサイフ未対応なので、ViewSuicaカードのSuica決済を用意していますが、これだけのためにカード1枚持ち歩くのはアホらしい…。

還元率に釣られてQRコード決済に手を染めるなんて…

20%なんてそりゃ釣られるでしょ。釣られない方がおかしい。元々、クレジットカード還元乞食勢は、やれ1.5%だ、1.8%だという還元率競争の中でクレジットカードの乗り換えを繰り返してきました。ライフカードの誕生月の還元率5%やマイ・ペイすリボの還元率2倍設定は誰もが通ってきた道でしょう。

それがいきなり無条件で20%ておい。

なお、QRコード決済登場までの私の支払い環境は

  • Felica決済
    • ViewSuicaカードで支払うことにより発生するJRE POINTをルミネ商品券に交換することで、還元率約1.7%
  • クレジットカード
    • リクルートカードに被せたKyashで支払うことにより、還元率1.2% + 2.0% = 3.2%

なので、20%がいかに破格の還元率か。こちとら、還元率を0.5%アップさせるために毎月めんどくさいクレカ支払い設定をしていたので、QRコード決済など屁でもない。

逆にこれで釣られない人は、家計簿とか支出管理とかどうしてるんだろう…と思ってしまいます。

還元祭が終わったらQRコード決済なんて廃れる

それもそうかなぁ…と思うので、ここはQRコード決済事業者の動きに注目しています。還元バラマキと、利用率向上の損益分岐点というか。私自身、QRコード決済を使いだして半年ですが、さすがに当初よりは「面倒だ」という気持ちも薄れてきました。私と同じように、QRコード決済アプリがスマホのホーム画面の所定の位置に設定される人が増えれば、還元をやめても一定の人には使われ続けるのでは?

まぁ2019年10月からはキャッシュレス決済で5%還元が始まるので、そこでもうひと騒動あるかもしれませんね。

Felica決済の方が便利だから、なんとか流行ってほしい!

JRに言ってください。ここまでQRコード決済の躍進を許したのはSuicaの怠慢だと思います。使いづらいスマホページ、マニアにしか分からないポイント還元、リリース以降、革新のないビジネスプラン…。

消費者にとって困るのは、店舗でSuicaが使われなくなってもJR的にはそこまで痛くなさそう、ということではないでしょうか。もし痛いなら、何かしらキャンペーンをしそうですが、全く動きは見えず。電車とエキナカでSuicaが使われればそれでいいのでしょうか。加盟店から入る決済手数料もそこそこな収益になっていると思うのですが…。

まとめ

還元率を除けば、利用する側にとってQRコード決済のメリットはありませんが、店舗側のメリットがあるのでどんどん広まるのではないかなと思います。私としては「クレジットカードやFelica決済より使いづらいが、現金よりはだいぶマシ」派なので、今のところはQRコード決済を応援します。

余談

現時点でのQR決済サービスの感想を書いたので貼り付けときます。

Garmin Instinctを買った

中古で25,000円くらい。あまり使いこんでいないが、機能と購入の狙いをメモ。

機能

そもそもスマートウォッチの区別がついていなかった私なので、基礎知識を勉強。以下の項目のうち、基本機能はどのスマートウォッチも網羅しつつ、追加機能でお値段が変わってくる様子。

  • 基本性能
    • 時計としての基本機能(アラームなど)
    • ヘルスケア(心拍数など)
  • 液晶画面
    • 白黒、カラー
    • タッチパネル、非タッチパネル
  • 地図機能
    • GPSあり、GPSなし
    • 地図表示あり、地図表示なし
  • その他特徴
    • バッテリーの持ち
    • アウトドア用か(気圧計など)
    • 頑丈さ
    • ラグジュアリーか

ざっくり上記機能とブランドをマッピングすると…

性能 AppleWatch PRO TREK Garmin(fenix) Garmin(Instinct) Fitbit
基本機能
カラー液晶
タッチパネル
GPS
地図表示
価格 45,000 50,000 100,000 30,000 20,000

めっちゃざっくりとした比較。例えばAppleWatchは高価なものは100,000円以上するが、ほぼ性能変わらずブランドとコラボしてラグジュアリー感を出しただけだったり、バッテリーやアウトドア性能はPRO TREKとGarminの方が上だし、Garminの中でもバッテリーの持ちを重視して気圧計がついていないランニングモデル VS バッテリーはそこそこだが頑丈でアウトドア用のモデルだったり。Fitbitも”基本性能”とざっくりまとめた中で、さらにできること出来ないことがあったり。

上記の表は、ひとまずスマートウォッチ全然知らん!な人に、大項目レベルで分類をしたものと思っていただけると…。

Garmin Instinctを選んだ理由

安価だったから。

まず、私は時計をするのが嫌いです。なので、性能以前に常時時計をするのが嫌でやめてしまうリスクがあった。よって安価なモデルから始めた買った。

活動量を計測したかったから

実は友人のボディビルダーが活動量計を使っていた。彼は自分の運動や食べ物をノートに記録しているので、今更そんなものは不要かと思ったら、数値が出るのは楽しいし、活動量の絶対値としては分からないが相対値としては参考になる、とのこと。ちょうどダイエット意識を高めたいと思っていたし、安価に試せるモデルがあったら試したいな、と思った。

GPSもついてほしかった

私の利用シーンとして想定されるのや登山とスノーボードである。スマホは持ち歩いているものの、バッテリーが切れる心配もあるし、GPSの性能として信用できない面があったので、他のデバイスがないか探していた。Garmin Instinctなら、スマートウォッチで計測したGPSをスマホ連携できるぽかったので安心な気がした。もちろん方位磁石や気圧計なども充実していたのはポイント。

実はPRO TREKは前々から興味があったが、50,000円を超える値段は出しづらかったので…。

非タッチパネル、白黒画面であるところ

タッチパネルがかっこよさそうだったが、かえって誤作動の元という意見を聞いて不要と判断。白黒画面はバッテリー消費を抑えるのによいと思った。地図が表示されないのは不安だが…。

デザイン

小ぶりで軽そうなデザインが気に入った。

利用シーン(検証項目)

1.活動量計

ひとまず日常つけていて、何がどうなるかを計測してみる。面白そうならつけ続けるし、特に意味がないなら不要な時は外してもいいかもしれない。

2.ジョギング

GPSをONにしてジョギングすると、ラップタイムなどを取ってくれる様子である。これはレビューでも定評があるので使ってみたい。今まで目標なくジョギングしていたが、これによって目標が出来るとやりがいが増える。

3.ナビ

あまり期待していないが、ナビ機能も試してみたい。まぁ仮に使えたとしてもスマホナビで十分な気がするが…。

4.筋トレ

筋トレの強度も測ってくれるようなので、期待。

5.登山

高度や方角を正確に測ってくれるならうれしい。地図には期待していないが、後で見返したときのGPSログには興味あり。

6.スノーボード

バックカントリーなどで現在位置を確認する時に有効か確かめてみたい。

2,3日利用した感想

何となくandroidスマホと連動したのだが、androidスマホの通知が見れるのが意外と便利。今まで、空き時間に何となく通知があるかスマホを触ってしまっていたが、スマートウォッチで逐一確認できるので、緊急の通知が来ていないかだけは把握できており、不安感が少ない。

そんな感じです。

ひめゆりの塔に行った感想

ひめゆりの塔行って思うことは、今後同じことを起こさないためにはどうすればいいのか?(※)なんだけど、地上戦で20万人死ぬ、みたいなのは今後起こらないのでは、と思う(起こらないでほしいという願望も込めて)

実際、”戦争一覧 – Wikipedia“を見ても、近年の戦争でそこまで死傷者出てるのはない。イラク戦争 – Wikipediaはかなりの数だがこちらは7年で約5万人の死者(民間人は諸説あるが10万~50万)、沖縄戦はたった3か月で20万人である。

理由を考えると、昔みたいに地上戦でやりあわなくても、もっと賢く相手を負かすことが出来るようになった、というのがある。例えばステルス機によるリーダー爆殺だったり、補給路を止めたりする。相手の軍隊を1万人殺すより、首都の電源を止めた方が相手は困るわけで。つまり、相手を困らせて”やめてくれ”と言わせる方法はいくらでもあるし、その方法も確立されてきた。

2点目。人々の意識も変わってきて、軍隊だから殉職してもおkではなく、軍隊だけど出来れば死にたくない、無駄死にはしたくない、というマインドがあるのでは?と思う。これは楽観論だが、軍隊式の教育を受けていたとしても、インターネットからいろんな価値観を得て、世界の価値がフラット化すると「国のために死ぬ」という価値観はおかしいと気づくはず。兵士本人がその気がなくても、兵士の家族はそういう価値観であるため、無駄死にさせたとなると遺族賠償とか大変なことになると思う

以上の2点の理由より、地上戦で血みどろの戦いをするより、もっとスマートに相手を倒すことが近代戦闘で重要かと思う。よって戦争は今後も起こると思うが、戦争による大量死亡は少なくなると思う。

さて、ここで考えたことが2つ。

「戦争反対」は何に反対?

前述の通り、兵士が死にまくり、民間人が巻き込まれまくる”戦争”は今後少なくなってくると思う。「戦争反対」の”戦争”のイメージはそれだし、確かにそれ(人間死にまくり)は僕も嫌なのだが、では、上層部同士であっさり決着がつく”戦争”はどうなのか?と考えると”戦争”というのが良く分からなくなってきた。僕個人は人が死ぬのは嫌だし”戦争”にも反対だが、”交渉”は必要だと思っている。その”交渉”がどのレベルを超えると”戦争”に近くなるのか、正直良く分かっていない。今度右寄りの友達に聞いてみようかな。

日本は大丈夫?

前述の通り、現代で他国と争うとなると、よりクレバーで合理的な考えが必要となる。昔も、アメリカの空爆機に対して竹やり訓練をするなんて笑い話(笑えないが)があったが、現代はさらにそれが加速されており、末端の兵士や民間人が何十万人いても最新のステルス戦闘機に勝てるわけがない。

それと同じで、近代の新手の攻撃、ネットワーククラッキングや電磁パルス、データ盗聴など、高次元の攻撃に対して民間人は無力である。よって国が組織的にクレバーな対策を立て、労働集約ではなく少数精鋭で対抗していかなければならない。

そこで不安になるのが、7ペイの事件である。

セブンペイ、抱えていた「不発弾」の代償:日経ビジネス電子版

「ITに対する理解度の差が、そのまま経営に反映される時代に入っていることにセブン&アイの経営陣は気付いていただろうか。」という一文が妙に胸に刺さったのだが、日本の上層部はIT(ならびに高度な戦争技術)が、そのまま戦力に反映される時代になっていると気づいているのか、ということ。

現場の頑張っているであろう自衛隊員の方がどれだけ優秀でも、後方司令部がしっかりしていないと意味がない。これだけが不安に感じた。

※仮に血みどろの地上戦になってもできるだけ死傷者を出さないためにはどうすればいいかも考えたが、現場レベルで言うとドライに早期降伏するしかないと思った。それより前、負けが見えた時点で降伏すべきだが、それが出来なかったのは失敗の本質というのに書いてある。こういうのを考えていると、国民全員がナチスを信じてしまったドイツで、どういう再発防止策をしているのかに興味を持った