白馬の観光客が本当に減っているか調べる

@daikura_love が “白馬は観光客が減ってつぶれる”とツイートしていた。これに@飛ばさず言及してもよかったのだが、なんとなくきっちりブログ記事書きたい気分だったのでデータを引用しつつ書く。

白馬村の観光客データより観光客の推移を調べる

@daikura_love が引用している画像のソースが分からないが、こちらは白馬村-行政-[Hakuba Village]:観光統計を利用。白馬村なので小谷村の栂池・コルチナが入っていないが、長野県が出している資料は平成23年が最新であり、また小谷村の資料がなかったため、ひとまず白馬村の資料で考察する。なので、前提としては”統計期間中、47・八方の観光客が栂池・コルチナに流れていない、またその逆もない、あるいは無視できる程度”とする。(47・八方・栂池・コルチナの観光客が後述のファクターによって同じように増えたり減ったりしているのが前提)

白馬村-行政データの確認

平成2年(1990年)~平成29年(2017年)までのデータが以下に掲載されている。白い帯がスキー観光客。
目的別観光客数推計(PDF)
平成6年(1994年)が長野オリンピックなのでこの付近がピークなのは当然として、そこからは観光客が右肩下がりである。しかし、平成21年(2009年)に底を打った後は横ばいといえる。よって、白馬のスキー観光客は近年(2009年以降)減少しておらず、横ばいであると言える。
※ 近似曲線とか書かないけどグラフから読み取りをお願いします。

なぜ、白馬の観光客が減っていると誤認してしまうのか

白馬村内スキー場利用者数(月別)を見ると、H26-27の97万人に比べ、H27-28は92万人と約5万人のスキー場利用者数減少である。H28-29に94万人に盛り返しているものの、この3年だけ見ると減少傾向と言える。しかしこれは理由がはっきりしており、H27-28、H28-29が暖冬で雪の量が少なかったからである。このエビデンスは気象庁のページなどを探せば出てくると思うが、毎週ゲレンデに行っていた人は記憶があるだろうから省略。
よって、ここ3年のデータだけ見るとあたかも観光客が減少傾向にある、と誤認してしまう。幸い、H29-30(今シーズン)はシーズン初めから雪に恵まれており、2月終了時点ではここ4年で一番観光客が多い。このようにスキー産業は天気によって大きく売り上げが左右されるので、人数だけでなく外的要因も含めて調査する。あるいは特定エリア以外のデータも考慮することが必要である。

ところで

ここからはエビデンスのない話。
ゲレンデに来る観光客の数と、そのゲレンデが従業員を募集するかの相関性はあまりないと思う。理由としては

  • 前述のようにスキー場営業は天気に左右されるためシーズンが始まる前には来客数が読みづらく、一定数を募集するしかない
  • ゲレンデによって従業員の採用方針があり、観光客が多かろうが少なかろうが募集しないところはしない(主にローカルゲレンデ)
  • 募集が出るところも、けが人が出てシフトが回せなくなったなど、運やタイミングなどの個別ファクターが多い

ように思える。よってゲレンデ職員に就職を希望するなら、観光客の数は置いといて採用を受け付けているところに手当たり次第に応募するのが手っ取り早いと思われる。
また、リゾート系職業は基本的にはやりがい搾取系のお仕事だと僕は思っているので、働く側の立場は比較的弱いと思われる。例えば、2011年の震災の時は3/11を区切りにクローズするゲレンデが多かったが、その際、従業員は首を切られ、もちろん給料も出ず、寮も追い出された、という話を聞く。震災当時はゲレンデ側も必死だったとはいえ、その話を友人から聞いた時に従業員の立場の弱さを知った。

2/9-2/13 北海道 旭川-富良野トリップで写真撮影した件

ということで行ってきました。
今回の目的は「いい滑りの写真を撮る」ということで、エンジョイではなくガチ撮影。ドパウをトラバース上等の撮影スポット探し&ハイクして撮影でございます。メンバーは

  • Kさん(諸事情によりほとんど滑れておらず、今回はカメラ主体)
  • Dさん(北海道経験多数。今回はフェリーで車で前乗り)

の男三人衆。事前の計画では前半が旭川、後半は様子を見て移動しようね、って事になってました。
まず初日の2/8(木)。AMに打ち合わせ、成田行きのバスの中で議事録作成、成田空港で3時間、千歳空港で2時間仕事のブラック社畜で旭川の宿に着。


腹いせに千歳空港でジンギスカンとラーメンのはしごをメイク。


宿は無駄にデカかったです(写真撮るの忘れた)
で、2/9(金)は旭岳です。旭川から車で60分くらいで到着。2/10(土)も旭川だったので感想をまとめて。

旭岳について



正式名称は旭岳スキーコース。リフトはロープウェー1本で、申し訳程度に”コース”があるものの、事実上、コース外がメインコースです。ロープウェー&こじんまりとした雰囲気で天神平スキー場と似てるかな?内地だけあって雪の量はニセコより少ないが。雪の軽さが半端ない。10年前ほどから一部のライダーには知られた存在だったようですが、今はJAPOWブームで外国人がたーくさんいます。
滑った感想。ナイスパウダー…というか軽すぎ?軽い、というか雪に質量なさすぎて怖い。モーゼが海割る感じで、滑る走路を雪がよけていく感じ。例えば、コース外でよくある帰り道で1本ラインがあって、ちょっとライン外れてパウダー食おうとすると、雪が軽すぎて踏み抜いてラインに戻れない感じ。ラインとノートラの高低差が30cmくらいあるんです。本州なら20cmくらい踏んだところで反発があってボードコントロールできるようになるんだけど、旭岳は50cmくらい踏み抜いちゃって戻れない。

普通のパウダーもそんな感じで、ドパうなんだけど圧雪斜面を滑るくらい板が走って怖い。スプレー上げて止まろうとしても中々止まらずそこ付きしたリ。なので、パウダーランでコケまくりました。本州のパウダーは滑りこなしてるつもりだったからびっくりした。
山自体はARAIやシャルマンと同じく、オープンバーンをどこ滑ってもいいよ~って感じです。ただ、2日とも天気が悪かったのであまり変なラインを攻めれず。これ系の山よろしく自己責任であり、攻めすぎてハイクバックは悲しいので、割と安パイルートを攻めてました。



とにかく雪が軽すぎて抵抗がなく、ノーズが浮かず板が埋まる。楽しいか否かの前に異次元過ぎた。今回、撮影という事もありパウダーボードではなく普通のツインチップで滑ったのですが、抵抗受けられる面積の大きいパウダーボードの方が楽に滑れるのは間違いない。
混雑度ですが、金曜日は空いてた。土曜日は混んでて15分~20分毎に運航するロープウェーに1回待たないといけないくらいでしたが、ゴミゴミしている感じではないです。全くファミリー向けではないし、外人としてもジャンキーすぎる人たちしか来ないので、ニセコみたいに見渡す限りギタギタになるイメージはないです。
ということで、パウダーはっや!雪質量なさすぎ!が印象に残った旭岳でした。
2/9の夜は旭川のジンギスカン屋に。今回のトリップで一番感動した生ラム肉。油も少なく肉の臭みもないナチュラルな旨さで無限に食えました。


食べた後は旭川氷祭りという、札幌雪祭りの対抗?でやっているお祭りにジョイン

氷像は綺麗でしたがくっそ寒かったです。
で、2/10も前述のとおり旭岳を滑って、その足で富良野に移動。

風呂に入って富良野の晩飯は洋食屋に。オムカレーやスペアリブが美味しかったです。
2/11(日)、2/12(月)は富良野スキー場。

富良野スキー場


プリンス系が運営するホテルと一体になったスキー場。旭岳と違って初心者コースあり託児所ありのプリンスクオリティ。ロープウェイとゴンドラがかぐらスキー場を思い起こさせます。んじゃこのゲレンデの何がいいのか。両側のトップリフトからゲートがあり、それぞれ山の外側のコース外に出られる。このコース外がゲレンデの一番下までつながっており、ほぼハイクなしで長距離のコース外を回せます。
高低差で言うと、トップリフトとゲレンデ下が600mくらい。ドパウエリアは高低差300m~400mで、その後は長い廊下が続きます。…ということで、今までで一番のパウダーエリアか?と言われればそうではないんですが、それは私の目が肥えすぎてしまったからであり、全然リピートする価値あるかと。このブログの文章のテンションも高くないのですが、実際はひゃっほい言いながらロープウェーでドパウ回ししてましたので。
あと、富良野スキー場は風に強いんですね。2/12(月)は旭岳と迷った結果の富良野スキー場でしたが、実際旭岳は11時まではロープウェーが動かなかったみたいです。今回、エンジョイスノーボードじゃなく撮影メインだったので、雪質も大事だけどいろんなロケーションで撮影にチャレンジする事も同じくらい大事。そういう意味では、旭岳と富良野スキー場で写真を残せた事、いろんな選択肢とエリア毎の距離感を知れたのはよかったと思いました。


旭岳、富良野スキー場両方に言えることなんですが、2月の三連休の本州のゲレンデは混みすぎてリフト乗れないくらいだったのが、北海道ではそうでもなかった、ということ。以前の東北トリップでも感じましたが、本州が混むタイミングではある程度エリアを外した計画を立てるのもありだと思いました。
2/11(日)の夜はあやしいカレー屋さん。北海道と言えばスープカレーですが、富良野エリアは本州と同じスタイルのカレーだそうです。個々のカレー、具材がしっかりしていておいしかったです。

2/12(月)~帰宅

4日滑って札幌に移動。

目的はこのスープカレー。

こう見ると食の充実差はすごかったトリップですね。最後は札幌のホテルに1泊して飛行機で帰宅しました。雪まつりをちょっと見れたのがよかったです。

動画撮影と写真撮影

今回の撮影は写真撮影でした。動画はたくさん撮ってきたけど写真は初めてだったので違いをメモ。

背景選びが重要


これが一番の違いかな、と思います。動画の場合、ライダーがやってる技がメインで風景はそれなりなのですが、写真はライダー + 風景も一体になったものが作品なので、背景映えしない所で技をやっても意味がない。ということで、ライダーが飛べそうなポイントと、写真映えするとカメラマンが判断したポイントが一致しないと、いい写真は取れない事が分かりました。
具体的にいい背景とは、晴れてるときは青空バック。これは一番簡単なパターンで、今回は曇りだったので、雪面の白との対比が出せる木や森がたくさん含まれていれば”使えるポイント”としました。それでいて、

空中の体の向きが重量


動画だったらジャンプしてB1着地!かっこいい~!なのですが、写真だとライダーの尻しか見えていないので使えない。なので、カメラマンに対して胸を見せることができるジャンプをするのを重視しました。技もストレートか180で空中の体の向きを大事にする。360以上なんでやる意味ないからね…。

着地しなくてもよい


言っちゃなんですが、空中さえちゃんとしてれば着地はいらないので、今までの撮影より(空中の))メイク率は高かったです。なお、着地を気にしないtので、着地率は極端に落ちます。

太陽は重要

これは動画も写真も共通。ただ、写真は撮影した後に編集がしやすいので、写真の方が気楽かな。

カメラマンの腕

ビデオ撮影より重要かも?ビデオ撮影でこういうトリップをする場合、カメラマンがカメラをセットした位置にライダー移動してボタンを押すだけ押すってのをする場合があるのですが、写真の場合、連射でバシバシ撮りつつ、人を追いかけたりしないといけないので、動画より大変かなって思いました。

北海道トリップについて

今回念願の「北海道に車で行き、天気を見ながら移動する」が出来ました。予想通り北海道でも自由に動ける方がストレスがない事が分かりました。ニセコ4daysで当たればいいけど、外れたらどうするのか?ニセコもいいけど、他にもいいゲレンデがたくさんあるんじゃないか?天気読みすれば前日からある程度読んで移動できるんじゃないかん?など考えました。ただし、ニセコ⇔旭岳は移動だけで4時間くらいかかるので、気軽に行ったり来たりは出来ないですけど。

パウダーにありつく話

今回、撮影メインでパウダーひゃっほいは控えめでした。いいパウダーを食う事が至上!な人もいるけど、私自身はそこまででもない、っていうのかな…。パウダーをただ滑るだけなら、圧雪バーン滑るのもパーク滑るのもそこまで変わらんかな~と。確かにピーカンパウダーは貴重ですが、少なくとも本州なら天気とタイミングが合えば行けない事はないし、実際、そこそこのパウダーはもう経験済みだしで、終わった後の充実感や思い出に残る度は他の滑りとそんなに変わらんかな。
滑りの満足度はパウダー以外のファクターが大きく、

  • 誰と滑ったか
  • ゲレンデを選んだ過程
  • やりたかった滑りが出来たか

など。
とはいえ、こうも言ってられるのはそこそこのパウダーを経験済みだからであって、今度北海道に行ったときに旭岳がピーカンパウダーチャンスなら無理やりにでも行きたい!と思いますね。けど、1回経験したら2回目以降もそれだけのモチベーションを保てるかどうかは分からない。
そういう意味では、今回仲間と一緒に滑れて撮影も出来て。もし撮影しなけりゃもっと長距離滑れたんだけど、同じような斜面を2回も3回も滑っても意味がなくて、いろんな事をやったから満足度が増したと思います。

パウダー滑走技術について

今回、パウダー滑走が下手になった、と感じました。旭岳は異次元のパウダーだから滑り方わからん、というのはあったし、富良野もディープでちょくちょく撮影しながら滑っていたせいか、ばしっと1本決めることがなかったです。なので「俺が旭岳、富良野のパウダーを乗りこなしたぜ」って感じはないです。
イメージとしては、もっとコケずに滑れるはずが、よくコケたしツリーランで足取られて気にぶつかったりしたし…。気のせいなのか、道具が悪いのか、実力が落ちたのか。こういう時はいつも滑ってるゲレンデのパウダーを滑ると、定点比較が出来ていいですね。ってことで2月後半からはホームのパウダーを狙おうと思います。

平昌オリンピック感想

ふと自分のブログを”オリンピック”で検索したところ、律儀に4年毎に冬季オリンピックの感想を書いているらしいので、今回も書いてみます。

注目競技

なんといってもスノーボード。スロープに加えて今回から種目にビッグエアも追加され、日本人選手も男子2人・女子4人の計6人が出場。顔見知りの選手やゲレンデ・キングス(クエスト)で見かけた選手が多数で、思い入れが高まります。男子はおそらく厳しいが、女子はメダルもあり得るんじゃないか、との思い。パイプはみんなご存じ歩夢きゅんを中心としたこれまた世界上位の実力者が多数。直近の実績を考慮すると金メダルも狙える位置だな~と思っていました。
後述するカーリングはこの時点では普段通りの興味。その他、スケートとかジャンプとか、他の競技はほぼ興味がなかったな…。スノーボード、特にスロープ全振りというか。

スノーボード(スロープ)

4年前のソチに比べて全体的にメイク率が低かった気がしました。いろんなプロが書いてたけど、1つ目のキッカーのツイスターシスターの難易度がヤバすぎで、ライン取りによって高さと発射角度が違ってくるゲレンデにあったら確実にクレームモノのキッカーです。それに加えて2つ目のキッカーの斜めから入るやつ。US OPENとかにちょくちょく登場してるけど、あそこで横回転かますのも凄いよな~ツイスターシスター着ってからのライン取りも難しい。つまり、我々がゲレンデで飛んでるキッカーなんて一番簡単な形なんだよ!ということでしょうか。涙。
ジブに関しては、コースレイアウトが発表された時点で、X-GAME、US OPENに勝る複雑さでどんなトリックが飛び出すか楽しみでした。一番攻めてたマーカスくん(マルクス・クレベラン)はやっぱりかっこよい。他の大会みたいにセクション毎の点数が発表される形ではなかったけど、ジブの配点が半分くらいあったのかな?もしそうなら、他のライダーももっとジブで攻めてくれたか?一般人向け、という視点でいうと、ソチのマトリョーシカのような写真映えするアイテムがなかったのは残念。次回は北京ってことで万里の長城ぽいアイテムの登場を期待します。
女子については報道されているとおり残念なコンディションでした。ただ、平昌に限らず、女子でスピードが出ずキッカー飛べないってのはままあります。昔の話で言うと、雅ちゃんが体重軽すぎて池の平のFC専用撮影キッカー飛べず、今年のX-GAMEでもれいらちゃんがスロープのキッカーをスルーせざるをえなかったり、小柄な子が多い日本人にとっては不利なイメージ。
そもそも、男子と同じジブやキッカーで女子がやるのかってのも結構疑問です。ジブなんて、言っちゃ悪いがあの高難易度ジブでバリエーション出せる女子ってそこまでいないですし…。戦前の予想通り、ジブは無難にクリアして三連キッカー勝負でしたが、風に負けました。

スノーボード(ビッグエア)

まずは女子。スロープでの不完全燃焼を吹き飛ばすような攻めっぷりで、これが女子の実力や!ってのを世界に存分に見せつけられた気がします。というか俺が見せつけられた。まさか7で予選落ちとは…。時代進み過ぎ!
やはり…誰かにメダルを取ってほしかった、ってのが本音ですが、攻めた結果なので仕方ないです。メダル取ってたらカーリングみたいに一躍時の人になってたんだろうなぁ…。メモしておくと、ゆっちがB9ダブルグラブ、雅ちゃん、れいらちゃんがCAB9を1本目に決め、あと2回のチャンスでダブル系を誰かが1回決めればメダル。3人で計6回あるから誰か決めれるやろ~ → 決めれず、の流れでした。優勝したガッサーさんは圧倒的で、ジェイミーさんもいつまでがんばるんだよ、とばかりの気合っぷり。3位は新星ゾイさんで、彼女の決めたSB9が女子の中では一番かっこいいトリックに見えました。
ともあれ、あさみちゃんも含めて日本女子のレベルの高さは知らしめられたと思うので、これを見て今のちびっ子も高い目標もってがんばってほしいです(そして練習施設での大人の立場がどんどん狭くなっていく)
そして男子。勇利くんがBQ1440を完璧に決めるも決勝進出ならず。これでBQ1440は大会では使えないゴミトリックということになってしまいました…。どんなレベルの高さやねん。決勝は天気が曇り & 小さめのキッカーでできるだけ点を伸ばすために飛距離を稼ごうとするライダーの思惑により、メイク率の低い泥仕合気味の大会に。ビッグエアの小さめのキッカーは女子にはちょうど良かったですが、男子には不釣合いでしたね。難しい。
思ったのですが3本中2本メイクが必要、ってなると普通の大会よりメイク基準が厳しいのでは?X-GAMEでは4,5本飛べてベスト2本だった気がするし。大技一発決めて盛り上がる場面を作るなら、もう少し試行回数多くして、もっとみんなが攻めれるようにしてほしいです。いや、別に優勝したセブ様が置きにいったとは思ってないし、セブ様の優勝はめっちゃうれしいけど。
パロットさんが、最後の2本にどちらもCAB1800を狙っていったのが好印象でした。やはりスノーボード業界、3位までに入るという発想より、人よりヤバい技を決める、というのが重要であり(日本女子も含めてね)それを体現してくれたので良かったです。パロットさん、相変わらずスタイルは好きになれないが、少し好感度が上がったぞ!

スノーボード(ハーフパイプ)

男子のショーン VS 歩夢は平昌のベストバウトと言ってもいいゲームでした。正直、ようやく復活してギリギリオリンピック代表になったショーンなんて敵じゃないと思ってたのですが…。”持ってる”男ということでしょう。多くのスノーボーダーにとって彼のスタイルは好みじゃないし僕もそうだけど、不屈の精神・勝負強さ・メンタルタフネスは1スポーツ選手として尊敬します。いや…滑りの綺麗さだけなら歩夢きゅんの圧勝なんやけど。
ジャッジについては、いつも通り編集長がいちゃもんつけたのに、いやいやそうじゃないでしょ、とスノーボーダーからカウンターが。ショーンはブーツグラブだ、3ヒット目に540入れて難易度を落としている派と、いやいや短いだけでちゃんとつかんでる瞬間あった、ダブルマックはショーンにしかできない…うんぬん。経緯を知りたい方は”平昌 男子ハーフパイプ”などでググれば分かりますが、今のところ”銀に留まった”日本側の世論は、スノーボードの採点をフィギュアのように明確化せよ!という意見より、”そういう基準なんでしょ”と受け入れる空気が強そうです。
これは、負けた側の歩夢くんの「ショーンは過去一の滑りだった」という発言や、中井くんの「スタイル出てますね」解説によって、スノーボードの価値観が世間にちょっとだけ理解された、と好意的に受け止めたい。仮に採点基準を明確にして白黒つけたとして「ストレートエアー!高いですが難易度が低いので9点!」とかいちいち点数つくのは嫌でしょう。というのは4年前にも書きました→スノーボードのフィギュアスケート化は嫌だなぁという話
女子はクロエ・キムが圧倒的で今後10年勝てないケリー・クラーク的な存在になりそうな予感です。

視聴環境

今回、テレビで見た時間は0分で、全部テキスト実況かネットの同時配信で視聴しました。4年前に比べてNHK、民放ともネット配信に力を入れており、ほぼ全ての有名競技がネットで見れたので良かったです。こういう時にスマホ2つもっていると映像見ながらtwitter実況できるので非常にはかどりますww

カーリング

盛り上がりました。銅メダルをかけたイギリス戦の視聴率は42%だったそうで、国民的に手に汗握る瞬間でした。もちろん私も翌日がスノーボード大会だというのに視聴してしまい、大会は散々でした。カーリングはトリノの時に初めて知ったのですが、プレイしている人の魅力もそうですが、ゲームとして面白いと思います。僕の好みとして、タイムを競うような陸上競技、冬季ならスピードスケートやスキースノーボードの滑降系競技より、タイム以外で競う競技の方が興味が出る。カーリングは特に冬季の中では一番戦略が必要な種目であり、それを選手のマイクを通じて一緒に考えることができるのが楽しいな~と思います。
ブログを見返すに、4年に1回くらいはカーリングの事を思い出して寄付などしているので、今年もしようと思います。

北京五輪

近所だから見に行きたいな、とメモしておきます…。

今までの冬季オリンピック関係の記事