RSSリーダーはメールに勝てないかも。

RSSリーダー考察シリーズ第5弾くらい。■僕がRSSリーダーを使い始めたわけMyblogListからの移行。当時(2004年)は購読しているブログをMyblogList(現ド…

RSSリーダー考察シリーズ第5弾くらい。

■僕がRSSリーダーを使い始めたわけ

MyblogListからの移行。当時(2004年)は購読しているブログをMyblogList(現ドリコムRSS)に登録し、自ブログにブログパーツを貼り付けて更新を確認していた。

※イメージ的にはこのサイトの"スノーボーダーブログ更新情報"のような感じ。

しかし更新されたブログを読むにはクリックして別ウィンドウを開かねばならない。ブログ登録数が増えるにつれそれが苦になり、本文ごと読めるRSSリーダーに移行し今に至る。

ということできっかけは「更新管理がしたいから」でした。

■「更新管理」機能はGEEK、mixiユーザー問わず利用する。

Googleアラートしかり、mixiの友達最新日記しかり。これに異論はないと思う。

そこで「RSSリーダーはブログの更新情報が知れて便利!だからRSSリーダーを使おう!」となるのだが、それだけならMyblogListやはてなアンテナのような更新管理ツールでよいのではないか?もうちょい言うならメールで更新情報をお知らせするシステムがRSSやトラックバックみたいにブログに標準装備されていたらどうなっただろうか?。もしかしてRSSは普及せずメールで購読管理してたかもしれません。

ということで、「更新管理ができるからRSSリーダーが便利」という説は説得力が弱いのではないかと思えてきました。

■話が変わって「情報のリーチ効率」問題

メルマガが未だ現役なのは、情報のリーチ効率が高いから。ほとんどのメルマガは何かに特化しており自分の望んだ内容が配信される。

ではブログはどうか?例えば面白いブログを見つけたとする。そのブログを定期的にチェックしたいが自分が読みたいカテゴリの記事に混ざって日記的エントリーが入る。こういう時に「自分の読みたいカテゴリだけ読む機能」が提供されてない場合が多い。

※もちろんそういう機能は存在していて、例えばWordPressに実装されてるカテゴリ毎のRSS出力。あるいはナビゲーションでカテゴリに誘導する。カテゴリ毎のTOPページにパーマリンクをつけブックマークできるようにするなど(こんな感じ→pur*log)。

で、最初に戻るんだけど確かにRSSリーダーで更新管理はできる。けど、更新されたのは自分の読みたい記事じゃないかもしれない。よってRSSリーダーがいまいち普及しないのは、カテゴリ別RSS出力を提供しないブログ側に問題があると言える。

…というのは言い過ぎかもしれないが、カテゴリ別RSS出力が標準になればRSSリーダーの便利度ももっと上がるのになぁと思いました。さらに言うなら指定したカテゴリの記事だけ更新をメールで知らせてくれる機能が最強かなぁと。残念ながら読み手に多様な購読方法を提供するほど各種ブログランキングは低くなるのが今のブログスフィアだけど。

■結論

「指定したカテゴリの記事だけ更新をメールでお知らせする機能」が最強かもしれない。あとRSSに固執せず多様な購読手段を提供すべきだなぁと思いました。自戒を込めて。

タリーズコーヒースクールに行ってみた。

普段の自己流ドリップが正しいか確かめにタリーズコーヒースクールに行ってきました。あ、予約はコーヒースクール | TULLY’S COFFEEからできます。…

普段の自己流ドリップが正しいか確かめにタリーズコーヒースクールに行ってきました。あ、予約はコーヒースクール | TULLY’S COFFEEからできます。僕が選んだのは一番基礎のコース1。

■メンバーとか雰囲気とか。

受講生は男性4名(俺含む)、女性1名の計5名。女性ばっかりかと思いきや1名だけだったのはびっくり。男性も20代が3名と若かった。コーヒースクールはお店の一角で開催されるのでちょっと恥ずかしい+ガヤガヤしてると講師の声が聞き取り辛かったのが難点。

■内容とか。

メインはハンドドリップの方法とコーヒーのアレンジ方法。ハンドドリップの方法ですが…ネットに書いてあるのと同じ方法でした。どんな方法か知りたければハンドドリップでググレカスとそういうわけです。あ、スターバックス コーヒー | ハンドドリップ編に動画があったので張っつけておくよwww

…ググレカスが面倒な方向けに箇条書きで書くと

  • 抽出するまえに器具をお湯で温める
  • 目安はコーヒー豆10g~15g/200ml
  • フィルターをセットしコーヒー粉を平らに整える
  • お湯をかけて30秒ほど蒸らす
  • 真ん中中心に○を書くようにドリップ
  • (上の方にアクが出るので)お湯を落としきらないように
  • 水は軟水が適している
  • 水道水でも沸騰させれば問題なし

細かい事気にしなくてもおkって講師の人が言ってた><

コーヒーのアレンジ方法は例えばカフェオレ風にしたりバニラアイスにコーヒーかけると美味しいよとか、ミルクフォーマーでカフェラテ作れるとかチョコシロップも美味しいよとか。この頃にはコーヒー飲みすぎておなかいっぱいになってましたがww

■質疑応答

Q.コーヒー豆を保存するのは冷凍庫がいいって聞いたんですけど。
A.基本通り日が当たらず湿気の少ないところの方がいい。買った袋ごどジップロックに入れればいいよー。冷凍庫保存は 1.食品の匂いがつく 2.結露 の関係でお勧めできない。

Q.ドリップする時"コーヒー粉の土手を崩すな"ってどういうことですか?
A.土手を超えてお湯を注ぐと、土手を越えてフィルタとドリッパーの間からお湯がカップに落ちてしまうので濃度が薄くなる。全てのお湯をコーヒー粉を通過させてドリップさせなければいけない。よって1人分のドリップは(コーヒー粉が少ないので)お湯の量の微調整が必要で難度が高い。

Q.「アイスコーヒー豆」って普通のと何が違うんですか?
A.ボディがしっかりしているものが多い。酸味が強い豆はアイスコーヒーには向かないので。

Q.自宅でアイスコーヒーがうまく作れません。
A.自宅でのアイスコーヒーは超難度なので成功しなくて当たり前。タリーズコーヒーで1300円で販売している水出しアイスコーヒー機を購入するのがよろし。

■感想

大満足。結果的にネットと同じ方法だったとしてもプロの淹れ方を確認して自分のやり方が間違ってないと自信がついたし、ドリップ以外に知らない知識も結構あった。何よりコーヒー豆やフレーバーシロップなどお土産付で2000円は安いです!コーヒー豆200gで100円、フレーバーシロップ200mlが500円とすると実質スクール代500円。いやこれ赤字でしょ。

ということで、タリーズで豆買うくらいならコーヒースクール受講するのがいいと思うよ!

■参考リンク

究極のアイスコーヒーの作り方

オフシーズンも神田でボードの妄想

えーっと。シーズン終わっても室内ゲレンデに通っている俺です。こんにちは。■で。室内ゲレンデ用にALLIANのSPACETRAVELER(151)を購入しました。…

えーっと。シーズン終わっても室内ゲレンデに通っている俺です。こんにちは。

■で。

室内ゲレンデ用にALLIANのSPACETRAVELER(151)を購入しました。これはプロスノーボーダーの谷口尊人が使っている板で、まぁつまりキッカー用です。…なんですが、元々持っていたinfinityのignite(155)と飛び比べをするにつれで、どうやらigniteの方が飛びやすい?疑惑が発生したので、神田で店員に質問してきました。

■以下メモ

キッカーが飛びやすい板は

  • 柔らかくて反発がある:スペトラなど
  • 堅くて反発がある:ファナティックのUNLTD/K2のZeppelinなど

の2タイプ。これで軽くてソールの質が良くなるほど価格が高くなる。板は長めの方が大キッカー飛ぶには安定性が上がってよい(脚力あること前提)。短い方が軽くて回しやすいが飛ぶ前の段階で安定しないことにはどうしようもない。なお谷口尊人は168cmだが157cmの板を使っている。

つことで151cmのスペトラ買ったのは失敗だったかもしれません。柔らかくてグラトリしやすくキッカーもそこそこ飛べるいい板だと思っておりますが。

■来シーズンの板の話

今手元にあるのがignite 155(フリーラン/キッカー用)、スペトラ151(グラトリなど)の2本でD-LIGHT 152(グラトリ専門)を予約済み。だがigniteが以外と使えると発見してしまったため同タイプの板が欲しくなるw いや、ignite古くてソールが死に気味なんで…。と考えるとD-LIGHTを買って速攻転売するか?いや、ゲレンデに行ったらグラトリもしたくなるしな…。けどグラトリはスペトラでもできるしな…。迷い中です。

まぁ焦って決める必要はないので室内通いつつ衝動買いしたいと思います。

"気になること"を"気にしない"方法まとめ

■ここでの"気になること"の定義理論的には気にしても仕方が無いものなのに、どうしても頭から離れないもの/心の中にもやもや感が残…

■ここでの"気になること"の定義

理論的には気にしても仕方が無いものなのに、どうしても頭から離れないもの/心の中にもやもや感が残るもの。"考えている"から頭の中が占められるのではなく、単に"気になる"だけなので生産性がないもの。精神衛生上悪影響を及ぼすもの。

例えば…

  • 人間関係
  • 恋愛感情
  • 株/為替の値動き
  • 人狼BBSに参加中

「気にしても仕方ない!」と割り切れれば一番いいが、割り切れない場合の対応を考える。

■1.気になるものから離れる。

例えば株の値動きが気になるならPCの電源を落とす、携帯のブックマークを消す。気になることにアクセスできないようにする。人間関係で悩んでいるなら、その事を考えないように心がける。離れる時間が長いほど、頭の中の割合も減っていく。

■2.気になるものを上書きする。

1.よりもこっちが本命。別の事に熱中することで"気になること"の割合を素早く減らすことが出来る。一番いいのは友達と話す/飲む/遊ぶ事。1対1ならなお良し。あとは好きな事、自分が熱中できることをする(僕の場合ならテレビゲーム)。とにかく頭の中の大半が占められるものを実行する。熱中できなければ意味がないので、ジョギング/お風呂など"考え事をするのに向いている環境"はお勧めしない。

■3.「理」で解決する

"気にしても仕方ない"と理論的に言い聞かせる。例えば株式の場合、取れる行動は「売る」「買う」だけであるので、気にしたとしても結果売りも買いもしなければ何も考えてないのと同じ結果であるから、今の"気になる"程度の考えが売り買いの根拠に繋がらないのなら、"気にする"だけ無駄である。と言い聞かせるなど。恋愛でも"あの子が好きでしょうがない!"と悶えても自分の行動が変わるわけでないので、悩むなら"あの子を落とすにはどうすればよいか?"と建設的に考えるべきだ。

「"気にした"ことで自分の行動が変わるのか?」に着目すれば、ほとんどの"気になる"が無駄であることが判る。

「理」で押さえつけても感情が強まるときがあるので、行動指針書を残しておくとよい。例えば株式なら○○円になったら売る、など。恋愛なら今後の展開予想とかどういう方向に持って行くかの目標とか。

とにかく「理」で考えたことを残しておくのが重要。


その他:寝るとリセットされる

逆に言うと、朝起きてから寝るまでは連続的な時間。一度頭の中で膨らんでしまった"気になる"事は、簡単には縮まらない。ということで、朝の時点で気にしてしまうとその日は負け。なので「職場での人間関係に悩んでいます」って人は辛いと思う。

※なお僕が人狼BBSに参加する時は、更新後に一言発言して次の日の夕方まで人狼BBSの事を忘れられるいう理由で、夜更新村を選択していました。

auフルサポートコースVS新シンプルコースの価格差を計算してみた。

シンプルコース | au買い方セレクト | au by KDDIフルサポートコース | au買い方セレクト | au by KDDIシンプルコースは端末購入時に+20000円シンプルコー…

※2009/12/1より実施されるフルサポコース改定を反映した記事を書きました。
[フルサポートコース VS シンプルコース再検討 + プランEについて](http://prius.cc/d/20091021_aufull_vs_simple.html “フルサポートコース VS シンプルコース再検討 + プランEについて”)
※2009/3/23 加筆修正しました。一番下に結論があるので、途中が長いなら読み飛ばしてしまってください。


シンプルコース | au買い方セレクト | au by KDDI

フルサポートコース | au買い方セレクト | au by KDDI

以下の点を考える。
1.シンプルコースは端末購入時に+10000円くらいかかる(機種によって違う)
→価格差は実際のお店で調べよう。
2.シンプルコースはフルサポの月額使用料から910円か840円マイナスされる(毎月得をする)

プラン フルサポート シンプル
プランSS 1890円 980円 910
プランS 2467円 1,627円 840
プランM 3465円 2,625円 840
プランL 4987円 4,147円 840
プランLL 7875円 7,035円 840

3.フルサポは端末解除時に解除料金がかかる。

使用月数 フルサポート解除料
1カ月目~6カ月目 21,000円
7カ月目~12カ月目 16,800円
13カ月目~18カ月目 12,600円
19カ月目~24カ月目 6,300円
25カ月目~ 0円

4.フルサポの方がauポイント(マンスリーポイント)が早く溜まる。

シンプルプランは一律2%。フルサポは

月額使用料金 ポイント付与率
100円~5,000円 4%
5,000円~10,000円 5%
10,000円以上 7%

1.フルサポで5000円利用の場合

シンプル:4100円×0.02=81円
フルサポ:5000円×0.04=200円
差:118円

2.フルサポで7000円利用の場合

シンプル:6100円×0.02=122円
フルサポ:7000円×0.05=350円
差:228円

2.フルサポで10000円利用の場合

シンプル:9100円×0.02=182円
フルサポ:10000円×0.07=700円
差:518円

上記を計算して表にした。
### 表の見方
シンプルコースを選んだときどれくらい得か?という視点で表を作りました。
表1は計算の元になるデータ。シンプルコースはフルサポート解除料がかからず月額使用料も低いのでこの2つはプラス計算。逆にauポイントと最初の端末購入費は高いのでこの2つはマイナス計算になっています。月額使用料金差はプランS以上の場合で計算しました。プランSSは840円×月数になります。
表2は月額使用料が5000円、7000円、10000円の場合で計算結果を書きました。この表から端末価格を引いた結果が**シンプルコースはフルサポートコースに比べて○円得!**となります。
表1

使用月数 フルサポ解除料金 月額使用料金差 auポイント差 シンプル(端末購入費)
5000円 7000円 10000円
1 21000 910 -118 -228 -518 -n円
2 21000 1820 -236 -456 -1036 -n円
3 21000 2730 -354 -684 -1554 -n円
4 21000 3640 -472 -912 -2072 -n円
5 21000 4550 -590 -1140 -2590 -n円
6 21000 5460 -708 -1368 -3108 -n円
7 16800 6370 -826 -1596 -3626 -n円
8 16800 7280 -944 -1824 -4144 -n円
9 16800 8190 -1062 -2052 -4662 -n円
10 16800 9100 -1180 -2280 -5180 -n円
11 16800 10010 -1298 -2508 -5698 -n円
12 16800 10920 -1416 -2736 -6216 -n円
13 12600 11830 -1534 -2964 -6734 -n円
14 12600 12740 -1652 -3192 -7252 -n円
15 12600 13650 -1770 -3420 -7770 -n円
16 12600 14560 -1888 -3648 -8288 -n円
17 12600 15470 -2006 -3876 -8806 -n円
18 12600 16380 -2124 -4104 -9324 -n円
19 6300 17290 -2242 -4332 -9842 -n円
20 6300 18200 -2360 -4560 -10360 -n円
21 6300 19110 -2478 -4788 -10878 -n円
22 6300 20020 -2596 -5016 -11396 -n円
23 6300 20930 -2714 -5244 -11914 -n円
24 6300 21840 -2832 -5472 -12432 -n円
25 0 22750 -2950 -5700 -12950 -n円
26 0 23660 -3068 -5928 -13468 -n円
27 0 24570 -3186 -6156 -13986 -n円
28 0 25480 -3304 -6384 -14504 -n円
29 0 26390 -3422 -6612 -15022 -n円
30 0 27300 -3540 -6840 -15540 -n円

・表2

使用月数 5000円 7000円 10000円
1 21792 21682 21392
2 22584 22364 21784
3 23376 23046 22176
4 24168 23728 22568
5 24960 24410 22960
6 25752 25092 23352
7 22344 21574 19544
8 23136 22256 19936
9 23928 22938 20328
10 24720 23620 20720
11 25512 24302 21112
12 26304 24984 21504
13 22896 21466 17696
14 23688 22148 18088
15 24480 22830 18480
16 25272 23512 18872
17 26064 24194 19264
18 26856 24876 19656
19 21348 19258 13748
20 22140 19940 14140
21 22932 20622 14532
22 23724 21304 14924
23 24516 21986 15316
24 25308 22668 15708
25 19800 17050 9800
26 20592 17732 10192
27 21384 18414 10584
28 22176 19096 10976
29 22968 19778 11368
30 23760 20460 11760

### これから言える結論
端末料金差が10000円程度なら迷わずシンプルコース。シンプルとフルサポの差が一番縮まる「月額使用料10000円以上で25ヶ月目に解約するパターン」でも差は9800円だから。端末価格差が20000円くらいの時は、
* 月額使用料が5000円以下の人はシンプルコース。
* 月額使用料が10000円以上の人はフルサポートコース。
* 月額使用料が5000円~10000円の人は微妙。使用料金が高くなるほどフルサポの方がお得になる。
ってところかな。どっちにしても**フルサポで機種変更するなら13ヶ月か19ヶ月目!**フルサポ契約するなら、計画性を持って機種変更しないと損します。
ということで、迷ってましたがW61Tをフルサポで購入したいと思います。