domocoからBICSIMに乗り換えた。

2週間前の7月5日(日)にdocomoをMNPしてBICSIMに乗り換えました。

乗り換え理由

もっとデータ通信したいから。今のdocomoの3GBプランだと月末に制限かかるし、移動中にyoutube見たりオンライン音楽サービスとか聴きたいので。とにかくデータ通信量を気にしたくないというのが一番の目的

BICSIMの理由

公衆無線LANサービスのWi2が使いたいから。yodobashiのワイヤレスゲート(Wi2のサービスとほぼ同等)で3ヶ月ほど使った結果、良かったので。あとは10GBのプランがあり翌月繰越可能だから。おそらく使っても月に5GB~7GBなので、だんだん貯金されてMAXの20GBまで到達するでしょう。こうなると本当に気にせず使える、といえるよね(月に20GBデータ通信するのが結構大変)

2週間使ってみた感想

普通に使えてます。データ通信でひっかかったり動画が見れないってことはなし。1点、室内や電車内でのGPSの精度が悪くなった気がするが…。実用上問題があるほどではなく、カーナビも普通に動きます。
BICSIMの問題じゃないけど、今のdocomo端末でdocomo純正SIM以外を使うとテザリングが出来ないって問題があって、ちょっとこれを調べて解消しようとしている所です。

不安

  • 端末壊れた時に保険効かない
  • WiMAX2みたいな改悪あったら困る

今のところ満足してるし、もし改悪されてもすぐに乗り換えられるのがいいよね。

SBIカード改悪でクレジットカード変更を考える。

そんなわけでSBIカードの還元率が1.2%→0.5%と大幅改悪されたので乗り換えを検討します。
SBIレギュラーカード 年会費・SBIカードポイントプログラム・ショッピング手数料率等改定のお知らせ|SBIカード – クレジットカード

現状のカード使用用途

  • カード払い:SBIカード
  • ETC:SBIカード
  • Suica:ViewSuicaカード
  • Edy:リクルートカード
  • nanaco:リクルートカード

重視したいのは還元率と安定性なので、前々から目をつけていたリクルートカードプラスにします。

リクルートカードプラスとは

年会費2000円だが還元率2%のカード。一応年会費2000円取るだけあって付帯保険なども充実している。nanacoチャージでもポイント還元2%が魅力的。しかし年間30万くらい使わないと年会費の元が取れないので、nanacoのためだけには選べませんでした。

リクルートカードプラスの還元方法

リクルートポイントで還元されます。リクルートポイントって何?というと楽天で言う楽天ポイントみたいなものだけど、使える所が少なく貯めても仕方ない…と思っていましたが。
今回SBIカードから乗り換えるにあたって調べた所、リクルートポイントがPontaポイントやDocomoポイントに等価交換でき、実質現金並みの価値が出てきたとのこと。Pontaポイントってのが大きい。ローソンで上手いこと使えば本当は100円の商品を50ポイントくらいで買えたりして。とにかくリクルートポイントの価値が高まったので乗り換えない理由はなくなりました。
「リクルートカードプラス」がPontaとの提携で高還元率+使い勝手がいいカードに大変身!JALマイルを貯めるにも非常に有力な選択肢に|[2015年]クレジットカードおすすめ最新ニュース|ザイ・オンライン

変更後のカード使用用途

  • カード払い:リクルートカードプラス
  • ETC:リクルートカードプラス
  • Suica:ViewSuicaカード
  • Edy:リクルートカード
  • nanaco:リクルートカードプラス

リクルートカードプラスの欠点としてEdyチャージでポイントがつかないこと。なので、現状のリクルートカードは持ったままリクルートカードプラスを持ちます。こういう2枚持ちは割と一般的みたい。

てことで現在の手持ちカード整理

  • リクルートカードプラス:このエントリの通り、新規申し込み
  • リクルートカード:Edyチャージのためだけに持つ。解約してもいいかも。
  • ENEOSカード:ロードサービスがタダでついてくるのでそれで
  • View ルミネカード:モバイルSuicaオートチャージ対応年会費無料で手放せない。溜まったポイントをルミネ商品券に変換して3%ポイント還元。

過去のカード

てことで大分すっきりしましたな。
参考エントリ。

富山キングスに行ってきたメモ+富山観光

土日で行ってきました。東京からは遠かったです。

道のり

map
行きと帰りで別々の道でした。行きは中央道経由松本降りで、上高地を通って富山イン。時間はかかるけど景色がいいし、高速代金も節約できてお勧めです。帰りは普通に富山ICから高速。

富山キングス

DSC_0078
キッカーのスペックは事前に調べていたのですが、それよりも環境の良さに驚きました。

施設がいい

普通のマット施設は、受付がプレハブだったり簡易トイレだったりと残念な感じなのですが、富山キングスは(元スキー場の敷地に作っているだけあって)受付が木造のニ階建てで内装も綺麗でした。トイレも綺麗。内部も広く、落ち着いて話やレクチャーができるスペースがありました。

水が綺麗

マット施設によく通っている人じゃないと分からないと思いますが、マットに撒いている水が綺麗過ぎる。聞く所によると、上流に小川があってそこから引いているらしく、水代もタダ。富山の天然水です。マット施設の水特有の、飛んだあとにTシャツが臭うとか、そういうのは全然なかったです。

自然がいっぱい

立山山麓にあって、大自然の中で飛んでる感が満載です。キッカー待ちの時にも景色眺めて癒されます(写真撮ってくれば良かった)
富山キングスの企画で「1泊2日で自然と触れ合いながらジャンプしよう」ってのがあるのですが、この環境と最高にマッチしているし、都会からわざわざ行く価値があると思います。

カート楽すぎ

やっと飛びの話なのですが、富山キングスにはカートがあります。何かというと、乗れば自動運転でハイク路を登るので、ハイクの必要がないという画期的なシステムです。なんてこった!
これ、本当に疲れない。最初は興味本位で乗ったけど、疲れなさすぎてカートなしではハイクできない。ハイクはトレーニングの一環というのも一理あるけど、ハイクして疲れて飛びに影響するのは本末転倒。ほとカート使ったので、マット施設に来たのにほとんど疲れず、逆に違和感があるくらい。

キッカーについて

スモールは普通のスモール。モニターがあるのが嬉しいし、ハイクしやすいように階段が設置してあるのも良い。ミドルはちょい飛びすぎ?くらいの13mくらいか。問題はビッグでスーパーかっ飛ぶ。マット施設のキッカーでアプローチが怖かったのは初めてである。とにかくアプローチが早い。スピードを殺すやり方を見つけた後は常識的なスピードだったけど、それでも18mは飛んでたか?上から直下れば20mは確実に超えるくらいの飛距離は出る。
これは本当に記念受験用か、ライダー向けであり、普通の人にはおすすめ出来ないと思った。飛ぶ分には面白いけどね!

参考:マット施設のキッカー大きさ

主観です。
kick

観光

ここからは観光メモ。

富山ブラック

IMG_20150606_134853
こいつはひどい!コンビニのカップラーメンで富山ブラック食べた気になってる皆さん。本場はヒドいです。これを売り物と出すなんて正気とは思えない。スープが醤油まるごと入れたような塩辛さで、とにかくしょっぱい。明らかに不健康。
ただ、醤油まるごとの中にも旨味があり、麺とよく絡み、病み付きになる人もいる…かも。友人は「水を入れてちょうどいい」といいつつ、スープを水で薄めて食べてました。不健康で美味しいというと、方向性としてはラーメン二郎に似てるか…。
なんにせよ、話の種に一度は行きたいラーメン。

国宝:瑞龍寺

DSC_0050
国宝というだけで行ってきましたが…これが当たり!本当に雰囲気がいい建造物だった。シンメトリーな作りの全体像から仏殿を囲む芝生、建造物を支える木の冷たさ…みたいな。京都だと、歴史上の有名人に縁があるだけで国宝になってたりするけど、瑞龍寺は建造物の力で選ばれた国宝なんだだなぁと思いました。
北陸新幹線開業特集「とやま妄想女子旅」①国宝・瑞龍寺編 − TAN-SU | 地域・人・ものづくり ~未来につながるアイデアの引き出し~

世界遺産

合掌造りといえば白川郷ですが、セットで世界遺産認定された合掌造りが富山県にもあるということで行ってきました。
DSC_0054
DSC_0066
正直言うと、ここはそこまででもなかったかな…。こじんまりとしているので白川郷を知っているとどうしても比べてしまう。まぁ適当な時間に見に行ってしまったというのも一因で、夜明けやライトアップ中、夕日をバックに…などシチュエーションが揃えば少し変わってくると思う。

まとめ

そんか感じで富山満喫してきました。富山県は今までに行った日本の県の中でも本当に独特の雰囲気でした。都会ぶってもなく田舎のさびれてる雰囲気もなく、海と山に囲まれて町が変わってない感じがしました。富山キングスに行ったつもりが富山県も気に入っちゃったので、また時間見つけて遊びに行きたいです。

最近のマックのメニューが気に入っている

ベジタブルバーガーシリーズのことなんですが。
ベジタブルチキンバーガー/サイドサラダバジルソース/ベジタブルチキンマフィン | キャンペーン | McDonald’s
DSC_0084
写真はベジタブルマフィンです

マックらしからぬ低カロリー

  • ベジタブルマフィン:285kcal
  • ベジタブルチキンバーガー:293kcal

です。飲み物をお茶にしてサイドメニューをポテトからサラダに変更すると、マックでセットを頼みつつカロリーを400kcal以下に抑えることが可能となりました。
※ ちなみに味は「そこそこ」です。テリヤキバーガーとマックフライポテトの方が美味しくて満足感あります。

マックはハンバーガーではなく座席を売っている

そこまでしてマックに行きたいのか?と聞かれると、ハンバーガー食べたいわけじゃなく、席に座ってゆっくりしたいんですね。店によっては長期滞在用の座席があるので、PC作業とかしたいのです。
今までは座席を買うために、カロリー高いジャンクフードを買わなければいけなかったのが、これからはベジタブルシリーズを頼んでおけばカロリー的には幸せになれる。
もちろん「コーヒーしか注文しない!」と決心してマックに行けばいいのですが、店にいくと何か頼みたくなってしまう。その時の「何か」にベジタブルシリーズを選べるのは大きい。

健康志向商品の増加

僕、外食が多いんですけど、最近こういう低カロリー健康志向の外食が多くなってきたように思えます。吉野家のベジ丼とか。
こういった商品の方が、従来型のジャンクフード系より利幅が取れるんじゃないかと思います。健康志向の消費者からすると、ヘルシー食品の方がジャンクな牛丼より量が少なく値段が高いのは当然で、少しくらい割高でも買ってしまう。
外食 = 不健康だったのが、健康志向のものが増えてきて、選択肢が増えて嬉しいです。