スウェーデンで発生した原発事故の話

スウェーデンで発生したメルトダウン一歩手前の原発事故を日本のマスコミが一切報道しないという話。以下引用メインです。スウェーデン原発…

スウェーデンで発生したメルトダウン一歩手前の原発事故を日本のマスコミが一切報道しないという話。以下引用メインです。

スウェーデン原発事故と日本のメディア 青山貞一

2006年8月5日付けで独立系メディア「今日のコラム」が報じたスウェーデンの原発事故(10基中4基が停止)は、ニューヨークタイムズ、タイム、ガーデアンなど欧米の主要メディアが大々的に報ずるなか、日本のマスメディアはまったく報ぜず、その後も日本の主要新聞の記事が皆無(青山が確認した限り)という異常な事態が続いている。

次は英国グリーンピースの話。

スウェーデン、安全性が確認されるまで原発を閉鎖

 「炉心溶融に至らなかったのはまったく幸運だった。」と、先週フォルスマーク原子力発電所で起きた過酷事故の後、同原子力発電所の前幹部職員の一人は言った。現在、スウェーデンでは、原子力発電所の欠陥が発見されたために、10基のうち4基が停止している。スウェーデンで起きた発電機の故障は英国でも容易に起こりえるものだ。

(原発事故とマスメディアの報道姿勢の両面で)非常に興味深い事件なので引用は最小限にしました。

俺はこの事件があったからって、原発=100%悪とは判断しません。他の発電方法より効率的なんだろうし、リスクがあるって事は分かってたことだし。ただ、報道しない=選択肢を与えないってのは嫌だ。ずるいと思う。だからこうやって広めます。

女性のテリトリーに侵入してみる。

先週末は、土鍋を探しに銀座に行き、ちょっと代官山に散策に行きと普段行かないところに遊びにいきました。僕はよく新宿のタカシマヤに行く…

先週末は、土鍋を探しに銀座に行き、ちょっと代官山に散策に行きと普段行かないところに遊びにいきました。僕はよく新宿のタカシマヤに行くのですが、なんで同じ百貨店なのに銀座の百貨店はああも雰囲気が違うんですかね?女子率高すぎ。どこかの女子大に迷い込んだくらいに場違いな俺。やっぱり土地柄というのがあるのですね。三越のセオリー(mens)はガラガラでした。

あと代官山。女の子用の店がずらずらと並んでるのですが、あんなのにつき合わされると死ぬな。つーか普通の道路に車が通れないくらい人々…。町全体が一つの店みたいでした。あとあそこらへんも高級住宅街なのですね。神楽坂や谷根千といった一人暮らしに人気エリアはあるけれど、本当の高級住宅地は不動産屋がない。んでもって静か。店巡り抜きで散歩するにはちょうどいいかもね。

※ちなみに土鍋は見つからず通販で購入しました。

「博士の愛した数式」読了。

今更間はあるけれど、博士の愛した数式を読んでみた。まぁページが薄かったので手に取りやすかっただけなんだけど…。80分しか記憶の持たない…

今更間はあるけれど、博士の愛した数式を読んでみた。まぁページが薄かったので手に取りやすかっただけなんだけど…。

80分しか記憶の持たない数学博士と家政婦とその息子の物語。博士の住む家や町の風景、野球場の雰囲気が丁寧に描かれているので、自分で風景をイメージして世界を広げる楽しみがある。心温まる物語だから子供にも安心して読ませられるって感じ?読書感想文を書かせると面白いかもね。俺に取ってはむちゃくちゃ書き辛いけど

つーことでいい本ではあるが毒には薬にもならないなぁと思ったのでした。80分の仕掛けは兎も角、それのネタがほぼ数学と野球(と1980年の時代背景)に終始しているので、数学や野球に興味ないと魅力半減だと思うんだけどなぁ。Amazonのレビュー数ほど「美しい数学の世界」を体感した人が居るとは思えないんだけど。

これって本屋が選ぶ「本屋大賞」受賞作なんだけど、世の中の本屋はこういうのを読みたがるのかなぁ。第2回受賞作の「夜のピクニック」はパスしようと思ったのでした。

博士の愛した数式
博士の愛した数式

posted with amazlet on 06.10.16
小川 洋子
新潮社

「となり町戦争」読了。

結論から言うとこんなばかげた話は現実に起こらない。仮に戦争になるのなら、当然その町の人は反対するだろうし周り(その他の国民やマスコミ)…

結論から言うとこんなばかげた話は現実に起こらない。仮に戦争になるのなら、当然その町の人は反対するだろうし周り(その他の国民やマスコミ)も黙っちゃいないだろうからだ。なのでこれは完全なフィクション。「今のナショナリズム大切!な流れだとこういう未来が来るかもしれないから、平和を愛する心を持ち続けよう」というものではない。

この本で発生するとなり町との戦争は非常に奇妙。知らない間に始まる戦争。銃声は聞こえない。敵対している隣町を通過して通勤。「ありえねー」「ギャグか」と読み進めていくうちに、ふと思う。平穏と戦争の境目は何なのか?例えば北朝鮮と日本が戦争になったとして、日本にミサイルさえ落ちてこなければ僕らは普通の生活、通勤したり遊んだりし続けるんじゃないのか?現実の戦争でもその境目ははっきりしないんじゃないのか?

「ばかげた話」「非現実的」と受け止めていたとなり町戦争が現実味を帯びていく。僕らの生活が変わらなくても、戦争中は確実に命が失われていく。その事に僕らが無関心なだけで。事実戦争とは殺し合いなのに、この本ではそれが連想されないように書いている。

この本の評価がAmazonで低いのはこれといった盛り上がり所がなく、淡々と物語が進むからじゃないかな?(主人公でさえ「良く分からないまま戦争が始まり、良く分からないまま戦争が終わった」と言っているくらいだ。)けど戦争参加国の一般市民などこの本の読了後と同じ程度の気分しか感じないんじゃないかな。結局TVが伝える悲惨な映像がなければ、戦争を実感できないのだ。

隣町同士が「今まで協力して戦争事業を行ってきたように、これからは他の事業でも協力し合おう」と終わるとなり町戦争。国同士が戦い兵士が地を流しても最後は「平和的解決」で両国首脳が握手して戦争終了。現代の戦争を縮図化したブラックユーモアであり皮肉だと思う。1日経過しても感じる薄気味悪さを覚えておきたい。

となり町戦争
となり町戦争

posted with amazlet on 06.10.16
三崎 亜記
集英社
売り上げランキング: 6,884
おすすめ度の平均: 3.11

3 となり町戦争
3 なさそうでありそうな
1 この作品の良さがわからない

小物好きの物欲を満たす「どこでもマグネット」

ネットをぶらぶらしていたら、どこでもマグネットという物欲心をくすぐる一品を見つけてしまったので、早速会社帰りにITOYAで購入。どこでもマ…

ネットをぶらぶらしていたら、どこでもマグネットという物欲心をくすぐる一品を見つけてしまったので、早速会社帰りにITOYAで購入。どこでもマグネットは

  1. マグネットが付く場所を探さなくても大丈夫!
  2. 貼る場所を汚さない!傷つけない!
  3. マグネットに挟んだものを片手で抜き差しできる!
  4. おしゃれでキュートな雑貨ステイショナリー!

とのこと。価格は1個約250円と高価。けどその粘着力+磁力は抜群で、うちの部屋のザラザラした壁でも問題なくくっつくし、紙は勿論CDも張れちゃう(非推奨です)。しかも粘着力が落ちたら水洗いで元通り。これはすごい。

DSCF1282.jpg

ただ…。

試しに水洗いしてみたけど、若干粘着力は落ちちゃいますね。CDが張れなくなりました(だから非推奨)。けど相変わらず壁にはくっつくし、紙を止めるくらいなら全然問題なし。通常の使用なら全く問題ないと言っていいかも。

デザインもいいし壁も汚れない。しかも簡単に設置場所を変えられる。ポスターや写真を部屋に張るような人は、WEBでまとめ買いを激しくお勧めします。ちゅうか既に追加で4セット(8個)注文してしまったwww

興味がある人は、どこでもマグネットの面白い利用例が載っているどこでもマグネット倶楽部もご参照下さい。

※もしかして時間が経つと粘着力が落ちてくるかもしれませんが、その時はまたレポートします。

(2006/10/12 23:03追記)
やっぱCDは微妙かも…。

手間暇かけたカレーを作ってみた。

先週末に河口湖合宿に行ってきたのですが、そこでの手作りカレーが美味しかったので4年ぶりくらいに家でカレーを作ってみました。

先週末に河口湖合宿に行ってきたのですが、そこでの手作りカレーが美味しかったので4年ぶりくらいに家でカレーを作ってみました。


“手間暇かけたカレーを作ってみた。” の続きを読む

フェデラー光臨!in有明

凱旋門章やプロ野球に隠れて、テニスのAIGオープンが開催されてるわけです。去年はサフィンが来るといいつつ棄権。しょぼい大会となったわけ…

凱旋門章やプロ野球に隠れて、テニスのAIGオープンが開催されてるわけです。去年はサフィンが来るといいつつ棄権。しょぼい大会となったわけですが今年はなんと!テニス界の朝青龍(強さの面で)ことフェデラーが初来日!するわけです。

ロジャー・フェデラー – Wikipedia

で、NHKのサンデースポーツでフェデラーのインタビューやってました。いわく

「弱点を克服するために練習するのは当たり前の事です。」
「私の場合は試合で弱点を付かれてきたので、それが返って幸いし弱点を克服する事が出来たのです。」

フェデラー様かっこいい…。

AIGオープンはNHK総合とBSで放送予定予定みたいです。フェデラーの最強っぷりを確認するためにも見るっきゃないね~。以下自分用に全文引用。


“フェデラー光臨!in有明” の続きを読む

FF10から思うゲームとの付き合い方

ディープインパクト出走の凱旋門章まで後ちょっととなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?それとは関係なくFF10関係のエントリーを書いて…

ディープインパクト出走の凱旋門章まで後ちょっととなりましたが、いかがお過ごしでしょうか?それとは関係なくFF10関係のエントリーを書いてみます。


“FF10から思うゲームとの付き合い方” の続きを読む

FF10は至高のRPG

ラスボスに返り討ちにされてから一週間。隠し要素をあらかたゲットしてリベンジ完了しました。いやぁ、さすがに召喚獣1発で80000ほどダメージ…

ラスボスに返り討ちにされてから一週間。隠し要素をあらかたゲットしてリベンジ完了しました。いやぁ、さすがに召喚獣1発で80000ほどダメージ与えられると楽だわ。
(以下前エントリーに続いて脳内垂れ流し気味)


“FF10は至高のRPG” の続きを読む