スノーボード映像製作の動機と目標について

さて、スノーボード映像製作もいよいよ佳境に入り、11月5日の試写会に向けて鋭意製作中です。ということで、試写会前・ほぼ映像完成というタイミングの気持ちをメモしておくことにします。試写会終わったら別の感情沸いちゃうかもしれないしね。
### スノーボード映像製作の動機
[前のエントリ](http://prius.cc/d/20110907_snowmovi.html)でも触れたとおり、
* 単純に自分達の成果を残したかったこと
* 同じように思ってくれる友達が周りにいたこと
* 同じゲレンデに通って映像撮るぜ!って意思疎通ができていたこと
が挙げられますが。


俺個人で言うとですね。ちまたで面白い、と言われてるスノーボード映像を見て**「この程度の映像なら作れるんじゃね?」**と思ったから。できそうだ、と思ったし勝算があった。や、別に勝算がなければ映像作ってないってことじゃないけど、「できそうだ」って思えたからやる気が出たのは確か。
具体的には、[Parfait](ameblo.jp/parfait-snow/)や友達の映像見てて、面白さよりも映像の欠点とか「こうすればいいんじゃないか」って所が目に付いて、それを修正できる自信もあったから。もっと言うと、Parfaitや他の映像を友達が褒めるのを見て「いやいや、この程度の映像じゃ凄いって言えないでしょ」「俺達がもっと凄いの作ってやるよ」って思った。ヘリ撮影や超大技繰り出してる大手プロダクションには敵わないけど、**それなりのライダーでそれなりの機材のチームにはいい勝負ができるんじゃねぇの?**と思ったのだ。
という反骨心的な動機が一点。
もう一つはスノーボードDVDのLBシリーズ。滑ってるライダーはプロだけど超大技は少なく、機材はそれなり。パークをただ楽しく滑るって映像だけどめちゃくちゃ面白い。これがかなり励みになった。LBと同じくらいの映像ができれば面白いDVDが作れるってことだし、撮影できる自信はあったから。これは動機ってより勝算の根拠かな。
### スノーボード映像製作の目標
そういう理由もあり**知らない人が「すごい」って思うような映像を作ろう**としました。だからティーザーも本格志向だし本編の編集もそういう方針で作ったつもり。
### 知らない人向けor内輪向け
で、今になってこのエントリを書く理由なんだけど、**もしかしてこの目標設定は失敗だったんじゃないか?**って思い始めた事。つまり「知らない人が見ても面白いように」を重視しすぎて「知ってる人が見てもぼちぼち面白い」程度にしかなってないんじゃないかと。「知らない人が見ても全然面白くないけど、知ってる人が見たらめちゃめちゃ面白い」ように作ったほうが、良かったんじゃないか、ということ。
いざ試写会が迫ってきて、みんなが映像見てるときの顔を想像すると、ちょっと勝算がないんですよね。場が盛り上がるかどうか?と言われると嫌な予感がするし…。これが内輪ネタ満載の映像なら盛り上がること確実だったのに。そうすりゃ良かったかも…なんて。と同時に、世の中、自分達でDVDを作っているチームが多いのになぜ公開されないかと言うと、元々内輪向けに作ってて知らない人に見せても面白くないことを作り手が分ってるからじゃないか、とも思ってしまった。
そう思ってから見返すと、友達の映像も「内輪向け」っていう面ではよく出来てるんだよね。Parfaitの映像(結局DVD作成の参考に繰り返し見た)も、見れば見るほどよく出来てるなぁと思える点が多いし。
いや、俺自身は自分達のDVD見てめちゃくちゃ面白いですよ。けど他人が見た感覚ってのは想像するしかない。まぁ結果は試写会待ちなんですけどね…。


### 説明遅れましたけど
ここで言っている「知らない人」っていうのは「スノーボード映像をよく見るけど僕達の事を知らない人」ってことであり、元々スノーボードをせず、かつ僕達を知らない人はさすがにターゲットにしていません。つーか無理でしょ…。
あとですね。「スノーボードをしない僕の友達」にも映像を見せようと思ってるんですけど。いかに友達とはいえ、スノーボードの事知らないと楽しめないんじゃないかなぁと思ってます。だってレール擦ってるシーン見ても「こういうの滑るんだー」って反応でしょ?でっかいキッカー飛んでれば別かもしれないけどねぇ…。

表参道のスケートの件はスケーター側が悪いんじゃね?(追記あり)

この記事なのですが。
* 表参道で警官がスケーターを流血させて逃げる→失点隠しにスケボー禁止の立て看板を立てる
* 表参道で警官がスケーターを流血させて逃げる→失点隠しにスケボー禁止の立て看板を立てる – Togetter
スケーターの方(の友人)が警官に傷を負わされたことは確かだとして。**警官がいきなりスケーターの腕を傷を負わせるくらい強く掴むか?**ってことなんですよ。普通の警官の対応として
1. 最初は声をかけて注意
2. **相手が抵抗するなら**それなりの対応をする
って順番のはずです。警察ってのはどっちかっつーと嫌われてるし、基本的に先に手を出すことはNGだから慎重な対応をするはずなんです。
だから警察が腕を握る前に**スケーター側が言う事聞かずに抵抗したんじゃね?**と思っちゃうんですよ。そこらへん気になって、友人が腕掴まれたとpostした[@1karatさん](http://twitter.com/1karat)に質問投げたけど、今のところ返答はないです。
(2011/10/18 19:35 追記)
いきなり掴まれたようです。
[「おいっ!」って言っていきなり掴んできたみたいですよ。](http://twitter.com/1karat/status/126244500086603776)
これについてはマジ気になるので、表参道行って聞いてきます。…ただ実際に聞いても、本当の事は分からないだろうなぁ。そもそも「どっちが先にやったか」って一番揉め事になりやすい部分で、一番証明し辛い部分だし。
### 公道でのスケートについて
違法です。正確には「交通の頻繁な道路」でのスケートがだめらしくて、判例としては「5分に1台or1人が使う道路」は「OK」らしく、それ以上だと微妙みたい。あとは杉並区みたいに条例で規制されてる所もある。深夜の高円寺とか割とやりたい放題だけど。
とにかく違法って知ってないと、こういうかっこ悪い感じになっちゃう。
車道でスケートボード 道交法違反で摘発 | レスポンス (社会、社会のニュース)
まぁ分ってて、自己責任でやるのはいいんですよ。僕も近所の道路ぶいぶい滑ってるし、違法じゃないけど雪山じゃロープ超えるし。
俺が気に入らないのは公道でスケートしてたってことじゃなく、(おそらく)注意されておとなしくやめなかったこと。まぁそれもいいや。手摺狂会とかが警官に怒られてるのは面白いし、公道のスケートの動画は新鮮でかっこいいし。気に入らないのは、警官を悪者にしちゃったこと。自分達がリスク抱えて悪い事やってるのに、自分達は悪くない!警官が悪い!みたいな方向に持って行こうとしてる。これがすげーかっこ悪いです。
仲間傷つけられて怒るのは分るけど、それは矛先違うと思う。確かに警官を敵に仕立てたことで味方は増えたけど、結局これでますますスケーター叩きが増えるんじゃね、と思う。あと警官悪者にしただけで飛びつきすぎだし。

(2011/10/18 19:45追記)
ツイートで訂正いただいたので掲載します。
[僕は、掴まれて「私はやっていない!」と警察官が交番へ逃げた後です。ただ、すべて見ていた僕の友達は大勢います。近所のビルの管理人さんも。](http://twitter.com/1karat/status/126245778330103808)
警察官がいきなり腕を掴んだ、という前提で話進めます。
つまり「公道でスケートやってたスケーターを警官がいきなり腕掴んで結果怪我させた」って事になるんだけど、これで**うわぁ!警官悪い!**ってなっちゃうのね。いや、そのあと謝らずに隠れたのは悪いけど、看板設置は腕掴んで怪我させたのは関係ないと思いますし、公道でスケート自体が違法なので、自分達の行為を棚に上げて警官批判でごまかそうとしているように俺には見えました。確かに警察敵にすると味方増えるけど…。
「分かりやすい悪役がいる話には一見で飛びつかない」ルールを皆様導入するべき: 不倒城
結果的にインターネットのスケーターの間でこの話が広がって警察酷い!ってなってるけど、俺としてはあんまり警察怒らせるような事はしたくない。なんせ違法なんだから普通にやったら負けるし。
けど「仲間の腕掴まれて泣き寝入りしろってか!?」と言われるとそれは違うし、けどこういうネットで晒すようなやり方は好きじゃない。
とにかく、@1karatさんに警察署の名前と看板の場所教えてもらったので今週中に見て聞いてきます。けど警察に聞いたところで「実はカッとなって腕掴んじゃって、今は反省してるんです」とか言うわけねーし、最後はどっち信じるかになりそうだわ…。
(2011/11/1 追記)
ということで10月20日(木)に現場の表参道に行ってきました。

現地付近。どうでもいいけど路面悪そう。

問題の看板。

問題のローソン付近。ここから警察署までは50メートルくらいかな。

問題の警察署。
そして警察官に聞き込み。結論から言うと、**正直感じ悪かったです。**まず看板が立った経緯について質問。ジャブ程度に
* 俺「あの看板、2日前に立てられたって聞いたんですが…」
* 警官「ああ、あれね!スケートボードは公道で禁止だから!」
と回答。どうやらスケートボードは公道で禁止されてるから、あの看板は立てて当然!ということを言いたいらしい。いや、別にこっちは看板を撤去しろとか言いたいのではなく、立てられた経緯を知りたいのですが…。ということで
* 俺「2日前にここでスケートしてた人と警察の人が揉めたって話を聞いたのですが?」
* 警官「君、あの人達とどういう関係?」
**[質問を質問で返すなァーーッ!!](http://www.remus.dti.ne.jp/~atsu-c/Record/question.html)**
それはともかく、俺がその人たちと関係あったとしてどうなんですか。関係あるって言ったら何か小言を言うつもりだったんでしょうか。この時点で割と心象悪くなっていたのですが、あの夜、警官がスケーターの腕を掴んでケガをさせたらしい、いきなり掴んだらしいよ、という話を振ってみました。そして回答は…
「いや、こっちから注意したのに聞かなかったんだよ。当然最初に声かけたし、そこでやめりゃ良かったんだよ」
とのこと。つまり手を握ってケガをさせた、ということは否定していないのですね。これは写真や傷跡もあるので誤魔化せないところか。
まとめると
* 警官がスケーターの腕握ったて怪我させたのは確か
* 警官は腕握る前に声をかけたと主張
* 心象悪かった
です。まぁ心象はともかく、双方で一致しないところは「声をかけた」VS「いきなり腕掴まれた」ってところ。けどこれはどっちが正しいか証明難しいと思う。というかどちらも正しいってこともある。警官は声をかけたつもりが雑音に紛れてスケーターは気付かず…みたいな。ここは当事者同士で明らかにするしかないかなぁ…と。
最後に俺の感想。表参道の警官は典型的な「古いタイプの警官」でしたね。こっちの話聞かずに自分が正しいってことを主張。正義か悪かの二分類しかなく、融通の利かない感じでした。ただその分、嘘をつくのは苦手みたいで、僕がもうちょっと突っ込んで聞こうとすると、もうこの事については話したくない、みたいな雰囲気で露骨に嫌がられました。
ということで毎日みんなでネチネチ表参道通いすれば「ああ、もうしつこいな!お前らの言うとおり、カッとなっていきなり手を掴んだけど、相手が割るいんだから警察は何やってもいいだろ!」とか失言を引き出せるかもしれません。

チャリティライブイベント「生トロ」に行ってきた

10月10日、体育の日!**フルネームを口に出すのが恥ずかしいイベント**、生トロに行ってきました!
とろろそばPRESENTS 「生でトロトロいかせて!」
今回は**チャリティイベント**を前面に押し出していて、ライブ後のアンケート回収枚数×100円寄付するとか、ガチャガチャを設置して利益を寄付するなどあったので、僕もたくさんガチャガチャを回しておきました(やりすぎて所持金200円以下になったので終了)

(ガイアメモリメモ当たったけど、日朝クラスタじゃないので使い方が分らん…)
### そしてライブです
去年の暗黒リサイタルは「楽器始めたての人が多いのに、ライブハウスでライブとかやっちゃっていいの!?大丈夫なの!?って心配半分でドキドキしながら見てましたが、今年はもちろん心配はなく、本当にお客さんとて純粋に楽しみに行きました。
### 感想
#### めるりさん(前座)・ミゲルふとし(特別出演)
「いつものめるりさん節や!」ってにこにこしながら見てたら「がちゃがちゃあるよ~」って呼ばれて外出てがちゃがちゃ回しているうちに終わってしまった。すいません…。
#### ミルキィボーイズ
そんなに余裕なさそうだしテンパってる風でもあったのに、何であんな自信満々なのか。やはりウマサさんは大物だな、と思いました。**俺が演ってて楽しいからいいんだ!**というのが伝わってくるステージでした。あと演奏する曲決める権利はメンバー全員がもった方がいいと思います!!!
#### future pot
きゅんきゅる可愛い曲メインかな、と思ってたらカッコイイ曲が続いたのでびっくりしました。去年見たときよりも音が一回り太くなったような気がします。**カッコイイ!けど衣装は可愛いい!**最後は女の子っぽい曲で締めてやっぱりきゅんきゅる可愛いバンドでした。次はもうちょい長いMC聞きたいです!>みっとちゃん様姫
#### たちこぎBackBeats!
え、めっちゃバランスいい…!とまず思った。音の。ライブなんだけどCDみたいにバランス取れてるってか。もちろん迫力はライブ仕様。**ボーカルさんのえでさん、めっちゃキュート!ベースの豚さん、終止存在感出してた!**そして1曲も知らなかったので勉強します!
#### 平日ラバーズ
いのさんがパワーありすぎて圧倒されたし、事前のインタビューページとかメンバーのtwitterとか追ってたから、特別な思いを持って見てました。や、もちろん楽しめました!楽器初心者多いんでしたっけ?信じられない。**メンバー全員で乗せてくれて、このままエンディングかっ!?ってくらいの高みに持ってかれました。**
#### サツバツ=コンビナーツ
MOON CHILDよりもescapeを上手に演奏できるバンドや!三十路魂にダイレクトアタック!まさかこの時代にこの曲を聴けるなんてのオンパレードで家に帰ってからTMさんとかイエモンとか聞き直しちゃいました。!よださんかっこいいし、ギター弾いてるシコシコさんはモテそう。このじゅさん、髪切ってイケメン度が増してた!ふかゆーお兄ちゃんは同じキーボード(後述)ってことでずっと注目してた。ステージの上だけは普段のしがらみから開放されて自由に演奏できるんだぜ!みたいなそばさんの笑顔が実は好きだったりします。
…そしてこの文章読んでニヤニヤしてるにゃもさんの顔が浮かびます。
#### アンコール
デンカー!!!デッ!!!デデデデデンカー!!!!
### そんな感じで。
駆け足の感想でした。
個人的には**サツバツさんがLOVE LOVE SHOWを演奏した時にぶわっっっっっと来るものがありまして。**というのもこの曲、15年前に僕が組んでたバンドの持ち曲だったんですね。僕はキーボードで、この曲、サビ以外に出番なかったよなぁ…とか無理やり音入れてバランス崩したよなぁ…とかいろいろと思い出しながら、ふかゆーお兄ちゃんばかり見てました。あ、今回参加されたバンドのキーボードの方4人は俺より上手い方ばかり。
体調が悪くて前に行けなかったのが心残りでしたが、身近な人がこういうイベント企画して、それに参加して、一緒にイベント作ってる感まで(勝手に)感じさせてもらって、ほんと貴重だなと思いました。


感想エントリにかこつけて告知なんですが…。
うちのスノーボードチームでDVDを作りました!

「で…?」あ、はい。告知したかっただけです。
DVDといってもアマチュアなので作るだけ作って無料で配ります。といっても興味のない人に無理やり渡しすのは違うと思うので(ケチっているわけではなく)、全編youtubeにアップして気軽に見ていただけるようにする予定です。リリースは11月なのでその時に改めて告知させていただければな、と。
さて、このDVDのタイトルが**「The Ambitions road」**って名前なんですけど、これ、**生トロ最中に思いついたんです。**ずっといい案が思い浮かばなかったんですが、生トロでライブ見て高校の頃思い出す→あの時はバンド名をがんばって考えてたな→友達のバンド名がかっこよかったからそれパクればいいんじゃね!?と。友達のバンド名が「The Ambitions plan」って名前なのでplanだけ他の単語に変えて。そのバンドは女の子ボーカルでJAMとか中心にやってましたねー。懐かしい。
生トロの感想エントリに宣伝乗っけるのってどうよ、てとこだけど**何かを表現するのは素晴らしい事だ**という繋がりと、**みんなの熱気に当てられた**、ということで一つお許しください^^

「野球」をみんなが知らなくなるデメリット

面白い記事を見つけたので紹介。
球史に残るクルリ事件 秋山幸二の思い出 | テレビ新広島.
1986年(25年前!!!)の日本シリーズの話。[ブコメ](http://b.hatena.ne.jp/entry/wwwz.tss-tv.co.jp/tatsukawa_blog/20111012_1)には記憶違いって声もあるけど、非常に楽しく読ませてもらった。
楽しく読ませてもらい、一日いい気分でいたんだけどふと気付いた。
今、趣味の多様化により野球に興味を持つ人が少なくなっている。俺もそのうちの一人。野球を見ているより別の事に時間を使いたい。上記の記事は「日本人にとって野球が共通理解である」という前提の元書かれ、歯切れがよく臨場感のある記事となったけど、もし野球というのが一部の人しかルールを知らなくなって**「野球は9回表・裏を交互に戦っていく競技で、先発ピッチャーと中継ぎピッチャーがいて、ホームランというのはスタンドに直接ボールが入ることで、ホームランの場合でもベースを順番に踏んで行かないとアウトになる」**と逐一説明していたら、文章としての面白味が一気になくなるんじゃないかと思った。
この記事の見所は**「宙返りでおちょくられた上、わざとベースを踏み忘れたように見せかけてぬか喜びさせられ、二重にショックを与えられた」**ことであり、ルールの説明を入れたところで記事の骨子が変わるわけではない。けどルールの説明を入れたら記事の面白味がなくなってしまう。
趣味の分散化が進むと、こういった「分っている人」向けの記事を読めることも少なくなるんじゃないか。「共通理解」があり、プロ野球の珍プレー好プレーで盛り上がっていた時代が懐かしいなぁと思ったのでした。