「タクティクスオウガ 運命の輪」を40時間くらいプレイしての感想(ネタバレなし)

タクティクスオウガというゲームを「神ゲー」や「良ゲー」と評価するのは違和感を覚える。初代ファミコンのスーパーマリオブラザーズや2D格闘ゲームのはしりとなったストリートファイター2をそう評価しないのと同じで、タクティクスオウガというゲームも普通の作品を評価する言葉には収まりきらないような存在である。野球で言うなら長島茂男やイチローをバッティング技術や生涯ヒット数で評価できないのと同じで、その存在に価値があり歴史に残り、歴史を変える存在。それがタクティクスオウガである。
…と、傍から見れば**電波な思い**をこのゲームに持っているわけで、感想と言っても何を最初に書いていいか迷ってしまう。とにかく最初に出てくるのは**「このゲームが再び日の目を見て本当に良かった」**という思いです。
そんな思いを持ちながら、以下なるべくフラットな視線で感想を書いていきたいと思います。
### シミュレーションゲームの新しい標準「運命の輪 C.H.A.R.I.O.T」
タクティクスオウガに興味が無い人でもこれだけは体験してほしい。プレイした後は最低でも**「タクティクスオウガにはやっぱり興味ないけどチャリオット機能だけは凄いね」**と言ってくれるはず。それだけすごいのが新機能「運命の輪 C.H.A.R.I.O.T」。「バトルの行動を記録し好きな所からやり直せる」って機能でそれだけ聞くと「へぇ…。」ってなもんだけど、一度使うと「なんで他のゲームってチャリオット機能ついてないんだろう?ていうか今まで思いつかなかったの?」と思ってしまう。それくらい凄い。
いや、僕も最初はこんなズルい機能を使うつもりは無かったんだけどあまりに自然にやり直しができるのだ。シミュレーションゲームで移動場所を1マスミスってキャンセルするのはよくある事だけど、それと同じくらい自然に意識せずにやり直せるのだ。
チャリオットは発想というかインターフェイスの勝利だと思う。Lボタンですぐに過去の行動を呼び戻して巻き戻せる。これが一度でも「チャリオットを使いますか?」と聞いてきたならきっと敬遠されてただろう。**チャリオットシステムは目新しい新機能というより新しい標準機能**と言える。いや、ほんと自然に組み込まれてるのよ。
### 少し複雑になった魔法システム
前作では1ユニットにつき3つの呪文書を装備できるというシンプルなものだったけど、今作は呪文書を”習得”し、コマンドスキルを”セット”することで呪文が使えるようになった。習得できる呪文書の数は無制限だしコマンドスキルも好きにつけられるから自由度が高くて迷ってしまうかもしれない(前作はエレメントの概念があったので「ああ、このキャラは炎系の呪文書使えばいいのね」と理解しやすかった)。とはいえ前作に慣れているからそう思うだけで、基本的には**たくさんの魔法が唱えられて楽しいです。**
僕自身はスキル枠を圧迫するからあまり属性がバラけない方がいいなぁ、と思ったまでは良かったけど「○○属性補正」というスキルがあるのは1章中盤まで気づかなかった。人によってはいろんな属性のスキルコマンドをつけたあとで「スキル枠圧迫するしスキルポイントの損じゃん!」と気づくしれない。まぁそれも試行錯誤のフローなので楽しめばいいと思うけど、ウォーレンレポートに育成方針についてのヒントが書いてても良かったかもしれないです。
あとインターフェイス的な欠点。僕はまだクラスレベル足りなくて使えない呪文書でも取りあえず習得させておくのだけど、そうやって習得させた呪文書がどこからも確認できない。しばらく経って「あれ~?このユニットは○○って魔法習得してたっけなぁ~?」と思って念のため店で買っておいていざ使えるレベルになって習得させようと思ったら「習得済み魔法」欄に呪文が現れ、呪文書が余ってしまう。せめてクラスレベル足りないけど習得させた魔法は「習得済み魔法」の欄でグレーアウトしてくれればなぁ、と思いました。
※ 2010/11/25 11:30 拍手で「習得済み使用不可魔法、切り替えで見えます。」と教えていただきました。ありがとうございます。
### 改善されたバランス
前作では
* 弓が強すぎる
* テラーナイトの恐怖効果がヤバい
* ペトロクラウド+ハボリム先生
などなど、クラス毎に使える/使えないが非常にはっきりしていた。その点今作ではどのクラスでも育てれば一線級になるのが嬉しい(あのタコさえも!)。特に動物系ユニットが強化され機動力UP+攻撃射程UPでかなり使いやすくなった。自分好みの部隊を作るのに無理して弱いユニットを使う必要が無くなった。これは嬉しいです。
他にバランスが良くなったのは魔法。前作はMPの回復が早くチャージスペルを使えば一気に大量のMPを獲得できたけど、今回は普通にプレイしてるとMPが枯渇して低級の魔法しか使えなくなる。そこで消耗品を利用してMPを回復したり投射系・放出系魔法を場面によって使い分けたりと、**手持ちのカードを状況に応じて使い分けることにちゃんと意味があるようになっている**のがシミュレーションぽくて嬉しい。前作で攻撃魔法といえば13パネル対象の放出系魔法か召喚魔法の2択だったので…。
### 職業選択の自由
今作ではアライメント(L・N・C)によるクラス転職制限が撤廃されたので、どの職業にも転職し放題です。同じくエレメント(炎・風など)のシステムがほぼ撤廃され属性付き武器もなくなったので、エレメント関係なく一番強い武器を使えばよくなっている。これで間口が広がったなぁと思うんだけど、なんというか…。**アライメントに沿って転職してエレメントに合った装備をして…というのが楽しかったのだけど。**普通にプレイする分には制約でしかないし「アライメントCだからクレリックに転職できないじゃん!」となってしまうのを防ぎたかったのかな。けどエレメントシステムはタクティクスオウガの世界観を構築するものの一つだったので残しておいてほしかったり。四姉妹…。
### 成長システムについて
今作ではクラス毎にレベルを管理するシステム。新しく雇用したユニットでも高レベルのクラスに転職すれば同じレベルになり育成する手間がかからない!という話だけど、レベル上げの手間を省くという目的なら**もうちょっと上手い方法があったんじゃないかな**、と思ってる。まずこのシステムの欠点であり一番悲しいのは**新しいクラスが使えるようになってもそのクラスはレベル1から**、ということ。そしてそのクラスだけを一気にレベルアップさせる方法がないこと。前作や他のSRPGと違って敵に止めを刺しても経験値が増えないので新しいクラスに経験値を集中できないのです。
せめて後から増えてくるクラスはベースレベルを上げてもらうとか、例えば世界樹の迷宮3の「聞きかじりの経験」みたいに放置してるクラスでも経験値が貰えるとかしてほしかった感じ。…まぁ15年前にひたすら石投げてたのに比べれば楽になってるのかもしれないけど、大人になった今では気になってしまうという悲しみ。
### その他細かい点
* スキルシステムや呪文書システムで「やれることが増えた」ために編成画面がちょっと複雑になってるかも。
* 装備は店で買ったものを直接装備できれば楽だったかな。何をいくつ買うかってをショップ画面と編成画面を往復しながら選ばないといけない。
* 合成はもうちょっとちゃっちゃと作業できるようにしてほしかったかな。
…と細かい点を書いたのですが。正直そんなものは**ゲームの面白さに比べたら些細な問題に過ぎない。**
これはゲーム全般の事だけど、ネットの口コミゲームレビューとかで「動きがもっさり」とか「バグがある」とか「誤字脱字が多い」とか”スペック”的な評価でゲームを評価している書き込みがある。確かにそういう**誰にでも分かる欠点は評価が楽で評価した気になる。**頼りたくなるのも分かる。けど動作が快適でバグが全く無く目だった欠点の無いゲームが面白いんだろうか?
ディズニーランドの楽しさを文章だけで表現するのが難しいように、本当に面白さというのは文字だけで伝えにくいものだと思う。「面白そう」とか「やってみたい」とか思ったら、例えネットで細かい点が批判されていたとしても**自分の感覚を信じてゲームを選べばいいと思う。**


ゲームからも離れちゃうけど、他人の口コミを重視しすぎるのって「何かを選ぶとき、そんなにハズレ引きたくないか?」とは思う。確かに口コミは頼りになるけど自分を一番知っているのは自分だし「自分の基準で何かを選ぶ」って経験を(失敗も含めて)自分の好みってのが掴めてくるし、自分に価値があるものを選べるようになっていくと思う。


話しそれましたが。上で書いた問題も含めてファミ通の評価が40点中36点だったのは納得できる。正直始めて30分でで面白さが分かるゲームではないし、最初はユニットをどうやって育成していけばいいか分からず、大海に放りだされた感もあって戸惑う。面白いと思えない。
けど4,5マップこなしてくるとユニットの特色が分かってくるし、各種スキルも掴めてくる。そうなると**「こいつにはこのスキル覚えさせて、戦闘ではこういう役割を担わせて…」**とだんだん夢が広がってくる。逆に**この時点で夢が広がらない人には楽しくないゲーム**だろう。それはシミュレーションゲーム全体の性質なので仕方無いと思う。
※ と思ったけどファイアーエムブレムってユニット毎に成長ルートを選ぶ権利ってほぼないよね。成長ルートは一直線。そういう意味では敷居が低いのかな、と思った。
### タクティクスオウガをおすすめするわけ
タクティクスオウガの魅力を一言で表すと「温もり」だと思う。なんて言いつつエグいイベントもあるけれど、可愛くデフォルメされたキャラと温もりを感じる操作感。箱庭みたいなマップ。綺麗なフォント。ちょっと気の利いたセリフ(モンスター除名時とか)。上で書いた通り言葉で表すことが難しいけど大好きな世界。
…そう思うとディズニーランドの年間パス買ってる人の気持ちも分かる。ゲーム自体の”スペック”や”アイディア”はもちろん素晴らしいけどこの世界観がなければタクティクスオウガじゃなくなってしまう。人によってタクティクスオウガ好きな理由は言葉でたくさん挙げられてるけど、もっとベースの感覚的な部分で**好き!**ってのがあるんじゃないかと思うなぁ。
そんなわけでまだ未プレイの人や躊躇してる人もこの**「温もり」**を感じてもらえればなぁと思う。「いや、12月にモンハンあるし…」という人はそっちを進めて頂いて、1年後くらいにタクティクスオウガの名前を思い出してプレイしてもらえれば。時間経っても色あせるゲームじゃないから大丈夫だよ。

MP490をbluetoothで接続しようとして挫折

きっかけはこの書き込み。
[価格.com – 『Bluetooth接続』 CANON PIXUS MP490 のクチコミ掲示板](http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000057323/SortID=10606848/)
「MP480ではできたのでMP490でもできるはず」という書き込みを信じてチャレンジしてみました。
#### 1.bluetoothアダプタを買う
[価格.com – PLANEX BT-MicroEDR1X 価格比較](http://kakaku.com/item/00661010463/)
とりあえずkakaku.comで名前が出ていたbluetoothアダプタをプリンタとセットで買ってみました。そしたらびっくり!bluetoothアダプタの端子がUSB AタイプなのにプリンタはUSB Bタイプだった!
#### 2.USBtypeB⇒typeAの変換アダプタを買う
[【楽天市場】Donyaダイレクト DNC-PC0-UAF-UBM 【USB変換コネクタ】【あす楽対応】[メ04]:上海問屋](http://item.rakuten.co.jp/donya/60872/)
そんじゃ変換アダプタ買いましょう。いろいろ探したら上海問屋にあったよ!で購入。しかしアダプタの口が大きすぎてプリンタにささらない!
#### 3.USBtypeBの延長ケーブルを買う
[Amazon.co.jp: アクロス USB延長ケーブル 2m USB-Bオス-USB-Bメス グリーンスケルトン ASB34G: パソコン・周辺機器](http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%B9-USB%E5%BB%B6%E9%95%B7%E3%82%B1%E3%83%BC%E3%83%96%E3%83%AB-USB-B%E3%82%AA%E3%82%B9-USB-B%E3%83%A1%E3%82%B9-%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%88%E3%83%B3-ASB34G/dp/B000FG6NS2)
変換アダプタが太すぎるならケーブルで延長すればいいじゃない。これもいろいろ探したらAmazonで見つけたよ!やった!物理的にbluetoothアダプタがプリンタに繋がった!
### 結果:繋がりませんでした。
残念ながらうんともすんとも言わず…。MP480と違ってMP490はCanon純正のbluetoothキットも対応していないから無理やり繋げても反応しないみたいです。接続は失敗に終わりましたがMP490+bluetoothで一番上にkakaku.comのページが出てくるので注意喚起のためにエントリ書きました。
↓最終系↓

「タクティクスオウガ 運命の輪」をプレイするのにPSPgoで最高のプレイ環境を整える

「そんな装備で大丈夫か?」
「一番いい周辺機器を頼む」
15年ぶりにしてリメイクされるスーファミ屈指の名作、俺が人生で一番熱中したRPGである[タクティクスオウガ](http://www.square-enix.co.jp/tacticsogre/)がPSPでリメイク発売されるのでそれなりの迎撃体制を整えないといけない!てことでプレイ環境を整えた!


### もうこれは据え置き機だ!PSPgo+外部出力ケーブル+REGZA+クレードル+PS3コン
1. せっかくなら大画面でプレイしたい!PSPgoの外部出力先といえばREGZA一択でしょう。ポータブルズーム機能でPSPgoが鮮やかに大画面。
2. もちろんぶっ続けでプレイするつもりだが、外部出力をしてる間は充電ができない!外部出力と充電を両立できるようにクレードルを購入。
3. (アクションじゃないけど)少しでも快適に操作したい!のでPS3のコントローラを購入して無線で操作できるように。これでベッドに寝転がりながらプレイできる!
4, もちろんPSP⇔ヘッドホン間はbluetooth接続。これで完全ワイヤレス!
PS3コン持ちながらテレビに映ったPSPgo操作する不思議!けど快適…を通り越して感慨深い。携帯機をこういう風に使えるようになるなんて…。
### 周辺機器のお値段とか

(PSP go用) クレードル(PSP-N340)
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2009-11-01)
売り上げランキング: 278
PSP-2000/3000用接続ケーブル『PSP D端子ケーブル 3M』
アンサー (2009-06-10)
売り上げランキング: 140
ワイヤレスコントローラ(DUALSHOCK3) ブラック
ソニー・コンピュータエンタテインメント (2007-11-11)
売り上げランキング: 108

* D端子ケーブル:2000円
* PSPgo用クレードル:3600円
* PS3用コントローラー:4500円
* 計:10100円
こんな周辺機器に比べたらPSPgoなんて15000円で大して高くないからみんな買おうぜ!
※ おまけ
テレビはREGZA 26RE1を買いました。
[“LED REGZA”「RE1シリーズ」の“総合力”を試す – ゲーム関連機能や外付けHDD録画を使ってみた (2/2) – Phile-web](http://www.phileweb.com/review/article/201006/25/151_2.html)
ゲームダイレクト2が素晴らしすぎて泣く。USBHDD接続でテレビも録画できてコストパフォーマンスも高くて満足。エコポイントがあとちょっとで半減だから買うならお早めに!

カムイ竜ヶ崎 2010年1月30日クローズ

悲しい。悲しすぎる。以下、mixiコミュに張られた閉店のお知らせの張り紙。


このブログにも書いてきたけど、カムイ竜ヶ崎は俺がパーク初心者の頃からずっと通ってたゲレンデで常に俺の成長と共にあった。
[室内ゲレンデのカムイ竜ヶ崎に行ってきた。](http://prius.cc/d/20080430_shitsunaigerendenokamuiryuugas.html)
これが最初に竜に行ったときのエントリ。それ以来、おそらく100回以上は通いつめたと思う。常連に比べると少ないほうだけど、夏シーズンの大半をカムイ竜ヶ崎で過ごした。俺の思い出書いてもしょうがないけど
* シーズン終わって竜に通いだすときの国道6号の景色
* 暑い暑いと言いながらフル装備に着替える真夏
* 練習終わってぼーっと空を見上げた時の星の広がり
* 帰りに適当なラーメン屋に入って当たり引いたこと
* 「こんな真冬に誰もいねーよ」と思いながら行くと意外と人居たり
全部懐かしく思えるし、それが来年はもうできないなんて悲しい。竜が無くなれば俺は一生茨城県に行くことはないだろうし、あの道を走ることも無いと思う。
とはいえ、竜が(経営的に)ヤバいんじゃないかというのは感じていた。まずリフト券の値段が安い。もちろん助かるんだけど、他の室内ゲレンデに比べてかなり安く、もう少し値段を上げても人は減らないんじゃないか、と思っていた。後はスノーヴァ溝口・新横浜やカムイ御坂に比べてイベント主催率が少ない。他のゲレンデはイベントやスクールを主宰して収益化+知名度や一見さんを呼び込んでいたのに、竜はスクールも積極的じゃなくイベントも年に1回しか開催されなかった。一般人のリフ券だけじゃぁ限界があったんだと思う。
どんないいものでも収益を確保しなければ無くなり悲しい思いだけ残る。そりゃ他の室内は商売っ気があるしイベントのためにコースクローズして不満もあったけど、ゲレンデがなくなるよりはずっといいし、ユーザーとしてもそういう不便を受け入れていかないといけないと思う。不況だしウィンタースポーツってマイナーだし。
### 今後の室内の流れ
実はこの秋、長野県の小布施に小布施KINGSってゲレンデができた。「室内ゲレンデ」ではなく、雪はないけど着地点がエアマットで怪我しにくい施設。同じような施設は神戸や福岡にもあってプロライダーにも人気が高い。僕はまだ行ったことがないけど、コスト的には「室内ゲレンデ」より安くすみそうだとは思う。だってアプローチの人工芝代とエアマット代だけだし(それでも高いと思うけど)。S-airっていうウォータージャンプ施設も人気で、こちらもコストはアプローチの芝とプールに張る水代だけ。とにかく「冷房を使って室内の気温を下げて雪を作る」ってのはバブル期の遺物になるのかもしれない。
### まとめ
最初から継続が無理な施設は作らないでほしい。無くなるときに悲しいだけだから。維持・運営にお金かかることは分かってるので運営が無理にならない程度のリフ券代設定してください。

暗黒演奏会リサイタルに行ってきたよん

[暗黒演奏会リサイタルのお知らせ](http://ankoku.jp/)
楽しかったし次もまた行きたいと思う。言葉で説明するのは難しいし照れるけどとにかく楽しいライブだった。以下、思い出に残った点。
* 俺「リーズナブル良かったですねー!」りのさん「(恍惚の目で)シコシコさんとおづきくん仲よすぎ…」
* ライブ後に挨拶に行ったみっとちゃん様姫に「折り易そうな腕だねーw」て言われたのでもう近づきません
* ライブあるある:ドリンクチケット閉幕後に使おうと思ったら紛失してた件
* ライブでしかもあのサイズの箱じゃいい雰囲気もそうじゃないのも敏感に一瞬で広まるよね、って実感した。
* やっぱ「お届けする側」になるっていいよね。
なんだろう。もっとベタ褒めしたほうがいいのかな?
某バンドメンバーが演奏ミス気にしてたけど、俺はミスがないライブに行ったことないし演奏ミスるのがライブだと思ってるしで気にすることないんじゃないかなー。それよか普段タイムラインで普通に会話してる皆さんのが晴れ舞台で楽しそうにしてたのが一番だし、その空気が伝わってこっちまで楽しかったです!
てか演奏も普通に上手かったし、社会人で半年であそこまでできるって俺の学生時代思い返してもなかなかないと思う。


こっから自分の話。
俺が高校の頃のライブは自分の好きな曲をミスなく演奏できるようにして、お客さんはお客さんで出来れば楽しんでもらえればって感じだった。暗黒演奏会も楽器歴が浅いらしいからそんな感じかなぁ、と思ってたけどみんなライブ見に行ってる回数が半端ないしエンターテイメント歴も長いのでした。練習と違ってライブではお客さんが入ってお客さんは置物じゃないってことを当たり前のように分かってる感じだった。
正直楽器歴半年であんなに人を楽しませるライブが出来るなら、俺が学生の時必死で練習してミスなく演奏することだけに注力していたアプローチが間違ってたんじゃないかって思えてくる。
いや、そのアプローチから入るのが普通だと思うし、俺が今までに演奏したり見に行ったりしたライブは判断基準が「歌うまいか」とか「演奏が上手いか」とか「好きな曲を演奏するか」ってなもので「みんなで盛り上がれて楽しいライブ」に価値があるとは認められない文化で育った。「あの歌うまいアーティストの歌を生で聞きたいから」は動機になるけど、「あのアーティストのライブ盛り上がるから行こうぜ!」っていうのは「は?それ意味あるの?」って感じだったの。だから暗黒演奏会みたいなアプローチでライブを作っていいんだ!ってことにちょっとショックを受けた。全然別の文化だったから。そう思ったくらいに昨日のライブは成功だったと思う。
。o0(おめーがそういう種類のライブに行った事がないだけだよ!ってなもんですかそうですか)


実は僕もめるりさんと同じで大学入って軽音部に入ったけど肌に合わなくて辞めちゃった過去があり。うちの軽音部はこんな感じでした。

teraco そういや前に大学の軽音楽部まぢ素行悪いって書いたけどどんだけ悪いかってーと節分の日に後輩の家に押しかけて「ふくわーうち!」とか言いながら納豆を靴の中や洗濯機の裏にぶち撒けるくらいの素行の悪さ。 2010/10/03
09:26:40
link
teraco 俺はその時点で幽霊部員だったから相手にされなかったけど、話聞いてさすがに引いたわー。 2010/10/03
09:27:32
link
teraco なんか書いてたら思い出しちゃったな。本当はもっと音楽音楽してるサークルに入る予定でそこの人とも仲良くなってたんだけど、1年同士で組んだバンドのメンバーが軽音部に気に入られちゃってそっち入ることになったんだなー。そしてこんなことに。 2010/10/03
09:52:52
link

実際僕はそれから楽器やってないわけで。だから「一度辞めたことを再開するには勇気がいる」って言葉にすげー共感した。だって一回辞めてるってことは始めての事よりももう一回辞める可能性高いわけだし。けど俺の周りには「サッカー部で練習嫌々やらされてて卒業して離れてたけど、しばらくしてフットサルしたら意外と楽しい」みたいに、**時間を置いてスタート地点を変えたら付き合い易くなった**、みたいなパターンが多い。だから**セカンドチャンスはある**と思うし、子供の頃、好きで始めたつもりがいつのまにか嫌いになって辞めた事を、社会人になってもう一回始めてみるってのはかっこいいことだよね。


まぁ僕は小さい頃からピアノ⇒高校からギターをやった結果、**自分が楽器を弾くことを楽しめる性格じゃないなぁ**って思って辞めた経緯もあったし(ライブは楽しいけど「ライブでの楽しさ<<<練習の面倒くささ」っだった)今は他に時間を割きたいことがあるので当面は楽器復帰しないと思うけど、やっぱ**提供する側になるっていい。一番楽しめる。**
そのメッセージは伝わったし暗黒演奏会からはポジティブなエネルギーをもらえたので、他の時間を割きたい事に注力してそっちでなんか「提供」できるようにがんばろうと思います。