今さらRSSリーダーの記事を書こうと思ったわけ

[さっきの記事](http://prius.cc/d/20100930_rss_twitter.html)の裏話的なメモ。
### きっかけ
最近の良く見かけるのがtwitterの普及でRSSリーダーの使用率が減ってるとかそういうの。
[メディア・パブ: RSSリーダー時代が終焉か、Bloglinesがサービス停止へ](http://zen.seesaa.net/article/162219492.html)
RSSリーダーの便利さを知って普及に努めてきた俺としては悲しい限りである。**マジ悲しい。**
* [RSSリーダーの使い方を同僚に紹介した。](http://prius.cc/d/20080513_rssridanotsukaikataodouryounis.html)
* [「RSSリーダー」を「ブログリーダー」にすればいいんじゃないかと思った。](http://prius.cc/d/20080313_rssrida_o_burogurida_nisurebai.html)
* [RSSリーダー普及の余地は残っている/SNSとの違い](http://prius.cc/d/20080221_rssridafukyuunoyochihanokottei.html)
* [Webの情報収集方法とその整理方法](http://prius.cc/d/20051204_webnojouhoushuushuuhouhoutoson.html)
* [情報収集のための11の質問](http://prius.cc/d/20051202_jouhoushuushuunotameno11noshit.html)
過去記事漁ってたら**5年前から主張してて自分の粘着性にびっくりした。**
確かにtwitterからのアクセスは増えてるけどそれって2次的なものじゃない?まずは自分のブログの読者がいて良記事だから宣伝してくれてってのが良い循環じゃないの?というのがありました。僕自身、twitterのフォロワーさんが教えてくれたURLをクリックする事が増えたけど**お気に入りのサイトをチェックするのは相変わらずRSSリーダーが最強。**例えるなら**テレビつけてながら見するか、録画予約して見逃さないようにするかの違い。**
その他の点でもtwitter使うならRSSリーダーも一緒に使った方が絶対に幸せになれるのでtwitterユーザーにとって便利なRSSリーダーの使い方を紹介しようと常々思ってました。
### このタイミングでエントリを書いたわけ
1.twitterユーザーが増えた今だからこそ、RSSリーダーが受け入れられると思った。
前にRSSリーダーの記事を書いた時は「お気に入りのブログをRSSリーダーに登録しよう」としか紹介できず、あまり説得力のないものでした。普通の人は多くても10~20のブログしかお気に入りにしてないのでRSSリーダーを使う必要もなし、またアメブロなどが既に”お気に入りのブログを纏めて購読する”ような機能を提供していたから。
けどtwitter時代になって100~200アカウントのフォローは当たり前。「たくさんフォローし過ぎて本当に気になるユーザーのツイートを見逃しちゃう><」なんて状況も増えてきた。**それならRSS使おうよ!**と声を大にして言える環境が整ったから。
2.「twitter経由でのアクセス」をありがたがる傾向への疑問
上で書いたように、最近Webサイト運営者向けの記事で見かけるのが「twitter経由でのアクセスが増えてるから、もっとtwitterを活用しよう!(宣伝しよう!)」という論調。確かに”Webサイトへのtwitter経由でのアクセス”は増えている。けどそれが今までの1クリックと同じかというと…?最初に書いたように”フォロワーさんがリンク張ってくれたからなんとなくクリック”しただけかもしれない。Webサイト管理者が「わーい!アクセス数増えたー!」と喜んでいる裏で、ユーザーはすぐページ閉じてるかもしれない。
Webサイト運営者が本当に大事にすべきなのは定期購読してくれるユーザーであり記事の中身。タイトルで釣ってtwitterからのアクセスを得たとしてもアクセスの質的にはどうか?張りぼてじゃねぇの?と思ったので書きました。
twitter経由のアクセスを研究する記事も増えてきて、それはそれで面白いし試す価値があると思うけど、やっぱブログ書くならまず内容を充実させたいなぁと思うので。
* [twitterによる流入数増加の実験方法 – mtakanoの日記](http://d.hatena.ne.jp/mtakano/20100915/1284557760)
### 最後に
一昔前はRSSリーダーを紹介しても「は?何それおいしいの?」だったのが今は「twitterが便利になってiPhoneでも使える?それ便利かも…」と相手にとって身近なサービス・製品で例えられる。GoogleとtwitterとiPhoneネタにしてRSS紹介できるなんて、ほんと世の中変わったなぁ。

RSSリーダーを使ってtwitterをもっと楽しもう!

twitter使ってるのならRSSリーダーも使うともっと楽しいよ!という話です。
### RSSリーダーって?
twtiterと同じようにお気に入りの人をフォローすることができます。twitterとの違いは…
1.読むだけ
RSSリーダーは他の人のつぶやきを読むだけしかできません。コミュニケーションツールじゃないってこと。
2.twitterユーザー以外もフォローできる。
これが一番の違いでtwitterユーザー以外にお気に入りのブログやいつも見てるウェブサイトもフォローできます。そんで更新があった時だけ表示してくれます。**お気に入り機能のすごい版**と思ってもらえれば。
3.文字以外の画像や動画も表示できる。
お気に入りのブログに写真が載っていたとしたら、それをRSSリーダー上で読むことができます(フォローしたサイトが対応していれば)。twitterは文字だけのコミュニケーションで画像や動画には弱いけど、ここもRSSリーダーのメリット。
### 例:こうやってRSSリーダーを使えば便利
1.更新情報しか流さないtwitterアカウントをフォロー解除してRSSリーダーで読む
ブログ更新しました!って情報しか呟かないtwitterアカウントはフォロー解除してRSSリーダーに登録するとタイムラインがシンプルになります。後は発言を読んでるだけの有名人アカウント。僕個人の考え方だけど、twitterではコミュニケーションを取りあってるアカウントだけをフォローしたいし、更新情報や有名人の発言が多くて友達の発言見逃しちゃうとか悲しすぎるよね。
2.”ふぁぼったー”を登録する
「[ふぁぼったー](http://favotter.net/)」を聞いたことがありますか?自分のお気に入りやお気に入られを集計してくれるサービスです。見たことないって人は[ふぁぼったー](http://favotter.net/)にアクセスして自分のIDを探してみよう!誰かにお気に入りにしてもらった自分のつぶやきが表示されるよ!このサイトをRSSリーダーに登録すれば自分の注目された発言がほぼリアルタイムに分かって面白いです。
もう一つお勧めなのが[Twistar](http://twistar.cc/)。これは自分のフォローしてる人がお気に入りに入れたつぶやきを表示してくれるから、自分が見逃した話題になったツイートが分かります。これも[Twistar](http://twistar.cc/)にアクセスして自分のIDを探してみよう!
3.お気に入りに入れて毎日チェックしてるWebサイトをフォローする
RSSリーダーは更新があった時だけ知らせてしてくれるし複数のサイトをまとめてチェックしてくれるから、もうお気に入りをぽちぽち見ていかなくてもRSSリーダーだけでOK!(対応していないサイトもあります)
### RSSリーダーの使い方
RSSリーダーというのは何種類かあるんだけど、機能はあまり変わらないので好きなのを使って大丈夫。有名なのは[livedoorリーダー](http://reader.livedoor.com/reader/)と[Googleリーダー](http://www.google.co.jp/reader/)なので、ここではGoogleリーダーを使って説明します。
0.Googleのアカウントを登録する。
Googleのアカウントを持ってない人は登録します。Gmailとか持ってる人はそれで。
1.Googleリーダーを開く
[Googleリーダー](http://www.google.co.jp/reader/)を開きます。
2.「登録フィードを追加」からお気に入りのページを登録する。
とりあえずふぁぼったーを登録しましょう。

登録できました。

後はGoogleリーダーの使い方に従った方が分かりやすいと思います。twitterと同じでRSSリーダーにも10個~20個以上のページを登録した方がより便利になります。お気に入りのブログやチェックしたいページをどんどん登録しよう!
### 余談
玄人の方はこちらも参照→[今さらRSSリーダーの記事を書こうと思ったわけ](http://prius.cc/d/20100930_rssreader.html)

RSSリーダーはメールに勝てないかも。

RSSリーダー考察シリーズ第5弾くらい。■僕がRSSリーダーを使い始めたわけMyblogListからの移行。当時(2004年)は購読しているブログをMyblogList(現ド…

RSSリーダー考察シリーズ第5弾くらい。

■僕がRSSリーダーを使い始めたわけ

MyblogListからの移行。当時(2004年)は購読しているブログをMyblogList(現ドリコムRSS)に登録し、自ブログにブログパーツを貼り付けて更新を確認していた。

※イメージ的にはこのサイトの"スノーボーダーブログ更新情報"のような感じ。

しかし更新されたブログを読むにはクリックして別ウィンドウを開かねばならない。ブログ登録数が増えるにつれそれが苦になり、本文ごと読めるRSSリーダーに移行し今に至る。

ということできっかけは「更新管理がしたいから」でした。

■「更新管理」機能はGEEK、mixiユーザー問わず利用する。

Googleアラートしかり、mixiの友達最新日記しかり。これに異論はないと思う。

そこで「RSSリーダーはブログの更新情報が知れて便利!だからRSSリーダーを使おう!」となるのだが、それだけならMyblogListやはてなアンテナのような更新管理ツールでよいのではないか?もうちょい言うならメールで更新情報をお知らせするシステムがRSSやトラックバックみたいにブログに標準装備されていたらどうなっただろうか?。もしかしてRSSは普及せずメールで購読管理してたかもしれません。

ということで、「更新管理ができるからRSSリーダーが便利」という説は説得力が弱いのではないかと思えてきました。

■話が変わって「情報のリーチ効率」問題

メルマガが未だ現役なのは、情報のリーチ効率が高いから。ほとんどのメルマガは何かに特化しており自分の望んだ内容が配信される。

ではブログはどうか?例えば面白いブログを見つけたとする。そのブログを定期的にチェックしたいが自分が読みたいカテゴリの記事に混ざって日記的エントリーが入る。こういう時に「自分の読みたいカテゴリだけ読む機能」が提供されてない場合が多い。

※もちろんそういう機能は存在していて、例えばWordPressに実装されてるカテゴリ毎のRSS出力。あるいはナビゲーションでカテゴリに誘導する。カテゴリ毎のTOPページにパーマリンクをつけブックマークできるようにするなど(こんな感じ→pur*log)。

で、最初に戻るんだけど確かにRSSリーダーで更新管理はできる。けど、更新されたのは自分の読みたい記事じゃないかもしれない。よってRSSリーダーがいまいち普及しないのは、カテゴリ別RSS出力を提供しないブログ側に問題があると言える。

…というのは言い過ぎかもしれないが、カテゴリ別RSS出力が標準になればRSSリーダーの便利度ももっと上がるのになぁと思いました。さらに言うなら指定したカテゴリの記事だけ更新をメールで知らせてくれる機能が最強かなぁと。残念ながら読み手に多様な購読方法を提供するほど各種ブログランキングは低くなるのが今のブログスフィアだけど。

■結論

「指定したカテゴリの記事だけ更新をメールでお知らせする機能」が最強かもしれない。あとRSSに固執せず多様な購読手段を提供すべきだなぁと思いました。自戒を込めて。

RSSリーダーの使い方を同僚に紹介した。

RSSリーダー普及作戦の続き。先日社内でRSSリーダーの使い方についてプレゼンしてきたので、その手ごたえとか感想とか。■プレゼン環境プレ…

RSSリーダー普及作戦の続き。先日社内でRSSリーダーの使い方についてプレゼンしてきたので、その手ごたえとか感想とか。

■プレゼン環境

プレゼン相手は同じチームITエンジニア4名。エンタープライズ製品のエンジニアでWeb技術には疎いがXMLとかは知ってる。ブラウザはIE使ってるとかそんなレベル。

■アジェンダと概要

  1. RSSとRSSリーダーの紹介:RSSはXMLフォーマットにWebサイトの更新概要を乗せたもの。
  2. もしRSSリーダーがなかったら…:今まで数10サイトを"巡回"していたのがRSSリーダーを確認するだけで済む!
  3. 実際に使ってみよう!-IE7の場合-:IE7のフィードリーダーを画面ショット付きで紹介。
  4. さまざまなタイプのRSSリーダー(1):クライアント型、ティッカー型の紹介
  5. さまざまなタイプのRSSリーダー(2):アプリ組み込み型、Webサービス型の紹介
  6. RSSのビジネス利用:グループウェア製品でもRSS配信
  7. おまけ…使えるRSSを探そう:はてブやヤフオクのRSS紹介、なんでもRSS紹介。

■プレゼンした感想

一番手ごたえがあったのがIE7にもRSSリーダーが付いてるという点。反応が良かったのでプレゼンを中断してIE7でLivedoor天気予報のフィードを実際に登録してもらった。手元にあるアプリでできるよ~と紹介されるとやってみる気になるよね。Webサービス不慣れな人にとってはID登録だけでも一苦労だし、取りあえずの導入としてIE7を紹介するのはアリかもです。

その他は反応が薄かった。僕のプレゼンスキルの問題もあるけど、プレゼン対象の4人に普段から数10サイトを巡回するような人がいなかったのもあると思う。必要は発明の母ってことで、普段からWebサイトをたくさん巡回していて面倒くささを感じている人にとってRSSリーダーは有用だけど、そうじゃない人には不要だもの。

とはいえRSSリーダーを使い始めたらから巡回サイト(登録RSS)が増えたというのもある。僕も最初はSleipnirのRSSバーに自ブログのRSSと(今は懐かし)BlogPeopleとMyBlogListの3つを登録するだけだったが、内容が楽しみだからというより、楽にチェックできるから取りあえずRSS登録というスタイルに変化していった。

図にすると

/ RSSリーダー未使用 RSSリーダー使用
あまりWebサイト(RSS)見ない 1 2
たくさんWebサイト(RSS)見る 3 4

つまり2や3の人が4に成るのは簡単だが、1の人を2や3にするのは難しい。1→2は巡回するWebサイトの数が少ないのでRSSリーダーの必要性を感じず、1→3は巡回するのが大変だから。というか、2と3は通過点で"正しい形"は1か4なんですよ。技術に関心のあるアーリーアダプターなら1→2の壁を越えて4へ、ネットサーフィンが好きな人は1→3の壁を越えて4へ。どっちでもない一般人は1のまま。

では1の人にRSSリーダーを使い始めてもらうにはどうすればいいか?面白いRSSをこちらで用意してOPMLにしてやればよい。一気に4の状態に持っていってやればよい。いや、それ以前にRSSリーダーを勧める前に

  1. 世の中にはこんなに面白い(役に立つ)Webページがある
  2. けど全部巡回するのは大変だよね
  3. そこでRSSリーダー!

と持っていくのがいいかも。

■結論

  1. 初心者にはWeb型リーダーよりもIE7のフィードリーダーを勧めよう。
  2. RSSリーダー勧める時はその人に合ったRSSもセットで勧めよう。
  3. まずはネットサーフィンの楽しさを知ってもらうのもいいかも。

あ、そうそう。IE7にはOPML読み込み/書き出し機能は付いてません。あとRSSのURLを直接入力して登録する事もできません。ということでWeb型リーダーのID登録からOPMLインポートまで面倒を見るつもりならIE7でなくWeb型RSSリーダーを勧めるのがいいです。。

次はmixi友達にRSSリーダーを勧めてみる編です。多分半年後くらい。


■余談

今回プレゼンの一環でLDR以外の2,3のWeb型RSSリーダーを試したんだけど、gooRSSリーダーは初心者にお勧めだと思った。機能はともかく一番フレンドリーでYahooっぽい雰囲気。RSSランキング(livedoorと違って技術以外のRSSも豊富)があったりおすすめRSSを探してくれたり、Yahoo感覚のユーザーには使いやすいと思う。あとRSSに"アールエスエス"って振り仮名がついてる所とかw

ま、冗談抜きでmixiがミクシィと書かれるのと同じで、RSSがアールエスエスと書かれるときが本当の普及期なんだろうなぁと思った。

RSSリーダー普及作戦

以前のエントリでRSSリーダーはまだ普及するよと書いたので、それを実践すべくRSS普及作戦を展開する事にした。まずはドラマや芸能人関係のブ…

以前のエントリでRSSリーダーはまだ普及するよと書いたので、それを実践すべくRSS普及作戦を展開する事にした。まずはドラマや芸能人関係のブログを10個ほど巡回している会社の女の子。スペックは

  • XMLは知ってる。RSSも知っているがリーダーを使った事はない。
  • 自宅ではVAIOを使用。購入理由はデザイン。
  • けどVAIOが起動しなくなった時、KNOPPIXの起動ディスクからOS復旧してた。
  • ネットサービスのIDは自分の名前+生年月日程度のリテラシー。

こんな感じ。

■導入

昼休みに「とりあえずWeb型のRSSリーダーに登録してみなよー」といい、飯食って戻ってきたら「楽天IDがあったからInfoseek RSSリーダーに登録した」と言われ、そんなのあったのかと思いつつlivedoor Readerへの転向を薦める。LivedoorID作ってる時点で「Infoseekよりよさそうですね」とのこと。そのままRSSの登録作業に入る。

■購読

とりあえずいろいろRSSを登録したみたいなので、「ショートカットキー使うと便利だよ」とasjkpoの6種類のキーを教えるとすぐ使いこなしてた。さすがITエンジニア。他には人気のフィードや注目度ランキングが気に入った様子。ただ「ジャンルに偏りがあるから期待しない方がいい」とは言っておいた。

■共有設定

調子に乗って「自分の読んでるRSSを他の人に公開できるよ」と言ってみたら「それって意味あるんですか?」と返された。有効な返答ができず、公開設定は使ってくれなさそう。

■要望

「RSSをカテゴリ分けしたランキングがあればいいのに」と言っていた。確かに上位は技術・ネタ系ばっかりで彼女の求めるドラマ系RSSは探しにくい。あ、あとフィードを1000件以上登録している人を「キモい」と言ってました。俺200件だからセーフw

■ということで

まぁまぁ好評だったので、今度は課内向けにRSSリーダーのプレゼンをしようと考え中。プレゼン資料とかはまたUPします。

「RSSリーダー」を「ブログリーダー」にすればいいんじゃないかと思った。

「ブログリーダー」ってむちゃくちゃ分かり易いじゃん。そのまんま。■RSSリーダーの説明文とかlivedoor Reader – RSSリーダー「RSS」は、サイトの…

「ブログリーダー」ってむちゃくちゃ分かり易いじゃん。そのまんま。

■RSSリーダーの説明文とか

livedoor Reader – RSSリーダー

「RSS」は、サイト更新情報を簡潔にまとめて配信するためのフォーマットです。RSSに対応したサイトRSSリーダーに登録すると、 サイトが更新されたときだけ新着記事をお知らせしてくれるため、時間をかけずに効率のよい情報収集ができます。

こりゃだめだ。"サイト"とか初心者には意味不明。

■試しにブログリーダーの説明文を作ってみた。

ブログリーダーとはその名の通りお気に入りブログを簡単に巡回できるソフトです。友達のブログが更新されているか、毎日確認するのって大変ですよね?ブログリーダーなら友達や有名人のブログを登録するだけで、簡単に更新チェックができます。たくさんブログを読んでるあなたにぴったり!

※ブログ以外でも"RSS"に対応したサイト(例:Yahooニュース、○○天気予報)なら何でも登録できます。

"巡回"とか"更新"とかもっと簡単に表現できそうだけど、語彙力不足なので簡便。
「たくさんブログを~」は1,2個しかブログ読んでない人が使っても意味がない+ネガティブ感想を広められると困る+「たくさんブログを持っている」人への喚起。「10個以上ブログを読んでいるあなたには特にオススメ!」でもいいかな。

これでアメブロあがりがRSSリーダー作って、標準OPMLに芸能人ブログ突っ込んで、スイーツ層に宣伝すれば完璧。というか普及するか試してみて欲しい。


(2008/3/13 12:20追記)
RSSリーダーとしての機能はこんな感じで広めればいいかも。

ブログリーダーの裏技!

ブログの更新を簡単にチェックできるブログリーダーですが、ブログ以外も登録できるって知ってました?方法は…

(ここで画面ショット付きでlivedoorNewとか天気予報とかのRSSをブログリーダーに登録する方法)

これで最新のニュースや天気予報もブログリーダーでチェックできるね!

この文面を入れるなら、↑↑の「※ブログ以外でも"RSS"に対応したサイト(例:Yahooニュース、○○天気予報)なら何でも登録できます。」は削ったほうがいいかな。