SBIカード改悪でクレジットカード変更を考える。

そんなわけでSBIカードの還元率が1.2%→0.5%と大幅改悪されたので乗り換えを検討します。
SBIレギュラーカード 年会費・SBIカードポイントプログラム・ショッピング手数料率等改定のお知らせ|SBIカード – クレジットカード

現状のカード使用用途

  • カード払い:SBIカード
  • ETC:SBIカード
  • Suica:ViewSuicaカード
  • Edy:リクルートカード
  • nanaco:リクルートカード

重視したいのは還元率と安定性なので、前々から目をつけていたリクルートカードプラスにします。

リクルートカードプラスとは

年会費2000円だが還元率2%のカード。一応年会費2000円取るだけあって付帯保険なども充実している。nanacoチャージでもポイント還元2%が魅力的。しかし年間30万くらい使わないと年会費の元が取れないので、nanacoのためだけには選べませんでした。

リクルートカードプラスの還元方法

リクルートポイントで還元されます。リクルートポイントって何?というと楽天で言う楽天ポイントみたいなものだけど、使える所が少なく貯めても仕方ない…と思っていましたが。
今回SBIカードから乗り換えるにあたって調べた所、リクルートポイントがPontaポイントやDocomoポイントに等価交換でき、実質現金並みの価値が出てきたとのこと。Pontaポイントってのが大きい。ローソンで上手いこと使えば本当は100円の商品を50ポイントくらいで買えたりして。とにかくリクルートポイントの価値が高まったので乗り換えない理由はなくなりました。
「リクルートカードプラス」がPontaとの提携で高還元率+使い勝手がいいカードに大変身!JALマイルを貯めるにも非常に有力な選択肢に|[2015年]クレジットカードおすすめ最新ニュース|ザイ・オンライン

変更後のカード使用用途

  • カード払い:リクルートカードプラス
  • ETC:リクルートカードプラス
  • Suica:ViewSuicaカード
  • Edy:リクルートカード
  • nanaco:リクルートカードプラス

リクルートカードプラスの欠点としてEdyチャージでポイントがつかないこと。なので、現状のリクルートカードは持ったままリクルートカードプラスを持ちます。こういう2枚持ちは割と一般的みたい。

てことで現在の手持ちカード整理

  • リクルートカードプラス:このエントリの通り、新規申し込み
  • リクルートカード:Edyチャージのためだけに持つ。解約してもいいかも。
  • ENEOSカード:ロードサービスがタダでついてくるのでそれで
  • View ルミネカード:モバイルSuicaオートチャージ対応年会費無料で手放せない。溜まったポイントをルミネ商品券に変換して3%ポイント還元。

過去のカード

てことで大分すっきりしましたな。
参考エントリ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です