その場で買えるスキー場リフト早割券比較

この記事を書くまでの経緯

  • ゲレンデ行く回数が増え、早割を買うようになり(7,8年前)
  • 回数が増えたため池パスを買い、池の平の周り中心で滑っていたが(5,6年前)
  • 他のゲレンデも行きたいと思い池パス以外の早割も買い始めた(3,4年前)
  • 購入した早割を全て使い切ることは難しく、また早割に縛られてゲレンデを決めるのが嫌で、かぐらや野沢・八方といった確実に行くゲレンデの早割のみ購入し、あとは池パス&定価購入でこなしていました。(ここ1,2年)

環境の変化

近年のスマホ普及でスマホ用のリフト券クーポンや早割が充実してきました。特筆は滑る当日に買える早割の登場。よって早割を余らせるリスクがない(これを早割と言っていいのかどうか…)

今回比較するサイト

「駅探バリューDays」は月額324円の有料サイト。いろんなレジャー施設が割引きになり、その中にゲレンデも入っている。WINTERPLUSは通常の早割サイト。事前購入必要なので余るリスクはある。
この3つとゲレンデのリフ券定価を比較する。比較日付は2016年1月17日時点なので、それ以降は価格が違ったりそもそも売ってなかったりする可能性あり。なお比較するゲレンデは僕がよく行くゲレンデだけです。その他のゲレンデの価格はキミの目で確かめてくれ!(昭和風)
※ 追記
ついでに以前調べた池パス割引も表にしました。
池の平のシーズンパス価格が分かり辛くてキレそうだったので表にした

価格表

ゲレンデ 定価 WINTERPLUS 駅探バリュー スマリフ 池パス 備考
ニセコ・グランヒラフ 5200 3500
グランデコ 4700 3100
グランデコ(食事900円) 5600 4400
裏磐梯猫魔 4000 2200 3000
奥只見 4000 3000
神立 4500 3000 3200 2600 2000 ※1
GALA 4600 2700 3600 ※2
かぐら 4700 3250 4200
石打 4300 3200 3600 2500
妙高杉ノ原 4500 3100 3500
妙高杉ノ原(食事1000円) 5500 4600
池の平 4000 2500 2500 0
赤倉観光 4200 2500 3900 3200
斑尾 4500 3000 3500
斑尾(食事1000円) 5500 4600
川場 4500 3200 3800 3000
ほたか牧場 4200 2800 3000
宝台樹 4200 2800 3000
天神 3500 3000
高井富士 3900 3000 2500
竜王 4500 3000 2000
竜王(食事1000円) 5500 4600
鹿島槍 4000 2500 2000
さのさか 4000 2000 3500 2000
五竜&47 5000 3900 3900
八方 5000 3900
八方(食事1000円) 6000 5300
岩岳 4200 2900
岩岳(食事1000円) 5200 4900
栂池 4900 3500 4000
栂池(食事1000円) 5900 4200
コルチナ 3600 2300 2000

まとめ

これを見て、もう早割買わなくていいと思うかどうかは人次第である。個人的には池パスと親和性の高いゲレンデによく行くのでやはり池パス便利…と思いつつ、池の平に行かないのに池パス買うのもアホらしいので駅探バリューでなんとかしてもいいかなぁと思いました。
ここに書いた以外にゲレンデ独自の割引などあるので一概にこの価格でFixにはならないが、それは各自で調べてください(奥只見の現地行かないと買えない割引きとか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です