リモートワークを語るなら、前提を教えてほしい

この記事が気になりました。

米IT企業も否定的だった在宅勤務をポストコロナでも続けられるか|ショーンKY|note

私は リモートワークの方が楽だが、週1,2回は顔を合わせてコミュニケーションを取った方がよい 派です。2018年からリモートワークが可能な環境におり、週に1,2日のリモートワークは自分の時間が取れて集中できるので効率的だが、昨今の長期のリモートワーク環境下では同僚との会話が減ってコミュニケーションスピードや創造性が減ったような気がします。

そして「会社でたまたますれ違った時の雑談」はリモートではどうやっても再現できず、コミュニケーションの幅が狭まり、組織のシナジーが薄れていくと考えています。

…という内容が仮にバズると

  • 俺の会社は完全リモートでうまく回っている
  • こっちはリモートワークできない環境なのの文句言うな

など、あらゆる方面からの意見が来ると思います。これはありがたいのですが…

  • 「俺の会社は完全リモートでうまく回っている」
  • 「へー、どういう仕事内容なのですか?」
  • 「ソフトウェア開発業務。全てはチケット上で管理され、内容に従って開発する」

→そりゃリモートできるよね

  • 「こっちはリモートワークできないのに文句言うな」
  • 「へー、どういう仕事内容なのですか?」
  • 「調剤薬局勤務。来店される患者さんに対して、お薬を調合する」

→そりゃリモート出来ないよね

  • 「こっちはリモートワークできないのに文句言うな」
  • 「へー、どういう仕事内容なのですか?」
  • 「仕事内容はソフトウェア開発業務だけど、2歳と5歳の子供がいるマンションでとても働ける環境じゃない」

→そりゃリモート出来ないよね

と議論に入る前に前提を揃えないと疲れるだけだな、と思いました。てことで、これからリモートワークの話をする時は、以下の内容は知りたいと思いました。

業種・業態

ソフトウェア開発を生業としているならリモートワークしやすそうですし、スーパー勤務や建設業ならリモートワークしづらいと思います。

職種・業務内容

例えば調剤薬局勤務でも、業務が広報であればリモート出来ると思いますし、ソフトウェア開発業でも総務部でペーパーレス化されてないならリモートの苦労はあると思います。

会社での立場

雇用者側であれば(言葉悪いですが)上から指示されたことをやるのが基本で、意思伝達経路が明確であればリモートでも問題が生じないケースが多そうですが、経営者に近く、新たなアイディアを創造しないといけない場合、アイディアの壁打ち・ディスカッションはリモートではやりづらいのではないかと思います。

在宅勤務環境

在宅勤務用の机・モニター・椅子・ネット回線が整っているか否か。

家庭環境

在宅勤務環境が整っていても、小さいお子さんが家にいて割り込みされると厳しいですね。

表にまとめてみました。

テキスト化するとこちら。

(1行目の"-"はダミーなので気にしないでください。)

在宅勤務環境 整っている 整っていない
家庭環境 邪魔が入らない 邪魔が入る 邪魔が入らない 邪魔が入る
業種・業態 職種・業務内容 会社での立場
リモートが容易 リモートが容易 存在しない仕事を作り出す
指示されたことを遂行する
リモートは難しい 存在しない仕事を作り出す
指示されたことを遂行する
リモートは難しい リモートが容易 存在しない仕事を作り出す
指示されたことを遂行する
リモートは難しい 存在しない仕事を作り出す
指示されたことを遂行する

なお、私のポジションはここです。

在宅勤務環境 整っている 整っていない
家庭環境 邪魔が入らない 邪魔が入る 邪魔が入らない 邪魔が入る
業種・業態 職種・業務内容 会社での立場
リモートが容易 リモートが容易 存在しない仕事を作り出す
指示されたことを遂行する
リモートは難しい 存在しない仕事を作り出す
指示されたことを遂行する
リモートは難しい リモートが容易 存在しない仕事を作り出す
指示されたことを遂行する
リモートは難しい 存在しない仕事を作り出す
指示されたことを遂行する

自分で"存在しない仕事を作り出す"って偉そうすぎますが、ニュアンスだけ伝わってくれれば…。表現変えた方がいいかな…。