iPhoneのプレイリスト自動作成アプリ「Groove」が神過ぎて泣く

購入/レンタルしたCDを取り合えずmp3にしてiPhone(iPod)に転送するけど、旬を過ぎたら再生しなくなって埋もれちゃいますよね…。という人のためのアプリがGrooveです。
昔の曲が埋もれるのが嫌で、itunesで**「半年以上再生していない、かつ累計5回以上再生した曲」**とかでスマートプレイリスト作っていたのですが、昔の曲は掘り出せてもジャンルはばらばら。かといって細かく条件付け過ぎると同じような曲ばっかりでつまらない。
その点Grooveの何が凄いかっていうと、まるでラジオのDJが曲選んでくれるみたいに多種なアーティストから、けど同じテイストの曲を選んで再生してくれる。操作も簡単で、軸となるアーティストを指定するとそのアーティスト+同ジャンルっぽいアーティストを合わせてプレイリストを作ってくれます。
で、びっくりしたのはVOCALOID(初音ミク)とかの曲も拾ってプレイリストに含んでくれるとこなんですよ!しかもCDからリッピングしたものじゃなく、project DIVA 2ndってソフトの練習用にニコ動からダウンロードしてmp3にしたもので、mp3タグもアーティスト「diva」アルバム「diva」ジャンル「diva」。普段からたくさん再生してたけど、mp3タグから他のアーティストとの関連なんて自動判別できるわけがないんです。
で、不思議に思っていろいろ調べたらこんな表記が。
IMG_0495
ああ、Last.fmなら完璧じゃんと。
Last.fm – インターネットラジオと世界最大オンライン・ミュージック・カタログでを楽しもう
ユーザーの再生している曲情報を集計しデータベース化しているWebサービス。mp3タグに加えて**曲名自体を集計している**ので一番確実な生データがLast.fmにはある。つーか実際に聞いている曲がどんどん送信されてるってことは**この曲を聴いている人はこんな曲も聴いてますリスト**がそのまま手に入るわけ。こりゃ選曲もいいし漏れもないわ。
仕組みが分からなくて気持ち悪かったけど、バックでLast.fmが支えてたとあって納得。iPhoneに曲がありすぎて全部聴けない!って人にはまぢお勧めなアプリです。

iPhone 3GSをiOS4にアップデートしたメモ

不具合も少なく動作も速いらしいのでiOS4にしてみました。アップデートにかかった時間は2時間。特に問題もなく終了。
### 感想
最初「壁紙が表示されただけであんまり変わらん…」とか思ってたけど、その他にもいろいろ進化しているようで一通り操作しました。
* [マルチタスクや文字入力の使い勝手は?:「iOS 4」アップデート開始――進化したポイントを速攻チェック (1/2) – ITmedia +D モバイル](http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1006/22/news051.html)
* [VIPPERな俺 : iOS4にして良かった点](http://blog.livedoor.jp/news23vip/archives/2769359.html)
嬉しいのは連文節変換がサポートされたのとユーザー辞書登録が可能になったこと。より普通の携帯に近づいたと思います。あとカメラの動作が素早くなったののも嬉しいかな。iPodでプレイリストがいじれるようになったのも助かります。「この曲プレイリストに追加/削除しよ」と思っても家に帰ったら忘れてるもんなー。
期待してただけに**マルチタスクは微妙。**これってソフトを完全終了させず状態をキャッシュしてるだけでしょう。俺が期待したのはソフトを終了させてもバックグラウンドで動作し続けるような動き。例えばSafariで重いページを開いて他のアプリに切り替え、しばらくたってSafariに戻ったらそのページが開いてる、とか。SafariでGPSロガーを起動しつつ裏でアプリを操作した時にGPSロガーの動作が止まってしまうのが不満で、解消を期待してただけに残念です。マルチタスクだけならガラケーの方が勝ってるよ!
まぁ前のエントリで危惧してた「3GSじゃもっさりするくらいiOS4が重かったらどうしよう」ってのがなかっただけでも良かったかな。


思ったのは**カメラのデジタルズームとかフォルダ作成機能とか調べないと気づかないでしょ**ってこと。普通に使っててその操作方法にたどり着かない。現にうちの職場のiPhoneユーザーは壁紙変わったことくらいしか気づいてないし、まぁこれからもiOS4の新機能に気づかず生きていくんだろうなぁと。
携帯の分厚い説明書みたいなの渡されても困るけど、Appleから何の説明もないからなー。起動するたびに「お気づきでしたか?」とか新機能をサジェストするのは、Apple的にはスマートじゃないんだろうなー。ただ機能ってのは必要としなければ不要なわけで、必要と思ったときに調べて見つかるならそれでもいいかな。

iPhone 4の料金の話とiPhone3GSから機種変するかどうかについて

iPhone 4の料金プランが発表されました。
[iPhone 4 料金プラン|iPhone 4|ソフトバンクモバイル](http://mb.softbank.jp/mb/iphone/iphone4/price_plan.html)
注目すべきはiPhoneの本体料金が下がったこと
|-|16GB|32GB|
|iPhone 3GS|57,600円|69,120円|
|iPhone 4|46,080円|57,600円|
|価格差|-11520円|-11520円|
3GSの時と比べて、一括で買う場合は-11520円、分割で買う場合は月々480円(11520円/24ヶ月)安くなっています。iPhone4の16GBなら既存ケータイのフラグシップモデルとほぼ変わらない価格となりました。嬉しいことですね。
以下、[以前のiPhoneの料金考察エントリ](http://prius.cc/d/20090922_iphone_price.html)に書いたように本体を一括払いする前提(※)として料金を考えていきます。
※ 最終的に払う金額が変わらないこと。一括払いすると家電量販店のポイント(やクレジットカードのポイント)がつくこと。一括払いを想定したほうが料金プランを議論するときにシンプルなこと。
### 2つの料金プランについて
iPhone4には**「バリュープログラム(i)」**と**「標準プライスプラン」**の2つのプランがあります。何が違うねん!というと、**パケット定額料金と月々割の料金設定が違います。**
|-|バリュープログラム(i)|標準プライス|
|パケット定額料金|4410円|1029円~5985円|
|月々割|-1920円|-1440円|
標準プライスプランのパケット定額料金には[パケットし放題 for スマートフォン](http://mb.softbank.jp/mb/iphone/price_plan/packet_smart/)プランが適用されます。パケットし放題 for スマートフォンはいわゆるダブル定額で、ソフトバンク回線を使わなかったときにパケット定額の価格が1029円に抑えられます。イーモバイルのPocketWifiなどのモバイルルータとiPhoneを無線LANで接続して使用する人はこちらのプランですがいいでしょう。しかし72500パケット≒**約8MB使うだけで上限の5985円に達します。**
それ以外で標準プライスのメリットはなく、普通の人はバリュープログラムを選んでおけば間違いありません。月々割もバリュープログラムの方が大きいですし、**ソフトバンクの回線を使わない人からは高く取る**、ということですね。
ちなみにiPhone4を一括払いで購入した場合の月々の料金は…
|-|バリュープログラム(i)|標準プライス(下限)|標準プライス(上限)|
|パケットし放題|*4410円*|*1029円*|*5985円*|
|S!ベーシックパック(i)|315円|315円|315円|
|月々割|*-1920円*|*-1440円*|*-1440円*|
|ホワイトプラン(i)|980円|980円|980円|
|合計|**3785円**|**884円**|**5840円**|
となります。これに初期費用の57600円(32GB)or46080円(16GB)が加算される感じです。
### 他社携帯からiPhoneに乗り換えるときの考え方
[前のエントリ](http://prius.cc/d/20090922_iphone_price.html)でも書いたのですが、**iPhone本体さえ買っちゃえば、月々の携帯料金はさほど変わらない…どころか月々割りの分iPhoneに乗り換えたほうが安いです**。とはいえ、iPhone本体がかなり高いので2年トータルで見ると同じくらいですが、それでも同じくらい。
以下の想定で比較します。
* 1分あたりの通話料金は各社同レベルのプランであればほぼ同じなので、プランだけ合わせて通話時間は0分で計算
* 携帯/iPhoneでは通信しまくると想定して、他社携帯でもパケット定額の上限まで使用しているとして計算
auの場合、ソフトバンクのホワイトプランに相当するauのシンプルコースのプランSSシンプル(980円、無料通話1000円)にパケット定額(4410円)をつけ、ezweb代315円をつけ、合計5705円(無料通話1000円)。
|-|au価格(docomoも同じ)|
|パケット定額|4410円|
|ezweb|315円|
|プランSSシンプル|980円(無料通話1000円)|
|合計|5705円(無料通話1000円)|
プラン名は違いますがdocomoも同じ感じ。
これをiPhoneのバリュープログラム(i)と比較すると無料通話の1000円を差し引いて5705円-1000円=4705円としても、バリュープログラム(i)の3785円が勝っています。つまりこんな感じ。
|-|バリュープログラム(i)|他社携帯|
|月額使用料金|3785円|4705円|
|端末価格|46080円(16GB)|?|
月額使用料金差は4705円-3785円=920円。24ヶ月だと920×24=22080円となるので、他社携帯の価格が2万円代前半なら同じくらい、といったところかな。
ということで、**他社携帯からiPhoneに乗り換えるのに料金面での障害はほぼないよ**、ということでした。一気に乗り換えるんじゃなく、[前のエントリ](http://prius.cc/d/20090922_iphone_price.html)で書いたように他社携帯を最低プランで維持しつつiPhoneに乗り換えるのもおすすめ。パケ定・ezwebを解除するとシンプルSSの980円で1000円分の無料通話がついてくるから、メールやWebはiPhone、電話だけ他社携帯とすると実質0円で他社携帯維持できるんですよね。僕はほぼこのやり方です。
### 3GSから4に乗り換えるかどうか
既に3GSを持ってる人が4に乗り換えるべきかどうか。お金がかかる当然なので、ここでは機能面を議論します。
[iPhone 4 対 iPhone 3GS 詳細比較チャート](http://japanese.engadget.com/2010/06/07/iphone-4-iphone-3gs/)
結論から言うと、iPhone3GSからiPhone4に乗り換える必要はないと思います。てことで僕はもう1年3GSを使います。その理由としては、マルチタスクやBluetooth周辺機器など欲しかった機能が、3GSにも無料配布されるiOS4でほとんど実現できているからです。iPhone4のハードウェアを見ていくと
* プロセッサ性能の向上→3GSでちょっと不満はあるが、問題ない
* ディスプレイ→今以上に細かい文字は読めない
* カメラ→カメラ性能が良くなったのは嬉しいが、ガラケーの変態スペックには敵わない
* ビデオ・マイク→カメラもそうだけど、iPhoneや携帯に「画質」は求めてない
* バッテリー→2時間伸びたのはいいですね
まだ実物を見てないですが実は**一番違いを感じるのはディスプレイじゃないかと思います。**おそらく実物は思った以上に綺麗。これに慣れちゃうと3GSの画面は汚くて見れないかも。ただ使用感に変わりはないので買い換える動機にはならないと思います。
…まースペックなんか気にせず「最新機種」って理由だけで乗り換えるのもありですし、何にお金を使うかは人それぞれですし。
### おまけ:次のiPhoneに求めること
iPhone4に乗り換え決めてる人の中には「ネガティブな事言いやがって!おめーどーやったら新型iPhone買うんだよ!」とお怒りになる方もいらっしゃるかもしれないので、こんな機能が搭載されれば乗り換える!というのをリストにしてみました。
* Felica(おさいふケータイ)→無理だな
* ワンセグ→無理だ
* 防水機能→ないな
* USB機器接続できるようになる→ないよねー。けど無線USBなら…。
* FMチューナー:噂では本体に既に内蔵されてるとの事ですが…。
なんか既存携帯でフォローしている機能とパソコン的な機能を期待しちゃいますね。将来的に無線USBモジュール積んで、全てのUSBの使用が可能!DVDも再生できる!とかだったら夢が広がります。
現実的には、iPhone4と3GSの間でできること・できないことの差が広がれば乗り換えたいと思います。例えば
* iOS4のマルチタスクの実装がアホで3GSではもっさり感漂う
* CPUの高速化でUst配信ソフトで高画質エンコード配信が可能。ただし3GSでは不可
* iPhone4にしか搭載されていない3軸ジャイロスコープ使った、超面白いソフトがリリースされる
など。今は「iPhone4でしかできないこと」が少ないので乗り換える動機にはならないです。

「Ustream Live Broadcaster」の無線LANと3Gの画質差。

### 今までの話
iPhoneのUstアプリでは無線LANに接続した時の方が高画質で配信できる。とはいえ、屋外で無線LAN環境を用意するにはデータ通信サービスを契約した上で、PHS300を購入しなければいけない。このエントリでは画質とコストを天秤にかけて購入の是非を考えます。
### docomo回線を契約する前に。
iPhoneのUstアプリ側のビットレート制限があるかどうか調べないと意味ないなぁと思った。docomo端末の上りビットレートの最大が384kbps。もしUstアプリが最大100kbpsでしか配信できない、とかなら速度の遅いauのデータ定額でもいわけで。てことで自分がUPした動画をダウンロードして調べてみました。
“「Ustream Live Broadcaster」の無線LANと3Gの画質差。” の続きを読む

docomoのデータ通信とWILLCOM 3Gの料金差を計算したら、b-mobileに落ちついた

何を言ってるか(ry
とりあえず順番を追って説明します。iPhoneのUstアプリが面白かったので、docomoのデータ通信端末の契約を考えました。なぜならiPhoneのUstアプリは無線LANで接続すれば画質が上がるから。(※)
[「Ustream Live Broadcaster」の無線LANと3Gの画質差。](http://prius.cc/d/20091215_iphone_ust3.html)
PHS300を使えばdocomo回線が無線LANアクセスポイントになりそこからiPhoneで接続できます。ソフトバンクと違って田舎でも繋がるしね!
※ これちょっと間違い。確かに無線LAN接続すればiPhone側のビットレート制限は解除されますが、無線LANで使用する回線がdocomoの場合上り384kbpsしか速度が出ないので300kbpsのソフトバンク3Gとあまり差がありません。…もちろんエリア面ではdocomoですが。
### WILLCOM 3Gについて
WILLCOM 3GとはWILLCOMが提供している**docomoの通信網を利用した**データ通信サービス。回線品質はdocomoと同じで違うのは値段だけ。しかも解約手数料は0円!ちなみにdocomoの解約手数料は40000円…。僕は飽きっぽいので2年間使い続ける自信がなく「契約するならWILLCOMだなー」と思っていたのですが…。実は**docomoでもWILLCOMでも使用料に大差がないことが分かりました。**
### 前提条件
まず後々の説明を簡略化するためにWILLCOMは**途中解約しても2年間継続でも料金は同じ**事を説明します。以下、WILLCOM 3G用端末は[HX003ZT](http://www.willcom-inc.com/ja/lineup/hx/003zt/index.html)で、一括払い22680円・分割払いは945円×24ヶ月であることを前提とします。月額費用は全く通信しなかった時の最低料金として計算。
・パターン1.端末を一括購入。
初期費用が22680円。月額費用は0円。いつ解約しても費用は22680円。
・パターン2.端末を分割購入。2年間使い切り。
初期費用は0円。月額費用は945円。2年間で945円×24=22680円
・パターン3.端末を分割購入。途中解約。
初期費用は0円。月額費用は945円。例えば1年で解約したとすると、945円×12=11340円。しかし**HX003ZTの月賦残りが11340円分あるのでこれを払わなければいけない。**11340円+11340円=22680円。
以上、途中解約しても2年契約と払う金額は同じ。むしろ解約⇒気が変わってもう一度使いたい、となると再契約費用が必要となるので**途中解約するメリットはない。**ちなみにパターン1と2,3を比較すれば分かるとおり、端末を一括購入しても分割購入しても払う金額は同じ。
ここからのWILLCOMのケースは
1. 端末は最初に一括購入
2. 2年間使い切り
とします。
docomoもこの条件で比較します。なぜなら端末の初期費用は0円で分割もクソもない。解約手数料がバカ高いので途中解約が損なことは明らか。2年間使い切りの前提です。
### 料金比較
まず基本的な料金設定を比較します。
|*キャリア*|*初期費用*|*料金設定*|*プロバイダ料金*|*端末一括購入に伴う割引*|*解約費用*|
|WILLCOM|22680|0~6000|945|-945|0|
|docomo|0|1000~5980|420|0|莫大|
※ docomoのプロバイダはIIJmio(月額420円)を想定。
※ WILLCOMのプロバイダはPRIN固定で**解約不可。**つまり945円/月は必ず発生する。
これを分かりやすくすると…。
|*キャリア*|*初期費用*|*維持費用*|*月額費用*|
|WILLCOM|22680|0|6000|
|docomo|0|1000|6400|
※ プロバイダ料金、端末一括購入に伴う割引を合算
ここまではいいでしょうか?WILLCOMは最初に22680円かかる代わりに最低料金は0円。一方、docomoは初期費用は0円だが使わない月でも1000円取られてしまう…。けど考え方を変えればこういう表にできちゃいます。
|*キャリア*|*初期費用*|*維持費用*|*月額費用*|
|WILLCOM|22680|0|6000|
|docomo|24000|0|5400|
docomoで初期費用を24000円と仮定すると、月々1000円の割引になり、維持費用が0円・月額費用が5400円と考えることが出来る。WILLCOMと条件を並べるために、24か月分の月額費用1000円分を契約時に払ったという想定です。途中解約はしない前提なので、こういう仮定が可能になります。
### WILLCOM VS docomoの料金比較
MAXまで使用した月をxとすると
* WILLCOM使用料金:22680+6000x
* docomo使用料金:24000+5400x
となります。計算すると分かりますが**使った月が3ヶ月以上なら、WILLCOMよりdocomoの方が特になる。**
ちょっと数字のトリックっぽいので最初から計算します。3ヶ月使って残り21ヶ月を寝かせた場合、WILLCOMOなら初期費用22680円+月額費用6000円×3となり、合計40680円です。一方docomoは、初期費用0円+月額費用が(5980円+420円)×3で19200円。残り21ヶ月寝かせると1000円×21ヶ月=21000円。19200円+21000円=40200円で**WILLCOMより安くなります。**
### まとめ
このエントリを書く前は「途中で解約する可能性があるならWILLCOM!解約料金0円だから途中解約しやすい」と思っていました。しかし実際に計算してみると**端末費用の差が思ったより大きく**、3ヶ月以上使うとdocomoの方が特となりました。
もちろんdocomoは使用できないプロトコルもあるけれど、VPNやFTPなど主要なプロトコルはほとんどサポート。
[「定額データプラン」でご利用可能な通信の詳細 | サービス・機能 | NTTドコモ](http://www.nttdocomo.co.jp/service/data/foma/flat_rate/function/detail/ “「定額データプラン」でご利用可能な通信の詳細 | サービス・機能 | NTTドコモ”)
むしろWILLCOMの方があまり速度出ないという噂も聞くし、それ以前に**会社がヤバい**とかリスクは高そうに思えます。
ということで、仮にデータ定額を契約するならdocomoになると思います。


で、ここまでのエントリ全部ひっくり返すんですけど**docomoでもWILLCOMでもなくb-mobileのDoccicaってサービスがベストだな、と上の文章書いた後で気づきました。**すいません。
[日本通信オンラインショップ「bマーケット」 ドッチーカ 新発売](http://www.bmobile.ne.jp/market/doccica_lineup.php “日本通信オンラインショップ「bマーケット」 ドッチーカ 新発売”)
というのは僕の用途は屋外からのUst中継。おそらく週に1回程度の短時間。それなら**プリペイドカードがベスト**…ということは分かっていたのですが、僕が知っていたのはイーモバイルのEMチャージだけで、イーモバは田舎では繋がらないから選択肢外だったのです。
けど実はb-mobileもプリペイド式の通信カードを出していて、しかも**docomoのMVMO!**通信速度も上りの方が早いくらいでUst配信にぴったり。
[「Doccica」ロードテスト:第2回 通信速度はそこそこだが、使えるエリアが“広くて深い” – ITmedia +D モバイル](http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0904/30/news070.html “「Doccica」ロードテスト:第2回 通信速度はそこそこだが、使えるエリアが“広くて深い” – ITmedia +D モバイル”)
PHS300でも使えるらしいし。
[価格.com – 『PHS300で使えました。touchに最高の環境です』 日本通信 b-mobile Doccica BM-DC1-500M のクチコミ掲示板](http://bbs.kakaku.com/bbs/K0000032992/SortID=9659370/ “価格.com – 『PHS300で使えました。touchに最高の環境です』 日本通信 b-mobile Doccica BM-DC1-500M のクチコミ掲示板”)
こりゃb-mobileに決定かなー。ちなみに初期費用は15000円で500分使える。その後のチャージは1分10円。ちょい高い!と思うならb-mobile 3Gを使えばいい。これは90000分/40000円で1分約2円。有効期限も480日で完全にイーモバやdocomoの代替になる。俺は最初お試しでDoccicaにしようと思うけど、500分なんてすぐ使い切りそうだしどんどんチャージするようならb-mobile 3Gの方がいいのかな…。
とりあえずヤフオクで安い端末ないか調べてみることにします。「とりあえず買う!ダメだったら売却!」作戦をやりたいかなー。

iPhoneを使って屋外でライブ配信するのに必要なもの

先日リリースされたiPhoneアプリ「Ustream Live Broadcaster」を使って、カムイ竜ヶ崎の様子をライブ中継してみました。
“iPhoneを使って屋外でライブ配信するのに必要なもの” の続きを読む

iPhone3GSを買った+超活用してる件

1ヶ月前に[iPhoneの料金計算](http://prius.cc/d/20090922_iphone_price.html)したけど**その直後にiPhone買っちゃいましたvv** いや、当初は来年7月まで待つつもりだったけど、シルバーウィーク開けに会社から**iPhone買ったら月々の使用料から3500円引くよー!**という超割引が発表されたので速攻契約しました。2年間で84000円の得…。ありえん。
というかですね。iPhone 3GS 16GBの月額料金は3380円だから、仮に全く通信せずMP3プレイヤーとして使えばタダでiPhoneが手に入る。ほんとソフトバンク大丈夫か…と心配するわ。
### iPhoneのいい所
[ZEN X-fi 32GBの代替としてiPod touch 32GBを検討する。](http://prius.cc/d/20090919_zen_ipodtouch.html “ZEN X-fi 32GBの代替としてiPod touch 32GBを検討する。”)で書いたとおり、使い勝手悪くてもMP3プレイヤーにはなるだろう…と思って購入しました。が、
iPhoneすげー面白い。買ってよかった。
僕は元々Apple嫌いでネット上でApple製品が褒められてても全然信用してなかった。けど**iPhoneの評判だけは本物だった。**
断っておくと、今までのケータイに比べてできることが増えた、というわけじゃない。ケータイだってGPSはあるしPCサイトも専用のブラウザで見れる。iPhoneのいい所は機能が多いことではなく、ケータイと同じことがケータイに比べて**超絶快適にできる**こと。例えるなら、14型のブラウン管でもテレビは見れるけど、50型の液晶テレビの方がリッチな体験ができるってこと。
だからiPhoneのいい所を文字で説明するのは難しい。とにかく店頭で触るとか、友達に触らせてもらうとか実際に自分で使ってみるしかないと思う。つーかソフトバンクも**「iPhone1ヶ月使って気に入らなかったら返品キャンペーン」**とか打つべき。ただでさえ保有効果で返品率の少ないこの種のキャンペーン、使って良さの分かるiPhoneなら大成功すると思うけどなぁ。
### iPhoneアプリについて
ここまでベタ褒めすると**Appleを褒めてるようでムカつく**ので言っておくと、iPhoneが面白いのは全てiPhoneアプリのおかげである。例えるならiPhoneアプリのないiPhoneは、MS製ソフトしかないWindows。Microsoftは好きじゃなくてもWindowsは使うでしょ。それはWindows上で動くソフトを使いたいから。iPhoneで動くtwitter専用クライアントがなければ「iPhoneはSafari経由でしかtwitter見れなくて超不便><」だが、iPhoneアプリのおかげで「iPhoneとtwitterはめちゃ親和性高いよ!」となる。
とはいえ、なぜこんなにiPhoneアプリが充実したかというと、**iPhoneを作ったのがAppleだったから**。Appleの知名度・求心力があったから、ユーザーが集まりアプリを作りiPhoneを使いやすいものにしていった。仮に他社がiPhoneと全く同じ製品をiPhoneより早くリリースしていても普及しなかったかもしれない。
今やiPhoneは、Windowsと同じく**自分がほしいと思ったアプリは誰かが開発している**段階まできている。AndroidやWindowsMobileの事は知らないが、「取りあえずiPhone買っとけば大丈夫」と認知された後にひっくり返すのは厳しいだろう。
※これはWindowsの寡占状態と同じ。WindowsとMac/Ubuntuを比べたとき、例え同じ事ができたとしても人に聞いて答えてくれる/Webにノウハウが溢れているWindowsが選ばれてしまう。
と、ここまで書いてきて「iPhoneアプリってお金かかるんじゃないの?」と思うかもしれないけど、僕が買ったアプリの中で有料なのはナビアプリ(900円)、写真加工アプリ(115円)の2つだけ。他の40個は全部無料。ナビアプリにしても、auのEZナビウォーク(月額315円)3ヶ月分と考えれば全然安い。最初は高いと思うけど、買い切りなので結局月額課金アプリより安いのだ。
お勧めアプリ/サービスについては、また別エントリで紹介するつもりです。


### iPhoneの悪いところ
#### 文字入力
懸念した通り、**文字入力はし辛い。**いや、フリック入力はかなり使いやすいけど**変換と文字種切り替えがダメダメ**。
まず変換。下の画像は「へんかんともじしゅきりかえがだめだめ」を変換しようとしたところだけど、文節を認識しないので全然変換できない。
IMG_0043
iPhoneでは「へんかんと」「もじしゅ」「きりかえが」「だめだめ」と自分で分割して入力しないといけない。ケータイなら自動的に文節認識して変換してくれる。その他、基本的に**日本語がダメ**ですね><
次に文字種切り替え。普通のケータイなら「ひらがな⇔アルファベット」「ひらがな⇔絵文字」など1タッチで切り替えできるけど、iPhoneは「ひらがな→アルファベット→記号→絵文字…」と一方通行。これが異常にめんどくさい。アルファベットと記号しか使わない英語文化圏の人ならいいんだけど…。その点、国内メーカーのケータイは日本に特化しているだけあって圧倒的に考えられている。
他にも十字キーがないからカーソル移動し辛いとか、コピペの範囲指定がし辛いとかとにかく使いにくい。ケータイで小説書くのはできるけど、iPhoneで小説は難しいと思う。
#### ながら操作ができない。
地味にストレス。例えば通話終了した時に、画面を見ながら通話終了ボタンを押さないといけない。例えば、メール送信する時に画面を見ながら送信ボタンを押さないといけない。ケータイならボタンが手触りで分かるから、ポケットにケータイをしまいつつ通話終了ボタンを押すことができる。iPhoneでも位置を覚えればできるかもしれないけど、**そのボタンを触った確証が得られない**から結局画面を見てしまう。
ソフトウェアキーボードは自由度が高いけど、ハードウェアキーボードに比べて感覚的に伝わらない。何をするにも画面を見ないといけない、というのは買ってから気づく欠点。指先の感覚は偉大だなぁと思ってしまう。
#### Felica
分かってた事だけどFelicaは便利だよー。
以上!もうiPhoneは手放したくないけどiPhone一本に絞るのは厳しい。となるとお金のかかる2台持ちか…と思ってた矢先、auが**「どうぞ他社と2台持ちしてください」**とばかりにガンガンメールを発表したのでプラン変更して最強布陣完成。iPhoneしか持ってない人も+1000円で快適生活だから契約しちゃうといいよ!


ここからはメモ的に。
#### Safari
めちゃ見やすい。スマートフォンでWeb閲覧というと、シグマリオンやW-ZERO3で苦労した経験しか思い出せないけど、Safariはめちゃくちゃ操作しやすい。iPhone買って一番感動したのがこれ。
#### バッテリー
減りは早いけど今のところ気にならない。使いまくれば4時間くらいしかもたなさそうだけど、そんなに使う機会ないしねー。強いて言うなら休日で1日外出するときくらいかな?後はiPhoneでPSPやDS並みにゲームする人とか。何もせずに放置する分には全然減りません。
#### マルチタスクができない
アプリ動作中に別のアプリに切り替えると、元のアプリはまた1から操作しないといけない。これは結構痛い。つーかマルチタスクとかケータイでもできるし!乗り換え検索入力中にiPhone操作しようとするとまた1から検索しなおしとか…。めんどくさい。

他社から機種変するときのiPhone料金まとめ、というか考え方(2010年5月20日時点)

(2010/6/15追記) iPhone4の価格が発表されたのでエントリ書きました。
* [iPhone 4の料金の話とiPhone3GSから機種変するかどうかについて](http://prius.cc/d/20100615_iphone4_price.html)
本体価格が変わっただけで、本体を一括で支払った後の月額料金は変わりません。本体価格が下がったおかげで、より購入しやすくなりました。


[前エントリの料金計算](http://prius.cc/d/au2iphone-or-emonster.html)が自分用になりすぎたので別エントリ。
### いきなり結論
価格的なネックはiPhone本体の購入料金のみ。月々の基本使用料は他社ケータイと比べて1000円高い程度。
以下、iPhoneは分割購入でも一括購入でも最終的な価格は変わらないので、シンプルに考えるため契約時に一括で払うものとし、同じく契約時に端末代金を一括で払うdocomoのバリュープラン・auのシンプルコースと比較する。
#### 端末料金について
iPhoneの料金は
* 3GS 32GB 69,120円
* 3GS 16GB 57,600円
* 3G 16GB 36,480円
* 3G 8GB 30,720円
これをdocomoとauで比較すると…
* docomo新規の場合:[モバイルプラザテルミー~今ドコモに新規加入するならこの機種がお勧め!!](http://www.tellme-plaza.com/A-2.htm)
* docomo機種変更の場合:[モバイルプラザテルミー~FOMA⇒FOMA機種変更(買い増し)お買い得ベスト10](http://www.tellme-plaza.com/A-5b.htm)
* au新規の場合:[携帯電話激安販売専門店~レクサスプランニング~au新規](http://www.keitai-center.com/au/new/kanto/index.html)
* au機種変更の場合[携帯電話激安販売専門店~レクサスプランニング~au機種変](http://www.keitai-center.com/au/change/all/index.html)
新規は0円~1万円、機種変更でも1万円~4,5万円で買えちゃう。これは国内ケータイのライフサイクルが短いからであり、旧機種(といっても半年前)を狙えば簡単に安い端末が手に入る。超高性能なスマートフォンであるiPhoneと国内ケータイを比較するのはフェアじゃないとも言えるが、**今までの携帯端末と比べて高い**のは事実である。
注目すべきは昨年出たiPhone 3Gの価格が3万円台に値下がりしている事。来年新しいiPhoneが出れば旧モデルである3GSは69,120円が36,480円に値下がりするかもしれない…。ということで次のiPhoneが出てから、今の3GSを安く買うという手段はある(新機種の誘惑に耐えれたら、の話だが)
#### 通話料金について
iPhoneで契約するホワイトプラン。これはdocomoのバリュープランSS・auのシンプルコースSSの無料通話1000円分が省かれたプランとなる(その代わりソフトバンク同士は時間限定で通話無料)。よって、**今まで他社のプランSSを利用していたユーザーがホワイトプランに乗り換えた場合、月1000円の負担増となる。**
逆にプランSSより上位のプランを契約している人は、ホワイトプランを契約すべきでない。上位プランで無料通話・通話料割引の恩恵を受けている人がプランSSに変更すると損になることは想像できると思うが、念のため以下比較してみる。
docomoとauはiPhone契約の条件とそろえるため
* 2年縛りの代わりに基本使用料50%オフのオプション(docomo:1人でも割50、au:誰でも割り)
* 端末料金を最初に一括で支払うプラン(docomo:バリュープラン・au:シンプルコース)
を選択した。
|~プラン名|~基本料|~無料通話|~30秒あたりの通話料|
|domoco L|4000円|6300円|10円|
|domoco M|2500円|4000円|14円|
|domoco SS|980円|1050円|20円|
|au L|4000円|6300円|12円|
|au M|2500円|4050円|14円|
|au SS|980円|1000円|21円|
|SB ホワイト(SS)|980円|なし|20円|
※ 表は税抜き・基本使用料は50%OFF後の価格。
例えばdocomoのプランLで無料通話分(6300円)をぴったり使い切ってる人がdocomoのプランSSに変更した場合、プランLの6300円=プランSSの12600円に相当するので、
980円+12600円-1050円(無料通話分)=12670円
となってしまう。ホワイトプランは他社SSプラン+1000円なので、13670円。
よって**通話が多い人はdocomo・auの料金プランをコピーしたブループラン・オレンジプランを選べばいい。**
|~プラン名|~基本料|~無料通話|~30秒あたりの通話料|
|SB オレンジM|3200円|4050円|14円|
|au M|2500円|4050円|14円|
|SB オレンジL|4650円|6300円|12円|
|au L|4000円|6300円|12円|
|SB ブルーM|3200円|4000円|14円|
|domoco M|2500円|4000円|14円|
|SB ブルーL|4700円|6000円|14円|
|domoco L|4000円|6300円|10円|
他社より700円~1000円/月ほど高くなるが許容範囲内だろう。
※ちなみにブルー・オレンジプランはdocomo・auの料金プランのコピー。ソフトバンクが「他社より携帯料金を安くする!」と宣言しているのに割高になっているのは、基本使用料に端末料金が含まれるベーシックプラン・フルサポートコースのコピーだから。iPhoneの初回購入代金と合わせて端末代金を2重に請求されていることになる。
#### メール・携帯ネット料金(データ通信)について
パケット通信はパケット定額フルで最大4410円で他社のパケット定額と同じ金額。むしろ**4410円でフルブラウザなどいろいろ使えるのでお得感は高い。**ダブル定額制で下限は1000円なのであまりネット接続しない人でも安心。そんな人がiPhone選びませんが。→料金改定で4410円固定になりました。今のところ、月4410円が続くのは期間限定だが、この手のキャンペーンは半永久的に延長されるからなぁ…。
### まとめ
iPhone本体さえ買っちゃえば、使用料金は他社ケータイと大差ない。本体が高いとはいえ、docomoやauのフラグシップモデルと同じくらいの価格である。それで32GBのストレージがついていろいろ遊べるなんて、お買い得と言えるんじゃないだろうか?