楽天の折りたたみ自転車安すぎワロタwwww

某ディノスのバーゲンで折りたたみ自転車が2000円ということで一瞬引かれたのですが、10台限定と聞いて萎え。それならば、とネット通販で探し…

某ディノスのバーゲンで折りたたみ自転車が2000円ということで一瞬引かれたのですが、10台限定と聞いて萎え。

それならば、とネット通販で探したところこんなのが見つかりました。

【楽天市場】選べるカラー10色!2007年NEWモデル!いきなり50%OFFのSALE!【5,480円】16インチ折りたたみ自転車当店だからできる激安直輸入価格!大セール!!【ブラック】【ネイビー】【ホワイト】【オレンジ】【イエロー】【ピンク】【レッド】【ライトブルー】【グリーン】JIS規格フレーム耐震テスト合格済み:ウォッチミー

無駄に長いタイトルが楽天らしいですね。

つーか普通の自転車でも10000円が相場だというのに、5000円ってどんだけコスト削減ですか(※)

ただ自転車のような在庫がかさばり、売上代数が少なく、種類の多い商品はネットで一括引き受けしたほうが安く提供できるのかもしれない。自転車通販サイクルヨシダとかね。ロングテールってやつ?

サイクルヨシダ通販案内

一部商品を除いて、商品在庫を仕入先に依頼しております。弊社では在庫をほとんどしておりません。在庫負担を減らしたり、店頭での接客を行わない為人件費の節約や店舗の設置等のコストダウンを図っております。

まぁ実店舗にかざってある商品で在庫がなけりゃがっかりするけど、ネットなら多少遅れても許せますしね。納期さえ気にしなければ安く買える。逆に言うと、すぐに商品が欲しけりゃ手数料払え、という時代なのかもしれません。


※変則ギアがついおらず、防犯登録は購入者がしなければいけない。

newsingの件について2-ポイント改定について考察

前エントリの続き。釣り記事は排除、まではいかなくとも影響を抑えるために導入されたポイント改定(※1)。しかし、残念ながら現状は変わらな…

前エントリの続き。

釣り記事は排除、まではいかなくとも影響を抑えるために導入されたポイント改定(※1)。しかし、残念ながら現状は変わらないと思います。

■そう思うわけ。

というのは、クリックポイント:コメントポイントの比率配分が、釣り記事を排除するほどのものではないと思うからです。

/ 改定前 改定後
クリック 1pt 0.5pt
○×のみ 5pt 2pt
○×+コメント 5pt 6pt
クリック:コメント比率 1:5 1:12

上が改定前と改定後を比べた表です。改定後は改定前に比べて、コメントの影響力は2倍以上になっています。が、僕が運営していたNEWSING★BOOSTER(現在停止中)では、クリック0.3pt、コメント30pt(※)で計測して、やっとコメントの多い記事が上位に来ていました。つまりクリック:コメント=1:100です。

これほど極端にやる必要はないと思いますが、1:12程度じゃ今のクリック偏重の流れを止められないかと思います。(いや、自分で改善案出しておいて申し訳ないんですけど)

■それでもいい。

とはいえ、短期間でできる対応策の中では最善だったと思います。というか、あの慎重な(褒め言葉)マイネット社がこんなに早く動くとは思っていませんでした(すいません)。1:12で何も変わらないわけじゃないし、1:100にするなんてそれこそ運営側の横暴。結論を急がずコミュニティの変化を確認する、ベンチャーらしからぬ慎重さが好きだなぁ。

■抜本的対策

ただ、1:12ではやっぱりクリック偏重で現状と大差なしだと思います。かといって1:100みたいにコメント偏重にすればいいってもんじゃない。N★Bの1:100がうまくいったのはnewsing本家とは別サービスだったからであり、本家でそれをやるといろんな弊害が起こることでしょう(ランキング目当ての複アカとか)。

ということで、クリックとコメントだけで記事の評価を行うのは難しくなってきたと思います。この2つ以外の第3の評価軸を導入する時期が来ているのではないでしょうか?

多分続き書く。


※1 上原さんのブログでは僕の意見を参考にした(丁寧な返答を頂き感謝しています)と書かれているけど、ポイント改定の話は以前からユーザーが要望していたものであり、このタイミングで実装しようとしたときに意見を書いていたのが僕だった、という話でしょう。

※2 正確には

newsingのポイント×1/3
+○コメント×30
+×コメント×20
+ピッカーが最初にコメントしている場合-70pt

上記の合計×投稿から経過した時間(分)/3600

newsingの件について-クリック閾値とアクション閾値

発端はこれ。newsingに低俗なニュースが多い件 | 近江商人JINBLOG確かになぁ。僕がnewsingから離れた理由もそれですし。■newsingに低俗なニュース…

発端はこれ。

newsingに低俗なニュースが多い件 | 近江商人JINBLOG

確かになぁ。僕がnewsingから離れた理由もそれですし。

■newsingに低俗なニュースが多いわけ

一時期は「俺のpickする良質ニュースで低俗ニュースを駆逐してやるぜ」なんて思ってたんですよ。けどpickしてもpickしてもポイントが上がらないし(俺が良記事と思ってただけ説もあるけど…)、他の人がpickした良質ニュースに応援コメントつけてもTOPに上がらないので諦めました。

というのも、newsingではコメント5pt、クリック1pt。今回の騒動で評価2pt,コメント4pt,クリック0.5ptに改定されましたが、2,3人が「これは良記事!是非newsingのTOPに表示させたい!」と思ってコメントを付けても、数10ptしか加算されない。興味本位だけで(タイトルに釣られて)100人がクリックした記事の方がpt数は多くなるんです。気合の入ったpickupもスパム的なpickupも「新着newsing」として並列に扱われるのも、良記事が目立ちにくいことも原因の一つ。

物量に押されてユーザーの感情・熱量の部分が切り捨てられている気がします。

■newsingの方向性について

質より量を重視するのも一つの成功系だと思うんです。センセーショナルな記事、悪く言うと「釣りで中身の無い」記事は、広範囲の人の感情を動かし結果クリックに具現化されます。記事を読んで感情が収まっても「クリック」の事実は変わらりません。

対して「釣りではないが良記事」記事の場合、その分野に興味のある人しかクリックしませんからまずパイが狭い。ただし興味を持ってクリックし、しかも良記事ですからコメント付ける、ブログで紹介するなどアクションを起こすユーザーは多い。

図にするとこんな感じ。図中のメーターは「記事から受けた影響量」を表しています。

・釣り記事の場合

クリック閾値  アクション閾値
■■■■■|■■□□□□□|□□□□□□
■■■■■|■■■■■□□|□□□□□□
■■■■■|■□□□□□□|□□□□□□
■■■■■|■■□□□□□|□□□□□□
■■■■■|■■■■■■□|□□□□□□
■■■■■|■■■□□□□|□□□□□□
■■■■■|■■■■■■■|■■□□□□
■□□□□|□□□□□□□|□□□□□□
■■■■■|■■■■□□□|□□□□□□
■■■■■|■□□□□□□|□□□□□□

・良記事の場合

クリック閾値  アクション閾値
■■□□□|□□□□□□□|□□□□□□
■□□□□|□□□□□□□|□□□□□□
■■■■■|■■■■■■■|■■□□□□
■■■■■|■■■■□□□|□□□□□□
□□□□□|□□□□□□□|□□□□□□
■■■□□|□□□□□□□|□□□□□□
■■■■■|■■■■■■■|■■■■■■
■□□□□|□□□□□□□|□□□□□□
■■■■■|■■■■■■■|■■■■□□
■□□□□|□□□□□□□|□□□□□□
/ クリック アクション
釣り、中身ない 9人 1人
釣らない、良記事 4人 3人

図のケースの場合、良記事に対してアクションを取った人が多くともPV勝負では釣り記事の勝ちです。

ということで、PV稼ぎには「一部の人に取って非常に有益な記事」より「より広範囲な人の感情を(一時的に)燃え上がらせ、クリック閾値を突破させる」手法が有効なわけです。

釣り記事の手法で成長をしたのがZAKZAKJ-CASTでしょう。センセーショナルな記事でユーザーを煽り、ブログや2chに取り上げられることでアクセス数を稼ぎ、知名度を上げてきました。

反面、はてブに良記事が集まるのは、ブクマ閾値が図のアクション閾値の位置にあるので「一部の人に取って非常に有益な記事」が集まるからだと考えてます。

■長くなりましたが

newsingに投稿されるセンセーショナルな記事を黙認してPVを稼ぐのも一つの道だと思うんです。が

「マイネット・ジャパンの目玉サービスってどんなんだろ?」

ってnewsingを見たときそんな記事がTOPに並んでるのは、ビジネスの上でいいことじゃないし、青臭いですが自分の会社を誇れないと思うんですよね。そんな中

お返事の続きです4

>tsupoさん

いつもありがとうございます。低俗に徹した別サイトという考え方、Youtubeの裏にポルノチューブがあるように、世の人々のニーズが適切に満たされるためには一つのあり方なのかもしれません。ただ、マイネット・ジャパンがそういったサイトを運営する考えはありません。

とおっしゃってくれたのは救いでした。(そういう考えだと分かっていましたが。)

長くなったので新ポイント加算方法の考察については次のエントリーに続く。


ちなみにこの記事のインスパイア元はこちらです。

もしオオカミ少年の村にnewsingがあったら :Heartlogic

それらをまとめて「クリック=ポイント加算」とすることで、これまでのnewsingのようなランキングができたのだ、というのは興味深い。対して(類似サービスであるところの)はてなブックマークでは、クリックそのものは投票とみなされない。

その違いが、上位に上がってくるものの違いにもなっているのかもしれない。両サービスの違いについて「ユーザーのタイプが違うから」みたいな指摘は間違ってはいないにしてもそれが全てではなく、ユーザーのどんな行動にどう重みづけをしているか、という要素もあるのだろうな、と思った。

ということではてブコメント欄の「俺たちと違ってnewsingは低俗なユーザーばっかりだからしゃーない」という意見には反論したいところ(被害妄想ですw)

Newボード-ROSSIGNOL THE MINI

ありのままに起こった事を話すぜ…。秋葉原にACアダプタを買いに行ったと思ったら御茶の水でスノーボードを購入していた。ROSSIGNOL – ROSSIGNOL THE M…

ありのままに起こった事を話すぜ…。秋葉原にACアダプタを買いに行ったと思ったら御茶の水でスノーボードを購入していた。

070930_2213~01.jpg

ROSSIGNOL – ROSSIGNOL THE MINI – SNOW BOARD

板を衝動買いとか酷い。見てから買うまで10分かからなかったぞ…。

■とはいえ。

俺のニーズにぴったり合ってたからの衝動買い。

スキーヤーが滑るようなコブコースの攻略をやってるんですが、両足を固定してスタンスを横に取るボードではどうしても小回りが利かずコブを回れないんですね(…これ俺のテク不足で甘えかもしれないですけど。)とにかく、短い板なら小回りも効いて滑りやすいんじゃないか、と思ってたんです。そこにピタっとはまったのがこのMINI!

単に短い板だとレディース仕様のウエスト幅だから男物のブーツが載らないし、MINIみたいなコンセプトの板は他に販売されてないから衝動買いで正解だったと思います。他のメーカーも短い板出せばいいのに、と思うけど、ショートスキーの出始めみたく「あんな短い板で滑るとテクがないみたいで恥ずかしい」という意識があるのかもしれません。

■ケースとか

MINIは120cmなので普通のケースじゃ大きすぎます。なのでジュニア用ケースかメーカーから発売されているMINI専用ケースを用意しましょう。

10月中旬にROSSIGNOLから本革製のボードケースが発売されます。10000円で(汗 イメージ的には↓な感じ。

スノーボードショップ【ONE MAKE】限定25枚!! – livedoor Blog(ブログ)

10000円は高けぇよ!という人は普通のケースを買いましょう。

m e i j e c t . c o m ROSSIGNOL the mini 専用ソールカバー

Newラグ-FrancfrancのMou Rug(ムーラグ)

引越し記念に新しいラグを買いました。前の部屋は狭かったからラグを敷くスペースもなかったんだよね。このラグ、16000円なんですけど触り心地…

引越し記念に新しいラグを買いました。

070930_2210~01s.jpg

前の部屋は狭かったからラグを敷くスペースもなかったんだよね。

このラグ、16000円なんですけど触り心地が超いい!あと写真じゃ分かりにくいんですが、微妙にラメが入ってて光に当たるとキラキラするんですよね。店頭で見た瞬間に一目ぼれしました。

Francfrancが近くにあるのなら、一度見に行ってみるのをお勧めしますー。


引っ越したからって新しいもの買いすぎだな…。自重しないと。

10年ぶりのエヴァンゲリオン

映画の日、ということでヱヴァンゲリヲン新劇場版を見てきたので感想。■10年ぶりスクリーンにシンジ君が映った時、「帰ってきた」感覚を…

映画の日、ということでヱヴァンゲリヲン新劇場版を見てきたので感想。

■10年ぶり

スクリーンにシンジ君が映った時、「帰ってきた」感覚を感じました。15歳の頃見た旧作を思い出したり(あの時は計4回見た)してね。まさか26歳になってからエヴァの新作を見れるとは思ってなかったので、思った以上に感慨深いものがありました。

セリフは結構わすれてました。特に第3話とか第4話のエピソード、原作復習して行くとより楽しめそうです。

■かっけぇ!

エヴァとか弾幕とかヤシマ作戦とか!テレビシリーズの名シーンをさらにカコヨクした構図+圧倒的に美しい画質。シーンごとに静止画を切り取って保存したい(笑) 11年前に鳥肌が立ったサキエル戦はやっぱり今回も鳥肌モノだったし、ラミエルが武装・グラ・待遇(主役級じゃん)ともに強化されすぎててワロタ このへんは大満足で自信を持って人に勧められます。

■初見の人無理だろこれ

展開早すぎはしょりすぎ。週に30分のテレビ番組なら、1話終わって自己解決してから次の回…と進めるけど、あの深くて複線だらけの作品を100分連続見せられて「どうよ!」と言われてもねぇ…。前提知識がないと付いていけない気がします。「かっけぇ!けど何かよく分からない話だったな…」で終わらない事を祈ります。

あとシンジ君の心境がストーリーの展開に合わせてご都合主義に変化していったのが残念な所でした。

■次回以降

まぁ見るしかないよねと。金儲けのためのリメイク?と最初は期待してなかったけど、このクオリティでそれはない(し喜んでお金落とす)ので、楽しみに待つ事にします。

…唯一の心配は「陳腐なオチがつかないかどうか」だけです。

「収納場所」を論理的に考察

※一人暮らしの1Kを想定しています。クローゼット衣装ケースキャビネット収納BOXその他いろいろ…と見かけは多用だが「収納場所」を構成する要…

※一人暮らしの1Kを想定しています。

  • クローゼット
  • 衣装ケース
  • キャビネット
  • 収納BOX
  • その他いろいろ…

と見かけは多用だが「収納場所」を構成する要素は2つ。「アクセス性」と「体積」である。

体積は説明不要としてアクセス性は3段階に分けられる。

・アクセス良
手の届く場所、2,3歩でアクセスできる場所。
例:机の上、机の横の本棚、ローテーブルの上

・アクセス可
アクセス良よりアクセス効率が落ちる場所。しゃがむ、背伸びするといった動作を必要とする場所。
例:押入れの中、ベッド下のスペース、収納棚の一番上

・アクセス不可
一苦労しないと収納物が取り出せない。とてもじゃないが普段使いの収納には耐えられない場所。
例:家の外の物置、ベッド下のスペースのさらに奥(ベッドを剥がさないとアクセスできない)

使用頻度の高いモノをアクセス良の場所に置き、半期に1回使うようなモノはアクセス不可に保管するのが理想。

この考えはILM(情報ライフサイクル管理)に似ている。頻繁に使用する情報はアクセス速度の速いディスクに保存し、あまり使用しない情報はアクセス速度の遅いテープドライブに保存する、というやつである。

ということで

  1. 自分の保有物を分析し3種類のアクセス性を設定
  2. それぞれのアクセス性について体積を計測
  3. それに合った収納場所を作ってやる。

以上の手順で計画的に収納場所をコントロールするべきである。こんな感じ↓

アクセス性 保存対象 体積
書類、筆記用具、CD テーブルの上、本棚
テニス用品、着る洋服 押入れ
不可 スノーボード、着ない洋服 ベッドの下、衣装ケース2つ分

■収納上手になるための3つのコツ

  1. 収納術に頼らない
  2. モノ自体を減らす
  3. 実際に動く。

適当ですが。

収納術に頼る思考はモノが増えるの前提なのでいずれ破綻します。モノ自体を減らすのが一番確実です。僕が影響を受けたのは「捨てる!」技術 という本。根本から考え方が変わりました。ちょっと刺激が強いので、影響されやすい人は持たない暮らしをどうぞ。あとは部屋の中で数時間うんぬん悩むより、実際に設置してみた方がいいんじゃないかな。感覚的な部分は机上の計算じゃ分からないし、家具を動かしてる過程でアイディアが浮かぶこともあると思います。

以上、頭の中が収納術でいっぱいの僕でした。