4人人狼の遊び方とセオリーについて

さっきのエントリ書いてエンジンかかったので4人狼についても書いてみます。

4人人狼とは?

4人人狼とは「人狼・狂人・村人・占い師」でプレイする人狼です。初日昼は議論のみ。その日の夜に襲撃と占いがあり、2日目に3人で最終決戦をします。実際の村はこんな感じで進んでいきます。

僕が前プレイした時は、分かってる人にフルボッコにされて終わりました。

4人人狼の遊び方(手順偏)

4人なのにGMつけるのもったいないので以下の手順でやればGMいらないんじゃない?

  1. 初日夜になったら1分のタイマーと2分のタイマーをセットする。全員手を机に乗せ目をつぶる。
  2. 狼は襲撃したい人の手を触る。触られた人は自分が襲撃される事を覚えておく。
  3. 1分のタイマーが鳴ったら占い師の人だけ目を開ける。占いたい人の手の前に目印(紙くずでもなんでもいい)を置く
  4. 2分のタイマーが鳴ったら襲撃された人が目を開ける。目印を回収し、占い師に占い結果を告げる。

多分穴はないと思う。

4人人狼のセオリーについて

知りません!だからみんなで考えよう!ここでは取りあえずの叩き台を出してみます。

2日目の状況を考える。

初日で1人が喰われるので、2日目は以下の4パターンです。占い師が生き残っていても襲撃された人を占っていた場合は村人と同じになるので2.や4.の状況になります。またそれぞれの確率は右の分数になってます。

  1. 狼/狂/占 2/9
  2. 狼/狂/村 4/9
  3. 狼/占/村 2/9
  4. 狼/村/村 1/9

・確率計算表
|~襲撃|~占い|~結果|~備考|
|村|村|狼/狂/村|占の村人化|
|村|狂|狼/狂/占|
|
|村|狼|狼/狂/占|
|
|狂|村|狼/占/村|
|
|狂|狂|狼/村/村|占の村人化|
|狂|狼|狼/占/村|
|
|占|村|狼/狂/村|
|
|占|狂|狼/狂/村|
|
|占|狼|狼/狂/村|
|
2/3の確率で狼陣営が、1/3の確率で村側陣営が多くなります。
次はそれぞれの役職の2日目視点を確認します。
・狼
2人の人間の内訳が分かりません。狂人が残っている確率が2/3なので狼COしたいところですが…。
・狂人
どちらかが狼か分かりませんし、残った村側陣営が村人(確率1/2)か占い師(確率1/3)か占い師だが狼を知らない(確率1/6)のか分かりません。しかし自分が生き残ってる=狼陣営の方が多いことを知っています。
・占い師
どちらが狼かは分かっていますが、自分以外の人間が狂人か村人か分からない(確率1/2)ので、安易に狼を告発する事ができません。
・村人
どちらが狼か分からないし、自分以外の人間が狂人(確率1/2)か占い師(確率1/3)か占い師だが狼を知らない(確率1/6)のか分かりません。
村側陣営が多いのか狼陣営が多いのか分からないので、狼も占い師も村人も簡単に身動きが取れません。これが[狼狂人]の3人人狼にはない4人人狼の一番面白いところです。
となると、一番重要な「どちらの陣営が多いか」という情報を握っている狂人がキーパーソンになります。実際、狂人が生き残っていると村側が勝つのは厳しいような気がします。生き残った狂人としてはまず狼COをする。すると村側の人間が自分に票を入れてくれるかもしれないし、狼には自分が狂人だと伝えられます。

村側陣営のポイント

村側としては狼を吊らないとしょうがないので

  1. 狼がどちらか検討をつける(占い師の場合、この手順は省略)
  2. 次に人間が村側か狼か検討をつける
  3. 人間が村側なら人狼を告発する、人間が狂人なら狼COする

ここで重要なのは真剣に狼を探す=村人アピールになってしまうということです。狼と占い師は内訳を知っているので狼を探すポーズだけ。狂人は自分が吊られる方向に持っていけばいい。狼が分かった方がベターかなーってくらい。。

  • 真剣に狼を探す=村人
  • ぼちぼち狼を探す=狂人
  • 真剣に狼を探していない=占い師か狼

これは頭に入れておくといいでしょう。例えば村人視点で他の2人が真剣に狼を探していない場合、組み合わせが狼と占い師であると推理する、とか。

初日の動きから狼を探す

前述の通り、狂人が生き残れば村勝ちは厳しい。逆に村人・占い師が残れば若干村有利になる。つまり村人・占い師・狂人はなんとしても襲撃を避けたい=一番襲撃を恐れてない人が狼となります。ついでに言うと、襲撃先を決めるのは狼なので、初日は狂人COをして襲撃を避けるのがセオリーとなります。それに合わせて狼も狂人COすると正体を隠す事ができます。

狼の戦略

狼としては、初日で全員狂人COするなかでもう思いっきり狼COする手があります。というのは、最終日に狂人を残しても自分が狼だと証明できない限り誤吊りの可能性はあるわけで、なら初日で狂人っぽくない人を喰って勝負を決めちまおうという話しです。
…って感じかな。

「4人人狼の遊び方とセオリーについて」への4件のフィードバック

  1. はじめまして。人狼のGMの役割を果たすAndroidアプリ『人狼GMS』を作成しているcharuといいます。四人でも楽しめる人狼の方法を探していたら、当ページにたどり着きました。とても楽しそうだったので、参考にさせていただきました。有用な記事の掲載、ありがとうございます。

  2. いつも四人で昼休みに人狼をしているのですが、四人だとすぐに終わってしまい面白くないのでこちらのサイトの遊び方でやってみました。
    すると、占い師さんの占い結果がわからないという状況になってしまって…
    襲撃された人は全員の役職を知らないのに占い結果を出さなければならなくなりませんか?

  3. ご指摘ありがとうございます!確かに書いてある手順だけだと不十分でした。
    こうすればいいんじゃないでしょうか。(手順0と手順5を追加、手順3を修正しました。)
    0.プレイヤーは配られた役職カードを自分の目の前に置いてプレイする。
    1.初日夜になったら1分のタイマーと2分のタイマーをセットする。全員手を机に乗せ目をつぶる。
    2.狼は襲撃したい人の手を触る。触られた人は自分が襲撃される事を覚えておく。
    3.1分のタイマーが鳴ったら占い師の人だけ目を開ける。占いたい人のカードの上に目印(紙くずでもなんでもいい)を置く
    4.2分のタイマーが鳴ったら襲撃された人が目を開ける。目印を回収し、占い師に占い結果を告げる。
    5.襲撃された人は各プレイヤーに配られた役職カードを回収する。夜が明けたことを宣言する。

  4. 聞きたいんですが、占い師が占いたい人のところに目印を置いて攻撃された人が占い師に教えるって書いてあったんですが、攻撃された人は占いたい人の役割をどうやって知ってるんですか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です