人狼をグループワークに使わないほうがいい

理由:なんかメジャーになっちゃったから。
人狼ってゲームを知ってる人なら、就職面接の場で”最善”の動き方ができちゃうわけで、知らない人と差が付いちゃうと思う。自分の感情をコントロールしたり、「私、村のために吊られます」って言っちゃったり。ビルゲイツの就職面接で「富士山を動かす方法を答えよ」ってのが有名だけど、あれを今更面接で出題する感じ。
まぁ逆に、敢えてみんなが知ってる問題を出題して”最善”の振る舞いができるかチェックするのはいいかもね。例えば就職面接でドミニオンをプレイさせて「俺、このゲーム知ってるし強いっすわー」で初心者相手に拷問人ロックキメてる奴は即落とした方がいい。
ボードゲームなんて突き詰めればゴルフな訳ですよ。ゴルフ。何をプレイするかってより、誰とプレイしてどういう会話するかってのを楽しむ。それが楽しけりゃ、ボードゲームなりゴルフなりは”おかず”なわけです。人と話すっていう”手段”のために、共通の目的を選ぶ、みたいな。
当然ゴルフでも競技性を重視するプレイヤーがいると思うけど、そういう人が接待ゴルフの場で本気出しても白けちゃうでしょ。そういう訳で、グループワークで人狼したとして「この村は10人で狼2人だから、吊り手4で2ミスまでオッケーですね」とか言い出す奴は落とした方がいいね。
そんなわけで、グループワークで人狼するくらいなら人生ゲームでもやってろ、って所です。こっちの方がスキル差出ないしゴルフっぽいでしょ。
※ はてなの採用ってボードゲームだっけ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です