20070224-25 北海道ニセコボードレポ

ずいぶん前の話になりますが、2月22日(木)~25日(日)の3泊4日で北海道に行ってきました。…いや、レポ書こうにも前過ぎて詳細忘れてるのですが。…

ずいぶん前の話になりますが、2月22日(木)~25日(日)の3泊4日で北海道に行ってきました。…いや、レポ書こうにも前過ぎて詳細忘れてるのですが。取りあえず…


雨でした。ありえねぇ。ここは群馬か。

後で聞いたら、この日は2月の北海道で観測史上最高の気温を記録したらしいです。暖冬とはいえまさか自分が行った時に当たるとは…。いやー凹むわ。まぁずっと凹んでもいられないので、「北海道で雨を経験できるなんて貴重!」とか思いながら滑ってました。雪バカなんで。

そして次の日。

SN340021.jpg

ぱうぱうでした。この日は北海道らしく最低気温-15℃!でもボードしてると全然寒さを感じません。とにかく雪が異常に良いので寒さとかも関係なくとにかくパウダーRUN!そしてお約束の山頂までハイク。(←ARAIと一緒じゃん…。)

SN340026.jpg

山頂からの眺めがまたヤバくて言葉で伝えることはできません…と言いつつ伝えると、ニセコの山頂は森林限界なため木が一本も生えてないのです。なので一面真っ白な斜面を滑り降りる。そこに道はなくまさにFREERUN!(けど間違えて沢の方に降りると死ぬよ♪)

ハイクに30分くらいかかりましたが、これだけでも北海道行った甲斐がありましたね。いやマジで。

■コースとか

普通でした。特に論じる事はないです。雨に降られた結論としては北海道っていっても雪が悪けりゃただのスキー場ということです。もうちょっと言うと、今回行ったニセコ三山ではひらふが圧倒的によかったです。アンヌプリは緩斜面、ニセコ東山は縦に長細過ぎてつまらない。ひらふはリフトも多いし飯屋も多い。下町のお店も充実してる。ニセコ三山とか言うけれど、ひらふだけで十分じゃね?と思いました。

■飯とか。

その理由の一つが飯。ニセコプリンスに泊まっているにもかかわらず晩飯はひらふで食べたんだけど、この店が最高によかった!憧れwのうにいくら丼やほっけその他いろいろ北海道の美味しいものを格安で食べまくり!これだけでも北海道行った甲斐がありましたね(あれ?)

■ところで

ニセコは外人がむちゃくちゃ多かったです。誇張じゃなく半分くらいは外人でした。その理由は

1.北海道は韓国・中国人に取ってほどよい観光地
スキーもそうですが、温泉が人気らしいです。「温泉くらい自分の国で入れよ!」と思いますが、大陸の人にとって北海道は温泉の本場。日本人が焼肉食いに韓国に行くようなものですね。

2.オーストラリア人がニセコを観光地化しているから
僕は知らなかったのですが有名な話らしく、オーストラリア人の中でニセコはかなりメジャーになっているとの事。理由は1.オーストラリアと比べて時差が少なく、北半球の中では近いほうに入る。2.太陽が雪面に当たる角度が撮影マニアにはたまらん ということらしいです。確かにニセコで働いてる人は人は英語ペラペラの人が多かったけど…。日本語がしゃべれるハワイ人みたいなもんかな。

■結論

とにかく雪質は最高。ただ値段と距離がねぇ…。ネックです。飛行機で新千歳空港についてそこからバスで3時間はなげーよ。コンディションよりも値段を重視するボード狂20代社会人にはちょっと厳しいかな。年取ったら行くかもしれないけど、それまではお預けですかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です