2008/3/22,23 南郷スキー場レポ

世間ではプロ野球/Jリーグ/選抜高校野球が始まりサクラの開花便りが届く中、今シーズン27/28日目のスノーボードに行ってきました。あと1ヶ月は滑りにいくよん。

■南郷は聖地です。

去年のレポでも書きましたが、南郷は秘境であり聖地です。何が秘境かというと高速降りてから下道85km。何が聖地かというとパークのレベルが高すぎる。ハーフパイプが3本あるのは南郷くらいでしょう…。とりあえず写真をどうぞ。

SANY0020.JPG
土日はどちらもピーカン晴れで眺めは最高。

SANY0016.JPG

SANY0015.JPG

パイプとキッカー。パイプは3本オープンで、キッカーは上から5m→10m→13m→(10m/5m→5m→5m→5m)→4m→3mの6連/9連設計でした。僕はやらなかったけどジブも充実。ただパークOPENが10時~15時なのが欠点…。当然混むしリフトも並びます。フリーランで楽しめばいいんですけどね。

■意外と行きやすい…かも。

まず東北道経由なので渋滞はなし。下道85kmと言ってもほとんど信号は無く、雪さえ降らなければスムーズに運転できます。…逆に雪が降ると道は狭いし地元の軽自動車に煽られるしで悲惨です。ちなみに今回は川口IC→西那須野塩原ICまでが1時間30分、西那須野塩原IC→南郷まで1時間30分でした。

南郷はパークOPENが10時だから東京を6時前くらいに出れば南郷9時前着でちょうどいい感じ。明るければ下道でも運転ラクだYO!…と池の平と同じく「良ゲレンデに簡単に行けるよ」的暗示をかけてみましたww

■各エリアの所要時間比較

池の平レポでもちょっと書きましたが所要時間にフォーカスして再比較。

距離(高速+下道) 所要時間(高速+下道) 渋滞リスク
沼田エリア 130km+40km=170km 80分+40分=110分
湯沢エリア 170km+10km=180km 100分+10分=105分
白馬エリア 200km+45km=245km 120分+45分=165分
妙高エリア 250km+5km=255km 150分+5分=155分
南郷 130km+85km=215km 80分+85分=165分 ×

下道の平均時速を60kmで計算するのはどうかと思いますが、まぁこんな感じです。こうみると妙高や南郷なんてちっとも遠くないよね!むしろ湯沢に行って渋滞巻き込まれる方が怖いよね!

※実際湯沢ICを17時に出て練馬着くのが23時とか平気であるので…。