カスタムインソールのバイオップ(bi-op)を作ってきた日記

足は第二の心臓である。
ということで高級インソールのBi-op(バイオップ)を作りに某所まで行ってきました。
#### インソールとは?
靴に入れる中敷のこと。今回作ったのはスノーボード用ですが、スニーカーや革靴などいろんな用途で販売されています。
#### バイオップとは?
一人ひとりの足に合わせて作ってくれるカスタムインソール。**約3万5000円。**高い…。
Bi-Opバイオップカスタムメイドインソール | 株式会社 大井製作所
こんだけバカ高いインソールを作ろうと思った理由は以下の通り。
### 1. 滑りの質を高めたかったから
元々カスタムインソールに興味がありました。自分のためだけのインソールだからもちろんフィット感抜群、足裏感覚が研ぎ澄まされる。…らしい。まぁ**履いたことないんですけど。**
履いてもないのに購入に踏み切れたのは、俺が**足回りで滑りが変わるということを知っているから**で。板とかビンディングとか割とどうでもいいんですよ。**体に近いギアほど大切。**
…そんなポリシーでやってきたけど「ん、それじゃ一番体に近いのってブーツじゃなくて足裏が触れてるインソールじゃね?ブーツよりインソールに金かけるべきじゃね?」と思い、カスタムインソールを買おうと決めました。
### 2. 一度作れば半永久的に使えるから。
らしい。けど、実際にバイオップを使ってる人は5年とか7年とか使ってるし、少なくともそれくらいは持つということで。実は最初に目をつけたカスタムインソールはスーパーフィートってやつ。これは友達でも使ってる人も多くて評判も上々。
ただ…スノーボードで強く踏みすぎると割れちゃうこともあるらしい。材質もそこまで固そうじゃなかった。お値段的にはスーパーフィートが18000円くらいでバイオップの半額なんだけど、18000円も払って1,2年で使えなくなったら悲しいぜ!ってことで見送りました。
あと値段的な事を言うと、僕は元々DEELUXEのインソールを毎年1つ4000円くらいで買ってました。というのはDEELUXEのブーツを1年1つのペースで買ってるのですが、インソールがセットじゃないので別に買わないといけないんですね。4000円という値段から分るとおり大したインソールじゃなく、これに毎年お金払うよりはその分をバイオップ代にした方がいいなぁと思ったのでした。
### 作ってきた

某所で1時間ほどかけて足の形や足裏への体重のかかり方、体のゆがみをデータ取り。この時点で
* 左足首固い
* 微妙にO脚気味
* 体が右に傾いてる
などなど…。とはいえ左右対称な人間なんて一人もいない!それを強制するのもカスタムインソールというわけ。出来上がるのは1ヵ月後なので使ってみた感想はまた書こうと思います。
### 普段使いにも
スポーツとは関係なく、体のゆがみが原因で肩こりとか腰痛とか引き起こしているケースが多いらしく。なのでバイオップの代理店は整骨院とかが多い。
Bi-Op代理店紹介 | 株式会社 大井製作所
日常で履く革靴やスニーカーにインソールを入れることでゆがみが改善して体が良くなることもある…らしい。体の調子が良くなくて整体通いが常習化してる人は、もしかしてインソールを作ることで症状が改善されるかもしれないらしい…。
ここまで書いてて自分でも半信半疑なのですが、本当かどうかまずはスノーボードで確かめようと思います。

「カスタムインソールのバイオップ(bi-op)を作ってきた日記」への3件のフィードバック

  1. バイオップを探して日本に紹介したのは私です、輸入、税関の問題すべて私が道筋をつけました、現在のバイオップは某会社に吸収されています、製品のクヲリティーは折り紙つきです。
    良い物を作りましたね、3万5千円は高くはありません、アメリカでは平均500ドルします、高い安いの判断はその人の価値観であります、費用の内、関税や送料で4千円は経費でかかります、当社では沢山の製品を輸入しました、バイオップは私の知るかぎりナンバー2でしょうナンバー1はNZの会社の製品です、弊社で輸入しています、全国に代理店もございます。
    お話の通りスポーツ店で販売しいている物は一時しのぎの物です長い間使う事を考えればオルティックが最良の選択になるでしょう、私達本物を販売している者にとっては本国よりも安く販売している訳ですから良心的だと考えます、どうか末長く大切にお使いください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です