ingress実績(メダル)獲得条件を分析してみた。

ingressの実績一覧と、何か戦略使って簡単に取得できるかどうかを考えてみました。

メダル種別 プラチナ 戦略
Guardian 3 10 20 90 150
SpecOps 5 25 100 200 500
Seer 10 50 200 500 5,000
Trekker 10 100 300 1,000 2,500
Pioneer 20 200 1,000 5,000 20,000
Connector 50 1,000 5,000 25,000 100,000 ×
Mind Controller 100 500 2,000 10,000 40,000 ×
Explorer 100 1,000 2,000 10,000 30,000
Liberator 100 1,000 5,000 15,000 40,000 ×
Engineer 150 1,500 5,000 20,000 50,000 ×
Hacker 2,000 10,000 30,000 100,000 200,000 ×
Builder 2,000 10,000 30,000 100,000 300,000 ×
Purifier 2,000 10,000 30,000 100,000 300,000 ×
Recharger 100,000 1,000,000 3,000,000 10,000,000 25,000,000

戦略「○」のもの

  • Guardian:クソ田舎のポータルのオーナーになり、虎の子を守るようにケアする。あるいは普段行けないポータルのオーナーになる。
  • SpecOps:簡単なミッションだけをやりまくればOK
  • Seer:ポータルが少ない地域で片っ端から申請を行う(2014/12/31を持ってこの実績は中止)
  • Trekker:自転車移動しまくる。自動車でゆっくり移動する。あるいは移動するモノにスマホを預ける。

高レベルメダルも、工夫次第では簡単に取れる。逆に言うと、取ろうとしなければ取れない。

戦略「△」のもの

  • Pioneer
  • Explorer
  • Recharger

Pioneer & Explorerはユニークポータルに対するHack & Captureなので、意識していろんな地域に遠征に行けば伸びはいいし、同じ場所ばかりで活動していれば頭打ちになってしまう。とはいえ高レベルメダルは必要数が多いので、一工夫だけでクリアできるものではない。RechargerはXMが溜まる毎に適当なポータルへリチャージすればよい。他のメダルより条件は緩いが、忘れていると全然伸びない。

戦略「×」のもの

  • Hackして(Hacker)
  • アイテム貯めて
  • 相手のレゾネーター壊して(Purifier)
  • 自分のレゾネーター挿して(Liberator & Builder)
  • MODも挿して(Engineer)
  • リンク張って(Connector)
  • MU作って(Mind Controller)

というサイクルの中で獲得できるもの。ショートカットはなく、地道にがんばるしかなく、真のingress力が試される…ような気がする。

まとめ

早くLv9以降に到達したいなら、戦略「○」戦略「△」のものに特化して狙うのが良いように思える。が、結局レベル12以降は銀メダル以上が7つ必要 = 連略「×」のものから1つは必要なので、結局は地道な努力が必要である、という話でした。