bellroy Note Sleeveからマネークリップお試し中

このマネークリップを2019年4月から使ってます。

STORUS(ストラス) スマートマネークリップ シルバー

bellroy Note Sleeveは2017年12月~2019年4月まで、1年半使ったみたいです。

小さいふから、bellroy Note Sleeve ウォレットに乗り換えた – ぷりどうぐ

マネークリップを試してみようとしたきっかけ

安い

調べてみたら3,000円くらいで、もし失敗しても問題ないと思えた。

現金を使う機会が減ってきた

月~金で通勤してる時なんて全く使いませんし、最近はバーコード決済の普及のおかげで今まで現金しか使えなくなった店もpaypayなどが使え、ますます現金いらずに。

bellroy Note Sleeveの厚みでも不満に感じてきた

財布である以上、布で出来ているのですが、その厚みさえも煩わしくなった。慣れって怖い。

マネークリップを試してみた感想

求めてたのはこれ!感があって非常によいです。必要なカードと現金をクリップで挟むだけで、物理的に絶対これ以上小さくならない。重みがなさ過ぎてポケットに入れると探しづらいので、胸ポケットが定位置になってます。会社のセキュリティカードを胸ポケにしまってる、くらいの感覚です。

欠点

今のところ究極にコンパクトというメリットが、現金を持ち歩きづらいというデメリットを凌駕しています。小銭が発生した場合はひとまずポケットに入れるか、事前に分かっているなら小銭入れを持参します。

意外な欠点として、カードを5枚挟めるが一番上のカードしかささっと取り出せないので、用途によって複数のカードを使い分けるのは不便。僕は一番上を常用のクレジットカードにして、ATMのカードや証明書類は必要に応じて取り出してます。少し面倒。

あと、クリーニングの引換証など、持っておかなければいけない紙は、なんとなく紙幣側に挟んでやりすごしてます。これが多いと嫌になるかも。

まとめ

夏にもなるし余計なものを持ち歩きたくないので、しばらくマネークリップでやります。

意外だったのが、「自分はモノをなくしやすい」というセルフイメージを持っており、1つの財布に全部入れ込むのが(脳内キャパを効率的に使う意味でも)自分にあっている、と思い込んでいたのが、マネークリップと小銭入れを使い分ける運用でも特にストレスにならないので、少しは大人になったのかな、と思いました。

余談:bellroy Note Sleeveの不満点

特になし。小銭が取り出しづらいのは既知の不満点として、それ以外は期待通りの財布でした。僕自身が使いもしない小銭を常時持ち歩くのに耐えられなくなっただけで、財布としてはいい財布です。今でも、現金を使うであろう行程はマネークリップから中身を入れ替えて持っていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です