パワーランチin大衆食堂

突然だけど、毎日同じ場所に勤務していて困るのが昼飯である。今の職場には毎日メニューが変わる社員食堂がなく仕出し弁当もない。こうなる…

突然だけど、毎日同じ場所に勤務していて困るのが昼飯である。今の職場には毎日メニューが変わる社員食堂がなく仕出し弁当もない。こうなると外に食べに行くしかないわけだが、ある程度店を巡っているとそのうち行く店が絞られてきてしまう。さらに頼むメニューも決まってくると、毎日の昼飯タイムが全然楽しくなくなってしまうのである。だって食べる前から味知ってるんだもん。

ということで、マンネリ化しないよう今日は新しい店を開拓するために遠出してみました。
いつもの職場から散歩がてら歩くこと10分。途中にいくつか飯屋発見し、これ以上遠くに行っても仕方がないので引き返そして今までにあった店の中で決めようかな、と思ったところに新しい飯屋発見。その名も「大衆食堂」。見た目コインランドリー。限りなく怪しいかったんだけど、その怪しさに引かれ入ってみました。

入ってみると中は普通の食堂。とりあえず席についてメニュー…がないんですけど(汗)。と僕らが不慣れっぽいそぶりをしていると店員が

「こちらから食べたいものを取ってトレイに載せてください。それにご飯と味噌汁が付きますんで。」

とのこと。そこで店員が指した方を見るとそこには3段の棚に所狭しと並べられているレプリカフード(ファミレスのショーウィンドウの中にあるやつ)の郡が。いまいち意図が掴めずトレイを取ってそちらに近づくと…

あ、本物だ。

僕がレプリカフードと思っていたのは、全部作りたてのおかずだったのでした。まぁレプリカにしては数が多いし漬物まであったからずいぶん充実してるなとは思ったけど…。つまりこの中から好きなものを選んでそれが定食のおかずになるシステムらしい。しかも重複しているおかずがなく1品につき1つしかないから食べたい物は早い者勝ち。これ遅い時間に来たくねぇなぁ。

僕は野菜炒めと焼き魚をトレイに載せてご飯と味噌汁を貰いにいきました。

店員「ご飯は普通でよろしいですか?」
僕「普通で。」
店員「どんぶり1杯くらいありますがよろしいですか?」

全然普通じゃねぇだろ、と。まぁ食べますよ。折角だから。

で、お会計。そういえばおかずに一つも値段が書いてなかったなと思いながらお会計をお願いすると、焼き魚1+野菜炒めの僕が750円。焼き魚2+ほうれん草の漬物を頼んだ連れが700円。うーみゅ。会計も適当だなぁ。というか野菜炒めとほうれん草の漬物の皿の大きさ、どっちも同じくらいなんですけどね。どこで50円の差がついてるんだ…。

ということでいろいろと不思議なこの大衆食堂でしたが、地元の方にはなじみが深いらしく飯を食べてるときに入ってくる人は迷いもなくおかずを取って昼飯を食べてました。確かにココならメニューというものが存在しないから毎日新鮮な気持ち(笑)で昼飯を食べることが出来るし、量の割には値段も安いから怪しさ爆発している点を除けば使える店リストに入るのかな、と思ったり。

けど衛生面は絶対にヤバいと思うんだよなぁ。夏で冷房もついてない状況で、作った料理をラップもかけずに放置しているわけですから。そしてそれを客に食べさせるわけですから。今回は焼き魚と野菜炒めで助かったけど、この事実に気づかず生もの系食べてたらヤバかったかもなぁ…。うん、今度行く時は秋口過ぎてからにしようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です