gigabeatS買ったのにgigabeatVが出た。

GWにgigabeatSを買ってレビューを書こうと思っているうちに、次の機種が発売してしまいました。

ITmedia +D LifeStyle:東芝、ワンセグ録画も可能なgigabeat Vシリーズ
東芝、ワンセグ対応のHDDプレーヤー「gigabeat V30T」

HDD容量 30GB S30:30GB S60:60GB
ワンセグチューナ
液晶 3.5型320×240ドット 2.4型240×320ドット
バッテリ駆動時間 ワンセグ視聴:約7時間 ビデオ再生:約9時間 音楽再生:約25時間 音楽再生:約12時間 ビデオ再生:約2.5時間
外形寸法(幅×奥行き×高さ) 124.0×18.5~22.5×75.0mm S30:59.9×99.9×13.2mm S60:59.9×99.9×16.2mm
重量 約230g S30:127g S60:140g
直販価格 49,800円 S30:36,000円 S60:46,000円

こんな感じ。まぁ純粋な音楽プレーヤーであるSと違って液晶大きい本体重いバッテリー長いとかなり違う製品になっちゃってますね。まぁSの液晶とバッテリーで動画見る気にはならなかったので、方向性としては間違ってないんじゃないでしょうか?WMP10,11との連携や動画がwmvに限定されていること以外はともかく、取り合えずワンセグ見れるので一般層に訴求もしやすいでしょう。で、俺なんですが…。

動画はW-ZERO3で見ているので不要。音楽はgigabeatSで聴いているの不要。ワンセグだけが魅力ですが、ほとんど見ないであろうワンセグのためにあんな大きい本体を持ち歩くのはアホらしいので、今回はパスですかね。どうやら東芝さん、今は新コンセプト製品の投入時期っぽいので一段落してから買い換えるのもありでしょう。待ち待ち。

それにしてもワンセグとはかなり奇襲だなぁ。意外なところからiPodの牙城が崩れるかもね、というかそうであってほしい。ギガビ初め他社製品もワンセグ付けるようになったら「今時ワンセグ付いてないのってiPodくらいですよー」って販売トークがつかえるもんね、…という東芝販売員視点。その前に携帯にワンセグついちゃうかもしれないけど。

まぁ今年中は生暖かく戦況を見守る感じで。