スマホケース販売「phocase」の利点と欠点

応援の意味も込めて書きます。

IMG_5155

IMG_5156

利点

1.デザインが無限大

実際には無限じゃないですが、スクロールして全種類を確認する途中であきらめてしまったため無限といってもいいと思います。公式発表によると1000種類以上のデザインがあるので、滅多に人とはかぶらないしケース探す楽しみがあります。

2.android用のケースがたくさん

iphone用のケースはどうでもいいとして、androidはマイナー機種ほどケースが少なく、発売から1年経つと店頭にケースが置いていない状態。その点、phocaseなら問題なくケースを選べる。

3.安い

こんなに種類があると1つあたりのケースの値段が高くなりそうだけど、2000円~3000円と買いやすい価格。

4.配送がメール便

玄関のポストに入れてくれるので、受け取る必要なし。

5.返品が無料(らしい)

使ったことはないけど返品が無料なので、イメージと違ったら返品も可能ぽいです。

欠点

1.縁まで塗装が行き届いていない

多分決められた型にパターンで塗装する仕組みだと思うのですが、その分、ケースのキワの部分は塗装が甘くて白く縁が残ってしまう状況。ここらへん、気になる人は気になるかも?あと黒ベースのデザインで白い枠が残ると嫌だよね。その場合は黒い下地を使うのかもしれないけど…。

2.滑りやすい?

主観かもしれないけど、以前使っていたケースに比べて滑りやすく、何回か落としそうになりました。ってことで、今使ってるケースが滑りやすい!と思っている人は選ばない方が無難かも。

まとめ

価格も安く、一度お試しで買いやすい。普通に使える、って点で特に欠点なく人とは違うケースがほしい人に誰でもお勧めできます。ケースなんて商売にして儲かるの、って思ったけど、これだけ安いなら2,3個買って使いまわすもありだし、半年経って飽きてきたころに「あ、phocaseで新しいデザイン出てないか見ようかな」ってなるし、中々上手い商売だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です