右足首のMRIを撮影した

って書くとかっこいいけど、右足首痛めたから病院に行ってきただけです。

経緯

2年前にスケートで右足捻挫。その年のシーズンは問題なかったものの、先シーズンは12月に左肩と右足をセットで痛めてから、右足首が半年ほど痛く、5,6月のシーズンオフ→クエストシーズンインまで痛めたまま滑ってました。
要因の一つは使い古した柔らかいブーツを使っていた事であり、クエストで新しいブーツに変えたら症状は改善(夏になって筋肉がほぐれた、というのもあるけど)。しかし右足首のHPが少ないのは変わらず、シーズンイン前に調べてもらおうと思ったのでした。

結果

足首の内側の軟骨がすり減っている。内側という、というより内部というべきか。軟骨は内部にしかないけれど。
軟骨とは骨と骨をつなぐクッションのようなものだが、足首内側の比較的右部分(小指側)の軟骨がすり減りギザギザになっている。おそらく捻挫の時に痛めたものと思われる。

医者の提唱する解決策

今のところなし。膝の軟骨はヒアルロン酸注射とかあるが足首の軟骨は対処が難しいらしい。痛めた足首と上手く付き合っていくしかない。サポーターをするなどで予防するなど。痛みがあったら滑るのをやめる。

自分が考えた解決策。

  • サポーターをする。
  • テーピングも試してみる。
  • 痛みがあったら滑るのをやめる。大事。次の週に響く
  • アイシングをする
  • クエストにはあんまり行かない、が解決策かもしれない…?
  • 体重減らす。足首の筋トレする。
  • ジャンプは控える。ジャンプの着地を考える。

感想

医者に行く前は

  1. 手術した方がいい(手術しないとまずい)
  2. 大したことない。しばらくスノーボード控えれば治る
  3. 治らない

の3択だろうなぁーと思っていて。3番だったのは仕方ないかな。というのはいずれは年を取って激しい動きが出来なくなるのが、少し早く来てるだけ、というだけだったので。(手術しないと数年以内に歩けなくなる、とかじゃなくてよかった)
この年になると、膝に持病あったり前十字断裂してたり腰痛持ちだったりする周りの人が多い中で、足首が悪いってのはまだマシな方じゃないでしょうか、とポジティブシンキング。
ただ、関節は一度捻挫するだけで、数年年を取るがすごく印象的だったので、痛い時は無理せずゲレンデでネットサーフィンでもしてようかなぁと思ってます。
この年無理して、年取った後歩けません、とかは嫌なので。

ということで

右足首のMRI撮って精密検査したんだよね~というとスポーツマンっぽいので積極的に使って行こうと思います。

余談

全く足首を痛める要素がない、ってことで筋トレは今楽しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です