映画「ゆれる」を見てきた。

世間では「それでも僕はやっていない」や「マリー・アントワネット」や「武士の一分」などが大流行ですがそれらを華麗にスルーして、ららぽーと豊洲で「ゆれる」のアンコール上映を見てきました。

■感想

これ、マジでいい映画っすね。感動モノとか爽快感とかとかじゃないけど、とにかくいい映画。この映画に関してはとにかく1回見てみてとしか言いようがない。

セリフが少ない、BGMも最小限。特に山場もなく淡々と進んでいくんだけど醒める場面が一度もなかった。
普通の「これ複線だぞ!後で使うぞ!」みたいな場面や「ここで泣いてくださいね」という山場が設定されていて俺はそういうのが大の苦手なんだけど、この映画は作り物っぽい(映画にありきたりな)展開が全然なくて、それは役者が上手なのは言うまでもないけど、監督すげーなと思った。

よくこういう展開、カット割、カメラワークを考え付くなぁ。その発想はなかったわというシーンがいっぱい。ストーリーも「ゆれる」というタイトルのように、鍵となるつり橋のように揺れる。ただしゆっくりと。結局最後はどちらかに転ぶんだけど、7年後の回想シーンで、この映画唯一にして最大の複線が橋の上での真実を観客に知らしめるんですね。あ、ここで泣く人は泣くな。

とにかくラストシーンに進むにつれて、比喩抜きで自分の心臓の音が高まっていくのを感じた。いやーこれはいい映画です。

超映画批評『ゆれる』80点(100点満点中)

ゆれる

※ところでAmazonでこの映画に★2つとかつけてる人は、多分僕とは全然違う感覚の持ち主なんでしょうけど、嫌味なしでそういう人がどんな映画が好きなのか知りたいです。

映画映画

Posted by tera