シュタゲクリアして5日くらいした感想(ネタバレあり)

あれから5日。シュタインズゲートをクリアして大分心が落ち着いた俺は、ネタバレ感想を書くことにした…。
※ ネタバレしてますので未クリアの方が見るにはお勧めしません。

ということでネタバレ感想です。
前エントリで書いたとおり、クリア直後は不完全燃焼、煮え切らない気持ちがあったのですが**「みんなが感動してるんだから、いい話に違いない!」**という思いで、公式情報や考察サイト回って主題歌聴いていくうちにだんだんとシュタゲに没頭していき…。
真エンディングルートをもう一回見直して、主題歌50回くらい聴いて歌詞の意味に鳥肌立てて、シュタゲへの思いがふぉあ~って達して、5日経ってやっと客観的に見れる感じです。
### やっぱAVDじゃない方がよかった。
とはいえ、ゲームが10点中7点っていうのは変わりません。
1. 真エンディングに行く条件が一週目は運任せであること⇒ゲーム性の欠如
2. 中盤までの中だるみ⇒twitterの友人がプレイしていなかったらやめていたかもしれない
3. 完全に自分のせいだが、AVDだと先がきになってセリフを飛ばすことが出来る。
3番について。アニメだと焦っても仕方ないから焦らない。視聴時間は変わらないのだから。けどゲームは飛ばせるから飛ばしちゃう。結局、僕にとってAVDってジャンルは向いてなかったんだな、と思いました。
(そういう意味ではアニメも1.3倍速再生機能があるプレイヤーで見てしまうと十分楽しめなくて危険かも)
### ストーリーについて
超絶ネタバレはじまります
前エントリで「ストーリー的にはよくあるタイムトラベルもの」って書いたけど、それは間違ってないと思う。最後の目的が「一番最初に戻って過去を変える」ってことなんだけど、これってタイムトラベルものでは鉄板じゃないですか。実際、最初のプロローグで紅莉栖が口走った言葉から「スタート前」に倫太郎が戻ることは予想できていたし、実際はその通りだった。
だから初回プレイ時は「やっぱり複線回収されたかー」って思いだけだったけど、クリアして情報集めて再プレイするうちに「いろんな選択肢の結果、ここにいるんだよな」ってのが実感として自分の中に沸いてきた。
俺って屁理屈好きだから「そもそもタイムトラベルできるなら最初から○○すればいいじゃん」で物語を破綻させてたがるんだけど、シュタゲはそうはいかないんですよね。**普通のタイムトラベルものだったら「最初のDメールを送らないように過去を変えればいいじゃん」で終わりなんですけど、シュタゲでそれやっちゃうとβ世界線に収束して第三次世界大戦なるからダメなのです。**
そのためには過去を変えるんだけど、β世界線の2010年に鈴羽がタイムマシンでやってくる条件が
1. α世界線とβ世界線を行き来した岡部倫太郎が存在する
2. かつ、紅莉栖を救うのに一度失敗する
この2つを満たさないといけない。
(岡部の「執念」が発生して動画メールが見れるようになった後、「別に15年後の倫太郎からの動画メールとかじゃなくて、鈴羽が真相伝えればいいじゃん」と思った後に「あ!けどタイムマシン自体完成してねーんだ!くっそー。」と頭を抱えました。)
迂闊な行動で過去を変えてα世界線に行ってしまったことも全部意味があることなんですよね。だから**全ての元凶である最初のDメール送信も「意味がある」こと。**これが非常に上手くできてるなぁと思いました。
そこに主題歌の2番の歌詞が重なるとこれまたやばい。
こういう感情は口で説明するの難しいんですけどw みんなが薦めた理由がやっと分った気がします。
### 現実とのリンク
真エンドでシュタインズゲートに到達して終わるんですけど、次に何が起こるか分らない未来ってのが今の世の中を暗示していると思います。努力次第で結果が変わる。けど「次に何が起こるか分らない」ってことは、シュタインズゲートから抜けて、別の世界線に移動しちゃう可能性もあるんですよね。確か8bitシュタゲはそういう設定だと思うんですけど、「次に何が起こるか分らない」ってすることで、想像の余地が残されてる。
本編中では「シュタインズゲート」についてそこまで詳しく説明されてなかったけど、僕の解釈ではシュタインズゲートに到達しても絶えず世界線数値は変化し続ける。けどα世界線・β世界線と違って結果が固定されておらず、無限に分岐していく。そう思ってます。そういう解釈の方が楽しいし、今の現実に似てると思いませんか?
### その他
エンディング全部見て、鈴羽エンドが割と好きです。途中で何百回も2日間を繰り返すところが特に好きです。日常がだんだん恐怖に変わっていくという…。綯が豹変するシーンも好きです。
ネタ仕込みのか分らない、オタク系の設定は別にいらなかったな。そういうがある方が商業的にはいいのかもしれないけど、ストーリーがちゃんとしてるんだから、あまり横筋に逸れてほしくなかった、ってのは前エントリで書いたとおり。
### ということで
ゲームには不満だったけど、ストーリーは満足。これがアニメや小節だったらよかったのに⇒**買うしかないじゃない…!**

STEINS;GATE  蝶翼のダイバージェンス:Reverse (角川スニーカー文庫)
三輪 清宗
角川書店(角川グループパブリッシング) (2011-06-30)
売り上げランキング: 449

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です