東京から北海道に移動し、現地で車泊用レンタカーを借りてスノーボードに行く時の概算費用

表題の件を見積もりました。結論から言うと目的によってメリデメが生じるため、結論は出ていません。

登場要素

  • 出発地
    • シンプル化するために”自宅”だけを定義します。自宅の場所は新宿とします。
  • 空港(行)
    • LCCを使う場合、成田空港
    • AIRDOを使う場合、羽田空港
  • 空港(着)
    • 札幌/ニセコエリアへのアクセスなら新千歳空港
    • 旭川エリアへのアクセスなら旭川空港
  • 目的地
    • ニセコ
    • 札幌
    • 旭川

これらの要素別に、移動時間/移動費用を算出します。

自宅→空港(行)パターン

自宅→空港(行)パターン 出発地 空港(行) 移動手段 金額 所要時間
自宅→空港(行) 1 自宅(新宿) 羽田 リムジンバス 1300円程度 40分程度
自宅→空港(行) 2 自宅(新宿) 羽田 電車 800円程度 60分程度
自宅→空港(行) 3 自宅(新宿) 成田 リムジンバス 1200円程度 100分程度

東京駅→成田空港のリムジンバスが900円で格安すぎるため、成田でも羽田でも移動費用は変わりません。しかしながら、羽田へのリムジンバスの所要時間が40分程度と、成田に比べて60分ほど早く移動できます。

空港(行)→空港(着)パターン

空港(行)→空港(着)パターン 空港(行) 空港(着) 移動手段 金額 所要時間
空港(行)→空港(着) 1 羽田 旭川 AIRDO 12000円程度 120分程度
空港(行)→空港(着) 2 羽田 新千歳 AIRDO 12000円程度 120分程度
空港(行)→空港(着) 3 成田 新千歳 LCC系 6000円程度 150分程度

成田→旭川路線はLCCの設定がないため考慮しません。AIRDO系は12000円、LCC系は6000円で見積もっています。LCC系の場合、保安検査場を必ず30分前に通過しないといけないため、所要時間はAIRDOに比べて30分プラスの150分としました。

空港(着)→目的地パターン

空港(着)→目的地パターン 空港(着) 目的地 距離 高速料金 ガソリン代 合計金額 所要時間
空港(着)→目的地パターン 1 新千歳 ニセコ 115km 1150円 1150円 115分
空港(着)→目的地パターン 2 新千歳 札幌 54km(内、高速42km) 1410円 540円 1950円 37分
空港(着)→目的地パターン 3 新千歳 旭川 149km(内、高速93km) 4730円 1490円 6220円 111分
空港(着)→目的地パターン 4 旭川 ニセコ 263km(内、高速169km) 4710円 2630円 7340円 195分
空港(着)→目的地パターン 5 旭川 札幌 162km(内、高速134km) 3490円 1620円 5110円 108分
空港(着)→目的地パターン 6 旭川 旭川 17km 170円 170円 17分

空港から遠いゲレンデに行くと金も時間もかかるという当然の結果が出ました。

レンタカー代

調べたところ、新千歳空港の方が旭川空港より格安のレンタカー屋は多いようです。軽などのチープな車はどちらも同じくらいですが、車泊できるワンボックスだと値段に差がついてきます。ここでは仮に、新千歳空港で借りた場合、1日3500円、旭川空港で借りた場合、1日5000円としておきます。

組み合わせ

旭川空港を使うのは旭川のゲレンデを滑る時だけ、と設定し、現実的な組み合わせを考えてみました。
表が細かくなりすぎたので、別途画像を載せておきます。クリックで大きな画像が表示されます。

表はExcelにでもコピって見てください。

ルート番号 出発地 空港(行) 金額(円) 所要時間(分) 移動手段 空港(着) 金額(円) 所要時間(分) 移動手段 目的地 金額(円) 所要時間(分) レンタカー(円) 合計金額 所要時間(分) だいたいの金額 だいたいの時間 荷物持参 荷物郵送
1 自宅(新宿) 羽田 1300 40 リムジンバス 旭川 12000 120 AIRDO 旭川 170 17 20000 ¥33,470 177 ¥33,000 3時間 0 2000
2 自宅(新宿) 羽田 1300 40 リムジンバス 新千歳 12000 120 AIRDO ニセコ 1150 115 14000 ¥28,450 275 ¥28,000 4時間30分 0 2000
3 自宅(新宿) 羽田 1300 40 リムジンバス 新千歳 12000 120 AIRDO 札幌 1950 37 14000 ¥29,250 197 ¥29,000 3時間15分 0 2000
4 自宅(新宿) 羽田 1300 40 リムジンバス 新千歳 12000 120 AIRDO 旭川 6220 111 14000 ¥33,520 271 ¥34,000 4時間30分 0 2000
5 自宅(新宿) 羽田 800 60 電車 旭川 12000 120 AIRDO 旭川 170 17 20000 ¥32,970 197 ¥33,000 3時間15分 0 2000
6 自宅(新宿) 羽田 800 60 電車 新千歳 12000 120 AIRDO ニセコ 1150 115 14000 ¥27,950 295 ¥28,000 5時間 0 2000
7 自宅(新宿) 羽田 800 60 電車 新千歳 12000 120 AIRDO 札幌 1950 37 14000 ¥28,750 217 ¥29,000 3時間30分 0 2000
8 自宅(新宿) 羽田 800 60 電車 新千歳 12000 120 AIRDO 旭川 6220 111 14000 ¥33,020 291 ¥33,000 5時間 0 2000
9 自宅(新宿) 成田 1200 90 リムジンバス 新千歳 6000 150 LCC系 ニセコ 1150 115 14000 ¥22,350 355 ¥22,000 6時間 2000 2000
10 自宅(新宿) 成田 1200 90 リムジンバス 新千歳 6000 150 LCC系 札幌 1950 37 14000 ¥23,150 277 ¥23,000 4時間30分 2000 2000
11 自宅(新宿) 成田 1200 90 リムジンバス 新千歳 6000 150 LCC系 旭川 6220 111 14000 ¥27,420 351 ¥27,000 6時間 2000 2000

ここから言える事。

  • 金額の大半は飛行機代・レンタカー代のため、リムジンバスと電車の金額差は無視してよい
    • 早くて楽な方を使うのが良い
  • 目的地が旭川の場合、LCCで成田-新千歳-車で旭川移動するより、羽田-旭川に直接飛んだ方が優位性がある。
    • パターン1とパターン11の比較だが、6000円の違いで3時間差となっている。というか、パターン1はドアドア3時間で旭川に到着できるので、初日の早い時間から滑走する事が可能。新千歳-ニセコルートだとそうはならない。
  • 目的地がニセコの場合、LCCに優位性がある
    • パターン2と9の比較で、6000円の違いで1時間30分差となっている。この程度の時間差ならLCCを使ってもよいかも。
  • 目的地が札幌の場合、LCCに優位性がある
    • パターン3と10の比較で、6000円の違いで1時間15分差となっている。この程度の時間差ならLCCを使ってもよいかも。

ここまでに加え、さらに要素を追加する。

荷物を送るかどうか

スノーボードに荷物はつきもの、ということで荷物を送る場合、片道2000円ほど料金が取られる。持参する場合、AIRDOの場合は無料だが、LCCの場合は2000円の荷物持ち込み料金が取られる。前記の段落で”x000円の違いで”と書いたところから2000円引かれるので、優位性が少なくなる。ただし、旅行全体の金額からすると10%以下の価格なので、あまり気にするほどではない。

現地でどれだけ移動するか

実はこれが一番大きなファクターである。旭川エリアなら旭川空港、といってもその後札幌やニセコに移動して旭川に戻ってくるなら移動費用だけでバカにならない。レンタカーを新千歳空港に乗り捨てることは可能だが、調べたところ、6000円ほどの乗り捨て料金がかかる。よって、旭川着の場合、旭川エリアから移動した時点で、新千歳空港着と比較して金額的な優位性はなくなる。

結論

  • 自宅→空港までのルートは金額を気にせず楽なルートにする
  • 荷物を送る、持参するも好きな方を選ぶ
  • 予定が決まらない場合は新千歳空港行きが安パイ。旭川エリアを滑るかつ、札幌エリアに移動しない場合のみ、旭川エリアを使う。

くらいが今言える確実なところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です