新型コロナウイルス(SARS-CoV-2(2019-nCoV))の4/29状況

2020年5月2日

この機会なので、定期的に書き留めていこうかなと思う。なお過去の記録は一番下に。

緊急事態宣言解除できるかスペシャル

今回は「緊急事態宣言解除できるかスペシャル」題してお送りします。や、政府からは解除は難しいという発言が散見されるし、実際に解除されることはないでしょうが。問題はそこそこ自粛の効果が出てきて、新規感染者数が減ってきている事です。これで万が一、5月6日に感染者数が1桁となればそれこそ緊急事態宣言とは?となってしまう。メールに常に"重要!"と書いてる人は信用されなくなる理論で、いつも"緊急"と言っているとみんな慣れてしまう。日本にはこれ以上の強硬措置は出来ないのだから。

人の動きのデータから将来の感染者数は予測できる

twitterでも書きましたが、感染者数を決めるファクターが人との接触だけでそれがGPSで取得できているのなら、今日の人出の多さから2週間後の感染者数は予測できるはずです。それを知ってか知らずか「3,4日後の感染者数を見てみないと…」と言っている。なぜ予測しないのか?他に要因があるのか?

とはいえ、感染者数以外のデータも重要

それは医療リソースです。

こちらのグラフが現在の重症者数のデータ。入院患者のデータもどっかにあるかな。コロナ対策の大きな目的は死者を減らすこと。そのためには重症者用の医療リソースを確保する事。

重症者の数は、感染 → 重症化までタイムラグがあるので、感染者数が減り始めた段階だと、重症者の山は1週間くらい先になる。ただこれもある程度予測は出来るので「今後重症者数が増えるかもしれない。怖いよ…」と暗闇の中を進む感じではない。

もちろん、疲弊している医療従事者を休ませるためにもっとバッファを積みたい、という理由で緊急事態宣言延長するのなら分かりますが、まぁとくかく説明してほしいですわ。

国民を子ども扱いしている

我々政治家が全部決めるから、決まったことに対してしたがってね、としか言っていない。一応国民も大人なので、ロジカルに納得のいく説明をしてくれれば従うし、それに対して感情論で返す国民に対しては逆に説得を試みようとしますよ。まーこの点では台湾やNZ、欧州がマジで羨ましいですわ。米国は全くうらやましくないw

一度解除して、また緊急事態宣言してみたらどうか?

一度宣言を解除したら緩むでしょう。そして感染者数が増えるのを見越して再度緊急事態宣言を出す。「ほら、お前らが緩んだからまた締めるぞ」と学習させれば、宣言解除 → 宣言を繰り返してもいちいち解除して緩まなくなるでしょう。今後1年くらいはそうやって付き合っていかないといけないわけだから、早めに練習した方がいい

ちなみに。まだスーパーに人が集まったり公園に人が集まってたりする!警戒感が足りない!として解除しないのは違う

↑みたいな意見も見ます。もっとみんなの自粛心を高めるために宣言を継続するんだ、と。非常にナンセンスなので突っ込んでおきたいのですが、それでも感染者が減っている = そういった行動は特に問題ではないと分かった、ってことですよ。正直、他人が自粛してないのが気に入らないから自粛させよう、というだけの意見かと思われます。そんなに自粛させたいなら、自分でスーパーに怒鳴り込めばいい。…と書いたけど、本当に怒鳴り込みそうだから控えてくださいw

コロナ時代は変化の時

ここからは話題が変わって。賢い為政者ならこのコロナに乗じて自分の意図に沿ったように世界を変えようとするはずです。というか、それくらいずる賢くあってほしい。ここでは変化の兆しを2つ書いておきます。どうなってるかな。

パチンコ撲滅

大阪知事、絶対パチンコ潰したいでしょw というくらいの徹底マークっぷり。パチ屋を擁護するつもりはこれっぽっちもないが、黙って玉打ってるくらいで感染するのか?それなら都内のスーパーの方がまだ危険な気がするが…。事実、パチンコ屋で感染やクラスターは聞いたことがないです。

ま、そういった科学的なことは置いといて、とにかくパチンコをスケープゴートにして市民に突撃させるえげつない戦法を取っています。これがもうちょっとライン超えれば、コロナ感染者をカネで雇ってわざとパチンコ屋に出向かせ、クラスターを発生させる…とかありそうですが、日本ではそれはないと信じたいw

学校9月制

自分に関係ないのでほぇ~と聞いていましたが、それで世界と新学期の時期が合って国際化が進むならいいのでは?昨日の知事会でもみんなそろって賛成してたし、この火事場でどさくさに紛れて自案を通す意気込み、嫌いじゃないですw

いつものグラフ

過去の記録