X Games Norway 2018 の各ジャンプの技と点数をマッピングした(Snowboard Big Air)

大塚健選手が優勝し、村瀬心椛選手が女子選手では史上初のBSダブルコーク1260を決めて優勝した、X Gamse Norway大会の技と得点分布をまとめてみました。

台のスペック




ルール


3本中2本のベストポイント。FS/BS/CAB/SBの4種類の定義で、同じ方向のスピンは2本以上カウントされない。

ジャッジ

Men’s

まずは男子

コピペしてお手元のExcelとかに張りつけるようにテキストで表を置いときます。見づらくてすいません。下の方に得点別に並び替えたものがあるので、そちらの方が見やすいと思います。

RANK RIDER RUN1 RUN2 RUN3 BEST
1 Takeru Otsuka FT14 MUTE 45.00 CT14 MUTE 46.00 CT12 MUTE 23.66 91.00
2 Marcus Kleveland BT14 INDY 40.00 CT16 MUTE 46.22 BT16 INDY × 6.66 86.33
3 Chris Corning BT14 MELON 37.00 FS14 MELON 38.66 BT16 MELON 45.00 83.66
4 Sebastien Toutant CT16 MUTE 42.00 BS14 MUTE 37.33 BS16 MUTE × 4.66 79.33
5 Max Parrot CT16 MUTE 46.66 FT14 INDY × 7.33 FT14 INDY × 6.33 53.99
6 Mark McMorris FT14 MUTE 43.66 BT16 MUTE × 8.66 BT16 MUTE × 3.66 52.32
7 Kyle Mack BT14 × 5.00 BT14 JAPAN 44.00 FS14 TAIL × 4.00 48.00
8 Yuki Kadono BT16 MUTE × 7.00 BT12 MUTE 30.00 FT14 MUTE × 7.66 37.66
  • ○ … クリーンメイク
  • △ … ちょい減点要素あり
  • × … ノーメイク

Women’s

同じ形式で女子。

RANK RIDER RUN1 RUN2 RUN3 BEST
1 Kokomo Murase FS7 MELON 29.00 BD10 MUTE 45.66 BD12 MUTE 49.66 78.66
2 Julia Marino CD UNDER MUTE 42.33 FS7 MUTE × 6.33 FS7 MUTE 30.66 73.00
3 Enni Rukajarvi CAB7 MUTE 35.66 FS7 MUTE 31.33 FS10 MUTE × 8.33 66.99
4 Zoi Sadowski-Synnott DB INDY 36.33 FS7 MUTE 26.33 SB9 STALE × 3.66 62.66
5 Reira Iwabuchi BD10 MUTE × 11.33 BD10 MUTE 48.33 FB10 MUTE × 12.00 60.33
6 Silije Norendal CAB7 27.00 BS7 MUTE 30.00 CAB10 MUTE × 5.33 57.00
7 Anna Gasser CD UNDER MUTE 41.33 BD10 MUTE × 3.00 BD10 MUTE × 6.33 47.66
8 Cheryl Maas BS7 TAIL 33.33 FS7 × 4.00 FS7 MUTE × 4.33 37.66

Men’s詳細

得点順

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Max Parrot CT16 MUTE 46.66 CAB トリプル16 MUTE
Marcus Kleveland CT16 MUTE 46.22 CAB トリプル16 MUTE
Takeru Otsuka CT14 MUTE 46.00 CAB トリプル14 MUTE
Takeru Otsuka FT14 MUTE 45.00 FS トリプル14 MUTE
Chris Corning BT16 MELON 45.00 BS トリプル16 MELON
Kyle Mack BT14 JAPAN 44.00 BS トリプル14 JAPAN
Mark McMorris FT14 MUTE 43.66 FS トリプル14 MUTE
Sebastien Toutant CT16 MUTE 42.00 CAB トリプル16 MUTE
Marcus Kleveland BT14 INDY 40.00 BS トリプル14 INDY
Chris Corning FS14 MELON 38.66 FS フラット14 MELON
Sebastien Toutant BS14 MUTE 37.33 BS フラット14 MUTE
Chris Corning BT14 MELON 37.00 BS トリプル14 MELON
Yuki Kadono BT12 MUTE 30.00 BS トリプル12 MUTE
Takeru Otsuka CT12 MUTE 23.66 CAB トリプル12 MUTE
Mark McMorris BT16 MUTE × 8.66 BS トリプル16 MUTE
Yuki Kadono FT14 MUTE × 7.66 FS トリプル14 MUTE
Max Parrot FT14 INDY × 7.33 FS トリプル14 INDY
Yuki Kadono BT16 MUTE × 7.00 BS トリプル16 MUTE
Marcus Kleveland BT16 INDY × 6.66 BS トリプル16 INDY
Max Parrot FT14 INDY × 6.33 FS トリプル14 INDY
Kyle Mack BT14 × 5.00 BS トリプル14
Sebastien Toutant BS16 MUTE × 4.66 BS フラット16 MUTE
Kyle Mack FS14 TAIL × 4.00 FS トリプル14 TAIL
Mark McMorris BT16 MUTE × 3.66 BS トリプル16 MUTE

技別

トリプルコーク1620

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Max Parrot CT16 MUTE 46.66 CAB トリプル16 MUTE
Marcus Kleveland CT16 MUTE 46.22 CAB トリプル16 MUTE
Chris Corning BT16 MELON 45.00 BS トリプル16 MELON
Sebastien Toutant CT16 MUTE 42.00 CAB トリプル16 MUTE
Mark McMorris BT16 MUTE × 8.66 BS トリプル16 MUTE
Yuki Kadono BT16 MUTE × 7.00 BS トリプル16 MUTE
Marcus Kleveland BT16 INDY × 6.66 BS トリプル16 INDY
Mark McMorris BT16 MUTE × 3.66 BS トリプル16 MUTE
  • クリーンメイク時の平均点:45.96

24本中8本がトリプルコーク1620。BSとCABで同程度の得点となっています。1620の場合、BSでブラインド着地、CABがオープン着地なので、1440と違ってBSとCABの難易度差があまりないからでしょうか。CABトリプル16のセブ様は、グラブ掴み損ねで3.0~4.0程度、減点されているのかな、と思います。

トリプルコーク1440

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Takeru Otsuka CT14 MUTE 46.00 CAB トリプル14 MUTE
Takeru Otsuka FT14 MUTE 45.00 FS トリプル14 MUTE
Kyle Mack BT14 JAPAN 44.00 BS トリプル14 JAPAN
Mark McMorris FT14 MUTE 43.66 FS トリプル14 MUTE
Marcus Kleveland BT14 INDY 40.00 BS トリプル14 INDY
Chris Corning BT14 MELON 37.00 BS トリプル14 MELON
Yuki Kadono FT14 MUTE × 7.66 FS トリプル14 MUTE
Max Parrot FT14 INDY × 7.33 FS トリプル14 INDY
Max Parrot FT14 INDY × 6.33 FS トリプル14 INDY
Kyle Mack BT14 × 5.00 BS トリプル14
Kyle Mack FS14 TAIL × 4.00 FS トリプル14 TAIL
  • クリーンメイク時の平均点(CAB):46.00
  • クリーンメイク時の平均点(FS):44.33
  • クリーンメイク時の平均点(BS):40.33

24本中11本がトリプルコーク1440。トリプル祭りでしたね。CAB > FS > BSの配点となっています。ビッグエアー愛好家の中では周知かもしれないですが、BSトリプル1440はトリプルコークの中でも一番易しいトリックということで、クリーンメイクしても他のスピンより一段低い配点となっています。逆に、BSトリプルで標準外のグラブしたり、CABやFSだと、トリプルコーク1620に迫る得点でした。

フラット系

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Chris Corning FS14 MELON 38.66 FS フラット14 MELON
Sebastien Toutant BS14 MUTE 37.33 BS フラット14 MUTE
Sebastien Toutant BS16 MUTE × 4.66 BS フラット16 MUTE
  • クリーンメイク時の平均点:38.00

平昌オリンピックでフラット16を決めて優勝したのはセブ様ですが、14では今回得点が伸びなかった様子です。

トリプルコーク1260

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Yuki Kadono BT12 MUTE 30.00 BS トリプル12 MUTE
Takeru Otsuka CT12 MUTE 23.66 CAB トリプル12 MUTE
  • クリーンメイク時の平均点:30.00

コメント

優勝はCABトリプル14とFSトリプル14を決めた健くんでしたが、他を見渡すとパロットさんがFSトリプル14、クリーブランドがBSトリプル16を立っていれば分からなかったと思います。しかしながら、FSトリプル14で43.66のマークが健くんの91.00を追い越すためには47.34を出す必要があり、仮にコケたBSトリプル16を立っていても、同じBSトリプル16のクリスコーニングが45.00なので、難しかったかもしれません。
てことで結論としては、難易度の高い技をしっかりと2本そろえて立った健くんの文句なしの優勝、ただ男子ビッグエアーの戦国時代は続くよ、でした。

Women’s詳細

得点順

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Kokomo Murase BD12 MUTE 49.66 BS ダブル12 MUTE
Reira Iwabuchi BD10 MUTE 48.33 BS ダブル10 MUTE
Kokomo Murase BD10 MUTE 45.66 BS ダブル10 MUTE
Julia Marino CD UNDER MUTE 42.33 CAB ダブルアンダー MUTE
Anna Gasser CD UNDER MUTE 41.33 CAB ダブルアンダー MUTE
Zoi Sadowski-Synnott DB INDY 36.33 BS ダブルバック INDY
Enni Rukajarvi CAB7 MUTE 35.66 CAB フラット7 MUTE
Cheryl Maas BS7 TAIL 33.33 BS フラット7 TAIL
Enni Rukajarvi FS7 MUTE 31.33 FS フラット7 MUTE
Julia Marino FS7 MUTE 30.66 FS フラット7 MUTE
Silije Norendal BS7 MUTE 30.00 BS フラット7 MUTE
Kokomo Murase FS7 MELON 29.00 FS フラット7 MELON
Silije Norendal CAB7 27.00 CAB フラット7
Zoi Sadowski-Synnott FS7 MUTE 26.33 FS フラット7 MUTE
Reira Iwabuchi FB10 MUTE × 12.00 FS ダブル10 MUTE
Reira Iwabuchi BD10 MUTE × 11.33 BS ダブル10 MUTE
Enni Rukajarvi FS10 MUTE × 8.33 FS フラット10 MUTE
Julia Marino FS7 MUTE × 6.33 FS フラット7 MUTE
Anna Gasser BD10 MUTE × 6.33 BS ダブル10 MUTE
Silije Norendal CAB10 MUTE × 5.33 CAB フラット10 MUTE
Cheryl Maas FS7 MUTE × 4.33 FS フラット7 MUTE
Cheryl Maas FS7 × 4.00 FS フラット7
Zoi Sadowski-Synnott SB9 STALE × 3.66 SB フラット9 STALE
Anna Gasser BD10 MUTE × 3.00 BS ダブル10 MUTE

技別

ダブルコーク

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Kokomo Murase BD12 MUTE 49.66 BS ダブル12 MUTE
Reira Iwabuchi BD10 MUTE 48.33 BS ダブル10 MUTE
Kokomo Murase BD10 MUTE 45.66 BS ダブル10 MUTE
Reira Iwabuchi FB10 MUTE × 12.00 FS ダブル10 MUTE
Reira Iwabuchi BD10 MUTE × 11.33 BS ダブル10 MUTE
Anna Gasser BD10 MUTE × 6.33 BS ダブル10 MUTE
Anna Gasser BD10 MUTE × 3.00 BS ダブル10 MUTE
  • クリーンメイク時の平均点(DB12):49.66
  • クリーンメイク時の平均点(DB10):46.99

なんといってもダブルコーク12なのですが、ダブルコーク10のクリーンメイクで48.33出てるので審査員はこの場でダブルコーク12が出ると予想できてなかったのかな、と思います。ダブルコーク12の着地で両手が触れてるのでこの点数ですが、もしクリーンメイクなら50.00でも足りない、53.00くらいほしいところですね。
審査員としては「うわやっべ~ダブルコーク12メイクちゃったよ!これ以上高得点出せない…と思ったら着地で手ついてるやんよかった帳尻合うわ」という気持ちだったと予想。
とはいえ、次の大会からはダブルコーク12が飛び出す前提で得点基準が作られそうです。

ダブルアンダー

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Julia Marino CD UNDER MUTE 42.33 CAB ダブルアンダー MUTE
Anna Gasser CD UNDER MUTE 41.33 CAB ダブルアンダー MUTE
  • クリーンメイク時の平均点:41.83

ダブルコークには及ばないが、720よりは上。もし900をメイクった選手がいたらどういう得点だったのかな、ってちょっと興味あり。

ダブルバック

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Zoi Sadowski-Synnott DB INDY 36.33 BS ダブルバック INDY
  • クリーンメイク時の平均点:36.33

720より上。この採点が今回のx-gameでの唯一の疑問かなぁ(高すぎる)と思ったけど、Zoiさんのスタイルがかっこいいのでよしとします。

フラット1080/900

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Enni Rukajarvi FS10 MUTE × 8.33 FS フラット10 MUTE
Silije Norendal CAB10 MUTE × 5.33 CAB フラット10 MUTE
Zoi Sadowski-Synnott SB9 STALE × 3.66 SB フラット9 STALE

ノーメイク。チャレンジするライダーも少なかったし、チャレンジしても全然惜しくなくガチゴケしてた印象です。今回の台ではやり辛かったのかな。

フラット720

RIDER JUNP RESULT POINT SIDE SPIN GRAB
Enni Rukajarvi CAB7 MUTE 35.66 CAB フラット7 MUTE
Cheryl Maas BS7 TAIL 33.33 BS フラット7 TAIL
Enni Rukajarvi FS7 MUTE 31.33 FS フラット7 MUTE
Julia Marino FS7 MUTE 30.66 FS フラット7 MUTE
Silije Norendal BS7 MUTE 30.00 BS フラット7 MUTE
Kokomo Murase FS7 MELON 29.00 FS フラット7 MELON
Silije Norendal CAB7 27.00 CAB フラット7
Zoi Sadowski-Synnott FS7 MUTE 26.33 FS フラット7 MUTE
Julia Marino FS7 MUTE × 6.33 FS フラット7 MUTE
Cheryl Maas FS7 MUTE × 4.33 FS フラット7 MUTE
Cheryl Maas FS7 × 4.00 FS フラット7
  • クリーンメイク時の平均点(CAB):35.66 (グラブなしのシリエのCAB7はノーカン)
  • クリーンメイク時の平均点(BS):31.67
  • クリーンメイク時の平均点(FS):29.33

11/24が720でした。その中でもMUTEグラブが7本。CABの点数が高い(1本しかないけど)のは、スイッチからのスイッチランディング + ブラインドだからかな。

コメント

インパクトのあるkokomoさんのダブルコーク12/10でしたが、もう一本は無難な720てことで、ライバルが二本揃えてくるようになれば厳しい戦いになりそう。候補としてはやはりCABダブルアンダーとBSダブル持ちのアンナ・ガッサー、スイッチバック900持ちのゾイさんあたりがライバルになるのかな。そんな中、CAB7打っとけば勝ちだったのを、あえてのFSダブル10狙いに行った麗楽ちゃんの心意気には感動しました。目の前の価値を拾うんじゃなく、このプレッシャーの中でFSダブルを打つ、と。平昌の時もBSダブルメイクったら打つって言ってて、今回本当に打つのが見れてよかったです。見た目からは想像できないくらい強気だなーと。

まとめ

データとして見てみると、いろいろと発見があって面白いです。3本目の技チョイスとかジャッジの観点とか。分析はちょっと大変でしたが、スノーボードの大きい大会はそこまでないので、次に機会があれば分析してみようと思います。
なお、私はただのサンデーボーダーであり、この論評は土日に草野球している一般市民がプロ野球選手にヤジ飛ばしているようなものなので、ほどほどに免除ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です